menu

218 views

カラコンが病気の原因になるまとめ

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 1634

読みたい項目からどうぞ

カラコンは角膜炎になる?

カラコンの使用による角膜炎の報告はたくさんあります。
現在は、法改正によりずいぶん減少しましたが、やはり装用には十分な注意が必要です。

角膜炎って?

角膜炎とは、黒目の表面にある角膜で炎症が起こっている状態です。

角膜炎になると、視力が低下したり、痛みがあったり、異物感があったりと、目になんらかの異常を感じます。
角膜炎の原因は、傷やドライアイ、細菌感染、カビ感染などのほか、コンタクトレンズの装用によるものも多く報告されています。

カラコンで角膜炎になるのはなぜ?

そもそも、コンタクトの装用が角膜炎の原因のひとつですから、カラコンでも同様です。

さらに、カラコンは塗料を使用している分、塗料が流れ出て目を傷める可能性もありますし、塗料をレンズとレンズの間に挟み込んでいるタイプのものは、通常よりもレンズが厚くなっていて、通常のコンタクトよりも角膜炎になる可能性は高いです。

法改正で減少した角膜炎

とはいえ、一時期ほどはカラコンによる角膜炎は多くありません。

理由は、平成21年11月4日より施行された改正薬事法のため。
おしゃれ用のカラコンも、薬事法の規制対象となり、粗悪品がずいぶん減ったのです。

カラコンで角膜上皮剥離

カラコン装用による眼病の報告には、「角膜上皮剥離」というものがあります。

カラコンに限らず、コンタクト装用時には角膜上皮剥離が起こりやすいので、コンタクトを使用する人は知っておく方が良いでしょう。

角膜上皮剥離って?

角膜上皮剥離とは、なんらかの原因で角膜の上皮が剥がれてしまった状態です。

ほとんどの場合、何か異物が目に入り、角膜の上皮に傷をつけて欠損させてしまうことで起こります。
コンタクトの場合、目に異物が入っている状態ですから、その状態で外部から強い衝撃を受けたりすると、剥離する可能性は高くなります。

また、コンタクト装用時にコンタクトとともに異物が混入することでこすれ、剥離する可能性も高いです。
角膜上皮剥離は、異物感がある上、涙が出たり、充血したりと、すぐに異常を感じます。
とはいえ、異物が除去出来れば自然治癒する場所で、感染症を併発することも稀。

すぐに眼科へ行って適切な処置をしてもらえれば、1~3日程度で治り、2週間程度で再度コンタクトの装用もできる場合が多いです。

だからといって気を遣わなくて良いということではありませんから、おかしいと感じたらすぐに眼科へ行きましょう。

カラコンは結膜炎になる?

カラコンは眼病リスクが高まるとよくいわれますが、よく起こる眼病に「結膜炎」があります。

カラコンに限らず、コンタクトレンズを毎日装用する人には結膜炎になる人が多いといわれているので、おかしいと思ったら使用を中止し、すぐに眼科を受診すべきです。

■結膜炎って?

結膜炎とは、目の「結膜」という部分が炎症を起こしている状態です。
結膜には、白目の部分にある眼球結膜と、まぶたの裏側にある眼瞼結膜とがありますが、どちらも「結膜炎」と呼ぶことが多いです。

結膜炎の原因には、最近やウイルスなどの病原体感染、アレルギー、傷などがあります。

■コンタクトは傷も感染もしやすい

カラコンに限らず、コンタクトを毎日装用する人が結膜炎になりやすい理由は、コンタクトが目に傷をつけたり、菌やウイルスを目に入れてしまいやすいため。

コンタクトを付ける時・外す時には、殺菌できる石鹸などでよく手を洗い、清潔で毛羽立たない布・紙で手を拭いて行うのがベストですが、慣れてくると適当になりがち。
そのため、目は炎症を起こしやすいのです。

また、カラコンでは、塗料でアレルギーを起こした例もあります。
不快感があれば使用を中止しましょう。

視力低下の原因になるの?

カラコンで、視力が低下したという人の報告は、結構な数が存在します。実際のところ、カラコンのし用には視力低下のリスクがあると認識していた方が良いでしょう。

◆カラコンは医療器具ではない

コンタクトを購入するには、普通眼科医の診断が必要ですよね。なぜなら、コンタクトは比較的リスクの高い医療機器であるとの認識があるからです。ところが、カラコンを購入する際には、必ずしも眼科医の診断は必要ありません。おしゃれ用のカラコンは、あくまでおしゃれが目的のアクセサリーで、医療用ではないからです。

◆コンタクトレンズはすべからく視力低下の可能性がある

医療用であっても、コンタクトレンズは視力低下の可能性があるといわれています。これは、目に直接触れるということに加え、ドライアイなど、目の働きに影響を及ぼすことが多いからです。医療用のコンタクトでもそうなのですから、当然おしゃれ用に作られたカラコンにも同様のリスクがあります。加えて、中には粗悪品もあるため、そういったものを使ってしまうと、視力低下のリスクはより高まることに。使用頻度が高いほど、そのリスクは高くなりますから、よく留意して使用することが大切です。

失明するって本当?

カラコンが目に悪影響を及ぼすという話はよく耳にするものです。「ただの脅しじゃないの?」と軽く考えている人も多いですが、実際、カラコンで失明に至る可能性は否定できません。

◆特に粗悪品には注意

カラコンで失明するケースには、いくつかのパターンがあります。中でももっとも多いとされるカラコントラブルが、カラコンに使用している色素の流出。カラコンには、当然色がつけてあるわけですが、この着色料が溶け出して、目に入ってしまうことがよくあります。着色料の中には、なんと毒性のあるものまであるんです。そんなことがあるのかと疑う人もいますが、おしゃれ用カラコンは、あくまで雑貨。細かい規定はないため、細胞毒素が検出されたり、その他粘膜を刺激する成分が含まれていたりもするのです。次いで多いのは、網膜に傷を付けてしまうケースで、これも粗悪品に多いもの。やはり失明に至る危険性をはらんでいます。

◆信頼できるカラコンを

近年では、医療用コンタクトのメーカーもカラコンを販売するようになりました。色素が直接目に触れないように工夫されているなど、細かな注意がされていますから、医師に相談しながらそういったものを選ぶことをおすすめします。

薬事法の範疇!

ほんの数年前まで、度の入っていないおしゃれ用のカラコンは、法律上「雑貨」扱いでした。

そのため、誰でも販売・購入ができ、粗悪品も多く出回っていました。
ところが、カラコンによる深刻な眼病が多く報告され、度が入っていなくても、やはり薬事法で規制すべきであるとの意見が多数出てきたのです。

そして、平成21年11月4日、薬事法が改正され、カラコンは「雑貨」から「医療機器」へと変わり、今日に至ります。

改正薬事法で何が変わったの?

まず、カラコンの製造・販売は許可制になりました。

無許可では作ることも、売ることもできないのです。
もちろん、届け出れば良いというものではなく、
・光をどのくらい通すのか(視感透過率)
・酸素をどのくらい通すのか(酸素透過率)
といった、安全面のクリアが条件になっています。

一定量以下であれば、海外製のカラコンを個人輸入することは可能です。
けれど、家族や友人に売ったり、譲ったりすることはできず、あくまで自分自身の使用のみの許可です。
必ずしも医師の診断や処方箋は必要ありませんが、定期的に眼科へ行き、検査をすることは推奨されています。

すでに移行措置期間も終了していますから、許可のないものを購入しないようにしましょう。

眼科で検診しよう

カラコン(カラーコンタクトレンズ)は、以前よりずっと安全性が高まりましたが、それでも眼科での検診も、安全なカラコン選びも重要です。
カラコンでなくても、コンタクトレンズの使用には、眼科医による検診が必須ですから、より危険性の高いカラコンの使用には、当然検診が必要だと考えましょう。

眼科で相談しよう

まずは眼科で相談しましょう。
「カラコンしたいんです!」だと、嫌がる眼科医も少なくありませんが、近年では大手コンタクトレンズメーカーも自然なカラコンの販売をしていますから、以前よりは相談しやすくなっています。

最初は、視力をはかり、コンタクトレンズを目に入れてみた状態で、目に合っているかどうかを見ます。
使いたいカラコンの在庫がなければ、注文して再度来院となります。

3ヶ月に一度の検診を

健康診断は年に一度といわれますが、カラコンはできれば3ヶ月に一度は定期健診に行きたいものです。
いつも使っているカラコンを入れた状態で眼科へ行き、「定期検診をお願いします」と言えば診てもらえるでしょう。

検診で、早期に眼病を見つけることができることもあります。
自分では問題無いと思っていても、必ず検診に行きましょう。

乱視用で疲れ軽減!

まだまだ多くはありませんが、乱視用のカラコンもかなり種類が増えてきています。

乱視も、軽度であれば脳が補正してくれますが、おしゃれ重視で矯正せずにいると、かえって目の疲れなどにより目元が老けて見えることも。
眼科で矯正すべきと診断された場合には、カラコンを使う場合でも乱視用のカラコンを選ぶようにしましょう。

必ず眼科医に診てもらう

乱視用のカラコンは、販売許可を得ているネットショップでも購入が可能です。

ですが、乱視には度数や軸などがありますから、必ず眼科医に診てもらい、自分の眼についてきちんと知らなければなりません。
眼科できちんと診断してもらい、処方箋を発行してもらいましょう。

人気の乱視カラコンは?

人気の乱視用カラコンといえば、今はヴィーナスアイズでしょうか。

スポンサーリンク

乱視用だけで12種類があり、3ヶ月装用が可能です。
残念ながら、大手医療用(視力矯正用)コンタクトレンズメーカーは、まだ乱視用のカラコンは販売していませんが、ヴィーナスアイズはきちんと高度管理医療機器として厚生省に認可されています。

もちろん、「だから眼科には行かなくていい」ということではありませんが、装用感もわりと良いですね。

眼科でも扱う人気シリーズ!

ネット通販で見ると、たくさん安くて可愛いカラコンが販売されていますが、安全性を考えるのなら、眼科で取り扱いのあるカラコンを選ぶのが最善です。

安全性の高いカラコン

眼科で取り扱われているカラコンは、眼科医が安全性の高いものを選んでいます。

ネット通販でバックグラウンドのよくわからないカラコンを買うよりも安心です。

目との相性も診てもらえる

また、眼科で取り扱われているカラコンなら、眼科で自分の目との相性も診てもらえます。

安全性が高くても、カーブが合わない場合もありますから、必ず装着した状態で診てもらうようにしましょう。

どんなものがあるの?

私のおすすめは、アキュビューディファイン。

作っているのは、使い捨てコンタクトレンズで有名なアキュビューで、品質が特に高いものです。
カラーも3色あり、はじめてパックで全色試すこともできます。

同じくコンタクトレンズメーカーのチバビジョンは、フレッシュルックというカラコンを販売しています。
グリーンやグレーもあり、若い世代にも人気のあるレンズです。

デザインが可愛くて注目なのは、北川景子さんの起用でも有名な、シードのアイコフレ。
UVカット機能付きです。

承認済みコンタクト「エンジェルカラー」

粗悪品によるトラブルの多かったカラコンですが、法改正以降は、厳しい検査に合格した安全性の高いカラコンがたくさん登場しています。

「エンジェルカラー」は、その中のひとつ。
視力補正はできないおしゃれ用のカラーコンタクトですが、高度医療機器として正式に承認されています。
高い安全性と品質が確保されているので、安心して使用することができますね。

◆シリーズもカラーも豊富!

エンジェルカラーは、安全性も魅力ですが、なによりカラーがとっても豊富。

シリーズ自体がとても多く、さらにカラーバリエーションが豊富なので、気分やその日のファッションに合わせて気軽に変えることができます。
私個人のおすすめは、「エンジェルカラーエッジシリーズ」。

その名のとおり、エッジのきいたカラコンで、目のふちがくっきりと黒くなるので、目がパッチリと大きくなります。
ブルーやグリーンなんかは、ちょっと奇抜な色にはなってしまうけれど、黒目全体に色がつくわけではないので、思ったよりも自然な感じに馴染むのでチャレンジしやすいです。

モデルさんも愛用するエンジェルカラー。
使用期限はちゃんと守ってくださいね。

中国製ってどう?

