menu

115 views

一発逆転もあるかも!?小学校受験に向けた夏休みの過ごし方は5つあります

この記事の所要時間: 337

既に学校説明会などへは参加しているでしょうか。
夏休み直前ではありますが、小学校受験の準備はできていますか。
事実上、夏休み明けから小学校受験は始まります。
最後の追い込みです。夏休みに何をすべきか?
ここで勝負が決まる?もちろん一発逆転もありえますよ。

スポンサーリンク

10月1日に受験が始まります

小学校受験は西からスタートします。お天気みたいですね。
既に願書を受け付け始めている学校もあります。
事実上の入試解禁は、10月1日です。
首都圏は、11月1日が入試の実質的な開始日です。
準備はできているでしょうか。目標を定めましょう。
夏はあっと言う間に過ぎてしまいます。
小学校受験は人生で一度きりです。リベンジはありません。
最後まで悔いのない戦いをしましょう。

夏休みの過ごし方

今年の夏は、猛暑になるみたいです。
そのため熱中症予防など健康管理に努めるのが一番です。
とはいえ受験前最後の夏休み、何をどうすべきでしょうか。

1.父親と過ごす

夏休みは普段できないことを中心にやってみましょう。
例えば父親と過ごすこと、入試でも聞かれやすい問題です。
子供に付け焼刃は通用しません。緊張すると本音を漏らします。
しかし実際に父親と過ごした経験があれば、
それを楽しそうに話してくれるでしょう。
近所の公園で遊ぶだけでも大丈夫です。
子供の記憶に残るように、手をつないだり抱きしめてあげましょう。
父親が積極的なほど、小学校受験の成功率は上がります。

2.体験学習をする

家族全員で行くのがベストですが、体験学習をしましょう。
最近は工場見学などが注目されています。
農業体験など、自然に触れ合うことも重要です。
もちろん博物館動物園などもおすすめです。
野球やサッカーなどのスポーツ観戦も良いですね。
そうした経験が、子供の夢を育みます。
将来の目標がある子供は、何事にも積極的になれます。
先生や面接官の前でも、ポジティブな対応をしてくれるでしょう。
そもそも目の輝きが変わってきますよ。
なお英語の重要性もわかりますが、無理して海外へ行く必要はありません。
そのお金があれば、国内旅行の回数を増やしましょう。

スポンサーリンク

3.親戚づきあいをする

夏休みはお盆があります。親戚が集まりますか?
そういった異文化に触れる機会も大切です。
都会にいればどうしても核家族になりますが、
祖父母や従兄弟との交流こそが人間性を培います。
親以外の大人と対応する力が身に付きます。
状況を判断する能力も、自然と養われるでしょう。
ちなみに三世代で住んでいる子供の方が、
高齢者や障害者に対して違和感なく優しくなれるとか。

日頃からそういう接点を作っておきたいですね。

4.学力より礼儀や言葉遣い

小学校受験では、あまり学力を重視しません。
そもそも文字は読めないという設定です。
言い換えると、大切なのは礼儀作用や言葉遣いです。
基本的な挨拶ができるようにしましょう。
緊張して何も言えなくなってしまう子も多いです。
それ自体は問題ありませんが、
変な言葉遣いが出ると困りますね。
こればかりは、日頃の言葉が現れます。
困った時に「ママ~」は拙いですね。
お父さん、お母さん、そして、ですます調に慣れさせましょう。

5.学校説明会があれば必須です

いまさらではありますが、
希望の学校で学校説明会があれば、必ず出席しましょう。
できれば父親も一緒に参加したいですね。
たとえなくても、一度は学校の校門まで出かけましょう。
子供に対して、この学校へ行く!
そういった意識を植え付けましょう。

小さい子供とはいえ、自覚すれば気持ちも変わります。
自分から、この学校へ行く!
そうなれば、小学校受験はほぼ成功です

親の準備は大丈夫ですか

小学校受験は、親が見られています。
控室なども逐一チェックされています。
校門から入った段階で入試は始まります。
これは学校説明会などでも同じことです。

大人だからこそ、ちょっとしたことで素が出ます。
変なところで煙草を吸わないように。
夫婦仲が悪そうに見えるのも、マイナス要因です。
作り笑いもばれてしまいます。
日頃から楽しい家族でいるのが一番です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

世界文化遺産決定!国立西洋美術館が世界遺産にこだわった理由

2017年1月1日に設定される、うるう秒って何?時間とは何かという話です

関連記事

  1. 音楽教室の先生が心掛けるべき3つのことは何か

    子供の習い事として多いのは、やはりピアノです。子供が実際にやっているランキング、親がやらせた…

  2. 工場での製造方法まとめ

    製造業がわかる製造業に携わる企業や会社にとって製造方法というのはとても大事な部分です。製…

  3. 大学中退者は非正規になりやすい!3つの理由が考えられそうです

    大学に入っても就職先が保証されているわけではありません。数字的に言えば、東大に入るよりトヨタに入…

  4. 不動産投資と年収のまとめ

    年収300万円の場合昨今は、「年収300万円時代」だといわれています。つまり、年収300…

  5. 医療系資格のまとめ

    看護師の難しさはどの程度か看護師資格の難しさはどのくらい看護師は国家資格です。他人の…

  6. 嫌々勉強するよりは、目標探しを始めましょう

    毎日の生活は楽しいですか?楽しい人は、将来的な目標がある人です。それに向かって、やることがた…

  7. 10都府県しか子供の貧困調査をしていない5つの理由

    2016年4月から6月にかけて首都大学東京が、各都道府県に対して子供の貧困調査への取り組みを調べ…

  8. 知能指数について簡単に解説!IQ200は可能なのか?

    子供の頃に知能テストを受けた経験があるでしょう。とはいえ内容は?ほぼ忘れているかもしれません。一説に…

最近の記事

  1. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP