menu

55 views

素足の季節が来ました!足の悩みを解消しましょう

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 324

女性であれば、きれいな足が憧れですね。
シェイプアップも必要ですが、もっと足先にも注目しましょう。
素足の季節が来ましたが、サンダルやミュールを履くためにも
足の悩みを解消しませんか。

足先は見られています

女性の素足が伸びていると、ドキッとしますね。
スレンダーな足は、ついつい見とれてしまいますが、
足先を見て、がっかりすることも稀ではありません。
千年の恋も冷めてしまいそうです。
隠しているようでも、意外に足先は見られています。
それをこの夏も誤魔化し通しますか。
せめて可能な範囲で改善したいと思いませんか。
ちょっとした工夫で、できることも多いですよ。

足の悩みと解消方法は

若い女性に多い足の悩みとは何でしょうか。
その解決にはどんな方法があるのでしょうか。

1.外反母趾

パンプスやハイヒールなど、足先を圧迫する靴が多いですね。
そのために足の指が曲がってしまう症状があります。
それが外反母趾です。痛みもあります。
女性の4人に1人が程度の差はあれ、外反母趾と言われています。
もちろん重症になれば、外科手術が必要です。
とはいえ最近は、日帰り手術もあります。
一方軽度であれば、簡単な体操などで矯正できます。
例えば椅子に座った状態で、足元にタオルを置き、
それを足の指で手繰り寄せたり、つまんだりしましょう。
また足の指でビー玉などの小さなものを拾う!
固まってしまった指の筋肉を鍛えることが重要です。

2.靴擦れ

慣れない靴を履くと、靴擦れができます。
絆創膏を貼っていると恥ずかしいですね。
もちろん予防のために絆創膏を貼ることもあります。
なお傷の治り方にも個人差はありますが、
免疫力が高い人ほど早く治ります。
一方で靴擦れを作らない工夫も必要です。
足に合った靴を選ぶことが基本です。
しかし靴が硬すぎることも靴擦れの原因です。
そのためアルコールを塗ると柔らかくなるようです。
ちなみにワセリンやリップクリームを靴が当たる場所に塗る?
急場しのぎに使えます。

スポンサーリンク

3.爪が変形している

きつい靴を履いていると、爪が変形することも多いですね。
爪の形がおかしいと、ペティキュアも塗れません。
さらに巻き爪となってしまえば、痛いですね。
これらは爪を切る際のちょっとした工夫で改善できます。
例えばスクエアオフと呼ばれる切り方です。
通常は、指先に合わせて曲線的に切りますね。
しかしあえて先をまっすぐ、直線的に切ります。
そして角を小さく削って整えます。

これを続ければ、巻き爪も矯正されます。

4.かかとがカサカサ

かかとがカサカサだと、ストッキングも伝線します。
素足になると白っぽく、粉が吹いたりして幻滅です。
もちろん原因は、保湿が不十分だからです。
簡単な解消法は、保湿クリームを塗ることです。
お風呂上りなどに続けましょう。
またかかと専用のパックやピーリングジェルも
角質を除去するのに効果的です。
毎日の積み重ねが大切なのですね。

5.臭い!

冬にブーツを多用した人は、足の臭いも気になります。
最近は女性にも水虫が珍しくないですよ。
爪の中に白い縦線が入っていれば、水虫です!
早めに皮膚科を受診しましょう。
水虫は放置しても治りません。
それが臭いの原因である可能性は大です。
もちろん単に臭い人もいますね。
こちらは雑菌が繁殖しています。
お風呂でふやかし、石鹸できれいに洗いましょう。
また卵白とハチミツ、そして粗塩を混ぜてパックする!
保湿と合わせて軽度な臭いなら、直ぐに改善できます。

歩き方にも注意しましょう

足の悩みを解消するには、歩き方も重要です。
外反母趾や靴擦れ、巻き爪は、歩き方が原因かもしれません。
おしゃれも大切ですが、まずは合った靴を選びましょう。
できれば鏡を見ながら、歩き方を正しましょう。
歩き方に気を付ければ、足のケアも気になります。
相乗効果で変わっていくことが大切です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

生きた化石シーラカンスの新種が確認されました

どこにいても油断禁物!危機管理術を3つ紹介します

関連記事

  1. 体重との危険な関係を持つ体脂肪率って?

    ダイエット=体重減量とは限っていません。とは言え、取り敢えず一つの目標として、理想体重を知り、それよ…

  2. 悪性中皮腫に効果的なサプリメント

    原因がわからなければ予防や治療が難しくなりますが、一方で原因やメカニズムがわかっても、適切な対処がで…

  3. 結膜炎になったら眼帯ってしなくちゃいけないの?

    結膜炎になっても、どうしても会社に行かないといけない場合には、眼帯をした方が良いのでしょうか。流…

  4. そのこだわり本当に必要?真の価値観?本当に大切なものは何か

    個人特有の価値観やこだわりは、誰でも持っているもの。それは大変素晴らしいことです。そして、こ…

  5. 肺気腫の手術

    人間などの哺乳類は肺胞と呼ばれる肺の一部で酸素と二酸化炭素の交換を行っていますが、タバコの煙などの有…

  6. 股関節痛の改善には人工股関節も選択肢のひとつです

    股関節の痛みを訴える中高年が、特に女性で増えています。年をとったから、仕方がないのかもしれません…

  7. 優しい人はいい人?都合の良い存在?見え隠れするエゴ

    優しい人はいい人?都合の良い存在?見え隠れするエゴ

    優しい人とは何か?「優しさ」は、自己愛であり他者愛でもある、大変複雑なものです。「優しさ…

  8. 免疫とは何か?機能を高める方法はあるのか?

    健康番組などでも、免疫の話が良く出てきます。とはいえ免疫とは何か、ちょっとわかりづらいですね。…

最近の記事

amazon

PAGE TOP