menu

79 views

学力の伸ばし方、夏休みに何を勉強したら効率的なのか

この記事の所要時間: 337

7月に入りました、あと2週間で夏休みです。
遊ぶ予定もあるでしょうが、勉強の計画も企てましょう。
特に来春受験を迎える人は、夏が勝負です。
夏の過ごし方如何で決まると言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

夏休みにやっておきたいことは

いつも計画倒れで終わってしまう人は多いでしょう。
とはいえ今年の夏こそ、充実した毎日を過ごしましょう。
そのためには、何をやるべきか、考えましょう。
基本的には、弱点克服を目指すべきです。
そして科目別には、次のようなことをやってみましょう。

1.国語力をつけるには本を読もう

すべてにおいて差が出るのは、国語力です。
漢字の読み書きや言葉の意味を知るのは当然ですが、
読解力や思考力が重要になります。
とはいえ簡単には身に付きません。
そのため長い休みを利用して、本を読みましょう。
とりあえずは興味のある本でかまいません。
1日に30分から1時間程度、読書にあてたいですね。
読んだ後は、400字程度の要約と感想文を書きましょう。
小論文を書く際の準備になります。

2.算数・数学は基本問題を繰り返そう

算数や数学は、基本問題を繰り返しましょう。
気持ちに余裕があるならば、前学年の問題からやりましょう。
意外なところで躓いている可能性があります。
わかっていない部分を放置していると、
いつまでたっても、算数や数学は上達しません。
何のためにやるのか?変な理屈は後回しにして、
とりあえず計算問題を繰り返しましょう。
なお数学が好きな人は、上級問題にチャレンジしましょう。
ワンランクアップが期待できます。

3.英語は長文を読めるようにしよう

英語を理解するには、特有のリズムを体感することです。
中学1年生であれば、短文を、
中2以上であれば、長文を音読していきましょう。
多少の発音は、無視してかまいません。
そして全体的な意味を把握するようにしましょう。
一方で教科書を暗記するくらいまで音読しましょう。
英語も数学と同様にパターンです。
そのパターンが見えてくると、急激に上達しますよ。
ちなみにNHKのラジオ講座を聞く!おすすめです。

スポンサーリンク

4.社会は政治の仕組みを学ぼう

社会は分野が広いですが、今年は参議院選挙があります。
また6月23日にはイギリスで国民投票がありました。
政治の仕組みを学ぶよい機会です。
子供でも政治は関係してきます。
つまり自分達の将来を決める話だからです。
子供の時から興味をもって学んでいきましょう。
そこから国際情勢や経済活動が見えてきます。
国際紛争の理由は、歴史が関係してきます。
その国はどこにある?地理的な知識も必要になります。
すべてが政治からつながっていくのです。

5.理科は体験学習をしよう

小学生であれば、何かテーマを決めて体験学習をしましょう。
実験でも、博物館などでの調べものでもかまいません。
インターネットも便利ですが、それは最後の手段です。
できる限り、自分で動いて資料を集めましょう。
中高生であれば、化学や物理の計算問題を克服したいですね。
生活と結びつけて考えると、理屈がわかるかもしれません。
生物や地学は、こちらも外へ出て、体験してみましょう。
理科は、興味を持つことが大切です。
一度面白いと実感すれば、あとはスイスイ進みます。

塾に行くべきなのか

新聞には塾の折り込み広告がたくさん入っています。
誘惑されそうな謳い文句が多くて落ち着かないですね。
とはいえ塾へ行くべきなのでしょうか。
もちろんわからない点を教えてもらえると効率アップします。
そのためには、個別指導の塾がおすすめです。

集団塾だと、周りに流されたり、わかった気になってしまいます。
逐一成果を確認してくれるような、個別塾を探しましょう。

規則正しい生活も不可欠です

2016年の夏は、暑さが厳しくなると予想されています。
体調管理に努めましょう。
特に部活動などがあれば、熱中症には要注意です。
一方で涼しい部屋にこもって、勉強も頑張りましょう。
そのためには規則正しい生活も不可欠です。
夏休みだからと言って、朝寝坊したりだらだら過ごすと、
結果的に何もできない夏で終わってしまいます。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

今さら聞けない?土用とウナギと食べ合わせ

探偵の浮気調査のまとめ

関連記事

  1. 果樹農家が果実消費を増やすためにしている3つのこと

    日本は明確な四季のある美しい国です。また季節に応じた果物があり、生活に彩を添えてくれます。も…

  2. 美容師になりたい!美容学校の受験情報

    美容学校受験近年、美容系の専門学校の人気が高まっています。私の教え子の中にも、美容系の進路を希望…

  3. 文科省が「ゆとり教育」と決別?家庭でやるべき3つのこと

    2016年5月10日、馳浩文部科学大臣は閣議後の記者会見において「『ゆとり教育』との決別宣言を明…

  4. 建築用具の製造方法まとめ

    平板ブロックがわかる我々の生活のは様々なものが溢れています。それこそ無数の「物」に溢れていますが…

  5. 夏休み中に考えておきたい正しい塾の選び方

    夏期講習を受けていますか?今の塾に満足していますか。とりあえず8月いっぱいは、通っている塾を続け…

  6. 本当に不用なのか?大学に文学部を残すべき5つの理由とは

    一時期話題になりました。国立大学における文学部不要論!関連書籍なども登場しています。新学期を…

  7. 飲料関連の製造方法まとめ

    日本酒がわかるさて、私も大好きな日本酒ですが、日本酒はどのようにして作られるか知っていま…

  8. 暗記科目ではない!中学の社会は大人でも学ぶ点があります

    学校で習う「社会」について、どのようなイメージがあるでしょうか。文系でマイナー?多くの受験生は暗記科…

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP