menu

159 views

世界文化遺産決定!国立西洋美術館が世界遺産にこだわった理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 21

7月17日、上野にある国立西洋美術館世界文化遺産に登録されました。
3度目の申請という点や、さらには日本では上野ですが、区分としては7カ国17資産による「ル・コルビジュジエの建築作品」としての登録。
世界をまたにかけた世界遺産は初めてとの事ですが、3度も申請をしてまで、一体なぜ「世界遺産」にこだわったのでしょうか。

箔をつけたいという気持ち

やはりこれに尽きるでしょう。世界遺産に登録されたからといって建物そのものが変化する訳ではありません。
ユネスコに登録されるというだけで、他に変化がが現れる訳ではありませんが、一方ではやはり「世界遺産」という箔がつくのも事実です。
ましてや世界をまたにかけた世界遺産は初めてとの事ですので、申請する側としても「世界初」という称号にこだわった部分は多分にあるでしょう。

スポンサーリンク

観光効果を狙っている

これも大きいでしょう。
昨今、日本には多くの外国人観光客が訪れていますが、いわば世界的に「観光ブーム」となっており、その際「世界遺産」というネームバリューはやはり素晴らしい物があります。
例えば観光地として知られている京都。京都は「古都・京都の文化遺産」として登録されていますが、単体でみると実に17もの寺社等が世界遺産として登録されているのです。
京都に観光客が多いのは、「古都」としての風情だけではなく、「世界遺産が17ある」という点も世界には大きなアピールになっているのは言うまでもありません。
西洋美術館が世界遺産に登録されたので、今後は観光客も増え、経済効果ももたらしてくれるのは明白です。
日本では他にも世界遺産に登録してもらうと働きかけている自治体がたくさんあります。
それらは、「世界遺産として認めてもらいたい」と言う純粋な気持ちはもちろんですが、経済効果があるのは言うまでもないでしょう。

世界遺産を見てみると…

日本にある京都以外の世界遺産を見れば明白です。
例えば姫路城や日光東照宮。これらはお世辞にも大都会にあるものではありませんが、外国人観光客の姿がとても多いです。
逆の立場で考えた時、我々が世界に旅行した際、どこを見ようかとなったとします。その際、やはり「世界遺産」として登録されているものであれば、見てみたい気持ちになるはずですが、外国人観光客とて同じなのです。

次は日本のどこが世界遺産に登録されるのか、見ものですね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

X線天文衛星ひとみの後継機を2020年に打ち上げます

一発逆転もあるかも!?小学校受験に向けた夏休みの過ごし方は5つあります

関連記事

  1. モテる男になりたい!社会人がモテるようになる方法はあるのか!?

    6月2日、長友佑都と平愛梨が交際宣言をしました。スポーツ選手と女優の恋愛。出会いのきっかけはお笑い芸…

  2. 同居問題で揉めない為にまとめ

    思わず目が点、盲点を突く今時の嫁姑問題!今時のお年寄りは、昔のように保守的ではなく、社交性も豊か…

  3. 山本彩が兼任解除でNMB48専任って…どんなシステムなの?

    4月13日、大阪市内で行われたNMB48の劇場公演にて渡辺美優紀の同グループからの卒業、そして山本彩…

  4. 育毛の悩みに応えるのか?IGF-1理論とは何か

    髪の毛に関する研究は枚挙に暇がありません。しかし万人に効くような特効薬はありません。多数ある…

  5. 3歳以降の子どもを褒めすぎるのはダメ人間の元!?間違った褒め方とは?

    3歳以降の子どもを褒め過ぎるのはダメ人間の元!?間違った褒め方と…

    自分の大切な子どもには、いつでも笑顔でいて欲しいものです。生まれてすぐの新生児の時の生理的微…

  6. 簡単!上手なホッケの食べ方

    大きくておいしいホッケは、ご飯と合わせるだけでも十分な魚です。あまり焼き魚を食べ慣れてい…

  7. あなたは大丈夫?歯肉炎で家が買えないかも知れない!!団体信用生命…

    サラリーマンAさん、住宅購入検討中&歯科通院中大手企業に勤めるAさん40歳、小学生の息子…

  8. ハーブティーでできる簡単リラックス術

    先日、こんな記事をみつけました。ジャスミンのリラックス成分がうつ病に効果的|うつ病(鬱病)に…

最近の記事

  1. 『いい子に育てる』とはどういう子?子どもをコントロールしようとしていないか?

amazon

PAGE TOP