結論から言えば、中国製のコンタクトレンズは、安いからといってあまり使用しない方が賢明です。

こんなことをいうと、なんだか一層日中関係が悪くなってしまいそうですが、そもそも日本は世界でも特に厳しい基準を設ける国。
日本人が作ったから安全で、中国人が作ったから危険、という単純な話ではなくて、日本国内で製造し、販売するためには、それなりの基準をクリアしていなければならないという制約があるということなのです。

その意味では、中国製でなくても、海外製はやはりあまりおすすめできないといえますね。

◆ネット激安販売のカラコンは注意

法改正により、最近では以前より減りましたが、粗悪品を激安で販売するネット業者がたくさんありました。

どう粗悪品かって、コンタクトにつけている色素が目の中ににじみ出て眼病を引き起こしたり、細かな傷があって目の表面に傷をつけたりしたのです。
こういった事例を受けて法改正があり、今は都道府県知事の認可と、専門の管理責任者を置くことが条件になっていますから、それ以外の通販サイトで購入したりすることのないよう気を付けましょう。

安全性について

カラコンの安全性は?

ハッキリ言いましょう。カラコンの安全性は、決して高くありません。

とても便利で、本当に魅力的なアイテムではありますが、必ずしも安全性が確保されているとはいえないのが、カラコンの現状なのです。

日本認可の医療用カラコンを選ぼう

もしも毎日、おしゃれのために使いたいと考えているのなら、医療機器承認を受けたカラコンを選びましょう。

医療機器承認は、厚生労働省が行なっている審査。
これをクリアしているものは、日本の医療機器としての基準を満たしているといえます。
医療機器承認を受けたものには、医療機器承認番号がついているので、必ず確認をしましょう。

ただし、コンタクトレンズ自体が健康に及ぼす影響については、よく知られている通り良いとは言えません。
カラコンに限らず、コンタクトレンズはドライアイや角膜損傷などの原因の一端を担っていることが知られていますから、普通のコンタクトレンズと同様の注意やケアは必要です。

医療用でないカラコンには、粗悪品もあります。

例えば色成分が溶け出して眼を悪くしたり、傷がついて眼病・失明するといった症例も。安全性が確認できないカラコンは極力使用を控えるようにしましょう。

着色剤の漏出

カラコンでもっとも深刻な問題は、着色剤の漏出です。

もっとも、ここ数年の間にカラコンの品質は向上し、着色剤が漏出することは稀です。
とはいえ、インターネットの普及した昨今、規定外のカラコンが販売されていたりすることもないわけではありません。

リスクはきちんと知っておきましょう。

カラコンのつくり

通常、カラコンの着色剤は、直接目に触れることがないように作られています。

製法にはいくつかありますが、たとえば、レンズとレンズの間に着色剤を挟んでいるサンドイッチ製法であったり、レンズの外側を着色剤で染めてその上から特殊なポリマー素材で覆うセミキャストモールド製法であったりと、作り方はさまざまです。

もっとも着色剤が漏出しにくいのは、レンズとレンズで着色剤を挟み込むサンドイッチ製法だといわれますが、レンズが重なっているので厚くなり、装用感は悪くなります。

薬事法に則っていれば比較的安全

平成21年11月4日に施行された改正薬事法で、おしゃれ用のカラコンも薬事法が適用されることになりました。

そのため、それ以降のカラコンは、安全性が飛躍的に高まっています。
ただし、海外製などは要注意。
きちんと信頼のできるものを信頼のできるところで購入しましょう。

カラコンは立派なコンタクトレンズ

今人気のカラコン、主には度の入っていないサングラス感覚で使える色つきコンタクトレンズの事ですね。

ただし、サングラスのように、日差しを遮る目的に使用出来るものは殆どなく、使用用途としてはメイクの一環とでもいいましょうか、瞳の色を外国人みたいに青く見せたり、黒目の部分を大きく見せたり、黒い縁付きのカラコンを挿入する事で、目全体がパッチリはっきり見えるなどとも言われていますから、目を大きく見せるために使って居る人も多いようですね。

けれど、そんなカラコンことカラーコンタクトレンズ、あんなのはコンタクトレンズじゃないとおっしゃる方もいらっしゃいます。

確かに、サングラスと視力矯正用の度入りメガネが違うように、カラコンと視力矯正用の度入りコンタクトレンズも全く違うものであるとはっきり言い切りたいところではあるのですが、残念ながら、近視用のメガネも真っ黒なサングラスも、ともにメガネであるように、近視用のコンタクトレンズも青い瞳にしてくれるカラコンも、ともにコンタクトレンズです。

実際、百科事典でコンタクトレンズとは何かを調べてみると、角膜に接触させて使用するレンズの形態をした器具であるとしか書かれていません。

どうやら角膜にコンタクトさせるレンズというところからコンタクトレンズと呼ばれるようになったようですが、度入りでなければならないとか、視力矯正器具であるなどという明確な基準は一切ないようなのです。さらに、2009年の11月からは、目に関するトラブルを防止するために、カラコンも薬事法の規制対象アイテムとなり、品質や販売方法が厳しくチェックされる事となりました。

そう、今やカラコンは、単なるおしゃれアイテムではなく、立派な医療器具なのです。

視力矯正用のコンタクトレンズと益々変わらない状態にあるんですね。

度ありのカラコン

度が入ったカラコンでお洒落を楽しもう!

以前は種類も少なく、色を変えるためだけにあった「カラコン(カラーコンタクト)」。

今はむしろ度の入ったコンタクトを必要としている人の方が多いことから、カラコンにも度ありのものが当たり前になっています。でないとコンタクト入れてるのに眼鏡が要りますものね。(笑)

度ありカラコンはどこで手に入る?

度ありのカラコンは、通販や一部雑貨屋さんなどでも販売されています。

ただし、ここで重要なことがひとつ。度ありのカラコンを購入するためには、眼科医に処方箋を書いてもらわなければならないのです。いいかげんな通販ショップでは、処方箋の提示を求められないケースもありますが、それはラッキーではなく、不安に感じるべき所。

処方箋が必要だと法律で決まっているわけですから、無視して販売している所の方が問題です。

大きな眼科では、度ありのカラコンも取り扱っている場合がありますから、一度眼科で相談してみるのも良いでしょう。眼科で処方箋がもらえれば、通販等で購入しても問題はありません。近年は1DAYタイプの度ありカラコンも増えてきました。目が悪くても、ちょっとしたお洒落を楽しみたいですね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
t.sato
最新記事 by t.sato (全て見る)

カラコンの使用方法のまとめ

元素の周期表を理解すれば化学がよくわかります

関連記事

  1. 下痢の原因まとめ

    原因とは下痢には、状況によって、いくつかの原因が挙げられるようです。まず、下痢になる1つ目の…

  2. 足を広げて座ると迷惑行為?炎上した女性差別の発端とは?

    足を広げて座ると迷惑行為?炎上した女性差別の発端とは?

    人前で足を開いて座っている女性私は常々、電車内やロビー・ベンチに座っている際、足を広げて座ってい…

  3. 遠隔医療で得られる5つのメリットと解決すべき5つの課題

    情報通信技術の進歩によって医療も大きく変わります。今後期待されているのは遠隔医療です。医師が…

  4. トクホは信頼できるのか?消費者庁が成分を調べさせます

    薬局や通販でトクホと書かれたサプリメントを買いますか。それは本当に効果がある?信用してよいのでし…

  5. 肺気腫と温泉プール療法

    近年における急速な医学の進歩は目覚しいものがありますが、それでも治せない病気は未だにたくさんあり、中…

  6. 好きなのにいつも喧嘩ばかり?【女なら要領よくこなせ計算・握れ手綱】

    好きなのにいつも喧嘩ばかり?【女なら要領よくこなせ計算・握れ手綱…

    何故?好きなのにすぐ喧嘩してしまう?男女に限らず、気の置けない関係になってくると喧嘩する事も増え…

  7. これでは治りませんよ!患者が薬を飲まない5つの理由とは

    病気が治らない、ぶり返す原因は何でしょうか。医者に問題があるのでしょうか。とはいえ言われた通…

  8. 阪神タイガース西岡剛選手がFacebookにて手術を報告したもの…

    7月20日の巨人戦にてアキレス腱断裂の重傷を負ってしまった阪神タイガース西岡剛内野手が、25日に自身…

最近の記事

amazon

PAGE TOP