menu

140 views

日産 セレナの新型発表!自動運転は遂にここまでやってきた!

この記事の所要時間: 213

7月13日、日産セレナの新型が発表されました。今回の発表は単にセレナの新型というだけではありません。「ProPILOT(プロパイロット)」という技術が搭載されているのですが、そちらはまさに「自動運転」と言っても差支えない程の技術が詰められているのです。

スポンサーリンク

まさに自動運転の「はじめの一歩」

「ProPILOT(プロパイロット)」は、まだまだ高速道路の単一車線のみでの運用ではありますが、高速道路における渋滞時、そして長時間の巡航という、いわば「高速道路の二大負担」を軽減してくれる装置です。
30km/hから100km/hまでのドライバーが設定した速度で走行出来るのは既にクルーズコントロールでもあるのですが、先行車との距離を保つべく、アクセルとブレーキを自動でコントロールしてくれるのです。
さらには停止保持まで行えますし、直線やコーナー等で常に車線中央付近を維持すべくステアリング制御まで行ってくれるのです。
これらはまさに「自動運転」と言っても良いでしょう。もちろんドライバーがしっかりとハンドルを握っておくのは当然ですが、この機能が進化していく先に見えるのは言うまでもなく自動運転です。

スポンサーリンク

停止「保持」が鍵

実はこの機能、停止保持以外に関してはスカイラインやフーガ等で既に搭載されています。
ですが「ProPILOT(プロパイロット)」は停止「保持」が搭載されているのです。従来の自動停止はブレーキで減速させるもので、最終的な停止や、あるいは停止状態を維持するためにはドライバーがブレーキを踏み続けなければなりませんでした。
それに対し、停止保持はそれらもすべて自動で行えるのです。日産も「高速道路で遭遇するケースはすべて網羅している」と豪語しているだけあり、車線、車両、人間。これらすべてを認知するモジュールを搭載しているのです。

アピールになるのか

果たして「ProPILOT(プロパイロット)」のおかげで新型のセレナがどれだけ売り上げを伸ばすのか。
自動車業界としても注目ではありますが、そもそもセレナは人気モデル。5ナンバーサイズのミニバンとしては長年王者に君臨していただけに、セレナがある程度売れるのは当然です。
決して「ProPILOT(プロパイロット)」だけのおかげという訳ではありませんが、セレナという人気モデルに搭載した事で、自動運転がより身近な物になるという考え方も出来ます。
自動車業界にとって、自動運転はいわば命題のようなものですが、今後どのように進んでいくのか。
その点を占う意味でもセレナの販売台数は今後の自動車業界に大きな影響を与える事になるかもしれません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

2016年はVR元年?テレビは衰退していくのか

BBクリームの効果まとめ

関連記事

  1. アウェーでドロー…。サッカー日本代表が置かれた厳しい現実とは?

    10月11日、サッカー日本代表はロシアワールドカップアジア予選にてアウェーでオーストラリアと対戦。…

  2. 狙え座布団10枚!!人気番組『笑点』50年のビックリを見よう!

    日曜夕刻のお楽しみと言えば『笑点』!そんな中高年の方も多く、例え、そこまで熱狂的なファンでなくて…

  3. 2016秋の京都ライトアップ情報その15 楽チン定期観光バスで巡…

    定期観光バスで行く、京都の紅葉ライトアップ京都で楽しむライトアップ紅葉スポット、過去14回に渡っ…

  4. ワイヤレスオーディオレシーバーの賢い使い方

    一見すると、何の意味があるのか?二度手間になっていないか?そんな商品も少なくないようです。…

  5. 2016秋の京都ライトアップ情報その7 京都駅周辺の見所と巡り方…

    秋の京都ライトアップ情報、洛東→洛西→洛北と来れば、取り敢えず残りは洛南だけです。た…

  6. やはり…まだまだ終わらない三菱自動車燃費不正問題

    三菱自動車の燃費不正問題はまだまだ収束の気配を見せません。今年発覚した三菱自動車の不正は、軽自動…

  7. 車は定価で買うものじゃない!値引き交渉のコツとは?

    自動車を購入する際、ディーラーからどれだけ値引きしてもらうのかは、大きなテーマです。タイミン…

  8. スズキと三菱。同じ燃費不正でなぜここまで差が出たのか?

    共に燃費不正が明るみになったものの、スズキに関してはほとんど「無傷」のような状況。一方の三菱はマスコ…

最近の記事

  1. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP