menu

42 views

土用の丑の日直前企画(第2弾)そもそも土用の丑の日って?

この記事の所要時間: 741

前回、土用の丑の日直前企画(第1弾)ウナギは本当に体にいいの?でご紹介した通り、ウナギは栄養豊富である反面、思いのほか危険かも知れない食材です。
故に、年中好きな時に、好きなだけ食べるのではなく、土用の丑の日に食べる特別な一品と定めておくのも、一つの利口な我が家のルールだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

本当に土用の丑の日にウナギを食べなきゃいけないの?

しかし、ならば、もっと特別な日に食べる方が価値が上がるような気もします。しかも、土用の丑の日が過ぎれば、価格も一気に下がり、お得感も増すというもの!そして何より、秋になれば、もっと美味しいウナギに有り付けるかも知れないのです。

土用のウナギで夏バテが予防出来るとは限らない

そもそも土用の丑の日とは何者で、一体全体何故、その日にウナギを食べるのか?上記の記事にもあるように、皆さん、何となく分かっているようで、実は余り分かっていないのがこの関係ではないでしょうか?
事実、土用の丑の日にウナギを食べて夏バテが防げるのであれば、夏バテ知らずの人々が溢れかえるはずです。けれど、全くそのような朗報は見た事も聞いた事もありません。また、土用の丑の日にウナギを食べれば夏バテが予防出来るという医学的根拠も、どこにも見当たらないではありませんか!!

キーワードは3つ!土用、丑の日、ウナギ

という事で、「土用の丑の日にウナギを食べて夏バテを防ごう!」という俗説には、『土用』・『丑の日』・『ウナギ』の3つのキーワードがあります。
そして、そのうちの1つ『ウナギ』については、上記の通り、確かにビタミンAやビタミンB1は豊富であるものの、無理にウナギを食べずとも、それらは普段の食生活から十分摂取出来るという事が明らかになりました。
むしろ、ビタミンAの過剰摂取は要注意で、妊婦さんなどは、積極的にウナギを控えた方がいいという話でしたよね。

『土用』とは?

そこで、2つ目のキーワード『土用』とはなんぞや?という話です。

四季の誕生!

gogyou
『土用』というのは、「五行思想(ごぎょうしそう)」、あるいは「五行説(ごぎょうせつ)」と呼ばれる大昔の中国に存在していた自然哲学の一つ。ここでは、「万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなる」と考えます。
そう、今で言う曜日の原点みたいなものですが、流石は古代中国と言えるのは、芽生えの春に「」を、暑い夏に「」を、実りの秋に「」を、冷気漂う冬に「」を当てはめ、四季までこの元素で表したところでしょう。

『土用』の誕生!

ところがところが、困った事に、「」だけが余ってしまいます。かと言って、季節を5つに区切るのは益々ややこしくなりそうで、避けるに越した事はありません。
そこで、土の雰囲気が変わるであろう各季節の終わりの18日を削り取り、1年間に72日間の土の季節がやって来るように考えました。
そう、これこそが『土用』と呼ばれる5つ目の季節で、その最大の特徴は、年に4回巡って来る事です。基本的には、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間という事で、正しく季節の変わり目と考えていいでしょう。

夏の土用

今ではそれこそ、丑の日のウナギ様々で、取り立てて有名になってしまった夏の土用ですが、実際、梅雨が明け、一気に天候の良くなるこの時季は使い道豊富!特に日本では長年大切にされて来ました。
カビや雑菌、虫を日射や湿気の少ない風によって退治する「土用の虫干し」では、畳や衣類・履き物、あるいは、書物や掛け軸などを風通しのいい場所に出して綺麗に乾燥させます。
また、梅干し作りの仕上げとなる天日干しが行われるのもこの時季ですし、もっと大々的に、水田の水を抜き、1週間ほど放置!その間に雑菌を除去するとともに、稲の根を地中深くまでしっかりと張らせ、台風の季節に供えるという習慣もあるのです。
そして台風と言えば、忘れて成らないのが「土用波」でしょう。これは、正しく読んで字のごとくの土用期間中に押し寄せる大波です。昔から漁師町では警戒されていましたが、今では、その原因が遥か遠洋で発生する台風にあるという事が気象学的に明らかにされ、海のレジャーを楽しむ人々にも大々的に注意が促されています。

スポンサーリンク

『丑の日』とは?

昔は曜日だけでなく、季節まで木や金や水で表していたなんてビックリですね。
でも、曜日や季節は1桁の数ですからいいものの、月や日付や時間、あるいは、方位のように、2桁を超える数のものになると、流石に5つの元素で表すのは厄介になります。土以外にも、木や火や金や水が3回以上、時に7回も出て来る事になり、混乱を招く可能性も高いでしょう。そこで十二支の出番となった訳です。

例えば時間

一日は24時間と決まっている訳ですから、子(ねずみ)を午前0時と定めると、後は2時間ごとに区切る事により、23時となる亥(いのしし)まで綺麗に当てはめる事が出来ます。
即ち、丑の刻と言えば、午前2時から4時の間という事になり、時代劇でよく出て来る「丑三つ時」とは、午前3時にピッタリ位置するんですね。
また、「午前」・「午後」という形で、『(うま)』という字を使うのは、午の刻がちょうど正午に該当するからで、それより前が午前、後が午後という訳です。

