menu

28 views

防犯と報道のまとめ

この記事の所要時間: 1735

マスコミと犯罪

マスコミの行う犯罪報道は、人名や財産が大きく関わる分、報道の分野でも特に力を入れていると言われていますが、マスコミと警察の癒着や、テレビ局によって犯罪の報道方法に違いがある事も多いと言われています。

スポンサーリンク

例えば、警察が起こした不祥事は、一般市民がおこした不祥事よりも、ずっと公表されにくいですし、芸能人やその家族が起こした事件等も、事務所等の圧力によっては、ほとんど報道されないと言えるでしょう。
特に、大手事務所の芸能人は、事務所の圧力で、テレビや雑誌、新聞等の報道をコントロールする事が出来る場合も多いそうです。

実際に報道を規制する事は出来なくても、報道する事で後にトラブルになるようなら、報道をしないというマスコミも多いと言えるでしょう。

また、週刊誌や芸能誌が、根拠もなく芸能人等の記事を書く事も多い為、出版社が訴えられる事も日常的に起こっていますし、マスコミは、一般市民に大きな影響を与えるため、その裁判の内容も重くなってくると言われています。

さらに、マスコミといっても、すべてを自由に報道出来るわけではないので、報道をしたくても、政府から圧力がかかる事もあると言えるでしょう。

不公平な実名報道

成人してから罪を犯した場合には、テレビや新聞で犯人の実名報道をされるのが普通ですが、最近では、この実名報道に疑問を持つ方も増えて来ていると言われています。

日本人が実名報道されるのには、法的に問題がないですし、実名報道されることで、加害者家族がこうむる嫌がらせについても、ある意味、黙認されていると言われていますが、最近では、在日外国人の事件に関する実名報道が不十分だと言えるでしょう。

例えば、日本には多くの在日韓国人がいますが、在日韓国人の場合には、通名といって、自分で決めた法律では認められていない日本名を名乗る権利があるため、犯罪を起こした時にも、韓国名ではなく、通名である日本名で報道される事が多いのです。

通名を報道するのは、実名報道とは言えませんから、日本人と在日韓国人の実名報道は不公平だと言えるでしょう。

また、実名を隠して、通名報道をする事で、在日外国人が起こした事件でも、日本人の事件のように受け取る事も出来ますし、通名を禁止する法律が現在の所はないので、テレビ局によって、実名報道と通名報道をする所に分かれると言われています。

監視カメラの効果

最近では、道路やビル、駅、マンション等に監視カメラをセットしている所も多いのですが、監視カメラには、実際の所、どんな効果があるのでしょうか。

監視カメラの性能も、年々上がってきているため、死角が出来ない監視カメラも多く販売されており、監視カメラの需要自体も高くなってきていると言われています。
監視カメラは、「監視カメラ稼働中」という看板を立てるだけでも、犯罪抑止の効果になるだけでなく、監視カメラの映像が決め手になって、事件の解決になる事が多くなってきているそうです。

特に、マンションの監視カメラは、ひとり暮らしの方も多い分、セキュリティーの一貫として、取り入れているマンションも多いと言えるでしょう。

ただ、高性能の監視カメラになると、1台100万円ほどするものもありますから、リースで監視カメラを設置しているビルも多いと言われています。
もちろん、監視カメラがあっても、空き巣に入られるケースもあるのですが、防犯の意識が高い建物には、泥棒も近づきにくくなりますし、自分達の防犯意識を提示する事も、防犯の方法だと言えるでしょう。

新聞のねつ造疑惑

新聞というと、それぞれの新聞社によって、社説にも違いがあり、比較的公平な情報を提供していると言われていますが、最近では、新聞のねつ造疑惑が問題になっています。

問題になっているのは、朝日新聞社の従軍慰安婦などに関する記事で、日本政府は、朝鮮人の従軍慰安婦が強制的なものだったとは認めていませんが、朝日新聞が、韓国寄りの従軍慰安婦の記事を書いてから、日韓の歴史の考え方が大きく変わったと言えるでしょう。

朝日新聞が、従軍慰安婦が日本軍による強制的なものであったなどの記事を書いてから、韓国からの従軍慰安婦に関する損害賠償請求等の活動も活発になってきたと言われています。

ただ、実際には、従軍慰安婦は高級取りの仕事であったという事実しか日本側には存在せず、朝鮮人が軍の幹部を務めていた事もあり、強制連行はありえないという日本側の主張を、朝日新聞がねつ造したというのは、最近になって知られてきた事だと言えるでしょう。

ただ、現在でも、朝日新聞側は、記事のねつ造疑惑に対して、明らかな返答をしていないのですが、国民の情報源である新聞社が、記事をねつ造するのは倫理的に許せないという声も多いようです。

犯罪の多い季節は!

