menu

331 views

害虫駆除はやりがいがあり絶対なくならない仕事です

この記事の所要時間: 329

夏になると活発に動き出すのが害虫たちです。
夜に窓を開けると、大変な事態に陥ることもあります。
そんな時にお願いしたいのが、害虫駆除の人たちです。
街中であっても油断してはいけません。
虫は小さな隙間から入り込みます。
害虫駆除は、永遠になくならない仕事です。

スポンサーリンク

簡単な方法は殺虫剤の散布です

自宅でもできる害虫駆除の方法は、殺虫剤です。
また古典的ですが、効果抜群なのは蚊取り線香です。
とはいえ最近の虫たちは、薬剤への耐性を持っています。
去年の余った殺虫剤をかけても?死にませんよ。
ゴキブリを新聞紙で叩くとストレス解消になりますが、
数が増えてきたら?素人には対処できません。
どこかに大きな巣が隠れていますよ。
専門家にお願いして、特殊な駆除をしてもらいましょう。

害虫毎に求められる人材とは

夏に気を付けたい害虫には、何がいるでしょうか。
その駆除のために、どんなことをするのか。
そしてどんな人材が求められるのでしょうか。
基本的には虫が好き!嫌いではないことが大切そうです。

1.シロアリ

鉄筋コンクリートのマンションならば問題ないでしょうが、
木造の戸建てや古いアパートは気を付けましょう。
もちろん一度住みつかれたら年中活動しています。
とはいえ夏が、やはり活動の最盛期です。
シロアリの駆除に際しては、床下へ潜ります。
そのため細身の人が適しているでしょうか。
見つければ薬剤を使って殺しますが、薬剤の効果は5年?
定期的に住宅街を回ってチェックする必要があるので、
営業的な仕事が多くなるようです。

2.スズメバチ

テレビ番組でもよく見ることがあります。
大きなスズメバチの巣を駆除することです。
これは特殊な薬剤や防具を必要とします。
害虫駆除の中でも、プロフェッショナルな仕事です。
体質によっては、刺されて死ぬこともあるからです。
なお市販の殺虫剤で成虫を殺すことは無理です。
逆に襲われてしまいます。
そういう意味でも、プロ意識が求められる現場です。

スポンサーリンク

3.ダニ

昨今注目されているのがダニです。
アレルギーの原因になっているからです。
もちろん市販の燻蒸剤も効果はあります。
しかし気になるならば、一度業者にお願いすべきです。
もちろんダニアレルギーの人にはすすめられない仕事ですし、
畳を上げたりするので、力仕事でもあります。
また小さくて見えない敵なので、あまり感動はない?
とはいえ、だからこそ最も感謝される仕事かもしれません。

4.ゴキブリ

ゴキブリは、気温が30度を超えると、活発になります。
とはいえ基本的に夜行性です。
寝ている最中にカサカサ動き出すのが厄介です。
一説によると、1匹見つけたら100匹いると思え!
どこかに巣があるはずです。
それを粉砕しないと、永遠のお付き合いです。
基本的に台所などが多いため、
臭いがあったり危険な薬は使えません。
ある意味では待ち伏せ的な方法が用いられます。
直接出会う機会が少ないので、
ゴキブリが嫌いな人であっても抵抗感はなさそうです。

5.カ

人間を一番殺している野生動物は何か?カ(蚊)です。
スズメバチやクマよりも危険です。
小さいので油断してしまいますね。
しかし2016年は、デング熱ジカ熱に注意が必要です。
もちろん蚊取り線香や殺虫剤は即効性があります。
とはいえカを近づけない環境を作るべきです。
つまり幼虫であるボウフラを発生させないこと。
小さな水たまりなどをなくしましょう。
殺すのは簡単ですが、見つけることこそプロの仕事です。
注意力が求められる現場です。

やりがいがある仕事です

虫が嫌いな人には向いていない仕事かもしれませんが、
だからこそ虫に対する敵対心が出るのも事実でしょう。
もちろん虫が好きな人であっても、
大量に発生すると、気味が悪くなります。
しかし駆除を終えると、必ず感謝されます。
他人のためになっている!やりがいがある仕事です。

人間が生活習慣や意識を変えない限り、
永年になくならない安定した仕事です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

気象庁のトラブルまとめ

がん患者は2016年に100万人を突破?統計の裏には何がある

関連記事

  1. 安定を求めるなら、職業高校を選択すべき3つの理由がある

    小学生の本音を探ってみると?将来の夢は公務員だそうです。何故か?生活が安定するからのようです…

  2. いじめはなくならない?いじめに強くなる5つの方法

    文部科学省の調査によれば、2015年度のいじめ件数は小中高を併せて22万件を超えたました。2014年…

  3. 肉牛農家はつらいよ!国産牛=和牛じゃないよ

    牛肉は贅沢品ですか。すき焼きには何肉を使いますか。一説によると、西日本は牛肉で東日本は豚肉とか。…

  4. 塾で国語を勉強しても意味はあるのか?5つのチェックポイント

    塾や予備校で、何の教科を受講していますか。小学生ならば国語と算数でしょうか。中学受験なら、理…

  5. 刑務官とはどんな仕事?

    明るいイメージがわきづらい刑務所の「刑務官」。刑務官の仕事内容は、刑務所の看守として見回りをした…

  6. 国がサイバー防衛専門家の育成を本格的に進めるようです

    夏も過ぎ予算編成の時期ですが、総務省は2017年度の予算に、サイバー防衛専門家の育成に関する費用…

  7. 国民がもっと金融に興味を持つべき3つの理由

    経済評論家であり、作家でもある三橋貴明氏の3月28日のブログにて、「国民のリテラシーはそこまで高くな…

  8. 化学製品の製造方法まとめ

    化学製品がわかる今の世の中、様々な化学製品に溢れています。それはビジネスの部分ではもちろんですが…

最近の記事

PAGE TOP