menu

122 views

下痢の症状まとめ

この記事の所要時間: 2819

下痢が続く

下痢はなかなかつらいですね。
電車等に乗っている時などはどうしようもないので、水なしで飲める下痢止めを持ち歩いている人もいるようです。
そもそも下痢は、便の中の水分が多過ぎる状態。
腸がうまく機能できず、水分をうまく吸収できなかったり、異常に激しく腸が動いていたり、細菌増殖や消化の悪い物を食べたときにも下痢になることがあります。
忙しい現代人は、ついつい下痢を止めたいと薬を飲んでしまいがちですが、原因の分からないうちに下痢止めを飲んでしまうのはおすすめできません。
特に、発熱や腹痛、吐き気などを伴う下痢の場合には、細菌やウイルスによっておこる感染性の下痢。
下痢止めを飲むことにより、腸内に細菌やウイルスが留まり、余計に悪化させてしまうのです。
単なる食べ過ぎであったり、冷たい牛乳を飲み過ぎたとか、慢性のストレス性下痢であるとわかっている場合には、下痢止めを服用してもかまいませんが、できれば飲まないことをおすすめします。
下痢の際には、水分とミネラルをしっかりとりましょう。
スポーツ飲料などもおすすめです。
一気に飲むのではなく、こまめに水分を補給するように心がけると良いです。
食事も消化に良いものを少しずつ、が基本です。

スポンサーリンク

大腸性の場合は我慢できない

電車内などで急激な下痢に襲われる!
一度は経験することです。
逆にそれがトラウマとなり急行電車に乗れない?
昨今は増えているようです。
とはいえ下痢は気にすると、これが緊張状態を生み大腸の働きを促す!
悪循環なので、まずは深呼吸をして気持ちをリフレッシュすることが下痢予防の鉄則です。

もちろん予測の難しい下痢もあります。
例えば食中毒!
除菌を徹底することは大前提ですが、たまたま自分の体調が悪かった?
それもあります。

なお食べて直ぐお腹が痛くなる?
これは胃から大腸へ刺激が伝わるためです。
ここから便秘気味の人には、早朝水1杯飲むと腸が活動を始めて快便につながる!と推奨されています。

これらほとんどは大腸性の下痢です。
すなわち大腸性下痢とは、届けられた老廃物などは本来数時間かけてゆっくりと水分が再吸収されて便の形に整えられていきますが、何らかの状況変化?によって大腸が急いで肛門まで届けてしまう。
まさしく大腸性の下痢は特急便です。

一方で大腸性の下痢はストレスが否定できないので、生活習慣を正したり、仕事でも適宜休息を入れるようにしましょう。
大腸性の下痢は我慢できないことも多く、そこから仕事が手に付かなくなれば本末転倒です。

しょっちゅう下痢をする人

「病気ではないのに、しょっちゅう下痢の症状がある」そんな悩みを抱えている方は、思いのほか多いようです。
「しょっちゅう下痢をすると病気なのでは?!」と思ってしまう方も居るのですが、実際の所、胃腸や、膵臓、肝臓などの重病を抱えていない限り、頻繁に起こる下痢と病気が関係している事は少ないと言われています。
しかし、しょっちゅう下痢をする方には、いくつか共通しているポイントがあるようです。
まず、新しい環境に馴染めない、家族や人間関係でトラブルが有るなど、精神的なストレスを抱えている方は、長期の下痢を起こしやすいと言われています。
精神的なストレスで起こる下痢は、痛みを伴う場合も有りますが、腹痛が無く、下痢が続く場合もあり、ストレスを発散したり、問題を解決すると症状が改善するケースも多くあるようです。
そして、体質的に、二糖類分類酵素が不足する「乳糖不耐症」という病気担っている場合も、牛乳を飲むと下痢を起こす事が多く有り、似たようなケースで、アルコールを飲むと下痢を起こす事もあります。
下痢は、症状や期間によって、病気との関連性や、原因の解明などを行う必要が有るでしょう。

胃痛の症状

突然、下痢と胃痛に襲われたら、どうしたら良いのでしょうか。
これは、時期やストレス状態によっても異なります。
日本人の3人に1人は、胃腸のトラブルを抱えていると言われていますから、普段は少し胃が痛くなる事があっても、気にしない方も多いようです。
しかし、胃痛と下痢が一緒に来ると、精神的にも辛いですし、夜間に突然症状が出ると、夜も眠れなくなります。
まず、食事などが原因で起こる下痢と胃痛の場合には、食中毒の危険性もあるので、辛くても下痢止めを飲まないで、水分を沢山摂り、ゆっくり休む事が大切です。
特に、水分は、水だと体の吸収が悪いため、ぬるま湯程度に温めたスポーツドリンクなどを沢山飲むのが良いでしょう。
そして、食事などには心当たりが無いのに、急に下痢と胃痛の症状が出た場合には、出来るだけ早く病院に受診した方が良いと言われています。
この場合も、医師の判断を聞くまで薬は飲まずに、水分を摂って休む事が最重要でしょう。
ただ、胃腸のトラブルは、ストレスに関係している事も多いので、精神的な面でのケアが必要になる場合もあると言われています。

電車の中で下痢に見舞われた

電車の中で猛烈な下痢に見舞われたら!
電車を使った通学や通勤をしている人であれば、1度は経験することです。
大人が漏らす?
稀でしょうが、人生における一大事です。
やっとの思いでトイレに駆け込んでも、朝は駅のトイレも長蛇の列!
絶望感に苛まれます。

最も賢明な方法は自宅で済ませておくことですが、そう簡単にはいかないものだし、逆に電車だからこそ下痢になる?
過敏性腸症候群の人も少なくないようです。
悲劇を減らすためには?
下痢に効くツボやおまじない?
知っておくと、まさかの際に役立つ?かもしれません。

そもそも体調管理に努める!
これが重要です。
基本的に排泄は習慣性が大きいので、朝忙しい人であれば、午後や夜に排泄のピークを持ってくるのも一法です。

なお長距離の電車?
昔ながらのボックスシート配列にした通勤電車ならトイレが今でも備えられています。
これなら下痢がきても安心なので、通学や通勤経路を変える?
それも下痢対策でしょう。

下痢が可能な体制?
気持ちが楽になると下痢にならない?
心因性の下痢は、ちょっとした心がけ次第で症状が現れなくなるものです。
電車!
嫌だな?と考えずに楽しいな!
今日も頑張るぞ!
気合を入れると、人間は強くなります。

盲腸は免疫系に関連している

盲腸?
いわゆる急性虫垂炎のことです。
人間にとって盲腸は、既に退化した不要の器官?と指摘されることもありましたが、昨今では免疫系に関連している?
そのため安易に盲腸を切除しない風潮にあります。

かつては受験や試合など大切な時期に盲腸が痛むと大変!
故に前もって取り除く!
そんなケースもありました。
とはいえ盲腸?
急性虫垂炎を経験しない人がほとんどでしょうが、どんな状態になるのでしょうか?

急性虫垂炎の典型的なパターンは、腹痛、嘔吐、下痢などの消化器症状と発熱です。
始めはお臍の辺り?が痛みますが、経過と共に盲腸がある右下腹部が痛むようになります。
熱も高いわけではなく、下痢を伴う消化器系の風邪かな?と見過ごしてしまうこともあるようです。

盲腸は原則として手術で治療します。
盲腸の手術は新米医師でもできる!と軽視されますが、油断は禁物です。
いつもと違うような下痢や腹痛があれば、万が一のことを想定して、医師の診断を受けてみましょう。

もちろん右下腹部の痛みと下痢があるから盲腸?
素人判断は危険です。
下痢が続く?
下痢と便秘を繰り返す!
様々な病気が隠れているし、放置すると重篤な病気を招きやすいので、日々体調管理に努めましょう。

下痢で想定するのは大腸がん

下痢で真っ先に想定する病気は大腸がんでしょう。
とはいえ大腸がんの進行は遅いので、血便が見つかった段階で治療を始めれば、死に至るケースは稀になりました。
しかし単なる下痢!と甘くみていると、気付いた際には手遅れ!
少なくありません。
がんを変に怖れる時代ではありませんが、常に油断は禁物です。

なお胃がんの場合にも、消化不良によって下痢を起こすパターンが知られています。
成人になったら定期健康診断を必ず受けて、オプションのがん検診を加えておくと安心です。

そうは言っても下痢は頻繁?
いちいち心配していたら暮らせない!
それもまっとうな意見です。
下痢の理由がわかっているなら?
例えば食べすぎ飲みすぎ!
冷たいものを食べた!
お腹が冷えた?緊張!など明確であれば問題ないでしょうし、そもそもそんなことを避けるべきでしょう。
ただし下痢と便秘を繰り返す?
腸を無用に刺激していると、がん細胞が増殖しやすくなります。

