menu

243 views

ヒアルロン酸の注意点まとめ

この記事の所要時間: 627

ヒアルロン酸の注意点

ヒアルロン酸は、肌に水分を蓄えるために必要な成分であり、美容やアンチエイジングには欠かせないものとなっていますが、取り入れるにはいくつかの注意点もあります。

スポンサーリンク

過剰摂取は臓器に負担

まず第一に気を付けなければならないのは、過剰摂取。
吸収率を上げた低分子ヒアルロン酸のサプリメントなどは、過剰摂取すると肝臓や腎臓といった臓器に大きな負担をかけてしまいます。

天然のヒアルロン酸は高分子ですから、鶏軟骨を食べ過ぎたからといってどうということはないのですが、サプリメントの過剰摂取はNGです。
とればとるほど綺麗になる、というわけではありません。毎日少しずつ補うことが大切です。
ヒアルロン酸を飲んでもそのまま体内のヒアルロン酸になれるわけではなく、再合成されますから、バランスの良い栄養摂取が大事です。

高分子だと肌からの吸収は無理

ヒアルロン酸には、かなり小さくした低分子のものから、非常に大きな高分子のものまでさまざまなものがあります。
肌につける化粧品の場合、ヒアルロン酸は低分子でなければなかなか浸透してくれません。
ヒアルロン酸が使われていれば良いというものではないので品質には注意しましょう。

ヒアルロン酸注入の失敗例

ヒアルロン酸注射は、手軽にできるプチ整形として人気がありますが、あくまでプチ整形ですから、失敗することも覚悟しておかなければなりません。
ヒアルロン酸注入の失敗例を挙げてみましょう。

左右非対称

まずは、左右のバランスの問題です。
顔面の場合ですが、左右のバランスが悪く、顔が歪んで見えてしまうことがあります。

入れすぎ

注入のし過ぎで、なんだか腫れたようになってしまうことがあります。
目の下のクマ・たるみを消そうとして、涙袋が腫れたようになってしまったりするので、入れすぎにも注意です。

浅すぎ

もっとも顕著に失敗する例として、注入する場所が浅すぎて、変なコブのように盛り上がってしまうものがあります。
本来、真皮の奥に注入しなければならないヒアルロン酸ですが、針が浅いと表皮に近すぎて、局所的に変な盛り上がりができてしまいます。
しかも、浅いところに注入されたヒアルロン酸は、肌に吸収されにくく、長く付き合わなければなりません。
ほかにも、アレルギー反応の出てしまう人も少なからずいます。
ヒアルロン酸はヒトの体にもありますが、他の動物などから抽出していますから、体質によっては十分な注意が必要です。

ヒアルロン酸の副作用は??

ヒアルロン酸自体には、特別副作用はありません。
肌に塗ったり、たくさん食べたりしても、特に問題が起こることはないとされています。
ただし、副作用がまったくないというわけではありません。
注意すべきことを知って、上手に利用しましょう。

注入は副作用の可能性が高い

ヒアルロン酸は、プチ整形や、関節の治療などで注入されることがあります。
この注入は、ヒアルロン酸の利用の中でもっとも気を付けなければならない利用方法です。
ヒアルロン酸注入における副作用には、アレルギー反応と皮下組織化、そして、直接の副作用ではありませんが、雑菌による炎症・化膿が挙げられます。

アレルギーは、ほとんどの人が起こらないとされ、特別なアレルギーテストをする義務もないほどです。
けれど、「ほとんど」と「まったく」は別物。
1万件に1件程度ですが、アレルギーの起こる可能性があることは知っておきましょう。

皮下組織化することも、正しい注入ではほとんどありません。
しかし、微妙な位置を注射針で探っているわけですから、やはり硬いしこりができてしまう可能性は否めません。
食べ過ぎたり、肌に塗りすぎたりして副作用が起こることは、まずないといっていいほど稀です。

スポンサーリンク

肌に合わないヒアルロン酸ってあるの?

盲目的に「良い」とされがちなヒアルロン酸ですが、実は「肌に合わない」ケースもたくさんあります。
特に、肌に直接つける化粧品では、肌に合わないヒアルロン酸は、珍しいものではありません。

そもそもヒアルロン酸は、非常にたくさんの種類があります。
自然界にある高分子ヒアルロン酸だけでも、分子量も違えば、動物由来なのか植物由来なのかといった違いもあります。
さらに吸収を高めるために低分子化したヒアルロン酸、低コスト実現のために人口培養したバイオヒアルロン酸もあります。
肌に合わないヒアルロン酸があっても、何ら不思議はないのです。