『アイスクリームが売れると犯罪が増える』って知っていますか。

実はこれは、間違った統計の用い方の例としてよく挙げられるものなのだけれど、つまりはどちらも暑くなると増えるのだということ。
人は、何かに苛立ったり気持ちに余裕がなくなると犯罪にはしりやすい傾向があるのです。

近年は猛暑・残暑の上に、不景気、ストレス社会。

誰が道を間違えてしまってもちっともおかしくない状況にあります。
もしかすると、あなたが明日、犯罪を犯すかも。
そんなことはない、と笑うかもしれないけれど、本当の話。

まず、気温の上昇に伴い、認知機能障害や情緒的ストレスが起きて攻撃的になるとの研究結果があります。

だから、暴力犯罪が起こりやすい。
さらに、失業率と犯罪の件数にも相関関係があります。
人間、もちろんお金がすべてではないけれど、心理学的にも金銭的に余裕がないことは精神的にも圧迫されている状態であることは実証されていて、だから犯罪が増える。
同時に、犯罪に巻き込まれやすい時期でもあります。

ちょっとしたことで喧嘩を買ってしまったりしないように、せめて心に余裕を持てるよう、時間に余裕を持たせ、笑顔を心掛け、ストレスの発散を心掛けてくださいね。

自転車の飲酒運転

ここ数年で、飲酒運転の規制は非常に厳しくなってきていると言われています。

飲酒運転の罰則が厳しくなった分、お酒を飲む場合には、電車での移動をする方も多いと言えるでしょう。
ただ、近所での飲み会では、自転車で移動する方もいますし、駅までの距離を自転車で移動する方もたくさんいます。
あまり一般には知られていないのですが、自転車での飲酒運転も、罰則の対象になる為、車やバイクと同様に、酔っぱらった状態で自転車を運転すると、最悪5年以下の懲役または、100万円以下の罰金に処される事もあるのです。

酒気及び運転の場合には、3年以下の懲役または50万円以下の罰金になりますから、自転車であっても、飲酒運転の意識を持つ事が大切です。

また、行きには自転車に乗って移動しても、お酒を飲んだ帰りには、自転車を押して帰ると言うのなら、飲酒運転にはなりません。
最近では、自転車の信号無視や、夜間にライトを点灯させていないなどの罰則も厳しくなっていますから、「自転車ごときに大げさな」と考えずに、自転車での飲酒運転の意識を高める事が大切だと言えるでしょう。

逮捕者は解雇出来る?

罪を犯して逮捕された人を、会社は解雇出来るのでしょうか。

万引きや痴漢など、出来心からしてしまった事で、警察に逮捕されると言う事は、多くの方にありえる事だと言われています。
特に、痴漢の場合には、冤罪で痴漢の犯人として逮捕される方も多いですし、逮捕の情報が会社に伝わる事で、会社から解雇されると言う場合もよくあると言えるでしょう。

ただ、会社側が勝手に労働者を解雇出来るかは、労働条件や入社時の解雇理由の項目などによって異なると言われています。

一般的に、正社員を解雇する場合には、解雇の1ヶ月前に通知する必要がありますが、入社時の書類の解雇の欄に「刑事事件にて起訴された時」と書いてある事もあり、その場合には、起訴された時点で解雇する事は可能でしょう。
もちろん、逮捕というだけで起訴にはなりませんから、最終的には、労働者と雇用主で話し合いの場を設ける必要があります。

また、痴漢事件などの場合には、信頼を失うという理由で、会社を解雇されるなど、社会的に抹殺される事もあるので、冤罪で逮捕された場合にも、それが理由でうつ病になってしまう方も多いそうです。

違法行為と不法行為

違法行為と不法行為という言葉はよく耳にするものですが、実際には、どう違うのでしょうか。

まず、違法行為とは、日本にある法律に違反する事で、「?してはならない」と法律で決まっている事を破ってしまう行為の事です。
この違法行為の中には、違法ダウンロードから、窃盗、強盗、殺人などの刑事事件まで、幅広い分野が含まれており、罰則も罰金から懲役など様々な種類があると言えるでしょう。

そして、不法行為とは、他の人の権利を故意に、または過失により侵害する行為の事で、不法行為を起こすと犯罪としては処理されなくても、損害賠償責任が生じる事があります。

例えば、車でスピード違反をした上に、人の車にまでぶつけてしまう事故を起こした時には、違法行為として警察官に切符を切られますし、ぶつけられた車の持ち主から損害賠償を請求されるのは、(人の車にぶつけるという)不法行為が原因だと言えるでしょう。

一見すると、そこまで大きな違いがないように見える違法行為と不法行為ですが、法律の面から考えてみると、大きく違いがありますし、万が一自分が事件や事故を起こしてしまった場合には、違法行為、不法行為かによっても処理方法が異なるそうです。

犯罪はいつ起こるか解からない

犯罪というのはどのような形で起きるか解からないからこそとても厄介なものなのです。

もしも犯罪がいつ起きるか解かっていれば防ぐ事も簡単ですし、備える事も出来ます。
防備する事で犯罪から身を守る事も出来れば回避する事も出来るでしょう。
ですが犯罪はいつどこで起きるのか解からないのです。
「自分は大丈夫」だと思っていても、いざ犯罪に巻き込まれたら何も出来ない…。

そのような人も多いのです。

スポンサーリンク

いざという時には中々体が動いてくれないものなのですが、その「いざ」はいつどこで、そしてどのような形で起きるのか解からないのです。
飛行機を舞台に犯罪が起きてしまう可能性もゼロではないのです。
今の世の中、何が犯罪に繋がるか解かりません。

犯罪に利用されるケースも出てきてしまうかもしれません。

ですから、犯罪だけはいつどこで起きるのか解かりません。
それこそ痴漢冤罪のように、なぜか自分が犯罪者側になってしまう可能性もあります。
どのように防げば良いのか解からない分どうにもならない部分もあるでしょうしね…。

裁判員制度とはどんなもの?

刑事事件の裁判となると、起訴から判決まで数年から数十年かかる事もあるのですが、この裁判期間の短縮や、司法に対する国民の信頼と理解を向上する為に日本にも導入されたと言われています。

裁判員制度とは、地方裁判所がランダムに有権者のリストを作り、そこから選ばれた数人の方に裁判員として裁判に参加するよう、通知が届く物で、裁判所に認められる辞退理由がないと、辞退が認められません。
選ばれた裁判員は、指定の日、裁判所に集まり、裁判の内容を聞き、裁判員同士で、どのくらいの刑期がふさわしいかなどを討論すると言う物です。

ただ、裁判員制度は、理由がない限り辞退が出来ない強制的な物なので、一般市民の理解は、まだ深くないと言えるでしょう。

アメリカでは、この裁判員制度が一般的ですが、アメリカがやっていれば全てが正しいというわけではありませんし、裁判員には、日当が払われるものの「仕事がある」などの理由で辞退をする事は出来ないそうです。
もちろん、行われる裁判の種類も、自分で選ぶ事は出来ないため、一般市民が、強制的に司法制度へ組み入れられるのは、納得出来ないと言う方も多いと言えるでしょう。

国によって大違い!大麻の捉え方

2016年4月27日、スノボ選手の大麻使用が発覚し、全日本スキー連盟は都内で記者会見を開く事になった。

選手が未成年だったため、名前などは伏せられているものの、スキー連盟は2選手の無期限会員登録停止処分を決め、本人が更正すれば、選手としての道を開く事も視野に入れているという。
こんなニュースを聞いていて、私が思い出したのは、オランダのアムステルダムだった。

1.大麻が合法なオランダとは?

オランダは日本でも知られている通り、大麻が合法な国である。

これは、「大麻は問題がないから」という理由ではなく、「ソフトドラッグ(比較的、中毒性の低い薬物のこと)を、世の中から完全に排除する事は不可能」という視点から考え出された政策なのだ。

その考えからすると、ソフトドラッグ(大麻など)とハードドラッグ(コカインなど)を全て禁止すれば、中毒性の高いハードドラッグが、ソフトドラッグと同じように闇市場で扱われ、ソフトドラッグでも十分な人でも、ハードドラッグに流れてしまう可能性が上がる。
それなら、ソフトドラッグだけは合法にして、マナーだけは守るようにしよう。という、何とも柔軟で論理的な理由が含まれているのだ。

もちろん、飲酒と同じように、大麻を吸った後の車の運転は禁止なのだけど、オランダでの「コーヒーショップ」とは、コーヒーを飲む場所ではなく、大麻を吸う場所というほど、オランダ人にとって、大麻はタブーなものではないのである。

2.オランダでは売春もOK!

