menu

1,830 views

アイデア次第で儲かるのは花き農家かもしれません

この記事の所要時間: 346

女の子の夢として、花屋さん!最近は減ったのでしょうか。
もっと根本まで遡り、花き農家はいかかでしょうか。
もちろん体力勝負ではありますが、
ガーデニングの延長と考えれば、楽しそうですよ。
時流に乗れば、アイデア次第で儲けることも可能なようです。

スポンサーリンク

花き農家とは

花を栽培する農家のことを花き農家と呼びます。
漢字で書くと、花卉(かき)です。
もちろん昨今は輸入される花も増えていますが、
現在、日本に花き農家は、約7万戸あります。
とはいえその大半は、0.5ヘクタール未満です。
小さな花ですから、広さは不要ですね。
逆に集中して管理できる方が効率的です。
なお他の農業分野と比べてみると、
花卉農家は経営者の半数以上が60歳未満であり、
特に45歳未満が2割ほどを占めています。

少ないように思われますが、
日本の農業としては異例の若さを誇っています。

日本特有の花があります

日本には季節や状況に応じた特有の花があります。

1.出荷の第一位はキクです

出荷額と栽培面積の双方とも、大半を占めるのは切り花です。
国内の花き生産額は約3671億円(2011年、以下同じ)であり、
うち切り花は2014億円、さらにキクが627億円を占めます。
つまり国内生産の1/6がキクなのです。
キクはお葬式や仏花として欠かせません。
菊人形などという使い方もあります。

2.贈答用の花も売れています

花き農家は国内景気に左右されやすい商売です。
つまり生活上で真っ先に削られるのが切り花だからです。
逆に景気が良くなると、売れ行きも好調です。
特にお祝いに欠かせないのが胡蝶蘭です。
国内の出荷額はキクに次ぐ第二位の310億円です。
同じように贈答用と考えれば、
第三位がユリで211億円、第四位がバラ181億円です。

3.カーネーションは季節限定です

贈答用とくれば、母の日に欠かせないカーネーションがあります。
こちらは出荷額第五位にあたり、126億円です。
カーネーションの方が売れているような気もしますが、
ランやバラなどに比べたら、子供でも買えるように単価が安いです。
また季節が限定されるという問題もありそうです。

スポンサーリンク

4.クリスマスの花もあります

クリスマスに欠かせなくなったのは、ポインセチアですね。
とはいえ明確な統計がありません。
一方で最近出荷額は減りましたが、シクラメンも健在です。
鉢植えとしては、いまだトップクラス、出荷額は88億円です。

5.コケやシバも人気です

花きは花のはずですが、花以外にも人気の植物があります。
かつてからあるのはシバです。
ゴルフ場や公園に対する需要は減りません。
一方で家庭用のミニサイズもあります。
なお昨今増えているのは、コケなどの地衣類です。
ミニ盆栽として、若い女性などがコケを愛でています。
また特にミズコケは水持ちがよいため、
園芸植物を運ぶ際に根を包み、乾燥防止に使われています。

6.若い女性にサボテンが人気です

花きの需要を広げるには、若い女性をターゲットにすべきです。
そこで人気なのが、サボテンです。
こちらもミニ盆栽のように手のひらサイズの鉢植えが、
ワンコインで売られていたりします。
サボテンは毎日水をあげる必要はありません。
たいした手入れをしなくても、健気に生きています。
仕事を持った独身世帯にはペットのように重宝されます。

課題は何か

花き農家が直面している課題は何でしょうか。
切り花や鉢物の場合には、温室栽培が一般的です。
そのため冬場のコスト、特に燃料代をどうするか。
経費が利益に直結する分野です。
また消費者のニーズを読む、需要を掘り起こすことです。
昭和の時代、ポインセチアはなかった気がします。
また青いバラ!希少価値があれば、高価でも売れます。
一方で切り花は日持ちがしません。
そのため輸出が難しかった現状があります。
とはいえ国内需要には限界があるのも事実です。
他の農業分野と同様に、如何にして輸出を増やすか。
品質を磨くことが生き残りのカギです。

頑張れば儲かる仕事です

これからは国際情勢も関係してきますが、
花き農家は、アイデア次第で儲かる仕事です。
特に日本人は記念日に弱いですね。
ハロウィーン用の花を作ったり、
何の日には何の花!
バレンタインのチョコみたいに創造した者が、
利益を得る世界です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

【速報】本命!?都知事選に遂に小池百合子前防衛相が出馬表明!

クマの出没注意!被害が増えた3つの原因と対策

関連記事

  1. 庭師は資格よりも実力が必要な仕事です

    雑草が蔓延る自宅の庭を眺めて、夏をどう乗り切るか?考えている時に、お庭の手入れに関するポスティン…

  2. 塾は要らない!家庭学習におすすめ厳選教材

    私は学習塾の経営もしていますが、基本的には家庭学習ができるのならば家庭学習の方が良いと思っています。…

  3. AIを駆使する存在?情報解析スペシャリスト、データサイエンティス…

    人工知能AIの活躍が日々ニュースを賑わせています。もちろん将来的にAIの進出が期待されています。では…

  4. 高校の現代社会が廃止!公共と近代の歴史が必修になります

    文部科学省の諮問機関である中央教育審議会の専門部会は、2016年6月27日に、高校の社会科目に関…

  5. 本当に感動して良いのか?高校野球が抱える5つの問題点

    2016年も無事に夏の全国高校野球選手権大会が終了しました。オリンピックと並走していたにも関わら…

  6. 教養とは何か?年齢相応の教養を身に着けよう

    あの人は教養がある!そのように言うことがあります。とはいえ教養とは何でしょうか。大学には教養…

  7. 経団連がタックスヘイブン規制の欧州案に反対する理由

    「パナマ文書」によってタックスヘイブンの問題が明るみになって以降、世界の経済・金融は大混乱をきたして…

  8. 民進党が消費税据え置きに反対する3つの理由

    3月27日、かねてからの話通り、民主党と維新の党が合流。「民進党」として新たな船出となりました。期待…

最近の記事

  1. 好きなのに価値観が違いすぎる?別れた後で後悔しないために
  2. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
PAGE TOP