menu

95 views

不倫のまとめ

この記事の所要時間: 2758

不倫とは

ドラマなどでも馴染みの深い「不倫」。
意外と身近に感じている人も多く、相談の多いキーワードのひとつです。
では、「不倫」とはどのようなものなのでしょうか。
「不倫」とは、本来は「道徳に反すること」という意味ですが、現在では特に男女の関係を指して使われる言葉です。
“道徳”や”倫理”というと、個々によって考えが異なりますから、「不倫」という場合には、主に婚姻関係にある人が他の人と男女の関係を持つことを指して使われています。
ただ、もともとは「道徳に反すること」というざっくりした意味なので、「不倫」という言葉自体は非常に曖昧なものです。
たとえば、既婚男性が独身女性と二人で食事に行ったとしましょう。
これは、「不倫」でしょうか。
意見がわかれますね。
一度食事に行った程度なら、不倫ではないと答える人もいるでしょうし、二人きりで食事に行くなんて不倫に決まっていると即答する人もいるでしょう。
このように、不倫の定義は一定ではなく、強いていうならば、婚姻関係にある当事者二人が、不道徳な付き合いだと考えるかどうかで決まるものだといえます。
しかし、こう曖昧では、離婚や慰謝料などを考えると、どうにも不安ですよね。
でも大丈夫。
離婚や慰謝料など、法律に関係する「不倫」は、実は別のことばできちんと定義されているのです。
それでも曖昧さは残りますが、そのために調停や裁判があり、紛争解決の手続きを進めることができます。

スポンサーリンク

女性同士が結託して復讐する

日本では、あだ討ちが禁止されています。
とはいえ不倫された相手に復讐したい!
肉体的に傷付けてはいけませんが、第三者的には共感できるでしょう。
配偶者が不倫していた!
または不倫相手に裏切られた!
女性の方が執念深い?
女性同士が結託して男性に復讐する!
稀ではないようです。
具体的には、どんな復讐劇があるのでしょうか。

スマホを踏みつける

不倫相手とスマホや携帯で連絡しあっている?
今なら当たり前でしょう。
しかしそれが不倫発覚の証拠となりがちです。
不倫しているなら証拠を残さない!
これは鉄則です。
とはいえ配偶者のスマホを何気なく覗いたら?
ハートマークのメールが来ている!
その場でスマホを踏みつける!
折り畳み式の携帯なら、ぶち折る!
この程度の復讐で済むなら序の口?
まだ怒りは浅い?
関係修復の可能性はありそうです。

毒を盛る

一歩間違えば犯罪ですが、不倫相手に毒を盛る!
部下の女性にお茶汲みをさせていると?
お茶に雑巾の絞り汁を入れられる?
漫画でよくあるパターンです。
同じことが家庭でも起きていないか?
洗濯物を洗ってくれない?
不倫時に恥をかかせるように、下着へシミを付けておく?
名前を書かれた芸能人もいるとか?
味付けが濃くなった?
生活習慣病を促している可能性も否めません。

職場に知らせる

男性にとって、職場に不倫の事実を知らされる!
これほど脅威なことはありません。
法律上は、不倫を理由に解雇はできません。
しかし会社に居辛くなるのは事実でしょう。
実質的なクビです。
中には相手の会社に乗り込んでくる!
兵の女性もいます。
もちろん社内不倫なら?
お互い居辛くなるでしょう。
とはいえ女性の方が転職しやすい?
リスクは少ないでしょう。
そんな弱味を握ってジワジワと復讐してくる!
こちらの方が直接的な暴力よりも怖いものです。

奥さんと不倫相手が結託

不倫相手が家庭に乗り込んでくる!
中には自宅での不倫現場を取り押さえられた?
間抜けな事例もあります。
とはいえ敵の敵は味方?
奥さんと不倫相手が結託して男性に復讐する?
徹底的に貢がせる!
奥さんも、わざと離婚しない!
つまり慰謝料など微々たる金額です。
それより合法的に別居して相手に多額の生活費を支払わせる!
ただし破産したら意味がありませんので、ほどほどにしましょう。

ストーカーには注意

女性は意外に割り切るようです。
とはいえストーカーには注意しましょう。
自分を見失ってしまうと?
制御できなくなる!
裏切られた相手のストーカーになる事例が男女を問わず少なくないようです。
ここまでくると正常な復讐ではなくなります。
友人などが止めてあげましょう。

