menu

1,760 views

全裸生活者に朗報です!意外な3つのメリットがあります

この記事の所要時間: 345

自宅では裸族!カミングアウトする芸能人がいます。
意外にも、多くの人が裸で生活しているようです。
全裸で食事ができるレストランが日本に上陸する?
暑い夏を過ごすには、全裸生活がおすすめかもしれません。
もちろん医療面からみたメリットもあるみたいです。

スポンサーリンク

全裸生活とは

全裸生活とは、まさにスッポンポンです。
下着も着けずガウンも羽織りません。
そんなことが現実問題として可能なのでしょうか。
もちろん大豪邸に住んでいれば、できそうです。
実際に芸能人で多く散見されます。
カミングアウトしているのは、マツコ・デラックスさんです。
また大島優子さんや夏菜さんなどの美人女優も裸族とか。
変な意味ではなく、裸になった方がメリットは多いのかも。

全裸生活のメリットとは

女優も全裸生活をするほどです。当然メリットはあるのでしょう。

1.ストレスが解消できます

全裸生活を体験している人に共通することですが、
メリットのひとつに開放感を上げています。
家で全裸になると、ストレス解消になるようです。
そもそも女優とは、自分を隠す商売です。
それだけで相当のストレスなのでしょう。
もちろん普通に会社で働いていても、
その行動は、自分の素を出しているのでしょうか。
化けの皮をかぶっていませんか?
それこそストレスが溜まる温床です。
自宅という限られた空間ではありますが、
ストレス解消を目的とした全裸生活は、医学的にもありです。

2.血流がよくなります

下着のパンツは、お風呂以外は常に履いていますね。
女性がブラジャーを外す時とは、いつでしょうか。
お風呂に入った際、下着の痕がついていませんか。
痕が残るということは、相当の圧力がかかっています。
すなわち血流やお肌にもよくないということです。
言い換えると、全裸になれば血流がよくなります。
一時期パンツを履かない生活が流行りました。
寝る時は下着を着けない人も多いようです。
せめて眠る際は、圧迫から解放しましょう。
それだけでも体調が変わってくるようです。

スポンサーリンク

3.体型を意識するのでダイエット効果があります

大きな鏡を置くかどうかでも変わってくるでしょうが、
必然的に裸の自分を見ることになります。

すると体型を意識します。
そのためダイエット効果があるようです。
冒頭のようにマツコさんは?例外かもしれませんが、
人間は、自覚の有無によって行動が変わります。
このままではいけない!考えてしまうようです。
ダイエットが続かない人には、おすすめです。

デメリットはないのか

メリットがあれば当然ですが、デメリットもあります。
では全裸生活で困ることは何でしょうか。

1.外から覗かれる心配がある

一番の問題点は、外から覗かれてしまう心配です。
女優さんなどは大丈夫なのでしょうか。
そういう意味では豪邸だと安心できそうです。
自宅ではどんな生活をしようと自由でしょうが、
全裸のままベランダに出ても問題ないのか?
男性が局部を露出しつつ他人から見える場所に出たら?
猥褻物陳列罪や軽犯罪法違反で逮捕の可能性もあるようです。

2.突然の来客があると困る

友達が来る際には服を着用すればよいでしょう。
しかし突然の来客があった場合はどうするか?
もちろん飛び込み営業であれば、断ればよいでしょう。
とはいえ宅配便が来たらどうするか?
ピザなどのデリバリーを頼みたい時もあります。
その際は、ガウンなどを用意しておくべきです。
なお昨今なら地震の心配もあります。
急な避難を強いられる?
裸のまま生き埋めになっていると、恥ずかしいですね。

3.怪我や汚れる可能性もある

野生動物とは異なり人間の体表には鱗も毛もありません。
そのためちょっとしたことで怪我をしやすいですね。
日頃から家具に足をぶつけてしまう?気を付けましょう。
掃除をする際は、最低でも下着を付けましょう。
変なところに埃やばい菌が入ると危険です。
また料理をしている時、やけどしないように。

ストレス社会ではおすすめかも

いきなり全裸生活を始めるのは難しそうです。
しかし医療面においてもメリットは少なからずあります。
ストレスの多い現代社会であれば、おすすめかも。
怪我や近隣とのトラブルを避けられるなら、
時間を限った全裸生活から始めてみると、
健康になれるかもしれません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

リオオリンピック直前ですが、4K放送は視聴できるのか

看護師のよくある悩みまとめ

関連記事

  1. 究極のダイエット法か?やせる細胞の培養に成功!

    2016年11月17日の日本経済新聞に、「やせる細胞」量産技術 という見出しがありました。肥満治療や…

  2. FDAが抗菌石鹸の販売を禁止?理由は3つ!日本への影響は?

    2016年9月2日、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、抗菌剤を含有する抗菌石鹸やボディーソープの…

  3. がん患者は2016年に100万人を突破?統計の裏には何がある

    2016年7月15日、国立がん研究センターが新たな統計を公表しました。2016年には、がん患者が…

  4. 野生動物の肉に注意!E型肝炎の危険ありですよ

    ブタの生レバーが食べられなくなってから久しいですが、最近はジビエなど、野生動物の肉を食べるブーム…

  5. 胃もたれを簡単に治したい?3つの解消法と予防法を試してみよう

    飲み会のシーズンですが、好きな人は年中無休かもしれません。しかし翌朝に胃がもたれる、そんなことが増え…

  6. 【嫌いな人と上手く接する方法】憂鬱な日々から脱出する3つの手順

    【嫌いな人と上手く接する方法】憂鬱な日々から脱出する3つの手順

    あなたには嫌いな人はいますか?『はい。』と答える人の方が、断然多いでしょう。と言いますか、嫌…

  7. 『肥満遺伝子』を知ろう!(第3回) 日本人が持つ3つの遺伝子

    先祖代々の贈り物『肥満遺伝子』を知ろう!企画の最終回となる今回は、いよいよ肥満遺伝子との上手な付き合…

  8. 目を開けて10秒間・・・瞬きを我慢できない?ドライアイに注意!

    乾燥する季節に気を付けたいのは、お肌だけではありません。目も乾きます。つまりドライアイにも注意したい…

最近の記事

  1. 子どもを追い詰めてはいけない理由。逃げ場を与える怒り方の必要性

amazon

PAGE TOP