menu

246 views

ドイツではテロが起きにくい?理由は5つあるようです

この記事の所要時間: 337

2016年7月14日、フランスの観光地ニースで、
大型トラックが花火を見ていた観光客に突っ込んだ!
80人以上の死者が出ているようです。またフランスです。
前年11月の大規模テロ以降に出されていた非常事態宣言を
7月末に解除する予定でした。それを狙ったのでしょうか。

とはいえお隣のドイツではテロが目立っていない?
何か理由はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

テロとは何か

テロの定義は難しいでしょう。計画的な事件だけをテロと呼ぶのか?
今回の犯人は、銃や手榴弾を所持していたようです。
とはいえ車で突っ込むだけでも、大きな被害を生みます。
日本も他人事ではありません。実際に、
2008年、秋葉原で通り魔事件が起きました。
2010年、広島のマツダ工場で車を暴走させる事件がありました。
今年も6月30日、岐阜県で小学生の列に車が突っ込みました。
病気も含めれば、車の暴走は枚挙に暇がありません。
自動運転の車は、故意の事件まで防いでくれるのか?
どこまでをテロと考えるか?
犯行の原因によって決めていくしかないようです。

ドイツでテロが起きにくい理由

フランスやベルギーでテロ事件が起きています。
スペインやイギリスでも、事例があります。
とはいえヨーロッパの中心にもなったドイツでは?
目立ったテロ事件が聞こえてきません。
何か特別な理由があるのでしょうか。

1.移民を積極的に受け入れている

ドイツには、日本と同様、悲しい過去があります。
それを乗り切るために、融和的な政策が多くあります。
もちろん経済的にみれば、一人勝ちの状態です。
周りからは恨まれそうです。
しかしトルコ系を中心とした難民を積極的に受け入れています。
そこには東ドイツとの統合という経験があったからかもしれません。
現在の首相であるメルケルさんも、東ドイツ出身です。
弱い者の気持ちになって考えられるのかもしれません。

スポンサーリンク

2.経済的に成功している

なんといっても、ドイツは経済的に成功しています。
もちろん先にあったバングラデシュでのテロ事件は、
高学歴で金持ちの若者による犯行とされています。
とはいえ金持ち喧嘩せずです。
生活に余裕があれば、多少のことは見逃します。
経済的に豊かな間は、大きなテロは起きないでしょう。

これは日本も共通していると言えそうです。
日本はテロで汚すより稼ぎに行く場所!
世界的な認識があるようです。

3.調査能力が突出している

ドイツは第二次世界大戦の敗戦国でもあるため、
日本と同様に、アメリカ軍が駐留しています。
そういう意味では、アメリカの情報網とつながっています。
テロに関する情報も入手しやすいようです。
実際に2013年に、大規模テロを未然に防いだ!報道されています。
アメリカは、ドイツに駐留する自国軍を保護する義務があります。
それが結果としてドイツの安定を守っているようです。
日本もそうした恩恵を上手く利用すべきなのですけどね。

4.ドイツ人の気質

日本には、日本語や特殊な文化があります。
違う考え方を排斥する意識が潜在的にあります。
同じようにドイツ人も独特の気質を持っています。
日本人以上に几帳面とも言われています。
悪法であっても決まりを守る!
ドイツ人を説得するには「決まりだから」この一言です。
そうした雰囲気がテロを起こしにくくしているようです。

5.移民の違いは関係あるのか

一説によれば、ドイツでは中東系の移民が少ないから?
つまりイスラム過激派が入り込む余地がないとの説です。
とはいえこれは危険な考え方ですね。
「イスラム=テロ」の図式です。
イスラム教徒は基本的に平和主義であり、
キリスト教徒や仏教徒の中にも過激派や殺人犯はいます。
そうした偏見こそが、テロを生む温床です。

危機意識を持ちましょう

伊勢志摩サミットは無事に終わりました。
しかし2020年には東京オリンピックがあります。
それ以外でも、人が集まる場所は多くあります。
いつ日本で大規模テロが起きるかわかりません。
ドイツの事例を研究して、日本もテロに備えるべきです。
もちろん国民一人一人が危機意識を持つことです。
地震と同じく、明日何が起きるかわかりません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

saisei薄毛の悩みに朗報!毛髪だって再生医療が出来るかも!果たしてそのお値段は・・・!?

x_rayX線天文衛星ひとみの後継機を2020年に打ち上げます

関連記事

  1. morning

    したい!できない!早起きの秘訣は5つあります

    早起きをする秘訣は何かあるでしょうか。目覚まし時計をかけるだけでは、根本的な解決になりません。…

  2. pixta_9197484_M.jpg

    睡眠に関する悩みを解消する5つの方法

    世界的にみて、日本人の睡眠時間は短いようです。やっぱり日本人は忙しいのでしょうか。とはいえよ…

  3. pixta_13702865_M.jpg

    1月7日は家族みんなで七草がゆを食べよう!

    1月7日は「七草がゆ」の日です。という事で、前日になると、スーパーの野菜売り場の一角には、パック詰め…

  4. oseti_07

    2017年の気になるおせち 老舗百貨店の3万円以上おせち おすす…

    今やすっかり定番となった和洋中おせちも3万円代となると、各回の巨匠たちが腕を競い合いながらも見事にコ…

  5. cake01

    2016年の気になるクリスマス事情 ケーキは買う!予算は3,00…

    以前、2017年の気になるおせち事情という事で調べた結果、おせち料理は買うのが基本で、予算は1万円台…

  6. 315181.jpg

    住むならここ!震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

    同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい!先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は…

  7. e742179751370be226c2e537f96698f8_s

    木星の夢

    夢占いの中で、木星は人間関係や、自分自身の性格を象徴しています。木星が大きく、美しく見える夢は、仕事…

  8. nuhara

    ヌーハラって何?日本の文化?なぜヌードルハラスメントが日本中で大…

    ヌーハラという言葉をご存知でしょうか?最後に「ハラ」という言葉が付いているので新しいハラスメントだろ…

PAGE TOP