子供を妊娠し母性が芽生える

不倫を肯定してはいけませんが、一夜限りであれば?
配偶者にばれていなければ?
まだ情状酌量の余地はあるでしょう。
とはいえ子供を妊娠!
一番慌てるケースです。
女性の側はそれを待っていた?
既成事実を作って相手に離婚を迫る!
さてどうするか。

妊娠は目出度い

子供を妊娠した!
本来は目出度いことです。
現在1割以上のカップルが不妊に悩んでいる!
そんなデータもあります。
一方で少子化が深刻化している?
こんな時代背景を鑑みれば?
子供を妊娠した!
まずは喜びましょう。
そして現実に戻りましょう。

中絶できる期間は

不倫で子供を妊娠した!
中絶手術を考えましょう。
神に背く行為ですが、経済的に育てるのが難しい?
母体保護法で許されている方法です。
とはいえ中絶手術ができる期間は?
基本的には妊娠12週目までです。
この期間内であれば?
比較的安全で簡単な手術が受けられます。
一方で刑法上は?
妊娠21週目までは中絶が可能です。
しかし22週目に入ると?
胎児は既に人間!
子宮外に出されても、自力で生きる能力がある!
医学的に認められています。
そこで中絶をすると?
殺人罪に問われることもあるので注意しましょう。
すなわち中絶するなら?
可能な限り早い間に決断するべきです。

母性が芽生える

不倫で子供を妊娠した!
男性なら衝撃的な事実です。
一方で女性は?
母性に目覚めることがあります。
人の倫に背いた結果であっても?
我が子を愛おしく思う気持ちが芽生えるようです。
はじめは不倫!
女性も割り切っていた?
しかし子供を妊娠すると、この子を守ろう!
男性に結婚を求めるようになります。
このケースは泥沼に陥りがちだし、正しい解決策などありません。

隠し子が発覚した

遊び人の女性であっても?
子供を妊娠した!
または中絶した!
計り知れない心理的衝撃があります。
例えばその事実を知らされた妻の精神的動揺は?
逆に不倫で身篭った妻の心情は?
不倫は多くの人たちに、取り返しのつかない影響を与えます。
最終的には遺産相続?
隠し子が発覚した!
昨今は相続税の問題が話題になっていますが、今の不倫は大丈夫か?
こちらも清算する時期なのかもしれません。

避妊しましょう

不倫はスリルを求めている?
これも一理あります。
もちろん配偶者が相手をしてくれないから外で発散する!
それもあるでしょう。
しかし大人になれば?
子供を妊娠する仕組みを理解しているはずです。
オギノ式で安全日を知る?
とはいえ本来オギノ式は妊娠するための方法です。
女性の身体は複雑です。
ホルモンバランスが乱れて妊娠する!
可能性は否めません。
不倫を肯定してはいけませんが、最低でも避妊しましょう。

不倫の出会いは身近な場所に

生涯結婚しなくてもよい!
そう考えている若者が増えているようです。
その理由として?
付き合うのが面倒!
自分の時間が持てない!
一方で異性と出会う機会がない?
やはり白馬の王子様!
運命的な出会いをイメージしているのでしょうか?
そうであれば不倫も、そもそも出会いの場所はどこなのか?
興味があるものです。

職場不倫

もっともわかりやすいのは、同じ職場における不倫です。
男性上司と女性部下との不倫?
ドラマでありがちです。
昨今は女性の上司も多い?
ならば逆のパターンも増えているのでしょう。
このように不倫の出会いは案外身近な場所なのです。
出会いの場所がない?
嘆く前に、周りをよく見回しましょう。
ただし結末は泥沼に陥りがちなので注意しましょう。

ネット経由

今時でありがちなのは、出会い系などネット経由の不倫です。
一夜限りの出会いを求める?
お互い名前も知らなければ?
不倫が発覚する心配もないのでしょう。
とはいえ匿名だからこそ起きる事件には気を付けましょう。
またネット社会だからこそ、壁に耳あり障子に目あり?
GPS機能で自分の居場所がパートナーにチェックされていた?
遠隔操作で証拠写真を撮影!
スマホに不信なアプリはないか?
不倫する前にチェックしましょう。

子供の学校

専業主婦も減ってきましたが、奥さんを家に閉じ込めてはいけません。
不倫が怖いから?
外出させない!
そんな旦那さんもいるでしょう。
しかし不倫の出会いに場所は関係ありません。
やや古典的でもありますが、不倫の出会いとして子供の学校!
意外と穴場です。
イケメンの若い先生がいる?
中には同級生の親同士で不倫?
ばれた時に子供はどんな反応をするのか?
もっと衝撃的なのは?
同級生だと思っていたら?
本当は血の繋がる兄弟姉妹だった!
子供の将来が心配されます。

酒場

仕事上のストレスを発散するために酒場へ行く!
日常的な風景でしょう。
しかしお酒の勢いは怖いものです。
アルコールは理性を破壊します。
また酒場などの暗がりにいると?
どんなものでも綺麗に見えてくるようです。
そこからお酒の力が後押しをして?
朝目覚めたら隣に知らない異性が寝ていた?
魔が差した!
とはいえ言い逃れのできない事実です。

同窓会

こちらもドラマ的な定番ですが、同窓会!
出会いの場所としてわかりやすいでしょう。
かつての憧れだった?
元カレ、元カノが、結婚して魅力的になった?
逆に結婚生活の愚痴を呟かれたら?
二次会、三次会に行ってしまいそうです。
男女の出会いに理屈はありません。
だから人生は面白い?
異性とは本能で付き合うべし!
場所を限定したら?
本当の恋愛もできません。

不倫体質はどのようなものか

不倫といえば、昼のメロドラマにおける定番です。
しかし昨今は、ゴールデンタイムのドラマにも不倫が登場する時代です。
またバラエティー番組でも不倫したタレントが堂々と取り上げられている?
テレビの影響を問題視してもいけませんが、子供も不倫の意味を知ってしまう?
そこから不倫体質が育まれる?
不倫しない体質に親が躾けるべきなのでしょうが、親が不倫していた!
では具体的に、不倫体質とはどのようなものなのでしょうか。

不倫は体質なのか

不倫は本能か?
クセか?
体質なのか?
とはいえ不倫する人の一般的な傾向はあるようです。
例えば一見真面目そうな人が?
実は不倫していた!
最近は、学校のいじめ主犯者が優等生だった!
変なストレスが間違った方向へ進むのです。
不倫も同じです。
家庭内に揉め事はないか?
不倫体質があったとしても、未然に防ぐ方法はあるはずです。

ストレスを溜めやすい

不倫体質の第一は、ストレスを溜めやすい人です。
言い換えるならストレスを健全に発散できない人です。
本来であれば一番良いストレスの解消法は、スポーツでしょう。
かつての中高生は、妄想が止まらなくなったら腕立て伏せをして我慢した!
スポ根も、健全な方向へ導く意味があったのでしょう。
もちろんお酒でストレス発散!
これも大人なら許容範囲です。
しかし酔った弾みで不倫した?
このパターンも案外あります。
不倫体質を自覚している人は?
飲み会もほどほどで切り上げましょう。

コミュニケーション力が弱い

不倫する人はプレイボーイ!
尻軽?
そんなイメージがありそうです。
しかしよくよく調べてみると?
若い時に異性と上手く付き合えなかった人!
稀ではないようです。
子供時代の異性に対する不満?
これが大人になって爆発するのでしょう。
すなわちコミュニケーション力が弱いため、会話などで楽しめない?
直接的な肉体的本能へ走ってしまうようです。
いわゆる草食系も?
根本を突き詰めればコミュニケーション力の欠如です。
異性と付き合うのが面倒!
そう感じたなら?
不倫予備軍と自覚しましょう。

自信がない

不倫する人は美男美女か?
逆に、こんな不細工が不倫している!
事件化したケースでも、この女性に何故惹かれるのか?
多々あるものです。
ある意味では自信がない!
他人から優しくされると、嬉しくなってしまう!
勘違いしてしまう?
あるようです。
自信が持てない人は?
きっかけがあると歯止めが利かない!
相手が結婚していても?
開き直る?
自暴自棄になりがちです。
自信がない人は?
一発逆転などを夢見ることなく、無理をしない方が無難です。

芸能人の台詞「不倫は文化」

※不倫は文化? かつて「不倫は文化」だと発して物議をかもした芸能人がいました。
確かに不倫は昔からあるものです。
かつては「不義密通」とも呼ばれたものですが、かつては地位の高い男性であれば側室がいる事も珍しくありませんでしたから、不義密通は女性だけにあてはまるものでした。
それが女性の社会進出と共に女性の立場も上がり、様々な面で平等が実現していますので、男性であっても不倫に問われる事は珍しくありません。
ですが男性だけが不倫をしているものではありません。
男女共に不倫をしている人、あるいは経験のある人はいるでしょう。
昔から行われてきた事を考えると、冒頭の「不倫は文化」だと発した芸能人の台詞も満更間違ったものではありません。
ですが不倫は秘密裏に行われるものでもありますので、それをあけすけにしてしまうのはいささか問題があるでしょう。
しかもこの発言は、他人の不倫を評したものではなく、自分自身の不倫報道に対して、半ば逆切れのような形での発言であったために大きな非難を浴びる事になってしまったのです。
事実ではあっても、公衆の面前で言って良い事と悪い事はありますからね。

不倫だからこそ燃える

※不倫だからこそ… 不倫は決して珍しいものではありません。
好きになった人がたまたま既婚者だったとか、あるいは結婚して立場ではあるけどパートナー以外の人を好きになってしまったといったケースもあるでしょうが、不倫だからこそ燃えるというケースも少なからずあるでしょうね。
お互い独身で出会っていたらそこまで燃えるものではない、あるいは心を惹かれるような事はない。
相手がパートナーがいるからこそ、不倫だからこそ燃えるというケースは実際多いと言われています。
事実、不倫の時には物凄く燃え上がっていたものの、相手と別れさせたらなんとなく覚めてしまう、あるいは燃え尽き症候群ではないですが、それまでの情熱が一気に冷めてしまい、「前と変わらない」と感じてしまったり、「不倫の関係の方が良かった」と感じる人もいるようですね。
不倫という許されないものだからこそ燃えるという事はあるでしょう。
刺激を求めていたり、あるいはドキドキしていたい。そのような思いが不倫に走らせるのであって、実際には相手ではなく、自分自身の気持ちの問題というケースも珍しくないと言われていますよね。人間は無いものをねだると言いますし…。

不倫に憧れている人も?

不倫は決して許されるものではないのですが、不倫に対しての考え方や印象は人それぞれなのではないでしょうか。
例えばですが、本来のパートナーにバレなければ良いと考えている人も居るでしょう。
棺桶まで持っていく覚悟で不倫をしている人もいれば、憧れてはいるものの、実際に自分は出来ないだろう、自分とは無縁のものだろうと思っている人もいるでしょう。
また、場合によっては不倫だからこそ燃えるという人もいるでしょうしね。
特に若い女性では、不倫に憧れている人もいるようです。不倫そのものを認めるというよりも、「不倫」という関係になれるほど自分自身は魅力だという認証欲求があるのでしょうね。
また、不倫にも様々な種類があります。男性が既婚者のケースや、女性が既婚者のケース。さらには両者ともに既婚のケースもあるでしょう。
いろいろなケースがありますので、不倫もまた、一言では言い表す事が出来ないものでしょうね。
もちろん許されるものではないのですが、人間の感情は時にコントロールする事が出来なくなってしまう事もありますので、仕方が無い部分もあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

大人の関係な不倫

※大人の関係との見方も
不倫は珍しいものではないでしょう。許されるものではないのですが、現実的に決して珍しいものではないものです。
ですが不倫といっても実に様々です。
既婚者同士の、いわゆる「大人の関係」な不倫もあれば、どちらかが独身で、いずれは略奪したい、つまりは不倫に本気になっているケースもあるでしょう。
一番の理想と言われているのは大人の関係でしょうね。
相手の家庭環境を壊したいのではなく、体だけ求め合う。そのような関係が不倫の理想とも言われています。
もちろんある程度は気持ちも入っているものの、相手に離婚を迫るような事はせず、ただ単に体だけの関係で良い。そのように思っている人も多いようです。
この場合、そこまで相手に深入りするものではありませんので、案外長続きするとも言われています。
不倫にも様々な価値観があるでしょうが、「火遊び」程度にしか考えていない人にとっては、大人の関係が理想ではあるでしょうね。
ですが、不倫は一人では出来ません。相手がどのように思っているのか次第では不倫の展開も変わってくるでしょう。
お互いが「大人の関係」で良いと考えている不倫であれば、大きな問題に発展する事もそうそうないと言われていますが…。

若い男と若い女

※若い方がよい? 不倫の定番といえば、既婚男性が若い女性と行うものと思っている人、多いでしょう。
ですがこれも崩れつつあると言われています。
年上ブームもあり、既婚女性と若い男性であったりとか、あるいは既婚者ではあるものの、結婚が早かったがためにまだまだ若い男と若い女同士でのW不倫などもあります。
もちろん、壮年の男女の不倫もあります。
このように、不倫というのはとにかく多種多様なものとなっています。
例えば先の話で言えば、既婚男性と若い女性の不倫にしても、若い女性が既婚男性に対して離婚を迫るケースもあれば、お小遣いをせびるケースもあるでしょうし、お互い体だけの関係で充分というケースだってあるでしょう。
どのような不倫なのかというのは人それぞれでしょうからね。
ですから一概に若い方が良いとは言えないものでしょうね。
若い人からすれば年齢が上の落ち着いた人と不倫をしているおかげで精神的に安定しているといったケースもあるでしょう。
もちろん若い女性との不倫で毎日が刺激的なものになっているというケースだってあるでしょうから、不倫というのはなかなか奥深いものなのかもしれませんね。

欲求不満のケース

※欲求不満もまた… 様々な恋愛の形があるのですが、ある意味一番本能的な事と言えば不倫かもしれません。
性欲のみで繋がる…というと少々大袈裟ではありますが、特に既婚者同士の場合、欲求不満が根底にあるケースも珍しくなかったりするのです。
パートナーをもはや「異性」ではなく「家族」としか見れない。
そのため、性交渉そのものの機会がなくなっていく。
でも本当は性欲はある。そのような場合、どうしてもパートナー以外の存在に行ってしまうものです。
職場だったり出会い系サイトだったり、最近ではSNSを介しての同窓会で…といったように、様々な形で不倫の「きっかけ」はあるものです。
ましてや欲求不満の時の人間の行動力というのは素晴らしいものがあります。 相手に正直になってしまう部分もあるでしょう。
仮にですが、性的に満たされているのであればそうそう不倫の関係にはならないでしょうからね。
人間なのですから、欲求もあるでしょう。
そしてそれが満たされなければ欲求不満になるのも当然です。
決して不倫を正当化している訳では無いのですが、人間同士、どのような関係に発展するのかは解りませんからね。

不倫でラブホテルを利用

※場所と言えば… 不倫の現場。それはやはりラブホテルが一番多いでしょうね。
特に既婚者同士の場合、お互いの家で会う事など絶対に出来ません。
ではどこで会うのかと言えばラブホテルが一番です。
最近では受付も無人のところが多いですから、不倫にはうってつけとも言えるでしょう。
どちらかがシングルで、一人暮らししているのであればそこで会うのも良いでしょう。
ですが周囲の視線もあります。
ですので、周囲の視線を考慮しても、やはりラブホテルで会うのが一番都合が良いのです。
郊外までドライブ。そしてラブホテル。それこそ誰にも見られる事はないでしょうからね。
不倫の場合、周囲の視線は必要以上に気にしなければならないでしょう。
地元周辺で会っている所を見られようものなら大変な事になってしまいます。
情報というのは拡散しますし、さらに言えば盛られやすいですからね。
それを考えた時、不倫でラブホテルを利用するのは当たり前とも言えるでしょう。
むしろラブホテル以外、適している場所は無いと言っても過言ではないくらいです。
決して不倫を助長している訳では無いのですが、ラブホテルは密室ですし、とても便利な場所でもあります。

不倫の相談をする場合は?

不倫はする方だけではなく、される方の問題もあるかもしれません。
問題というのは「原因」という意味ではなく、やはり自分の大切なパートナーが不倫をしているとなれば腹立たしさもあれば悲しさもあるでしょう。
とにかく様々な感情が入り乱れるものでもあるでしょうが、一方でどうしても自分だけでは抱えきれない部分も出てくるでしょうから、その際には相談したいとも思うのではないでしょうか。とはいえ不倫の問題はとてもデリケードですから、誰かに相談したいと思っても、誰に相談して良いのか解らない部分もあるのではないでしょうか。
そこで不倫の相談をする場合にはサービスを利用してみるのも良いかもしれません。
司法書士の無料相談も良いでしょうし、弁護士や探偵といった、自分とは無関係な人に相談する事で様々な事が見えてくる部分もあるのではないでしょうか。
不倫の問題はされた側としても出来れば大っぴらにしたくはないものでしょう。
ですので知り合いなどに相談してはどうにもならないという事もあるのではないでしょうか。
その点だけはしっかりと考えておかなければならないでしょうね。

※弁護士に相談? 不倫を楽しんでいる人もいれば、不倫に悩まされている人もいるのではないでしょうか。
パートナーが不倫をしている、あるいは本当は不倫などしたくないものの、なし崩し的にずるずると不倫関係に陥ってしまっているケースもあるでしょう。
様々なシチュエーションがあるのが不倫ですが、もしも不倫で悩まされている側であれば、誰かに相談すべきかもしれません。
ですが友達レベルで相談すると、不倫に悩んでいる事を知られてしまいますので、大変なケースに発展してしまう事もあるでしょう。
そのような時には弁護士に相談してみるのも良いかもしれません。
弁護士であればどのような事であっても守秘義務を守ってくれますので秘密が漏れてしまうといった事もないでしょう。
また、それでいて法律の面からの的確なアドバイスもくれるでしょうからね。
探偵を使うという方法も考えられるのですが、探偵の場合費用が区々です。
場合によっては都合よく使われてしまうケースもあるでしょうから、弁護士の方がきっちりしているでしょう。
一人で悩んでいてもなかなか答えは出ないでしょうが、誰にも漏れない弁護士であれば、相談相手としてもうってつけなのではないでしょうか。

不倫からストーカー行為

不倫というのは何かと問題なものです。実際問題とても大変なものでもあるのですが、一方で不倫は時に当事者間の大きなトラブルにまで発展してしまう事もあるのです。というのも不倫と言っても実は様々なものがあるのです。
お互い割り切っての不倫もあれば、どちらか一方は不倫ではなく、本当のパートナーとなりたい。
そのため、今の相手と別れるようせがんでいるというケースもあるでしょう。
どちらか一方は独身であっても、どちらか一方が結婚していればそれも不倫になりますし、お互い結婚している同士も不倫になりますので、不倫の問題というのは実はとても様々な形があるという事に気付かされるのではないでしょうか。
そんな不倫の問題の中でとても大変な話しが不倫相手との別れのこじれから、相手がストーカー化するというものです。
実は不倫からストーカー行為に走る人と言うのは案外多いのです。
自分としては本気だったのに相手は遊びだった。あるいは相手が不倫だと知らなかった。
そのような時はどうしても様々な想いが芽生えてくるものです。とはいえ、不倫であってもそこに愛情がある場合にはその愛情が捩れ、このような現実となってしまう可能性もあるという事ですね…。

不倫は妻を変える?

不倫というのは決して褒められたものではないのですが、一方で言うなれば「恋愛状態」になります。
そのため、不倫をしている人というのは明らかに何かが変わるのです。
それまでは化粧っ気の無かった妻が急にお洒落になってきたり、やたらと綺麗になったと感じる事もあるようです。
ドラマや映画などでは「不倫は妻を変える?」といった論調で妻の変化を映し出すものですが、それは妻だけではなく、男性にも言えます。
不倫関係になってからやたらとお洒落に気を使うようになったり、節制を始めたりなど、物的証拠を残さなくとも気持ちの面での変化を隠す事が出来ないのです。
やはり人間はどこかで何かをすれば証拠を残してしまうものなのです。
特に不倫というのは、忘れかけていた「性」の部分を刺激される事にもなるのですから、当然ですがやはりどこかで変化していくでしょう。
気持ちの面の変化が外見にも表れ、やたらと自分の身だしなみに気を配るようになる人は多いのです。
そのようなちょっとした変化に気付く人も多いようですが、かといって変化しているからといって必ず不倫していると断言出きるわけではないのですが、不倫している人が変わるのはこれは紛れもない事実なのです。

不倫と結婚の違い

不倫と結婚の違い。それは本当にたくさんあるのです。そもそも結婚している人間が浮気をするから「不倫」になるのです。
独身の人の浮気も良いものではないのですが、それはあくまでも「浮気」でしかないのです。
「不倫」という言葉は結婚している人だけに与えられるものなのです。
堅苦しい話となると、不倫は慰謝料を請求出来るもので、法的に咎められる事になる行為でもありますが、独身の人間の浮気はそこまでのものではありません。とはいえ、法律の問題以前の問題として、やはり自分のパートナーやお子様が居られる場合にはお子様の問題など、心情面でもやはり決して良いものではないでしょう。とはいえ、結婚している人が魅力的に見えてしまう部分があるのも事実です。
やはり人間は「手に入れる事が出来ないもの」は欲しくなってしまうのでしょう。
また、「隣の芝生が青く見える」という点もあるのでしょう。
そのため、客観的に見たら「なぜ?」というようなケースも多いのです。
恋に恋している部分もありますので、不倫というのもまた、様々な事情をはらんでいるのです。
やはり人間は感情がありますので、心理的なものでいろいろと変わってくるのでしょうね。

不倫の結末は如何に

世の中では不倫関係も珍しくないでしょう。価値観の多様化だとかではなく、昔から不倫は行われているものでした。
なぜ不倫になってしまうのかはそれぞれ事情があるでしょうから一概には言えませんが、不倫関係はスリルがあるから辞められないという人もいるようです。
しかしです。不倫は結末が難しい関係とも言えます。恋愛であれば「結婚」というゴールを目指す事が出来ますが、不倫の場合結末はありません。
関係に刺激がなくなってきたり、何となく飽きてきた…。そうなると不倫関係も終了してしまうのでしょう。
つまり、不倫は新鮮さが大事なものなのかもしれませんが、一方で略奪する形も見受けられます。
元の相手と別れ、不倫相手と結ばれる…。そのようなケースもあるようですが、そのような結末は稀です。
更に、不倫は刺激を楽しんでいる部分もありますので、いざ正式なパートナーとなると、そこから刺激はなくなってしまいますので、不倫の時のように燃えない…という事も珍しくないのです。
このように、不倫は結末が見えないものですから、難しい部分もあります。
刺激を求めての一時期的なもの、それが不倫なのかもしれませんね。

不倫の意味

「不倫」という言葉の意味を、正しく知っていますか? では、「浮気」との違いは? 不倫とは、『人の道、特に男女の道にはずれること』とあります。 なんとも哲学的な表現ですね。
もう少し噛み砕いて言えば、結婚した男女は、他の人に浮気してはダメだということです。
結婚後の浮気は、人の道にはずれているとの考えのもとにある言葉ですね。
ところで、浮気とは『他の男性または女性に愛情が移ること』です。
つまり、気持ちが他の人に移ってしまうことが浮気です。
つきつめれば、二人で映画館へ行っても気持ちが移っていれば浮気と呼べるし、ただの友達でしかないのなら浮気ではない。 これまた難しい話ですね。
浮気も不倫も、道徳的に良くないことであると考えられていることにかわりはありませんが、特に不倫、つまり結婚している人が他の人を好きになったり、関係を結んだりすることは、特に道徳に反していると考えられています。
これは、結婚には社会的に家庭を守る義務が課せられていることと大きく関係します。
社会は家庭を基板として成り立ちますから、当然の流れですね。
不倫容認の社会では、家庭が機能しなくなってしまい、子どもが育っていかない。 だから「人の道にはずれる」行為なのです。

不倫では絶対幸せになれない

不倫では絶対幸せになれない!
わかっているのに何故不倫をするのか?
もちろん略奪婚で成功した事例もあります。
とはいえ心の奥底で?
後ろめたい気持ちがあるのも事実でしょう。
他人から後ろ指をさされているかもしれません。
不倫には、いつか終わりが来ます。
それを綺麗に迎えるためには?

なぜ幸せになれないのか

不倫では、なぜ幸せになれないのか?
もちろん不倫をしている間は幸せかもしれません。
しかし相手の家族を思った時に?
申し訳ない!
逆に羨ましい!
既婚者はハラハラしている?
人間は、最終的には落ち着きたいようです。
子供や孫に囲まれて過ごす!
これが人間の本能でしょう。
不倫ではそれが達成できない?
誰かを傷付けてしまいます。
好きになった相手が既婚者だった?
結婚しているのに好きな人ができてしまった?
幸せになりたいなら?
諦める気持ちも必要です。

なぜ一夫一婦制なのか

現代の日本における法律では、一夫一婦制と決められています。
とはいえ世界を見回すと?
一夫多妻または一妻多夫の社会が今でも多くあります。
日本も少し前までは?
妾を持つのが当たり前でした。
ではなぜ一夫一婦制にしたのか?
もちろん男女は平等!
そういう意識でしょう。
時にイスラム教では4人まで奥さんを持てる?
女性蔑視の象徴と非難されます。
しかしこれは大きな誤解です。
戦争で男が殺される?
そんな状況において寡婦や孤児を救済する目的で生み出された妥協の制度なのです。
日本の歴史を鑑みても?
側室を持つことは子孫繁栄の意味があった!
徳川時代が300年近く続いたのも?
初代家康が側室を多く作り、家系を広げたから!
倫理的ではないでしょうが、少子化を防ぐなら?
綺麗事では済まないのかもしれません。

妾になれば幸せか

百歩譲って、妾になれれば幸せになれるのでしょうか?
もちろん経済的に困らなければ?
選択肢のひとつかもしれません。
とはいえ第一婦人を羨ましく感じる?
ふと寂しさに襲われる?
やはり幸せになれないのでしょう。
ただし正式な結婚をしているから幸せか?
幸せになれない既婚者も少なくないでしょう。
だから不倫をする?
結婚は人生の墓場?
なのに人はなぜ結婚しようと望むのか?
現代の草食系若者は?
案外正解なのかもしれません。

幸せとは何か

生涯独身で良い!
そう考える若者も増えています。
不倫のままでもよい?
自分にとっての幸せとは何か?
略奪したいなら?
それに命を賭けましょう。
一生懸命頑張れば?
望みは叶えられるものです。
しかしそれで幸せになれるか?
幸せとは、平凡な毎日を繰り返すことです。
刺激を求めていれば?
幸せになれないでしょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
moriwaki
最新記事 by moriwaki (全て見る)

BO150403366338不倫の相手まとめ

imasia_10430992_M医療の変わった仕事まとめ

関連記事

  1. oseti_05

    2017年の気になるおせち 老舗百貨店の2万円代おせち おすすめ…

    老舗百貨店の気になる2万円代おせち、まだまだあります。特に、1万円おせちでは今ひとつオリジナ…

  2. 47eafc3ff0e6ca8879b0450035bc1691_s

    梅味のお菓子と言えばこれ!

    梅風味のお菓子と言うと、やっぱり上品な和菓子! まず何より、酸っぱいけど、何故か結構な甘みもあって、…

  3. -shared-img-thumb-tsuruno31_TP_V3

    二日酔いの朝、3つのやって良いこと悪いこと

    お酒による失敗は、誰もがありますね。大人になるための通過儀礼でもあります。とはいえ朝起きて、…

  4. auto_drive

    自動運転車にも保険適用?交通事故の示談交渉が解決しやすくなるか

    人工知能AIの進化は目覚ましいものがあります。新聞には連日のように関連記事が掲載されています。そこで…

  5. pixta_6818493_M.jpg

    ペット不可賃貸の退去費用は

    今や自己所有の一戸建てにお住まいの方の8割以上が、犬や猫を飼っていらっしゃるという事で、分譲マンショ…

  6. 81b2fdf766945531455b83c9e44a5e42_s

    ナンパでの出会いはあり?5つの角度から検証してみる

    6月8日のエキサイトニュースにて、「出会いがナンパはありか?」という記事が掲載されました。昨今ではア…

  7. woman

    年収300万でも家買うオンナになれる女性向け住宅ローン5選

    前回の大野智主演作品に続き、人気を集めている水曜夜10時放送のドラマ『家売るオンナ』!そのタイト…

  8. 4a41e1d68d64c94190e2575c0c0b3013_s.jpg

    5月なのに鼻が詰まる?考えられる5つの原因

    スギ花粉も一段落したでしょうか。暑苦しいマスクも外せますね。思い切って深呼吸できます。と…

最近の記事

  1. dynamite_01
  2. fb_w
  3. hatumode03
  4. iryou1208
PAGE TOP