menu

620 views

看護師になりたい!看護学校の受験情報

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 912

看護学校受験

キツイ仕事ではありますが、今でも人気の高い白衣の天使、「看護師」。看護師になるには、資格が必要で、資格を得るためには国家試験に合格しなければならず、国家試験を受けるためには、受験資格の得られる学校を卒業しなければなりません。
なんだか大変そうですが、看護師を目指すならまずは看護学校受験!ということですね。正確にいえば、看護学校だけが看護師を目指せる学校ではありません。大学や短大でも看護師になることができるし、最初は准看護師を目指すことにして衛生看護科のある高校を受験してもかまいません。今回は看護学校(専門学校)を中心にお話しますが、他にもたくさんの道があることを知っておくと良いでしょう。門戸はとても広いと考えてください。
また、看護学校は、どの都道府県にもたくさんあるものです。これは、大きな病院の附属学校が多いためですが、地方で看護師の資格を取得しても、全国どこででも看護師として働くことができるので、やる気次第で活躍の場がぐっと広がります。一般に考えられているよりは、看護師の国家試験もやさしいもの。一度別の職業に就いた人も多くチャレンジしていますから、ぜひ看護学校受験を目指してください。

看護学校受験と対策

看護学校を受験するのなら、とりあえず主要3教科+生物です。といっても、実は看護学校によって、受験科目は異なります。例えば、私の友人が受験した松山赤十字看護専門学校では、一般入試の選考方法は、・国語(古文漢文は除く)・英語(英語ⅠⅡ)・選択(数学ⅠAか生物Ⅰ)・面接となっています。数学と生物は選択できるので、どちらか一方だけで大丈夫ですが、数学を選択するのならば数Aも範囲に含まれます。また、英語も英Ⅱまでが範囲です。
この辺りが特に学校によって異なるもので、英語がⅠだけで良い学校もあれば、一般教養程度で良いものもあり、数学が選択な学校もあれば、必須な学校もあり…といった感じです。そのため、看護学校を受験するのであれば、早いうちに受験希望校を絞り込み、必要な科目を定めてしまうのが良いでしょう。
大学や短大を目指すのであれば、もっと受験教科が増える傾向にあります。特に国立大学を目指すのなら、当然センター試験も必要。よりたくさんの科目を、応用まで学んでおかなければ勝負になりません。
逆に、中卒でも入学が可能な高等専門学校を目指すのなら、受験内容は当然中学の範囲ですからもっと楽です。(ただし准看護師資格しか取れません)

看護学校受験と面接

看護学校受験には、比較的面接を課す場合が多いです。それだけ人となりが重要な仕事に従事するということでしょう。
看護学校受験における面接は、一般的な面接で、特別なことはありません。多少意地悪な質問をする面接官は多い傾向にあるようですが、質問の傾向は極めて一般的であると考えて良いでしょう。「どんな看護師になりたいか」「なぜ看護師になりたいか」「看護師に必要だと思うことは何か」「体力はあるか」「健康管理はどのようにしているか」といった、職業に関することは、必ず何か訊かれますから、突っ込まれても答えられるよう準備しておきましょう。
他は、「最近のニュースで印象に残っているのは」「学校生活で印象に残っているのは」「自己PRしてください」「地元をPRしてください」「休日は何をして過ごしますか」といった普通の質問です。
高校生の場合、学校の進路室には卒業生の過去データが残っている場合も多くあります。面接で訊かれた内容や、面接官と受験生の人数なども書かれているものですから、参考に見ておくと良いでしょう。あとは基本的な面接パターンを何度も練習しておけば大丈夫です。

看護学校受験と願書

看護学校受験でも、もちろん願書は必要です。看護学校の願書の特徴は、志望理由や自己PR欄などが非常に大きく設けられているケースが多いこと。文章を考えるのが苦手な人や、単に「近いから」「合格率が高いから」なんて理由で志望した場合には、結構苦戦することでしょう。
また、学校の志望理由ではなく、看護師を志望する理由を書くよう求められることもあり、きちんと読み込んでチェックして清書することも重要です。学生さんの場合は、進路課の先生方や国語の先生方など、複数の先生に事前チェックをお願いするのが正解。
また、この願書は、面接時に面接官の手元に置かれるものですから、面接での応答と乖離したり矛盾したりしてはいけません。書類を提出する前には、必ずコピーを取り、面接練習でも内容をきちんと意識するように心掛けましょう。面接練習の際に面接官役をつとめてくれる人にも、願書のコピーを渡して質問してもらうようにすると良いですね。
入学願書は、各学校の窓口で直接もらうか、郵送で送ってもらえばOK。Webサイトに請求方法が掲載されている場合がほとんどですから、電話で問い合わせる前にチェックしましょう。

スポンサーリンク

看護学校受験と参考書

看護学校受験者用の参考書は、一般の書店でもたくさん販売されています。非常に種類が多いので、大型書店やAmazon等のネット本屋さんで探せば、好きに選ぶことができるでしょう。
しかしながら、あなたが中学生、あるいは高校生であれば、看護学校を受験するために特別な参考書は必要ないと思います。例外として、例えば工業高校からの看護学校希望だったり、商業高校からの看護学校希望だったりすれば、いろいろ参考書は必要です。そもそも「数学ⅠA」とか言われても「工業数学」しかやってないんだけど…?といった感じですからね。
志望する看護学校の受験科目を見て、自分が学校で学んだことのある教科であれば、授業で使用した教科書や問題集、学校の先生が用意してくれるプリント、模試などで十分です。そうでない場合、つまり畑の違う専門の学科からの進学だったり、学校を離れて久しい社会人だったり、准看護師資格をすでに持っている人だったりすると、看護学校受験用に参考書が欲しいです。
看護・医療系に特化した教科テキストも販売されていますから、気に入ったものを用意して、繰り返し解いてみるようにしましょう。

看護学校受験と予備校

看護学校受験なら、予備校へ通うという手もあります。看護学校志望者は、既卒生にも社会人にも多いので、予備校も案外たくさんあるのです。はっきりいって、看護専門学校の受験は予備校なんてもったいないくらいの基本的な問題しか出題されないのですが、短大や大学を目指す人も増えていますから、その辺りを視野に入れるのであれば、予備校への通学はそれなりに有意義であるといえます。
また、小論文対策を行なってくれる予備校が多いので、受験科目に小論文が課される場合には、小論文の講座だけでも受講しておくと、かなりの強みになります。面接のウエイトが大きい学校の場合にも、予備校は有効。学科をクリアして、面接で落とされる人って看護専門学校受験では意外と多いんです。
予備校には、看護学校合格以外にもメリットがあります。それは、入学後に苦労しないためのカリキュラム。生物の中でも特に必要になる動物の分野であったり、案外出てくる英語だったり。そういった部分の基礎を入学前に固めておくことで、入学後や数年後に控えた看護師国家試験の際に余裕ができるのです。
予備校はちょっと高くて…というのなら、予備校が設けている通信講座という手もあります。

看護学校受験の勉強法

看護学校受験のためにもっとも効率的な勉強方法は、
・志望校の受験科目を把握する
・志望校の過去問を入手する
・看護系模試を受ける
・学科試験以外の対策を練る
はっきりいって、看護であればそんなに難問は出題されません。基礎をしっかり固めておけば解ける問題ばかりなのです。しかしながら、逆に言えば「みんなが解ける問題」ばかりだということ。基本問題は確実に解けなければ、合格には結びつかないということです。
ですから、早めに進路を確定し、受験傾向を把握して繰り返し苦手を克服していくことが最大の勉強法になります。最初にしておかなければならないのは、受験校の絞り込み。第一志望と、自分の学力レベルから妥当な学校、あとは滑り止めくらいを選んで、受験科目を把握します。過去問が入手出来れば、それをとりあえず解いてみること。点数は問題ではなく、傾向を把握し、時間配分を感覚でつかみ、苦手を知って克服することが重要です。
また、看護学校では面接が大きなウエイトを占めます。学科の1次試験をパスして、2次の面接で落とされるなんて人は、少なくありませんから、学科対策と同じくらい面接の勉強もしておくべきです。

