menu

156 views

美容師になりたい!美容学校の受験情報

この記事の所要時間: 69

美容学校受験

近年、美容系の専門学校の人気が高まっています。私の教え子の中にも、美容系の進路を希望し、美容系の専門学校や高等専門学校へ進学した子達がいます。
美容系の専門学校も、学科が多様化していますが、昔から根幹にあるのは「美容師」の養成です。ヘアメイクやメイクアップアーティストを目指す人でも、今は競争が激しく、美容師資格を持っている方が好ましいと言われているほか、そもそも美容師の職は求人も多く、将来的には自分のお店を持つことも可能であるため、今日でも人気を集めています。
ところで、美容師になるためには、資格が必要なことを知っていますか?美容師の資格は、国家資格。美容師国家資格を取得するためには、厚生労働大臣指定の専修学校で、最低2年間学ばなければなりません。つまり、美容師になるためには、美容師国家資格取得に対応している美容学校を受験する必要があるということです。
美容学校は、2年以上のカリキュラムで、昼間部、夜間部、通信部があります。美容師になるための勉強だけではなく、もっと広く学べるようにカリキュラムを組んでいる学校もありますから、自分の夢にあわせて比較検討するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

美容学校受験と対策

美容学校の受験は、そんなに難しくはありません。特に高卒(卒業見込)であれば、学校の勉強はほとんど要りません。中卒で美容学校を受験する場合には、別途筆記試験を一定水準以上でクリアしなければならないケースも多いですが、一般教養のレベルです。
では、美容学校受験の対策は必要ないのでしょうか。もちろん、答えはNO。学校を選ばず、単に美容師の国家資格が取れれば良いのであれば不要かもしれませんが、人気の高い美容学校は、やはりなんらかの形でふるいにかけられるものだからです。では、どのような対策が有効なのか。あなたが高校生なら、まずは学校に休まず通うことです。そして、志望する美容学校に推薦してもらうこと。これがいちばんの近道です。学校によっては、指定校推薦枠を持っている場合もあり、その場合にはさらに確実に合格することができます。
ほかにも、美容学校はOA入試などを採用しているところも多いので、オープンキャンパスに参加してエントリーするのも良い方法です。かなりの確率で合格できます。いずれにしても、早くから情報を収集して、適切なアクションを起こすことが最重要。真面目に積極的に行動するのがなによりの対策です。

美容学校受験の日程

美容学校の受験は、かなり早くから始まります。普通、受験といえば早くても秋頃のイメージですが、多くの美容学校がAO入試を導入しているため、もっとずっと早い時期からの勝負になっているのです。美容学校受験の日程6月頃AO入試エントリー受付開始7~8月頃体験入学&AO入試9月頃社会人入試10月頃推薦入試11月頃一般入試、といった具合です。
これはあくまで一例で、もっと様々な入学制度を設けているところもありますし、2次募集、3次募集のあるところもあります。
合格発表の時期も早く、例えばAO入試なんかであれば、1週間程度で通知が届きますから、この場合には夏の間に入学手続きまでが終わってしまいます。願書提出の時期もいろいろあり、AO入試はオープンキャンパスに参加してその場で提出して帰ったりもしますし、推薦入試は書類選考のみで願書と選考が一緒になっているというパターンもあります。
いずれにしても、美容学校は日程が前倒しになっているところも多くあるので、「夏休みになってから」では遅いかもしれないということを肝に命じておきましょう。特にやる気の重視される学校ですから、早め早めの行動を。

スポンサーリンク

美容学校受験と願書

美容学校の受験で用いられる願書は、意外とあっさりっしている場合も多いです。そもそも、体験入学を重視するような学校では、OA入試を実施しているところも多く、そういった場合には願書というよりエントリーシートのようなものしかありません。そうでなくても、出せばほとんど通るような学校や、ほぼ先着順で締切るような学校もあるので、そういった場合には願書もさらっとしているものなのです。もちろん、そうでない学校もあります。
面接でつっこまれるのが一般的な、「志望理由」を、願書にたっぷり書かせて書類選考するケースが特に多く、そういった場合には、きちんと志望理由を考えて書かなければなりません。中には、志望理由を願書の裏面いっぱいに書かせるようなものもあり、ちょっとした小論文です。志望動機を書かせること以外は、比較的あっさりとした、一般的な願書になっていますから、落ち着いて丁寧に書けば大丈夫です。
願書は、Webサイトからダウンロード・郵送申込できることも多いです。電話やメールを送信する場合には、通信手段に応じたマナーもきちんと事前に調べて、接客業にふさわしい態度で臨みましょう。

美容学校受験と面接

美容学校の受験では、面接が含まれるケースがとても多いです。もともとあまり高い学力は求められていませんから、より一層、「どのような人なのか」「なぜ志望しているのか」といった点が重視されるという背景があります。
面接がある場合、かなりのウエイトを占めますが、内容としては非常にオーソドックスな場合が多いです。
まずは志望の動機。「なぜ美容師になりたいか」「どうしてこの学校を志望したのか」といった部分は必ず質問される項目で、合否判定にも直接関わる部分です。また、技術はみんなゼロに近い学科なわけですから、とにかくやる気が重視されます。どれだけ美容師になりたいのか、どれだけその学校で学びたいのか、といった点は、熱意が面接官に伝わるよう、繰り返しシミュレーションしておきましょう。
動機とやる気は、かなりつっこんでしつこく訊かれるので要注意。
あとは、態度。美容師は長時間同じお客様と接する接客業ですから、言葉遣いが乱暴だったり、なんとなく感じが悪い、なんていうのも不適正です。にこやかに、ハキハキと感じよく話せること、どんな質問にも無言にならず考えて応答できる力は、日頃から心掛けておきましょう。

美容学校受験と将来の年収

さて、先手必勝の美容学校受験ですが、入学して卒業したその先は、いったいどのような道が拓けているのでしょうか。気になる年収のお話です。
単に「美容師」として、理美容院へ勤務した場合、年収は250万円程度だといわれています。だいたい、サラリーマンの平均年収が400万円程度だといわれていますから、これはかなり低いです。そう、美容師さんって国家資格を持っているのに案外定収入な人が多いんです。
さらにカラクリがあります。美容師の平均年収が、約250万円。あくまで「平均」なのです。最初は下働きしかさせてもらえず、ハサミを持てない日が何年も続くというお店もありますよね。そういった人の月収は、なんと10万円前後しかありません。
また、大手チェーン店では、会社役員の給与にほとんど取られてしまって、現場で接客している美容師は、たとえオーナーであっても年収は300万円程度に留まるとのデータもあるのです。意外と儲からない…と思いますよね。だから、小さな個人経営の美容院がたくさん増えるわけです。
あとは、美容師としてだけでなくメイクやネイルなど、トータル美容の知識を身に着けて活躍することですね。だから専門学校選びが重要になっているのです。

スポンサーリンク

看護師になりたい!看護学校の受験情報

タカラジェンヌになりたい!宝塚音楽学校の受験情報

関連記事

  1. アメリカ新大統領決定!その裏で日経平均が急落した理由

    日本時間11月9日、何かと話題を振りまいていたアメリカ大統領選挙の結果が出ました。下馬評を覆し、…

  2. 医療の変わった仕事まとめ

    「治験バイト」をご存知でしょうか。治験バイトとは、まだ開発途中の薬を人間に投与して、反応を見ると…

  3. 若者の間で漁業が人気のようですが、理由は何か

    日本における漁業の就業者数は、減少しています。中国などとの競争もあり、衰退の傾向は否めません。…

  4. 塾は要らない!家庭学習におすすめ厳選教材

    私は学習塾の経営もしていますが、基本的には家庭学習ができるのならば家庭学習の方が良いと思っています。…

  5. 教員養成大学から教員になる人が減っている!?その理由5つ!

    2020年に学校の教育制度が大きく変わります。児童や生徒も大変ですが、もっと大変なのは先生です。…

  6. 安定を求めるなら、職業高校を選択すべき3つの理由がある

    小学生の本音を探ってみると?将来の夢は公務員だそうです。何故か?生活が安定するからのようです…

  7. 競馬ファンは知るべし!装蹄師という仕事があることを

    競馬ファンにはうれしい季節ですね。新緑がまぶしい芝生の上をサラブレッドが駆け回る!経済効果も…

  8. 苦手意識とは?好き嫌いであり面倒と思っているだけです

    小学生が既に、算数や理科を苦手と考えています。たかだか10年しか生きていないのに、もう苦手意識で…

最近の記事

  1. いつまで続く!?何を言っても嫌がる子ども【イヤイヤ期】への簡単対処法

amazon

PAGE TOP