程度の話ですが、便秘より下痢の方が良い!
つまり便秘は有害物質を溜め込むことになりますが、下痢はとりあえず放出!
下痢だと電車に乗るのが恐い?
生活に支障を来たすケースもあるため、こちらもレベルに応じて適切に対処しましょう。

嘔吐下痢とは

細菌やウイルスに感染した場合、激しい嘔吐下痢を伴うことが多くあります。

突然激しい嘔吐下痢の症状が出たら、おそらく感染性の胃腸炎です。
これらは、脱水症状になりやすく、注意が必要です。
ただ、脱水症状になりやすいからといって水を飲むと、逆に何度も嘔吐してしまう場合があるので、その場合には口を湿らせるくらいな少量ずつの水分補給にとどめます。
飲んで吐くを繰り返すと、逆に脱水症状を促進させてしまうからです。
あまりにもひどい場合には、病院で点滴等を受けることで水分の補給をします。

絶対にしてはならないのは、下痢止めを服用することです。
これは、細菌やウイルスを腸内で増殖させ、確実に悪化させます。
腸の動きを助けるような整腸剤ならば飲んでもかまわないのですが、素人では判断が難しいところです。

乳幼児の場合には、脱水の進行が大人よりもはやいので、粘膜の乾きや尿の量、涙の量などにも注意しましょう。

水分補給ができるのならば、スポーツ飲料のような、体液の組成に似たものが良いです。
間違ってもがぶ飲みはしないでくださいね。

稀にただの嘔吐下痢症ではなく、「腸重責」といった別の病気の場合もあります。
嘔吐が続く場合には病院へ行きましょう。

吐き気の場合

下痢と嘔吐を慢性的に繰り返す人は、勝手に『これはストレスだ』と決めている人も多いのですが、案外そうでもありません。

慢性的な下痢があり、嘔吐を伴う病気としては、例えば「アルコール性肝炎」などが挙げられます。
放置しておけば、肝硬変に進行し、がんのリスクも増えます。
肺炎や急性腎不全などを合併して引き起こすこともあり、なかなかに怖くて痛い病気です。

急性の下痢で吐き気や嘔吐があるのならば、これは何か細菌やウイルスに感染した疑いがとても強いです。
下痢止めを飲んでしまうと、細菌やウイルスを腸内で増殖させてしまうことになりますから、かならず医師に相談してからにしてください。

また、細菌やウイルス性の嘔吐下痢の場合、嘔吐物などから他の人に感染する可能性もあります。
特に嘔吐物を処理する場合には、素手では触らず、密閉できる袋等に入れて処分してください。

単純に風邪の症状のひとつで、あまり心配ないものもありますが、嘔吐と下痢を繰り返すようならば一度病院へ行ってみた方が良いです。
もしも感染性の胃腸炎であれば、感染を防ぐために学校や職場等にも連絡するようにしましょう。
水分も栄養も不足しますから、点滴も有効ですよ。

痛みがない下痢はウイルス性

下痢をすると食中毒をイメージします。
何が悪かったかな?とトイレで考えるものです。
しかしお腹の痛みがない?
ただ水のような下痢が続く?
少し不安になりますが、人間は痛みがないと大丈夫!と思い込んでしまうようです。

なお痛みがない下痢にはウイルス性の病気があります。
しかしウイルス性疾患には治療薬がないので、体内で自己免疫ができるまで待つ!しかありません。
言い換えるなら有害なウイルスを下痢で放出するまで治らない?
したがって不用意に下痢止め薬を使ってはいけません。

大人ならば何となく下痢になりそう?とトイレへ駆け込めますが、子供は難しい?
下痢をお漏らししてしまいがちです。
それでも痛みがない?
親としては心配です。
嘔吐がなければ特に問題ないでしょうが、念のために小児科で相談してみましょう。

ちなみに痛みがない下痢?
それも1日1回程度であれば放置しがちです。
ただし大腸癌や潰瘍性の腫瘍が生じている可能性が否定できないため、こちらも専門医を受診してみましょう。

一方下痢で深刻なのは脱水症状です。
子供や高齢者の場合には意識的に水分補給を行いましょう。
コレラによる死亡の多くは、生成される毒素ではなく、脱水症状と報告されています。

お腹がゆるくなる食品の筆頭

下痢が続くと不安になるものですが、お腹がゆるくなる食品が多々知られています。
それを食べ過ぎていないか?
気を付けてみましょう。

例えば日本人は大人になると乳糖を分解する酵素が生成されなくなるようです。
そのため牛乳を飲むと下痢をする!
少なくありません。
すなわち乳製品はお腹がゆるくなる食品の筆頭です。
一方でヨーグルトは整腸作用があるので便通を良くする?
下痢の改善にも効果的ですが、自分のお腹に合う製品か?
チェックしてみましょう。

なお昨今はカロリーのない糖類、キシリトールなどの人工甘味料が開発されていますが、これも下痢を誘発する?
お腹がゆるくなる食品に該当します。
パッケージに注意事項があるので、過剰摂取には注意しましょう。

ちなみに繊維質の多い野菜や果物類は便秘予防につながります。
現代日本の食生活ではありえないでしょうが、偏った食生活であれば、お腹がゆるくなる食品になるでしょう。
特に柑橘系やバラ科の果実、つまりモモやサクランボなどは、体質にもよりますがお腹がゆるくなる食品と考えられています。
変に意識する必要もありませんが、下痢の際には控えた方が良さそうです。

近年は下痢を伴う食物アレルギーもあるようです。

下痢が治っても半透明の粘液

物の形や色が見えるのは何故か?
真面目に捉えると不思議です。
例えば植物が緑なのは葉緑体があるから!
小学生の解答です。
つまり植物は緑の光を吸収する?
逆です。
緑色の光は使わないので反射する!
だから緑色に見える?
ならば透明なのは何故?
光が反射したり吸収されずに通り抜けてしまう現象です。

であれば透明人間は存在するのか?
悪用されると危険ですが、お尻から透明の物体?
液体が出てきた!
驚きます。
いわゆる水のような下痢をすると透明!
水には色がない?
水色とは何か?
そんなことを考える余裕があれば、下痢でも問題ないでしょう。
言い換えるなら別のことで気分を紛らわせば、下痢でも落ち着けるようです。

なお下痢に伴い透明?
粘液上のものが現れます。
これは腸内にあったものですが、下痢が治まば消えるので心配すべきではないでしょう。
それよりも水分補給に努め、安静にしていましょう。
ただしゼリー状で白みがかった半透明の物質?
通常の便に戻っても付着している?
潰瘍性大腸炎の可能性もあるため、一度専門医に診断してもらいましょう。

便は健康のバロメータなので、少しの異常でもチェックすることが大切です。
大山鳴動してネズミ一匹?
それで安心すればよいのです。

下痢でもなるイボ痔

「イボ痔」とは、「痔核」といって、肛門にイボ状の腫れができた状態のことです。
出口付近にできるので、トイレットペーパーで拭く際にふくらみを知覚することも多くあります。

症状

イボ痔には、できる場所によって「内痔核」と「外痔核」とに分けられます。
歯状線という部位よりも内側にできるものが内痔核で、外側にできるものが外痔核です。

外痔核の場合には、小さくても痛みを感じることが多く、炎症を起こして大きく腫れると、激しく痛むようになります。

一方、内痔核の場合には、痛みは少なく、まったくない場合もあります。
多量の出血を伴うこともあります。
ひどくなると、イボが肛門の外へ出てくるようになり、指で押し込んでも元に戻らず、硬いイボになってしまいます。

内痔核・外痔核ともに、自分でふくらみを感じることができることも多くあります。

スポンサーリンク

下痢でもイボ痔になる

イボ痔は、便秘などにより、排便時に強くいきむことで起こりやすくなります。
そのため、便秘が主な原因だと思われがちですが、逆に下痢でも強くいきんでしまうことが多く、イボ痔になりやすくなります。
肛門付近の血行不良が原因ですから、いきむ癖のある人は注意が必要です。

治療

軽度の場合には、外用薬を塗布することで十分治ります。
また、便の硬い場合には、下剤を併用することもあります。
内痔核で、外にイボが出てきてしまうレベルになると、手術による切除が必要になります。
いずれにしても、早めの治療が重要です。

痛みがある下痢は腸過敏反応

下痢にも様々なパターンがありますが、ポピュラーなのはお腹の痛みがあるケースでしょう。
痛みがある下痢の原因は多様です。
もちろん食中毒や感染症、暴飲暴食などもあります。
そもそも胃腸が弱い?
お腹に持病がある?
これらは早急に基礎疾患を治すべきでしょう。

一方で下痢が続くと肛門に痛みがある?
皮膚が荒れたり痔になりやすいので、温水洗浄便座などを上手く活用しましょう。
しかし温水に慣れすぎると肛門が弱くなる?
感覚が麻痺してしまう事例もあるため、強さと温度はほどほどにしておきましょう。

ちなみに痛みがある下痢は、腸の過敏反応に起因しています。
冷たい水を飲んだ?
毒素成分に曝されている?
また便が詰まっている!
多々あります。
いつも同じことをしていれば腹痛や下痢に襲われることもないでしょうが、違った環境に置かれた?
生活が不規則になった際には、下痢や便秘に気を付けましょう。

痛みがある下痢でも、一過性の場合は問題ありません。逆に下痢止めで抑えてしまうと毒素を排出できないため症状が悪化することがあるので注意しましょう。

なお痛みが取れない?
繰り返す時には重篤な腸の病気が隠れている可能性があるので、早めに専門医と相談しましょう。

血便について

下痢には、様々な種類が有りますが、血便が出る場合には、はやめに医師に相談した方が良いと言われています。
まず、血便にも、粘液が混ざっている「粘血便」、血液そのものが出る「鮮血便」、膿みが含まれている「膿粘血便」など、さまざまな種類が有ります。
これらは、病原性大腸菌などが原因で起こったり、大腸や小腸などの病気と関連して起こる事もあります。
食中毒での下痢が血便になった、下痢になるような心当たりが無いのに血便が出たなど、血便に至る経緯は異なるので、自分で「自分は病気じゃないから大丈夫」と思い込む前に、医師に相談してみましょう。
ただ、血便の原因は、下痢ではなく痔であることもあり、「恥ずかしいから」という理由で医師に相談しない方も多く居るようです。
しかし、下痢が長く続いたり、症状が改善しない場合には、自分がどう思うかは別として医師に相談した方がいいと言われています。
特に痔の場合は、下痢症状以上に長く続く事がよくあるので、その点でも対処法などをしっかりと知っておく必要があるのです。
下痢症状の中でも、血便はかなり重い症状である事を覚えておきましょう。

腹痛下痢とは

「冷や汗をかくほどお腹が痛い!」なんて経験は有りませんか。
腹痛下痢は、ちょっとした不注意や、体調不良が原因でなりやすい症状だと言われています。
腹痛下痢の原因は、身体が冷えてしまったなどの身体的原因、ストレスを抱えているなどの精神的な原因、不規則な食事や食中毒などの食事による原因が挙げられます。
その中でも、食事による腹痛下痢は突発性のもので、あまり長期に腹痛が続く事は有りませんが、その分、強烈な痛みを感じる事が多いため、仕事に行くどころか、家の中を充分に行き来する事も、ままならなくなります。
腹痛下痢が起こると、お腹が痛くなるだけでなく、発熱や、吐き気などの症状が現れるケースもある為、重い症状が出る時には、「下痢程度で大げさな」なんて考えずに医師に相談する必要があると言われています。
そして、自分が腹痛下痢になってしまった場合には、出来るだけ安静に過ごすだけでなく、水分を充分に取って、脱水症状を防ぐ事が大切です。
ほとんどのケースで、腹痛下痢は、全て出してしまえば体調が安定しますから、痛み止めの摂取よりも、まずは悪いものを全て排出してしまうのが一番なのです。

便秘の場合

「下痢と便秘は、症状が違うから、まったく別の病気なのでは?」と考えている方も多いのですが、下痢と便秘は、腸の働きが上手くいかない事によって起こる同じ病気だと言われています。
もちろん、痛みを伴う下痢と、いつもお腹が張り不快感が残る便秘では感じ方も異なるのですが、これらは生活環境の乱れなどが原因で、長期的に起こる場合が多いと言われています。
下痢と便秘は、過敏性腸症候群という病名がついている事が多く、特に、人間関係や家族関係にトラブルがある、プレッシャーをいつも感じている、ストレスが多い方に起こりやすいそうです。
この過敏性腸症候群には、下痢型、便秘型、下痢便秘交代型があり、下痢便秘交代型の場合には、下痢と便秘が数日ずつ交互に繰り返される一番多いケースだと言われています。
中には、通勤、通学途中に電車を下車してまで、トイレに行かないといけないほどの下痢症状や、お腹がパンパンで食欲が無くなる便秘症状まで様々ですが、日本人の5人に1人は、この下痢と便秘症状に悩まされているそうです。
ストレスの多い社会では、胃腸の病気を抱えやすいという現状が有ると言われています。

下痢でもなるキレ痔

「キレ痔(切れ痔)」とは、「裂肛」といって、肛門の出口付近の皮膚(肛門上皮)が切れている状態です。
出血を伴うことも多く、便やトイレットペーパーに鮮血が見られることも多くあります。
また、神経の多いところなので、激しい痛みを伴うこともしばしばあります。

症状

切れ痔は、排便時の痛みと出血が特徴です。
出血は多くなく、鮮血。
比較的気づきやすい症状です。

キレ痔は下痢でもなる

キレ痔は、便秘により起こるものだと思われがちですが、必ずしも便秘だけが原因ではありません。
実は、下痢でもキレ痔になるのです。
下痢の場合、強い勢いで排便されることも多く、肛門の出口付近に負荷を与えてしまうため、キレ痔になりやすくなります。
血液循環が悪いことも多く、下痢と便秘を交互に繰り返すような人は、キレ痔が慢性化しやすくなります。

治療

切れ痔は、軽度であれば放っておいても治りますが、痛みが強いために排便を我慢しがちですが、これにより慢性化してしまうことも多くあります。
出口付近に近いところにできますから、市販の塗り薬を使用するなど、悪化・慢性化を防ぐことが重要です。
便秘・下痢などがある場合には、腸内環境をととのえることが特に重要ですから、食生活や生活リズムの改善も必要です。
長引くようであれば、早めに病院へ行き、適切な治療を受けるようにしてください。
悪化・慢性化すると、潰瘍になってしまうこともあります。

下痢で問題?脱水症状に注意

激しい下痢に襲われると一大事!
パニックに陥ります。
大人がお漏らし?
恥ずかしいのもありますが、何が悪かった?
心配にもなります。
もちろん食中毒や感染症!
様々なことが脳裏をよぎりますが、下痢が直接原因で死亡することは稀なので、まずは汚物処理をして落ち着きましょう。
ただし汚物処理?
病原菌が含まれているので、手で触らない!
触ったら石鹸や消毒薬を使って綺麗に洗いましょう。

なお下痢で問題なのは脱水症状です。
下痢によって大量の水分が失われる!
加えて嘔吐があれば水分摂取もできない?
すなわち脱水症状に注意です。
コレラに罹っても菌の働きや毒素によって死ぬのではなく、そのほとんどは脱水症状です。
特に体力や免疫力が不十分な乳幼児や高齢者は脱水症状に注意です。

また夏の暑い日でも、下痢に見舞われたなら脱水症状に注意です。
勘違いしていますが、喉が渇いた!
その時点で脱水症状は始まっています。
つまり脱水症状に注意する上では、渇きを感じる前に飲む!
1時間毎にコップ1杯!などと夏場は決めておきましょう。
スポーツドリンクも推奨されていますが、やはり純粋な水が一番です。

人体の60%は水?
そう考えれば脱水症状に注意!
簡単ですが侮れません。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群という病気をご存知でしょうか。
過敏性腸症候群とは、身体的には異常が無いのに、下痢の症状が1ヶ月以上も続く病気を指します。
この過敏性腸症候群の原因の多くは、精神的なストレスだと言われており、家族や人間関係でトラブルがある、新しい環境に馴染めない、常にプレッシャーを感じている…などの問題を抱えている方に、起こりやすいと言われています。
胃腸は食べ物や飲み物を消化するものですから、精神的に「自分の居る環境が受け入れられない」という悩みを抱えていると、胃腸の問題が出やすいのだそうです。
もちろん、症状が下痢という事もあり、恥ずかしくて病院に行かない方や、「自分は胃腸が弱い」と思い込んでいる事もよくある為、あまり過敏性腸症候群という病気を認識している方は少ない現状が有ります。
そして、過敏性腸症候群は、ストレスによる下痢症状なので、食生活や生活習慣だけでなく、カウンセリングを受けるなど心理的なケアも必要になるそうです。
しかし、過敏性腸症候群は環境や考え方が変わり、ストレスを感じなくなると、症状が徐々に改善すると言われています。

発熱の症状

下痢症状が重くなると、腹痛や吐き気だけでなく、発熱の症状が出る事があります。
下痢症状が出る前に発熱するケースもある為、「風邪かな?」と勘違いしてしまう方が多いのですが、3日以上辛い下痢が続く場合には、薬の処方だけでなく、医師への相談や検査の必要が有るでしょう。
一般的に、下痢の原因には、食あたり、冷え、風邪、妊娠、ストレスなどが挙げられますが、それぞれ症状の出る期間や、重さが異なります。
あまり重くない下痢の場合には、腹痛が続くものの、一度便を出してしまえば、腹痛も収まる事が多いため、心配は要りません。
しかし、下痢の便は水分を多く含むため、下痢が長く続けば脱水症状を起こしてしまう事があり、吐き気が有る場合には、食べ物も咽を通らない事が有ります。
「下痢による発熱」を「風邪による発熱」だと勘違いしていると、対処も遅れてしまいますから、体重が減って顔がやつれた、高熱が続き、ふらふらとするという深刻な症状も出てしまうのです。
下痢は、長期的に続くものでも、ストレス発散などのケアが必要ですし、発熱や吐き気を感じる場合にも、早めに医師に受診するのが大切だと言われています。

風邪での下痢

風邪下痢になってしまった経験は有りませんか。
風邪下痢と言っても、これは、胃腸に関する症状が現れた場合の胃腸風邪で、特に風邪をひきやすい秋から冬にかけて注意が必要だと言われています。
ただ、風邪の症状は人によって異なる場合があり、発熱や頭痛などの症状が有る風邪と比べると、胃腸風邪の対処法は、あまり一般に知られていません。
まず、風邪下痢の症状が出た場合には、十分な栄養と休養を取る必要が有ります。
下痢症状がある場合は、外に出掛けるのも無理がありますから、症状を悪化させない為にも、ゆっくりと休養を取るのが一番です。
そして、風邪下痢の場合には、風邪だけの症状の時以上に水分を失いやすくなります。
その為、暖かくて水分も沢山取れるお粥などを食べるだけでなく、スポーツドリンクなど、胃で吸収が可能な飲み物を、沢山飲むのも良いと言われています。
特に、お年寄りや、幼児などは免疫力が弱くなっていますから、食事や飲み物に気をつけるだけでなく、早めにお医者さんに診せる事も必要です。
症状の思い風邪下痢にならない為にも、日常から手洗いうがい、栄養のある食事を取る事が大切です。

熱中症の症状

夏場には、特に注意が必要な熱中症ですが、この熱中症の症状の中には、下痢も含まれているのをご存知でしょうか。
長い時間日光に当たっていたり、室温の高い場所に居ると、脱水症状やめまい、吐き気などが起こる熱中症ですが、この熱中症の初期症状には、下痢があげられます。
下痢も少し便がゆるいくらいなら問題ないのですが、食後に毎回下痢をしてしまう日が続く場合には、熱中症の初期症状として捉えた方が良いでしょう。
この下痢は、ウイルス性の下痢ではない為、下痢止めを飲んでも症状が治まる事が多いのですが、下痢止めも体に負担がかかる物なので、その点では、消化に良いお粥などを中心にした食事を続ける方が良いと言われています。
それでも、下痢がずっと続く場合には、病院に行った方がいいでしょう。
また、熱中症と夏バテは、症状は似ているため、「少し食欲が無くなったり、体がダルくなっても問題ない」と考える方も多いのですが、お年寄りなど、体の弱い人になると、熱中症が原因で倒れたり、入院の必要があったり、最悪は死に至るケースもあるので、十分注意が必要です。

短期旅行者なら下痢に耐える

水が合わない!
よく出てくる格言?です。
これは科学的に証明されており、旅行者などが下痢をする?
もちろん非日常的な生活で緊張した?
浮かれて暴飲暴食!
理由はあるでしょうが、実際に水が原因になっているようです。

典型的なのは海外旅行者ですが、日本人だけ下痢をした!
笑えない事実です。
当然衛生状態もありますが、清潔な水でも、ヨーロッパは硬水なので下痢をしやすい!
正しいようです。

そもそも長年過ごした地における水によって人間の身体は作られているので、その水に適するように腸も活動しています。
そこに、ある意味で異物が入ってくれば、お腹も臨戦態勢になり下痢!
少なくありません。

短期の旅行者であれば薬を使って下痢に耐える!
ミネラルウォーターを利用するなどが有効です。
一方で長期の旅行者や引っ越したなら、現地の水に慣れる方が賢明です。
腸内細菌が水に順応するまで1カ月程度?
それを過ぎれば生水も怖くない?

ちなみに旅行者で見落としがちなのは氷です。
水は煮沸されていても氷は生水を直接凍らせている?
暑い地域への旅行者でも、一流ホテルであっても、氷は控えた方が無難です。
暑さで弱った身体に下痢のダブルパンチ!
せっかくの旅行が台無しです。

アレルギー性の下痢が増加中

アレルギーと聞くと、かつては蕁麻疹などの皮膚症状をイメージしました。
しかし昨今は花粉症や喘息?
一方で食物アレルギーも深刻です。
食物アレルギーは一歩間違うと死に直結することがあるので注意しましょう。

また日頃アレルギーはない!
過信していても、下痢が続く?
一度アレルギーの診断を受けてみましょう。
アレルギー性の下痢が増加中?
そんな指摘があります。

そもそもアレルギーとは免疫異常であり、無用なものを過度に拒絶している状態です。
ストレスや疲れが溜まるとアレルギーが出やすくなるので、こちらも気を付けましょう。

なお子供の場合、外見上は元気なのに下痢が続いている?
アレルギーを考えてみましょう。
その際には毎日のメニューや食材をリストアップしておきましょう。
何を食べたら下痢をするか?
それを元に医師と相談しましょう。
もちろん抗体検査をすればわかるでしょうが、意外なものに反応しているケースが少なくありません。

下痢はエネルギーの消耗が激しいので、下痢が止まらないと成長を阻害する危険もあります。
高齢者であれば抵抗力が減退して感染症に罹りやすい?
アレルギーは年代を問わず急に発症することもあるので、常に油断をしてはいけません。

生理前の症状

生理前に下痢の症状が出る女性は、とても多いと言われています。
生理前の下痢は、痛みを伴わない場合が多く、少し便が柔らかくなる、水っぽくなるという方が多いそうです。
普段は便秘気味の方でも、生理前?生理中は、便通が良くなる事があり、逆に生理が終わると、また便秘に戻ってしまう事もあると言われています。
では、なぜ生理前に下痢が起こりやすいのかというと、生理中は、体の中で様々なホルモンが排出されますが、その中でも、プロスタグランディンという物質は、子宮を収縮させて、生理の血量を調節する役割があります。
この物質が排出されると、腸の筋肉も、同時に収縮させられるので、その結果、腸の動きが良くなり、便通も普段以上に良くなると言われています。
しかし、中には、生理前の下痢がひどすぎて、腸内で炎症を起こしてしまう方もいるようです。
この場合には、痛みも強く感じるので、出来るだけ早く、婦人科などに相談した方が良いと言えるでしょう。
ちなみに、痛みが強い時には、下痢止めを使うという方法もありますが、痛みだけを抑えるイブプロフェンでも、十分効果があると言われています。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
moriwaki
最新記事 by moriwaki (全て見る)

OZP85_yabeeonakaitai下痢のまとめ

N934_okusuriwoteiansurudr下痢の治療まとめ

関連記事

  1. 114336_2

    梅雨時に注意したいレジオネラ菌の感染源と症状

    梅雨時はカビが生えたり食中毒が心配です。とはいえもうひとつ、レジオネラ菌についても要注意です。…

  2. 291409

    胆のうがんは怖い!そこには3つの理由があります

    俳優の渡瀬恒彦さんが、胆のうがんであったことがわかりました。とはいえ年齢を考えれば、がんに罹って…

  3. 106830

    肺気腫の食事療法

    肺気腫は肺胞と呼ばれる呼吸の中心的な部位が破壊される病気です。原則として一度破壊された肺胞は回復しな…

  4. brain

    元おニャン子も発病した!脳動脈瘤は早期発見なら治る病気です

    元おニャン子クラブでタレントの新田恵利さんが、脳動脈瘤の手術を受けていたようです。自覚症状が…

  5. tn

    阪神タイガース西岡剛選手がFacebookにて手術を報告したもの…

    7月20日の巨人戦にてアキレス腱断裂の重傷を負ってしまった阪神タイガース西岡剛内野手が、25日に自身…

  6. AL001-onakagagu-20140830 (1)

    下痢の原因まとめ

    原因とは下痢には、状況によって、いくつかの原因が挙げられるようです。まず、下痢になる1つ目の…

  7. 244569

    肺気腫が原因で起こる様々な後遺症

    どんな病気にも原因はあるはずですが、中には原因の明確ではない病気もあります。とはいえ肺気腫は、タ…

  8. 28fa62975c274ad75deb403d479482b4_s

    医薬品の7割に記載ミスがあった!どちらを信用しますか

    医薬品の7割に記載ミスがあった!新聞では小さな記事にしかなっていません。テレビで取り上げた局…

最近の記事

  1. izonsyou
  2. ff15
  3. security1205
  4. bird1205
  5. vogue_word
PAGE TOP