看護学校受験の日程

看護学校の受験は、専門学校の場合結構早いです。かなりの看護専門学校が、年が明ける前に出願し、年明け早々に試験、という日程を組んでいます。
とはいえ、日程は各学校ごとに異なりますから、いくつかの学校を併願することも可能ですし、2次募集を行う学校もありますから、最終は春頃まで試験があったりもします。
一般的な一般入試日程としては、12月頃願書提出1月頃試験2~3月頃2次募集や2期試験です。合格発表までの日数はかなり短く、1月に試験をして1月中に合否がわかるのも普通。その場合、入学手続きは2月上旬に行わなければならないケースが多いですから、併願の際には入学手続きの日程までよく確認しておきましょう。
推薦入試の場合、秋頃には出願して、年内には進路が決定することが多いです。また、大学や短大を目指す場合には、私立か国公立なのかにより日程が異なります。国公立大学を志望するのであれば、一般入試にはセンター試験も必要になりますから、1月にセンター、自己採点結果を見てすぐに出願、2月に前期日程、3月に後期日程ですね。
社会人入試枠なら、もっと早く、秋頃に入試があったりします。志望校をよく調べておきましょう。

看護学校受験と年収

看護師を目指す人の中には、「高収入」を志望理由に挙げる人も多いです。実際、正看護師であれば、それなりに安定して高い収入を得ることができるといわれています。
ただし、看護師にもいろいろあって、一律高収入ではない点には注意しなければなりません。地域や働く場所にもよりますが、一般には、看護師の平均年収は450万円程度だといわれています。月収でいえば、いろいろ引かれものがあって、手取りは20万円台後半といったところでしょうか。近年のサラリーマンに比べれば、高収入であるといえるでしょう。
パートさんの時給でも、看護師の場合には2千円近くになることもあり、かなり高額。資格を持っている人には、一度退職しても復職する人が多いというのも納得です。
ただし、冒頭に書いたように、看護師にはいろいろあります。准看護師は、看護師より下の資格ですから、当然給料は安いです。月々3~5万円程度は目減りしますね。
逆に、看護師長などの役職が付けば、月収は10万円近く跳ね上がります。さらに、認定看護師や専門看護師、特定看護師、助産師などの上位資格を取れば、手当がつくなどやはり年収は高額になります。

スポンサーリンク

なぜ空手には寝技がないのか

美容師になりたい!美容学校の受験情報

関連記事

  1. 自分に自信のない人のためのおすすめ習慣

    キラキラ輝いている人って、自分自身に自信を持っている人が多いですよね。自分がすごいとか偉いとか正…

  2. 年をとると記憶力が低下する?思い出せないだけみたいですよ

    中年過ぎると、記憶力が低下した!実感します。仕事でのミスも増えますね。認知症なのか?疑ってし…

  3. 借金は悪いことでしょうか。でも5つのメリットがありますよ

    借金は、あまり奨められることではありません。しかし借金は悪いことなのでしょうか。であれば銀行…

  4. 忙しい毎日に冷凍野菜はどうですか?効能は5つです

    野菜を冷凍にしても大丈夫なのか?心配ですか。逆に、冷凍したら、嬉しい効果があるみたいです。忙…

  5. 3月・4月に脚光を浴びる2つの健康茶、甘茶と甜茶の違いは?

    4月8日の花祭りで振る舞われる「甘茶(あまちゃ)」と、花粉症に効果を発揮するという事で、3月に入ると…

  6. 整腸剤を飲むと出てしまうんです

    整腸剤にも様々な種類が知られていますが、基本的に腸の状態を整えるものであり、整腸剤の主な成分は乳酸菌…

  7. 生活のコツまとめ

    早起きするコツ「早起き」と聞くと、早い時間に必死で起きることだと思っている人がたくさんい…

  8. SMAP報道が止まらない…そこに隠されている思惑とは?

    8月14日深夜にSMAPが解散すると報道されました。その後、事務所から正式に年内解散が発表され、更に…

最近の記事

  1. 子どもに何でも一生懸命して欲しい!最も有効なことは【やる気】と【記憶】
  2. もっと頑張らせたい!誰の判断?【努力していないように見える子ども】
  3. 子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事

amazon

PAGE TOP