ヒアルロン酸入の化粧品を使用する場合には、肌の調子をよく観察し、合わない場合には使用を中止する判断も重要です。

特に、アトピー性皮膚炎など、肌のバリア機能がもともと低い人は肌トラブルも起こりやすいので注意が必要です。

また、ヒアルロン酸自体が肌に合わないのではなく、ヒアルロン酸の過剰摂取やヒアルロン酸以外に配合されている成分などによる肌トラブルもないとはいえません。

使用方法や用量はよく守って、自分の肌の調子を見ながらヒアルロン酸を取り入れましょう。

ヒアルロン酸と関節

年を重ねるごとに、ヒアルロン酸は減少していきます。
このことは、老化に大きく影響していて、関節痛もそのうちのひとつ。

関節痛にももちろんいろいろあるのですが、加齢による関節痛の原因としてもっとも多いものは、関節にある軟骨の弾力低下、あるいは軟骨自体の減少にあるといわれています。
軟骨、弾力性、といえばヒアルロン酸。
グルコサミンが良いと聞いたことのある人もいると思うのだけれど、ほとんど同義です。
グルコサミンとは、動物の皮膚や軟骨などに含まれる糖の一種なのだけれど、これを元にしてヒアルロン酸が作られますからね。

少し脱線してしまいましたが、関節痛の原因が軟骨の弾力低下や減少にあるのならば、ヒアルロン酸の摂取は関節痛に有効です。
また、関節液というやはり関節を助ける分泌液にも、ヒアルロン酸が多く含まれていることがわかっています。

顔のようにヒアルロン酸含有化粧品を塗るのでは、関節の軟骨にまで届きませんから、自宅では経口摂取が良いでしょう。
あまりいっぺんにたくさん摂取しても胃に負担をかけてしまうだけで吸収できませんから、適量を1日数回に分けてとるようにしましょう。

病院で相談すれば、ヒアルロン酸を直接皮下注射してもらえることもあります。

ヒアルロン酸が不足すると?

ヒアルロン酸は、加齢とともに減少していく成分です。
もともとは体内で合成されるものですが、残念ながらその合成する力は、年々減少していってしまうのです。
当然、加齢とともにヒアルロン酸が不足しがちになるわけですが、実際にヒアルロン酸が不足するとどのような現象が起こるのでしょうか。

肌が衰える

もっともよく知られているのは、肌の衰えです。
肌の水分量が低下するため、シワ、ニキビ、シミ、毛穴の目立ちなど、肌トラブルが増えます。

関節痛

関節の潤滑剤がなくなり、関節痛の原因になります。

循環器系の疾患

ヒアルロン酸が不足すると、血管も硬くなり、循環器系の病気になりやすくなります。
また、血管が衰えると身体全体の細胞もどんどん老化していきます。
いわゆる「身体が錆びる」という現象です。

眼病

眼球にも非常に多くのヒアルロン酸が必要です。
不足すると、あらゆる眼病のリスクが高まります。

不妊、ホルモン異常

子宮や卵巣などにもヒアルロン酸はたくさん必要。
不足すると妊娠しにくい身体になります。
また、ホルモンを正常に保つ働きがあることも知られていて、ホルモン分泌の面からも老化が進んでしまいます。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
moriwaki
最新記事 by moriwaki (全て見る)

ヒアルロン酸の効果まとめ

ヒアルロン酸のまとめ

関連記事

  1. 男性に好かれる女らしい動作の基本【女が最も知りたかったこと】

    男性に好かれる女らしい動作の基本【女が最も知りたかったこと】

    一般的に男性が好むのは【女らしさ】です。(男性から嫌われる言動とは?誰からも好かれる大人の女になるた…

  2. 好きかどうかがわからない。恋愛対象として求める本当の気持ち

    好きかどうかがわからない。恋愛対象として求める本当の気持ち

    好きかどうか自分の気持ちがわからない男と女の関係は大変複雑です。 あれだけ大好きだと思…

  3. 阿吽阿教団

    阿吽阿教団とは、どんな宗教なのでしょうか。阿吽阿教団とは、聖典「阿吽阿」を信仰している宗教団体の…

  4. 男性が座って排尿すると3つの身体的リスクがあるようです

    多くの家庭で洋式トイレが一般化しています。そこで密かな論争が勃発しています。つまり男性も座っ…

  5. まゆげの整え方まとめ

    手入れ整え方意外と誰も教えてくれないのが、眉毛のお手入れ。まゆげって、顔の中でとても重要な役…

  6. 急性壊死性脳症とは

    巷にインフルエンザ脳症と呼ばれる病気がありますが、インフルエンザ脳症には様々なタイプがあり、明確に定…

  7. まゆげ手入れ失敗した時しない為まとめ

    カットする時の注意点眉毛のカットにチャレンジしよう ?女性編?女性の場合は特に、眉毛のカット…

  8. 誰でも気軽に美容整形! 整形「未満」のプチプチ整形が人気!

    「芸能人」「韓国」「事故」「不自然な顔」……様々なイメージの飛び交う美容整形ですが、実はそれほど大げ…

最近の記事

  1. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP