menu

38 views

ローンまとめ

この記事の所要時間: 3115

消費者金融とは

MKJ_kyouheimeganekakeru

スポンサーリンク

消費者金融。
それは馴染みのある人も少なくないのではないでしょうか。
基本的に消費者金融とはお金を貸してくれるところです。
しかも、銀行とは別ラインだったりしますので、消費者金融を重宝しているという人も少なくないのではないでしょうか。
特に消費者金融というのは無担保で利用出来るものでもありますし、銀行などに比べて審査が甘いという点が大きな特徴でしたから、消費者金融利用するという人も少なくなかったのです。
しかし、最近では少々事情が変わってきたようです。
まさか事情が変わるとは…と思った人も多かったようですが、それは総量規制と呼ばれるものです。
これは簡単に言えば、お金は収入の三分の一までしか借りれないというものです。

そして、そのために収入の証明書を提出するよう義務付けられてしまったのです。
そのため、消費者金融業界は、お金を貸したくても貸せない状況となってしまったのです。
これは多重債務者の救済という側面が強いものですので、そんな多重債務者にお金を貸している消費者金融が槍玉に挙げられてしまった部分もあるのですね。
しかし、それでもまだまだ消費者金融業界は健在です。
ですから、消費者金融にお世話になるという人もまだまだ少なくないでしょうね。

利用方法について

INA99_saifuaketara1en

消費者金融というのは多くの人にとって身近なものではないでしょうが、実際消費者金融の利用方法というのは、多くの人にとって理解しているようでしていないものなのではないでしょうか。
そもそも、消費者金融というのは借金をするという事なのですから、出来れば消費者金融とは関わりたくないと思うのも当然ですが、それでも消費者金融にお世話になってしまう人がいるのも、それは一つの現実なのです。
そんな消費者金融の利用方法というのは、実は非常に簡単なものだったりしますので、尚更借金をしていると言う意識が希薄になってしまうのでしょうね。

というのも、かつての消費者金融の利用方法というのは、それこそ消費者金融の事務所にまで行って手続きをするというものでしたので、そこでは自尊心を砕かれたりという事もしたでしょう。
しかし、今現在は非常に簡単に利用出来てしまうものだったりするのです。
というのも、銀行やコンビニのATMで簡単にキャッシング、つまりはお金を借りる事が出来てしまうのです。
かつてのようにどこかに行くとかではなく、それこそ自分の口座からお金を下ろすかのような感覚でお金を借りる事が出来てしまう、それが今の消費者金融なのです。

初めて利用する場合

cc0160155048

消費者金融を初めて利用する場合には解らない事が多いのですから、いろいろと警戒したり不安に感じてしまう事もあって当然です。
むしろ不安を覚えずに消費者金融を利用出来る人は図太い人とも言えますが、初めての利用の場合、実績が無いのです。
これは良い意味にも悪い意味にも捉える事が出来ます。
良い意味というのは、他の消費者金融での利用もないのですから、負債がありません。
そのため、品に落ちるといった事はそうそうありません。
悪い意味というのは、どのような仕組みなのかよく解っていないケースもあるでしょう。
何となく消費者金融のカードを作っただけだと思っていたものの、「借りる事が出来るお金」ではなく、「使えるお金」と錯覚してしまい、ついついキャッシングを繰り返していたらいつの間にか利用限度枠一杯になってしまっていたというケースもあるとされています。
ノウハウや心持ちまでしっかりと理解しておかないと、ついついこの部分で利用を繰り返してしまうとされています。
この点は、消費者金融のベテランであればどのようなお金なのかがわかっていますので、そのような事は行わないはずです。

フリーターの場合?

ISG106125427

消費者金融にもいろいろなものがありますが、フリーター向けとされている所もいくつかあります。フリーターというのは、いわば「正社員では無い」存在となります。
いつ辞めてしまうか解らないという点よりも、収入が多くは無い点の方が問題でしょう。
そのため、フリーターはなかなか審査が通らないといわれているのですが、フリーター向けであればその点も安心です。
フリーターであっても消費者金融と契約してお金を借りたいと思っている人もいるでしょうからね。ですが、フリーター向けの消費者金融の場合、大抵金利が高いです。
他の消費者金融と比べても金利が高いのですが、フリーターという立場からすると、お金を借りる事が出来るとても貴重な会社という事になりますので、金利にこだわっている余裕が無いとも言えます。
金利は少し違うだけで支払い総額そのものが変わって来ます。
消費者金融と賢く付き合いたいのであれば、金利もしっかりと考慮しなければならないのですが、とにかく消費者金融をと考えている場合、金利までこだわっている場合ではなく、審査に通過出来る所であればどこでも…となってしまうものです。

申込み方法とは

E146_omaira

消費者金融は黙っていても利用できるものではありません。
自らで申込みをし、そこで初めて消費者金融を利用する事が出来るようになるのです。
では、その申込みの方法というのはどのように行えばよいものなのでしょうか。
実は申込みそのものに関して言えば、それほど難しいものではないのです。
むしろ非常に簡単なものです。
かつてでれば電話や直接消費者金融の事務所にまで足を運んで…といった方法ででしか申込みが行えなかったのですが、今ではインターネットのおかげで、自宅からでもその申込みが行えてしまうのです。
しかも、消費者金融も顧客獲得に必至ですので、インターネット上からの申込みも非常に簡素なものになっているのです。

もちろん、実際に店頭に足を運んで申込みをするという方法も健在ですが、基本的に出来れば人と顔を会わせたくないという人がほとんどなのではないでしょうか。
お金を借りるのですから、出来れば人目を避けたいと思うのは当然ですよね。
そうした点は消費者金融業者も熟知していますので、人目に触れない方法というものに特化した結果、無人契約機なんかも流行りましたが、今では申込みはインターネット上からというのがスタンダードな方法となっていますね。

融資額とは

消費者金融を利用する際に一番気になる点、それは融資額ではないでしょうか。
融資額次第で消費者金融との付き合い方も変わってくるでしょう。
自分の希望した融資額を融資してくれる消費者金融はありがたいと思いますし、希望額に全然届かない額であれば、それはやはり大きな不満となるでしょう。
しかし、消費者金融の融資額は、最近とある法令のおかげで非常に厳しいものとなっているのです。
それは、総量規制と呼ばれているものです。
総量規制というのは消費者金融業界では知らない人はいないのではないでしょうか。
それほどまでに消費者金融業界に大きな衝撃を与えてくれたものなのですが、そんな総量規制というのは、簡単に言うならば融資額を制限するというものです。

それまでは融資額というのはそれほど意識するものではなかったのです。
それこそ消費者金融からすればたくさん融資した方が利益になるのですから。
しかし、総量規制のおかげで年収の三分の一未満の融資額でなければならないと定められてしまいましたので、かつてのように融資額をどんどん増やしていくという事が出来なくなっていってしまったのです。
そのため、この総量規制というのは、消費者金融業界にとっては非常に大きな痛手となってしまっているのです。

審査時間について

消費者金融に加入する際、いわゆる与信というものをしなければなりません。
これは簡単に言ってしまえば、自分がどれだけお金を借りる事が出来るのかを予め聞く、調査するという事なのですが、この審査の時間は、消費者金融によって様々です。
特に今ではインターネットの普及もあり、情報化社会と言われていますので、かつてのように審査に何週間もかけているようですと、その顧客を他の消費者金融会社に取られてしまいます。
ですから、今では消費者金融の審査の時間というのは非常に早いものになっています。
インターネット上で申し込みをしてから、30分後には審査結果を聞けるような消費者金融もありますし、それこそ申し込んでから数時間後には自分の口座に入金されていたなんて事もあります。

ですから、消費者金融の審査の時間というのは最近では非常に迅速なものとなっているのです。
これは、様々な事情がありますが、消費者金融業界も、かつてのように殿様商売が出来なくなってきているという事がその大きな要因でしょうね。
審査で待たされるなら、他の消費者金融という選択肢にする。
そんな人が増えていますし、実際その方が時間もかからないのですから、審査の時間が短くなるのも当然ですね。

業態の種類について

消費者金融は簡単に言えばお金を貸してくれる業者という事になります。
キャッシングがその代表ですが、そんな消費者金融というのは、実は業態が細かく分かれていたりするのです。
この業態の部分というのは、一般消費者にはあまりなじみのない部分ですし、そもそも知らなくても特に困る事ではないのですが、それでもそのような業態の種類があるという事程度は知っておくべきなのかもしれませんね。
まずは事業者金融。
商工ローンとも呼ばれていますので、多くの人がその名前くらいは聞いた事があるかもしれません。
そんな事業者金融は基本的にその名の通り事業者向けのローンです。
融資までが早い分、高金利というのが一つの特徴ですね。

他には1日単位で利息を計算して集金する日賦賃金業者もいれば、電話担保金融というものもあります。
これは電話加入権を担保にするのですが、最近では電話加入権の価値が下がってきているため、少々珍しい部類に入っていますね。
また、意外に思われるかも知れませんが、クレジットカードも一応消費者金融の業態の種類の一つと言えます。
このように、一般的に消費者金融と言えばキャッシングでしょうが、実はその業態というのは様々な種類のあるものなのです。

商品の種類について

消費者金融お金を貸してくれる所と勘違いしている人も多いのですが、それは実態ではありません。
消費者金融というのは金融サービス業ですので、様々なサービスを提供しているのです。
そのサービスの種類の豊富さで、その消費者金融がどのような存在なのかという事も解ってしまうものだったりしますので、消費者金融も商品を多く展開するよう心掛けていたりもするのです。
そんな消費者金融の商品として一番有名なのが、言うまでも無くキャッシングというサービスですね。
キャッシングも、消費者金融の商品の種類の一つだという事なのですが、その知名度の高さから、商品とは認識していない人も多いのではないでしょうか。

また、消費者金融の商品はキャッシングももちろんですが、最近ではおまとめローンを展開しているところもあったりしますので、お金を貸すという部分は変わるものではないのですが、その方法、つまりは貸し方に様々な種類が用意されているという事なのです。
それが、消費者金融の商品の種類という事になるのですね。
消費者金融=キャッシングと思ってしまっている人も多いですが、消費者金融はキャッシングだけではない、様々な種類のサービスを展開しているのです。

金融会社にも種類がある!?それぞれの特徴とは?

消費者金融会社の中にも、大手や中小、女性向けなど、様々なところがあります。
それぞれの特徴や代表的な会社についてご紹介します。

■大手消費者金融

大手の消費者金融会社は、誰もが名前を知っているという安心感と信頼度がウリです。
金利も低めのところが多く、便利なサービスも多く展開されています。
初めて消費者金融を利用するという場合は、こういった大手金融会社を選ぶと安心ですし、良い条件での借り入れができる場合が多いためお勧めです。

◆アイフル

融資までの時間が短いことで有名です。
最短1時間という情報もあり、すぐに借りたいという人にはぴったりです。
知名度も高く、利用者も多い金融会社です。

◆レイク

30日間or180日間の選べる無利息が特徴です。
初回の借入をオトクにしたいと言う人にむいています。
無利息期間中に返済することができれば、利息や手数料無料でキャッシングを利用することができます。

◆モビット

専用アプリなどの独自サービスや、最低金利3.0%という利率の低さが特徴です。
有名芸能人を起用したCMでもおなじみの金融会社です。

■中小系消費者金融

中小の消費者金融会社の中には、悪質なところもあるため、利用する前にはきちんと口コミなどをチェックしておくことをお勧めします。
利率は大手消費者金融会社よりも高い場合が多いものの、審査に通りやすいというメリットもあります。

◆フクホー

中小系の消費者金融の中でもかなり有名なのがフクホーです。
実店舗は1店舗しかないものの、インターネット上から申し込みができるので、どこに住んでいても利用が可能です。
融資も返済も銀行振り込みで行われるため、新しく借り入れのためのカードを作ったりする必要はありません。
ただし、一度借りたものを分割で返すというのが主な用途のため、繰り返し借り入れを利用したいという場合はその都度振り込み依頼をしなくてはいけないというデメリットもあります。

◆ライフティ

キャッシュカードを作れば、全国のセブンイレブンATMを使って融資をうけることができます。
最低年率4.5%と、中小の金融会社の中では利率が低いことも特徴のひとつです。
融資額も最大500万円と高く、大手金融会社に近くなっています。

◆セントラル

セントラルは愛媛県内のみとはいえ複数の支店があり、四国と岡山に自動契約機や専門のATMもある金融会社です。
中国・四国地域で力を持っている金融会社だと言えるでしょう。
自動契約機でも振り込みでも融資を利用することができます。

■女性向け消費者金融

女性向け消費者金融は、女性に特化したサービスを行っている金融会社です。
専業主婦でも借りられる、女性オペレーターが電話対応してくれるといったメリットがあります。

◆レディースフタバ

2015年で50周年の歴史あるレディースキャッシング会社です。
2015年12月31日まで50周年キャンペーンも実施中で、今レディースキャッシングを探しているという人にはお勧めです。
審査も甘目という口コミが多く、他で断られた人でも大丈夫という場合があるようです。
また、収入の内専業主婦の場合でも、定期的な収入のある配偶者の同意書があればキャッシングを利用できると言うメリットもあります。

◆レディースキャッシングエレガンス

利用者の要望に応えるという姿勢が強い金融会社です。
レディースフタバ同様、専業主婦でも定期収入のある配偶者の同意が得られれば利用できるほか、年齢制限もなく、返済回数も利用者の都合で自由に設定できます。
対応するのは当然女性スタッフで、優しく説明してくれるという評判です。

◆ベルーナノーティス

女性向け通販や女性ファッション店として知られているベルーナのキャッシング部門です。
カードキャッシングと振込キャッシングが選択でき、利用上限は100万円と高めに設定されています。
セブンイレブン、ローソン、三菱東京UFJ、東京スター、E-netと、提携のATMがかなり多いというのも嬉しいポイントです。
返済も自動引き落としが使えるため、便利です。

このほか、大手金融会社にも、女性向け窓口が用意されているところがあります。
自分の希望や借り入れ状況などによって使い分けるようにしてください。

消費者金融orカードローン、一体どっちがオトク!?

最近では、多くの銀行がカードローンを扱っています。
消費者金融とこういった銀行カードローンでは、どちらがオトクなのでしょうか。
消費者金融orカードローン……融資を受けるときのポイントやそれぞれのメリットについてご紹介します。

■消費者金融系のキャッシング・ローンとは
消費者金融の提携ATMなどから気軽にお金を引き出して利用できる融資方法です。
少額から気軽に利用できるのが特徴です。

◆返済方法
現在では残高に応じて返済額が決まるリボ払いが主流となっています。
期日までにATMに入金することで返済するというパターンが多い他、引き落としが選べる場合もあります。

◆メリット
銀行カードローンに比べると審査が甘く、早いというメリットがあります。
また、返済も数日程度の遅れであれば目をつぶってくれる場合もあり、全体的に甘い運用であると言えるでしょう。

◆デメリット
リボ払いでの返済の場合、利用残高が正確にわからなくなる、返済が長期に渡って利息が高くなるといったデメリットがあります。
また、総量規制の影響で、年収の3分の1までの金額しか融資を受けることができません。

■銀行カードローンとは
銀行が発行しているキャッシュカードや、専用のローンカードを使って利用できる融資のことです。

スポンサーリンク

◆返済方法
返済方法は、その銀行の普通預金口座からの引き落としがほとんどです。
支払い忘れがない反面、口座にお金を入金しておかないと遅延になってしまうという注意点もあります。

◆メリット
総量規制の制約をうけないため、収入のない専業主婦などでも審査に通れば融資を受けることができます。
収入証明なしで借りられる場合も多く、書類を揃える面倒もありません。
また、借り入れ上限額が高く、利息が低いといった特徴もあります。
銀行キャッシュカードと同じガードを利用できることもあり、カードを増やしたくないと言う人や、家族に内緒で借りたい人にも向いています。

◆デメリット
審査にかかる時間が一般的に消費者金融よりも長いという特徴があります。
初回借入迄に数日~1週間程度かかる場合もあるので、急ぐ場合は事前確認が必要です。
審査も比較的厳しく、返済の遅延にも消費者金融以上に気を付ける必要があります。

■タイプ別! 消費者金融orカードローンどっちがオトク!?
それぞれにメリットとデメリットがある消費者金融とカードローンですが、結局どちらを使うのが良いのでしょうか。
タイプ別にご紹介しますので、参考にしてください。

◆初めての利用なら銀行カードローンがお勧め
これまで消費者金融や銀行から融資を受けたことがないと言う人や、住宅ローン程度しかローンは組んだことがないという人は、まず銀行系に申し込んでみることをお勧めします。
金利が低いという大きなメリットがある上、融資上限も高いので、返済能力があれば必要な分全てを1社で賄える可能性が高いからです。
今すぐ必要、という人には向かない場合もありますが、即日融資をしている銀行カードローンもあるのでチェックしてみてください。

◆複数利用している場合や急ぎの場合は消費者金融も視野にいれて
既に利用しているキャッシングやカードローンが複数ある場合は、銀行系カードローンだと審査が降りない可能性もあります。
そういう場合は、審査の甘い消費者金融系を利用すると良いでしょう。
また、今すぐにお金が必要という場合も、対応は消費者金融系の方がスムーズです。
銀行系で即日融資をしているところもありますが、万が一間に合わなかったり、審査が厳しくて通らなかったりすると困りますから、本当に急ぎの場合は消費者金融系の方が安全です。

消費者orカードローン、どちらを選ぶのが良いのかは、利用する人の状況や求めるものによって変わるということですね。
自分にあった方を選択するようにしましょう。

ゆるい所ってあるの?

消費者金融も様々です。厳しい所もあれば、ゆるい所もあるのですが、ではゆるい消費者金融とは具体的にどのような点がゆるいのでしょうか。
これはやはり審査の面でしょう。
正社員ではなく、フリーターであっても審査に通るような消費者金融は「ゆるい」と言えます。
ですが、ゆるいという事は基本的には金利が高いと考えるべきです。厳しい審査で、様々なものを提出しなければならなかったり、なかなか入会資格を得る事が出来ないような消費者金融の方が金利は低いです。
ですが、審査のゆるい消費者金融の場合金利は上限金利一杯だったりします。
つまり、ゆるい消費者金融というのは、どこがゆるいのかという点になるのです。
審査がゆるければ金利は厳しいですし、審査が厳しければ金利がゆるい。
これが消費者金融業界に於ける常識と言っても良いでしょう。
金利も審査もゆるい消費者金融というのはそうそうありません。
消費者金融とて慈善事業でお金を貸している訳ではありませんし、貸したお金が返ってこなければ損失となるのですから、どこかがゆるいという事は、どこかが厳しいと考えるのは当たり前の話しですよね。

サポートはあるの?

消費者金融は様々ですが、どのようなサポートをしてくれるのか。
むしろサポートはあるのか。重視している人もいるかもしれませんが、消費者金融はそこまでしっかりとサポートをしてくれる訳ではありません。
むしろほとんどサポートが無いと考えた方が良かったりするのです。
その理由は様々ですが、基本的に消費者金融はお金を貸して返してもらうだけです。
信販会社であればショッピング等もありますし、ポイント等のサービスもありますので様々なサポートを行ってくれています。むしろサポートがなければ何をすれば良いのかよく解らなかったりします。
ですが消費者金融はお金を借りたら返す。
ただこれだけですので、サポートも何も無いと考えた方が良いのです。
ドライに聞こえるかもしれませんが、そもそも消費者金融はお金を貸すというサービスだけなのですから、サポートをしてもらうほど難解なサービスではありませんので、サポートという点に関しては「希薄」ではありますが、言い換えればサポートをしてもらうような必要が無いサービスとも言えますが、サポートが無い訳ではありません。

審査について

消費者金融というのは申し込めば誰でも利用できるというものではありません。
消費者金融業者が申し込みにきた顧客の審査をし、その審査に通過する事で消費者金融を利用できる、そんなシステムになっているのですが、その審査というのはどのような点を見るのか。
それはやはり収入です。
そしてその収入がどのような種類なのか。
正社員なのか、アルバイトなのか。
そしてその会社の信用度もありますし、その顧客の過去の利用状況、例えば既に借金があるのかですとか、そうした部分を審査するのです。
特に他の金融業者での利用状況というのは、会社が異なっても業者間で情報提供がなされていますので、この部分というのはごまかす事がでいない部分となっています。

その審査に通過すると、消費者金融でお金を借りる事が出来るのですが、審査によっては、希望の融資額ではなかったりします。
特に先に施行された総量規制のおかげで、今現在、消費者金融の審査というのは非常に厳しいものになっています。
かつての消費者金融の審査というのは、それこそあってないようなものでしたが、今の消費者金融の審査というのは非常に厳しいものになっており、それこそ他社での借り入れがある人は審査に通るのは難しい状況とも言われています。

必要書類とは

消費者金融の申し込みを行う際には必要書類もあります。
かつての消費者金融への申し込みというのは、非常に簡単なものでした。
それこそ携帯電話などのインターネット端末からですら申し込みが出来てしまうものでしたので、その申し込みが相成ってから、必要書類を出すという形式でも構わないものでした。
その必要書類というのも、本人と確認できるものだけでしたので、それこそ免許証や保険証があれば、それだけで事足りてしまう問題だったのです。
しかし、今ではその必要書類に新しい書類が加わってしまったのです。
それは、収入証明です。
収入証明というのは、自分がどれだけ収入があるのかを確認する証明書です。
なぜこれが必要なのか。

それは先ごろ施行された、総量規制という法案です。
この法案は消費者金融などでお金を借りる際の限度額は、収入の三分の一と定められてしまったのです。
ですから、その三分の一がどの程度になるのかを知るためにも、収入証明の提出が義務付けられてしまったのです。
もしも収入証明を提出出来ない場合、消費者金融を利用する事は出来なくなってしまいますので、消費者金融を利用するためには、今では免許証などの本人確認書と収入証明が必要書類になるのです。

保証人担保とは

消費者金融は簡単にお金を借りる事が出来るという点が人気の要因でもありました。
それもそのはず、銀行などの金融業者からお金を借りるのであれば、それこそ保証人や担保が必要となってきます。
それもそのはず、お金を貸すというのはそれだけリスクのあるものなのですから、万が一を考え、保証人や担保を要求する。
これはある意味で当たり前の事でもあるのですが、消費シャン金融に関して言えば、保証人はもちろん、担保すらも必要が無いのです。
つまり、消費者金融の事務所に足を運び、書類に記入して審査を待つ。
するとその審査の結果が下され、お金を借りる事がで来てしまうのですから、消費者金融が多くの人から利用されていたのも納得ですよね。

それこそが消費者金融が大きく躍進した要因でもあったのです。
特に消費者金融でお金を借りようと考えている人は、やはり銀行のような金融業者からは融資を得られないと自覚している人々ですので、どうしても消費者金融に頼らざるを得ない状況にあるという事もいえるのです。
消費者金融もそうした事情を十分に熟知しているため、担保はおろか、保障人すらも不要な場合もあったりするのです。
そういう意味で、消費者金融と銀行というのは住み分けが出来ていたのですね。

借金して株式投資

株式投資をしたいなって考えているんです。
将来のためってよりも自分自身のためですね。
それに今、インターネットのおかげで株式投資も身近なものになっていますから証券口座を開設すればそれだけで株式投資が出来ちゃうんですよ。
でもいきなり株式投資を始めた所で何が起きるのか解らないですから、インターネットで株入門はこのサイトって呼ばれているサイトで勉強してみたんですよ。
やっぱり勉強は大切ですね。
株入門用なんですかね、そのサイトは。
株式投資のノウハウとかそもそも株式投資がどのようなものなのかという特性。
それを理解しておかないと意味がないですよね。
中には株式投資と消費者投資の区別すら付いていない人もいるかもしれませんし、消費者金融でお金を借りてまで株式投資をしたいと思っている人もいるかもしれません。
ここら辺の考え方は人それぞれではあるでしょうが、借金してまで株式投資というのは個人的には少々抵抗がありますよね。
株式投資は資産運用でしょうから、消費者金融を利用したら、それは資産ではなく、負債の運用になりますよね。
だから借金してまで株式投資を行なうのはどうかなと思うんですけどね。こればかりは価値観次第ですから何とも言えないですけど。

中国と韓国の金融情勢が変化しつつある3つの理由

23日、欧米の大手金融機関が中国や韓国から規模縮小や撤退の動きを見せています。
アメリカのウォールストリート・ジャーナルでもアメリカシティグループが広東省の地方銀行の株式を売却すべく協議していると報道されているほど。
投資を引き揚げ、いわば「主戦場」を変えようとしています。かつては新興経済の主役ともてはやされ、世界の経済のリーダーとなる日も近いのではないかとされていた中国がなぜこのような形で失速する事になったのか。
金融市場の動きも併せてその理由を挙げてみるとしましょう。

経済成長が終わった

経済成長は無限に起きるものではありません。どうしても限界があるのですが、中国の経済は成長が終わった。つまりは伸びしろがもうないと判断されつつあるのです。
経済成長期には様々なニーズが生まれますので物が売れます。これは、言い換えれば「それまで持っていなかったから」でもあります。
それまでは何も持っていなかった中国人ですが、経済が成長してお金を得たら、欲しい物を買おうと思います。
ですが欲しい物は消費しないものもあります。車、家電。これらは一度購入すれば数年程度は買い換える必要がありません。頻繁に消費する食料品とは訳が違うのです。
ニーズが一段落した、つまりは経済成長が終わったので、これからは以前のように物が売れる事もないと予測されているのです。

 中国に主導権を握らせたくない思惑もある

これは特にアメリカに強いのですが、アメリカは自分たちが世界のリーダーでありたいと考えていますので、日本のように従属するかのようなスタンスの国には優しくしてくれるものの、中国のように自分たちの牙城を崩そうとするかのような国には厳しく接するのです。
首脳会談の際、安倍首相にはまるで友達をもてなすかのように様々なサービスをしてくれたものの、習近平国家主席に対しては失礼とも言われかねない振舞いとなってしまったのもそのためです。
中国市場が鈍化している今、アメリカが中国に気を使う必要がなくなってきているとも言えます。

TPPが形になってきた

日本でも話題のTPPですが、中国はTPPには加盟していません。
むしろアメリカの思惑としてはTPPで中国包囲網をとの思いもあります。当初は日本は加入しないのではないかと言われていたものの、日本も参加。
これによってアメリカとしても「対中国包囲網」を完成させる事が出来ましたので、経済成長が鈍化しつつある中国に対して気を使う必要がなくなってきたのでしょう。

大手であっても…

消費者金融はどこも厳しい状態にあるとされています。
大手と呼ばれていた所であってもかなり大変な状況にあるとされています。その理由は様々ですが、やはり過払い返還、そして総量規制。
この二つのおかげでどの消費者金融も大変な事になっていると言われています。
寧ろ大手の方が顧客が多いため、過払い返還では大変な事になってしまったとされています。
過払い返還はそれまで取りすぎていた利息を返還するものですが、総量規制はこれからの利益になるものをカットされるものですから、消費者金融業界にとってはまさに踏んだり蹴ったりな状況だったと言えるでしょう。
そのため、多くの業者が倒産してしまったのも事実です。
なかなか簡単な話しではありませんが、どの業者としてもこれらは遵守しなければならないものです。
「うちは過払い返還は対象外」といったような業者などないのです。
そのため、どの業者も大変な事になってしまったのです。
自業自得とする声もあれば、さすがに可哀想だとの声もあります。
倒産してしまった消費者金融の多さが厳しさを物語っていると思うのですが…。

取り立てってあるの?

ドラマや映画の世界では消費者金融でお金を借りると激しい取り立てが待っているような描写が多いですから、消費者金融でお金を借りると怖い人たちが取り立てに来ると思っている人も多いようですが、それらはあくまでも誇張されたものです。
現代社会に於いて、過度な取り立ては消費者金融業者自らの首を絞めているようなものですので、そのような事はそうそうありません。
何ヶ月も未払い・延滞を続けていれば電話もあるでしょうが、ドラマや映画のように怖い人たちに取り囲まれて取り立てられるといった事は、まっとうな消費者金融であればありません。
ですが、闇金となると話は別です。
闇金の場合、金利も何もありません。全て業者の気分次第となりますので、お金が戻ってこないとなれば、取り立てを行う事だってあるのです。
自分に来るのであればまだしも、職場や家族にまで取り立てが及ぶケースもあります。
業者からすれば借りたお金は返せという事なのですから、取り立ては「迷惑行為」ではなく、「営業努力」という解釈なのでしょう。
このような事にならないためにも、闇金には手を出さない事を徹底すべきです。

消費者金融業界で働く

消費者金融業界にお金を借りるのではなく、働けないものかと考えている人もいるかもしれませんが、消費者金融で働く事は特に不思議な話しではありません。
そもそも消費者金融は違法行為ではありません。
認可が必要な厳しいものですので、そこで働く事も決しておかしな事ではないのですが、消費者金融業界全体としては大変な状況にあるといわざるを得ません。
何せ消費者金融業界は過払い返還や総量規制のおかげで、倒産してしまった業者は数知れず、体力のある大手に吸収された所も多々あるのです。
業界の再編が行われた事もあり、ピークが過ぎたとは言えまだまだ業界全体としては勢いはありません。
その点のを考慮した上で働くのであれば良いのですが、事情が解らないまま働くとなると、すぐに新しい転職先を考えなければならないような状況となってしまう事だってありますので、働くのであれば、自分が働きたいと思っている消費者金融の事をある程度は調べておくべきです。
入った消費者金融が倒産してしまったら、自分自身の経歴に大きな傷が付いてしまう事になってしまうのですから。

公務員であれば…

消費者金融でお金を借りるためには審査に通過しなければなりません。
この審査は経済力等を加味されるのですが、公務員であればかなり有利です。
なぜなら、公務員には「倒産」がありません。
民間会社はどのような大会社であっても倒産のリスクがあります。
大きければ大きいほど、そして歴史があればあるほど倒産のリスクは低いものではあるでしょうが、決して「倒産しない」訳ではありません。
その点公務員は「絶対に」倒産しません。そもそも、どこに雇われているかと言えば国に雇われているのですから、自分から辞めない限り、定年まで働く事が出来るのです。
つまり、急に支払能力が無くなるといった事もありませんし、公務員であれば年齢と共に給与も高くなります。
ボーナスだって安定していますので、消費者金融としても、安心してお金を貸す事が出来るのです。
ですから公務員であれば、他の職業に比べて審査はかなり有利になります。
むしろ、公務員であれば消費者金融ではなく、もっと低金利の所でカードローンを組む事も可能でしょう。
それだけ「公務員」という職業の安定感は群を抜いているのです。

転職したら?

転職ブームとも言われている昨今、転職する人は決して珍しい存在ではないのですが、消費者金融でお金を借りている人は、転職したらどうすべきなのでしょうか。
これは、理想を言えばしっかりと届出を出すべきです。
転職したという事は、収入面でも変化があるはずですからね。
特に近年は総量規制がありますので、収入によって借りる事が出来る額も決まってきます。
ですから、転職した場合には届出を出すべきではありますが、返しているだけの状態であればわざわざ出す事もないかもしれません。
一時期消費者金融にはお世話になっていたものの、もう借りる事もない。
後は返すだけ。
このような場合は自分自身の意思をより強固なものにするためにも、わざわざ届出を出さず、「終り」を意識してみるのも良いかもしれません。
消費者金融との付き合い方は様々です。
すぐにでもお金を返済したいと考えている人もいれば、まだまだお世話になるだろうと思っている人もいるはずです。
どのように思っているかによって、どのようにすべきかも変わってくるはずですので、転職したかどうかを届出るのは、自分自身の意識次第という事になるでしょう。

レディースの消費者金融

消費者金融にもいろいろなものが用意されているのですが、レディースのものもあります。
レディースの消費者金融は女性向けのものです。
女性からすると、お金を借りる際、普通の消費者金融ですと男性が出てきて恐怖心を覚えたり、自分の住所や電話番号、職場といった個人情報を目の前で明記するのはあまり良いものではないと感じるのも解らない話ではありません。
そこでレディースの消費者金融です。
レディースであれば女性が応対してくれますので安心出来るのはもちろんですが、それ以外にも普通の消費者金融にはないサービスが多々あります。
ですが、金利に関しては少々高めとも言われていますので、どのように解釈すべきかは意見が分かれる部分とも言われています。
リーズナブルに借りたい、金利にまでこだわりたいと考えているのであれば、普通の消費者金融の方が良いでしょうが、女性として…と考えるのであればレディースの消費者金融の方が良いでしょう。
いろいろな考え方があるでしょうから、女性は必ずレディースの消費者金融を利用しなければならないという事はありませんが、どうすべきかいろいろと考えて見えると良いでしょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
moriwaki
最新記事 by moriwaki (全て見る)

婚活の種類と服装のまとめ

婚活で出会う男女に注意してのまとめ

関連記事

  1. 美容製品の製造方法まとめ

    シャンプーの製造には拘りが今では、毎日シャンプーしていないと?不潔!非難を浴びそうです。…

  2. 学力の定着度は何で測るべきなのか?可能性のある5つの方法

    2016年4月19日、小学6年生と中学3年生を対象とした全国学力・学習状況調査、通称学力テストが…

  3. 美容師になりたい!美容学校の受験情報

    美容学校受験近年、美容系の専門学校の人気が高まっています。私の教え子の中にも、美容系の進路を希望…

  4. 小学生の時にグラフの正しい描き方を覚えよう

    小学生になると、グラフを見たり描いたりすることが増えます。とはいえ学校では、基本的なことを教えて…

  5. 学者という仕事に興味はありますか

    末は博士か大臣か!言われたことがありますか?今の政治状態を見ていると、大臣を目指す価値があるのか…

  6. 大学院に行きたい!大学院の受験情報

    大学院受験大学院受験は、情報そのものが非常に不足しているため、非常に難関なイメージがありますね。…

  7. 3.11を経て考える!大震災で保険は支払われるのか?(第2回)

    阪神淡路大震災や東日本大震災のような大きな自然災害で、一度に多くの死傷者が出た場合、生命保険や傷害保…

  8. これからの時代は、農家も大卒であるべき5つの理由

    日本人は古来、農耕民族でした。多くの人は、先祖を辿れば農家に至るかもしれません。土地を重視す…

最近の記事

  1. 子どもを追い詰めてはいけない理由。逃げ場を与える怒り方の必要性

amazon

PAGE TOP