また、大麻合法と同様に、オランダでは売春も合法とされている。
首都アムステルダムの中心地に近い「レッドライト地区」では、夜になると、赤いライトで照らされた、ガラスのショーウィンドウ越しに、世界各地からやって来た売春婦が、下着姿で踊りながら通行人を誘惑する、という不思議な光景が広がっている。

「きっと、どこかの国から売られて来たのだろう…」という心配を思想になるのだが、そこで働く売春婦の多くは、個人営業者として場所代を払って、売春の仕事をしている。

「売春も1つの仕事よ」
そんなスタンスの売春の値段は個人交渉で行われるので、相場というのがあまりないのだとか。

ちなみに、この売春が合法化されたのも、「禁止して闇に隠れられるよりも、合法化して、行政の指導を元に税金もちゃんと払ってもらおう」というやっぱり柔軟な考えが元になっているらしい。

3.大麻は治療薬?

話しは大麻に戻り、私のオランダ人の友人は、アムステルダムの空港で関税官をやっていると言っていた。
特に多いのは、オランダから海外へ大麻の持ち出しで、空港に設置されているいくつものカメラから、怪しそうな容疑者をマークし、セキュリティーゲートなどを通って、搭乗ゲートで飛行機を待っている時に、抜き打ちで荷物チェックをする事もあるのだとか。
このように、オランダ国内では合法の大麻でも、海外への持ち出しは堅く禁止されている。

また、オランダだけでなく、世界には大麻が合法化されている国や州がいくつかあり、南米のウルグアイやスペイン、あのアメリカですら州によっては、所持量制限有り、または治療としての大麻の使用が認められている。

大麻の歴史を辿ってみると、大昔の時代は、大麻が治療薬として幅広く使われており、実際に、精神を落ちつかせたり、緊張や痛みを和らげる、という効果がある。
その為、アメリカのカリフォルニア州ではうつ病、不眠症、パーキンソン病などの治療用ハーブとして、大麻の使用が、数年前から認められるようになったのだ。

日本では取り締まりが厳しい大麻も、その国によって、考え方や利用方法は大きく異なるようだ。

被害者の側について

日本でよく取り上げられるのは、加害者ではなく被害者の側です。
犯罪被害者には、実際に被害を被った人だけでなく、その遺族なども含められることが多いです。

◆失った悲しみは特に大きい

殺人やその他人が亡くなった事件の被害者側は、特に怒りと悲しみが大きく、加害者に対する憎しみへと変貌していくケースが非常に多いです。

加害者を憎むことで失った悲しみを埋めようとしているわけですが、長い捜査と裁判の間に、人が変わってしまうような被害者遺族も少なくはなく、本来ならばカウンセリングが必要です。

◆団体への不満は増大する

また、個人ではなく、会社や法人、行政など団体が加害者である場合には、特に被害者の怒りや憎しみが大きくなるケースが多くあります。

これは、同じ「被害者」がたくさんいて励まし合うことと、相手が”見えない”ことが心理的に影響しています。
いずれにしても、被害者側は心理的に非常に大きく歪むケースが多く、事件の全容解明だけでなく、心理的なサポートも重要です。
しかし、現在の日本ではそのような配慮は非常に乏しく、むしろメディアが感情を増幅する傾向にあることは否めません。

悲しみも憎しみも当然の感情ですが、飲み込まれない配慮が欲しいですね。

加害者の側に立ってみる

人は誰しも、何かをきっかけに犯罪者となる可能性を持っています。

別に最初から犯罪者になろうと思っている人はいませんが、心理的な巡り合わせもありますし、故意ではなくなんらかの事故を起こしてしまうことだってあります。
日本は、被害者の立場からばかり述べる人が多いですが、誰にだってなる可能性がある加害者の立場からも考えるべきでしょう。

そうしなければ、見えてこないものもたくさんあるのです。

◆加害者にも家族や生活がある

まず考えるべきは、加害者の縁者や生活の存在でしょう。

加害者縁者は、まず普通に生活することができなくなります。
何も悪いことはしていないのに、です。

これは、被害者側も配慮すべき問題です。

◆更生不可能な社会

加害者本人が裁かれることは当然のことですが、日本は法治国家であり、刑を終えることで社会復帰が望まれます。

本来なら、社会のために働くべきですが、社会がその更生を拒んでいるのが現状です。
これでは、再犯が多くなるのも当然。
憎しみは、憎しみを生みます。

過去を消すことはできませんし、信用は簡単に築けるものではありませんが、不用意に周囲が煽っていいものではないことは理解したいものです。

保釈とは

『保釈』とは、ある程度のお金を払って、普通なら留置場に留めおかれるはずの被告人を釈放することです。

検察官による起訴後から刑確定までの間に認められている制度で、起訴前には保釈制度はありません。
「保釈金」なんて聞いたことがあるかもしれませんね。

その「保釈金」というのが、保釈してもらうために納付する保証金です。
保釈に必要な保証金の額は、決して安くはありませんから、ある程度お金のある人でなければ保釈は無理ですね。
また、重大犯罪であったり、証拠隠滅の恐れがある場合には、どれだけお金を積んでみたところで、保釈してもらうことはできません。

逆に、それ以外の場合には、請求があればかならず裁判所は保釈を認めなければなりません。
さらに、例外的に被告人の保釈請求権者からの請求ではなく、裁判所の職権で保釈を行うこともあります。
とはいえ、実際には職権濫用はしていませんが。

いずれにしても、勾留されている被告人を一時的に釈放するという処置ですね。

保釈は制限付きの釈放保釈の場合、勝手に転居したりすることができないなど、いくつかの制限があります。

また、保釈が取り消しになったり、保釈の失効もありえます。

偽札は所持だけでも犯罪?

偽札は、一般に知られている以上に、市場に出回っている物ですが、偽札を受け取っただけでも犯罪になるのでしょうか。

偽札に関する法律はいくつかありますが、支払いなどに使用する目的で、偽札を取得した場合でないと、罪には問われないと言われています。
使用する目的で、偽札を取得した場合には、偽造通貨等取得罪に問われるのですが、これは、偽造通貨を市場に流通させる目的で、偽札を手に入れたり、使用する事ですから、偽札を気付かずに受け取ってしまっただけでは罪になりません。

ただ、受け取った後に偽造だと気付き、早く使ってしまおうと、支払いに使用した場合には、偽造通貨収得後知情行使罪に問われるため、元々は知らなかったとしても、偽札を使うのは犯罪だと言えるでしょう。

もちろん、現在の時点では、偽札を所持しているだけで処罰の対象になる法律はないと言われています。
日本国内では、あまり偽札自体を目にする事が少ないのですが、海外では、米ドルやユーロ等の偽造通貨も出回っていますから、その点では、旅行中に偽造通貨の所持を疑われる事もあるそうです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
t.sato
最新記事 by t.sato (全て見る)

totiji【速報】史上初!女性都知事誕生!

fb01ブラジルに完敗…五輪サッカー日本代表はメダルを取れるのか?

関連記事

  1. imasia_9055730_M

    消費者金融店舗の違いまとめ

    スルガ銀行グループのダイレクトワンって?「ダイレクトワン(DIRECTONE)」は、スルガ銀行グ…

  2. pixta_20239543_M.jpg

    2018年、小学校3年生から英語活動が必修化!今後どう対応する?…

    2018年から、新しい英語教育が始まります。小学校では、3年生から英語活動は必修化。5・6年生は…

  3. pixta_18779883_M.jpg

    パナマ文書は何が問題なのか。そしてこれからの影響はどうなるのか

    4月5日、まさに世界が揺れました。パナマの法律事務所から流出したとされる金融取引に関するデータですが…

  4. pixta_9291810_M

    消費者金融と自己破産まとめ

    自己破産を考える消費者金融と取引があり、自己破産を考えている人は、一度冷静に計算をしてみることが…

  5. SEP_355215221321

    仕事のコツまとめ

    アルバイト探しのコツを掴むアルバイト探しのコツを掴もうバイト代がもらえない?長時…

  6. study_curriculum

    2020年度から始まる新学習指導要領の要点は5つです

    2020年度から始まる小中高生に対する新しい学習指導要領が文部科学省の諮問機関である中央教育審議…

  7. b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

    行政書士は源泉徴収義務なし

    行政書士には源泉徴収の義務がない日本に住んでいる人で何らかの収入があれば?所得税がかかります…

  8. pixta_20183997_M.jpg

    行政書士にも英語力は必要?

    行政書士にも英語力は必要?日本語は、極めて特殊な言語です。日常的に読み書きする漢字だけでも100…

最近の記事

  1. dynamite_01
  2. fb_w
  3. hatumode03
PAGE TOP