さらに月や方位も

月や方位だって、十二支を使えば実に分かりやすく表せます。特に月などは12ヶ月なので、十二支と数もピッタリです。ただし、何故か1月が子の月、12月が亥の月とはならず、11月が子の月となるため、12月は丑の月、1月は寅の月となる点は気を付けなければいけません。とは言え、きっちり固定してしまっているので、今や何ら問題なしなのでしょう。
方位もそう!子を北、卯(うさぎ)を東、午を南、酉(とり)を西と定めれば、丑は北北東、未(ひつじ)は南南西となり、それなりに分かりやすく表す事が出来ます。別段、北を原点としなければならない鉄則のようなものはなかったに違いありませんが、やはり月と同じように、こうと定めてしまえば、誰も異議を唱える物はいません。

そして日付

これと同じ原理で日付も十二支で表され、例えば、11月の酉の日には浅草の「酉の市」が出たり、2月最初の午の日には、稲荷大社の「初午祭」が開かれたりします。
ただし、日付だけは、月や時計、方位のように、12の倍数ではないため、例えば1日が子の日になれば、月末の30日が巳の日になったり、31日まである月なら午の日になったりする訳です。しかも、翌月は、その続きからという事で、1日が午の日だったり、午で終われば未になったりするところから、同じ干支が3回出て来る月と、2回しか出て来ない月がある事になります。つまり、丑の日は何月何日と決まっている訳ではなく、仮に1月1日になれば、次は1月13日、その次は1月25日で、この月3回目となりますが、2月は6日と18日の2回しかない、という事になります。

土用の丑の日とは?

という事で、『土用の丑の日』は、先の季節を表す五行説の中の土の季節の丑の日という事になり、毎年何月何日と定める事は出来ません。しかも、土用は18日間あるのに対し、干支は12日で一回りしてしまうため、前半の6日間に回って来た十二支は、再び後半にも回って来る事になります。そう、これこそが、
今年は土用の丑の日が2回もある!!
と庶民を喜ばせ、ウナギ屋さんを喜ばせるからくりの仕掛け部分だったのであります。

今時の土用の丑の日

しかも、先ほどの土用の解説で「基本的には」と書いたように、この土用の定め方は、あくまでも冬至から数えて何日目という平気法を使ったもので、現在の日本では、国立天文台が発表している定期法に基づく暦をメインで使用しているため、

春の土用は「太陽奇形が27度に達した日から立夏の前日まで」
夏の土用は「太陽奇形が117度に達した日から立秋の前日まで」
秋の土用は「太陽奇形が207度に達した日から立冬の前日まで」
冬の土用は「太陽奇形が297度に達した日から立春の前日まで」

という形で土用の入りが決まり、土用の最終日は自動的に節分となる訳です。
まあもっとも、土用の終わる日が節分というのは、平気法でも同じなのですが、こちらは、そこから逆算して入りを決めるため、必ず18日間と安定しています。
それに対し、定期法では、お天道様が指定の位置に到達する日を入りとしますから、お尻が同じであってもと言うより、同じだからこそ、19日間ある事も珍しくなくなりました。即ち、それだけ土用の丑の日が2回巡って来る確率もアップしたという訳で、その場合、最初の土用丑を「一の丑」、後の土用丑を「二の丑」と言います。

何故、土用の丑の日にウナギを食べるの?

という事で、『土用』と『丑の日』という2つのキーワードは無事結び付きました。ならば、ここにもう一つのキーワード『ウナギ』が、どう絡んで来るのかという事ですが、これについては次回、
何故、土用の丑の日にウナギを食べるのか?
という問題の答えとともにご紹介しましょう。ついでに、土用の丑の日に本当に美味しいウナギを食べるマル秘テクニックも伝授出来ればと思っていますので、お楽しみに・・・!!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
おしゃべり大好き! お節介大好き!! の典型的関西人おばちゃんです。言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

imasia_5769333_M妊娠で注意するポイントのまとめ

PAK25_glasswater飲料関連の製造方法まとめ

関連記事

  1. fw

    神奈川新聞花火大会休止がどの地域にとっても決して他人事ではない理…

    8月24日、神奈川新聞社は毎年開催していた神奈川新聞花火大会を休止すると発表しました。神奈川新聞…

  2. 3316c7145f3e3ee3d4d890fee69f17b8_s

    どうなる消費税…上がるの?そのままなの?

    連日、消費税増税に関しての議論が繰り広げられています。安倍首相自身は「上げる」と明言しているにも関わ…

  3. pixta_17863884_M.jpg

    憧れの神戸へお試し引っ越し体験してみませんか?

    一度は住んでみたい憧れの街としてよく上げられるのが、神戸や横浜など、古き良き港町で、異国情緒溢れるの…

  4. tuna

    カツオのオイル漬け(ツナ)も健康食品のひとつです

    何かあと一品欲しい時、重宝するのが缶詰です。中でもカツオのオイル漬け!ツナマヨ的に作ると、酒…

  5. somen03

    『そうめん』を研究しよう(第3回) 素麺と冷や麦は同じ!?

    『そうめん』を研究しよう(第1回) そうめんってどんな麺?・『そうめん』を研究しよう(第2回) 索餅…

  6. c79c7de10d9e8f8d1a0d7d64b335570e

    挑め、“どないして食べるんや~!!”の豪快スイーツ!

    すごい物を見た!それは恐らく、日本一豪快だと思われるパフェ?いや、ケーキ??とにかく、間違いなく…

  7. ef6fac4a32640fabb8f7211adc25f98d_s

    羊羹を保存のために冷凍する

    どんな食品でも冷凍すれば? 原則として半永久的に保存できます。つまり冷凍することによって食中毒の原因…

  8. pixta_16562702_M.jpg

    今夜も眠れない?痒みを解消する5つの方法

    痒みと格闘して一夜を過ごす!悩みを抱える人も多いですね。もちろん冬なら乾燥肌があります。…

最近の記事

  1. fb_w
  2. hatumode03
  3. iryou1208
  4. datascientist
  5. izonsyou
PAGE TOP