menu

69 views

股関節痛の改善には人工股関節も選択肢のひとつです

この記事の所要時間: 335

股関節の痛みを訴える中高年が、特に女性で増えています。
年をとったから、仕方がないのかもしれません。
とはいえ歩けないほどの痛みなら、生活に支障をきたします。
それが寝たきりや認知症を促すことも稀ではありません。
もちろん予防策、早めの対応をしたいですね。
今なら、耐久性のある人工股関節も選択肢のひとつです。

スポンサーリンク

股関節痛の原因は

股関節に‎痛みを感じる理由はいくつかあります。
とはいえ多くの患者さんで共通していることは加齢です。
つまり関節は、摩擦によってすり減っていくからです。
骨の表面を覆っている軟骨がなくなると、
関節が円滑に動かなくなり、それが痛みを生じさせます。

例えば主な病気である変形性股関節症は、
40歳以上で発症しやすいと考えらえています。

もちろん30歳代でも油断してはいけません。
肥満によっても股関節に負担をかけるからです。
だからといって無理な運動も、よくありません。
栄養が偏る無理なダイエットこそ、原因かもしれません。

100万人以上の患者がいます

変形性股関節症の患者数は、どのくらいいるのでしょうか。
あくまでも医者で診断されたケースですが、
国内に100万人以上いるようです。その8割が女性です。
もちろん実際に受診していない人も多いはずです。
年齢として諦めているからでしょう。
それらを合わせると、500万人とも推計されています。
もはや他人事ではなく、誰でも罹る可能性はあるのです。
一説によると、日本人の女性は体質的に罹りやすい?
欧米人にくらべて骨盤の窪みが先天的に薄いようです。

寝たきりになりがちです

股関節に痛みを感じると、動きたくないですね。
しかし動かないと、骨や筋肉が弱ってしまいます。
するとちょっとしたきっかけで骨折します。
股関節が骨折すると、寝たきりの生活になりがちです。
また痛みを理由に外出をしなくなると、
脳の活性が衰えて、認知症を促しかねません。

だからと言って急に激しい運動をすると、
それが原因で骨折する事例も稀ではないようです。
いったいどうすればよいのでしょうか。
少しでも関節に違和感があれば素人判断で悩まず
早めに医療機関で相談しましょう。
関節痛は、放置しても治ることはないからです。

スポンサーリンク

軽い運動で改善できます

軽度の股関節痛であれば、軽い運動で改善できます。
それを保存療法と呼びます。
とはいえ肥満傾向があるならば、第一に減量します。
一方で身体を動かして筋力を鍛えます。
筋肉が強くなれば、関節を支えることができます。
関節への過度な負担が減るからです。
具体的にはどうするのでしょうか。
例えば膝を立てた状態で仰向けに寝ます。
そのまま骨盤をひねったり、足を開閉します。

また椅子に座った状態で、お尻を左右に振ります。
逆に柔らかい椅子に座ったりしゃがまない!
太腿が水平になる高さで、ちょっと硬めの椅子に、
姿勢を正して座る習慣が大切なようです。

人工股関節も選択肢です

外見上明らかに足が曲がっており痛みも激しいならば、
運動で改善することは難しくなります。
そこで昨今は、人工股関節も選択肢のひとつです。
とはいえ人工だからといって躊躇することはありません。
違和感や拒絶反応が起きないチタン製があります。
歯のインプラントと同じようなものです。
最新の素材であれば、30年程度の耐久性があります。
なおかつては、人工股関節を埋め込んだ患者さんへ、
自動的に身体障害者手帳が交付されていました。
しかし2014年以降は、術後半年経った状況から判断します。
つまり健常者と変わらない状態が維持できている証拠です。

予防に努めましょう

仕事や家事に育児、様々な理由はあるでしょう。
しかし股関節痛は予防できます。
第一に肥満を改善することです。
関節への負荷を減らしましょう。
また適度な運動を続けることです。
週一でジムに通うより、毎日歩きましょう。
ちょっと速足で歩けば、心肺機能も高まります。
ただし高齢になってから急にやってはいけません。
ジムのトレーナーや医師などの専門家と相談しましょう。
予防に努めれば、怖い病気ではありません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

高校の現代社会が廃止!公共と近代の歴史が必修になります

【速報】本命!?都知事選に遂に小池百合子前防衛相が出馬表明!

関連記事

  1. 素足の季節が来ました!足の悩みを解消しましょう

    女性であれば、きれいな足が憧れですね。シェイプアップも必要ですが、もっと足先にも注目しましょう。…

  2. 下手すると『気持ち悪い』とまで思われる!?女を意識しすぎるしぐさやセリフ

    下手すると『気持ち悪い』とまで思われる!?女を意識しすぎるしぐさ…

    男性に好かれたい一心で、つい無意識に【女を意識させる行動】をとるのが女性です。でも、むやみや…

  3. 恋人して?人として?男女間に【友達としての好き】は存在するのか?

    恋人して?人として?男女間に【友達としての好き】は存在するのか?…

    友達として好き?恋人として好き?男と女の「友達」としての、関係は成り立つのか?成り立たないのか?…

  4. 電車内の化粧はマナー違反?公共の場をより良くするためのルール

    電車内の化粧はマナー違反?公共の場をより良くするためのルール

    電車内で化粧するのはマナー違反?かなりの個人差があると思いますが、あなたは電車内でお化粧をされて…

  5. 食道アカラシア

    食道アカラシアもしくは単にアカラシア、あまり耳慣れない病気ですが、食道アカラシアの概要は、食道の下方…

  6. 優しい人はいい人?都合の良い存在?見え隠れするエゴ

    優しい人はいい人?都合の良い存在?見え隠れするエゴ

    優しい人とは何か?「優しさ」は、自己愛であり他者愛でもある、大変複雑なものです。「優しさ…

  7. 気圧が下がると頭痛になる?医学的な根拠があるようです

    昔から、雨が降ると古傷が痛む!逆もありです。膝が痛いから、明日は雨だ!最近だと、低気圧になる…

  8. 薬価を下げる話が見送り?増税延期の余波が医療に向かう

    2017年4月に消費税を上げない!首相が新しい判断をしました。庶民にとっては、とりあえず安心です…

最近の記事

  1. いつまで続く!?何を言っても嫌がる子ども【イヤイヤ期】への簡単対処法

amazon

PAGE TOP