menu

116 views

やっぱりあんたが悪い!!『夫が不倫をする理由ベスト10』

この記事の所要時間: 87

以前、2010年代不倫ブームに蔓延するゲスの呪いにご用心を!という記事の中でも予想したように、どうやら今年は10年に一度巡って来ると言われる不倫の当たり年!!
よくぞこうも次から次へと感心させられるほど、日々どんどん新たな不倫騒動が芸能ニュースのコーナーを彩っています。

スポンサーリンク

しかし、何も不倫は有名人だけのお楽しみというものではありません!!

むしろ、発覚した時のリスクを考えると、無名の一般市民の方がずっと気軽にチャレンジ出来る訳で、実際、SNSの普及により、より一層手軽に浮気や不倫が出来るようになったと言う人が急増しているのです。
米国で行われた調査結果によると、Facebookがきっかけになったと認める人が、なんと7%!!
日本でも様々な調査結果を照らし合わせると、約2割から3割の既婚男性が、そして、その半数程度の既婚女性が浮気や不倫の経験を持っている事が分かります。
<参考>→Therapists Shed Surprising New Light On Infidelity | YourTango

夫が不倫をする理由ベスト10

上記の調査でも、やはり男女を問わず、浮気や不倫の理由となるのは心の淋しさ、もしくは欲求不満である事は確かなようです。
ならば、何故、心が淋しいのか?何が欲求不満なのか?という真の理由は、男女それぞれに微妙に異なるようです。

夫が不倫をする理由第1位『仕事のストレスを発散したい』

男にとって、仕事のストレスは付きもので、なるべくなら、それを家庭に持ち込みたくないというのは、立派な思いやりであるとは言えそうです。
一方、妻の方だって、夫の愚痴など聞きたくありません。特に仕事の話となると、さっぱり分からない、面倒くさい、煩いという事で、頼まれても相談に乗れない、乗りたくないというのが本音でしょう。
それに対し、仕事関係の異性になら、理解してもらえる事も多々ある訳で、彼女も所詮は人ごと、無責任に共感やアドバイスを示せます。さらに、公私ともに全く繋がりのない相手だと、それはそれで、現実から逃れることもでき、一緒に過ごしている間だけでも、無心の自分になれる日常とは違う自分になれるという大きな魅力があるのかも知れません。
仕事で失敗をしたのがきっかけで始まった不倫というのが実に多い点は、妻としても注目したいところです。

夫が不倫をする理由第2位『性的欲求不満』

やっぱりこれを外して不倫の理由は語れないというほど、定番中の定番と言える理由です。実際、妻にとっては、最も痛いところを突かれたとも言えるのではないでしょうか?
特に男性の勃起は副交感神経が司るもので、必ずしも興奮しているから性欲が湧くというものではないのです。
むしろ、リラックスを求める時ほど肉体的な愛を求める傾向は強いのです。故に、仕事が忙しければ忙しいほど、その疲労回復の一環として、性交渉を持ちたいと思うもの!!
されど、妻の方は正直に、家事や育児で疲れていると、ついつい夫の欲求を敬遠してしまいがちになります。結果、他の女性に満たしてもらう作戦に出るという事であります。もしかして、第2位の理由を答えた人たちは、第1位の理由を具体的に、そして、ストレートに述べている人たちと言えるのではないでしょうか!?
と、決して褒められる事ではありませんが・・・。

夫が不倫をする理由第3位『妻が構ってくれない』

どこの家庭でも、主役は子供!ママの愛も手も、子供たちが独り占め状態にあるお宅は少なくないでしょう。
しかし、パパだって、本当はママ似甘えたい構ってほしいのです。でも、それが出来ないので、他の女性に甘えさせてもらう、構ってもらうのだというのが、パパ族の言い分のようです。
確かに、不倫相手の彼女なら、一緒にお風呂に入って前身を洗ってくれたり、自分の好物ばかりを並べた食卓を準備してくれたりと、まるで新婚生活が再び戻って来たような至福の一時が過ごせるのでしょう。加えて、妻が夫に構わないという事は、それだけ時間や精神的にも自由な空間が出来る訳で、この辺りも、不倫を促進する要因になっているのかも知れませんね。

夫が不倫をする理由第4位『妻が傲慢になった』

長年結婚生活をやっていると、家庭内の主導権は財布も含めて「妻にあり!」すっかりそうなってしまったお宅は少なくないものと見られます。
すると、夫に対する感謝の気持ちが消え、ねぎらいの言葉の一つもないという事になりがちです。おまけに、子供たちまでもが、全ての実権を握るママに従うようになり、そうなると、パパは単に惨めなだけではありません。孤独でもあるのです。
そうなると、特に男性は元々プライドの高い生き物ですから、その現状に絶えられない人の方が多く、自分を慕ってくれる女性と過ごす一時が必要だと考えるのでしょう。同情の余地が全くないとは言えませんが、でも、やっぱり、だから不倫というのはねぇ!!

スポンサーリンク

夫が不倫をする理由第5位『妻に女の魅力を感じなくなった』

これって、悲しい事ですが、実際、鏡の前に立ってみれば、「なるほど!」っと、思わず納得してしまわれる方も少なくないのではないでしょうか?
特に結婚前は、彼氏の前では少しでも綺麗でいたい、可愛くみられたいという思いから、ファッションやメイクにも気を使ったものですが、妻となり、母となった今では、形振り構わず子育てと家事に奮闘しておられる奥様が圧倒的多数!!
また、必要以上に自分の身の回りにお金を掛けたくない掛けられないとおっしゃる方も多いものと思われます。
勿論、それは素晴らしい考え方なのですが、残念ながら、男にしてみれば、自分の妻にはいつまでも美しくいて欲しいというのが本音なようで、それが叶わぬ今、外でそれなりの女性と付き合う芳香に走ってしまうのでしょう。となると、幸せ太りも危ないかも・・・!?

夫が不倫をする理由第6位『家庭のストレスを発散したい』

仕事だけでもストレスが溜るのに、家に帰れば帰ったで、何だかんだと文句を言われたり、愚痴を聞かされたりと、心身が休まるどころか、益々疲れる。だから、他の女性に癒やしてもらうのだという言い分!
でも、不倫をする理由の第3位から見ると、これって、何だか矛盾していませんか?もっと構って欲しいイコール、もっと煩く言われたいという事だとすれば、一体全体どっちなのよ~!?と言いたくなりますよねぇ? 
恐らくこれは、自分の世話はちゃんとして欲しいけど、細かいところまで煩く言われたくないと言ったところなのでしょう。つまり、適度に構って、後は放置!!これが理想なのかも知れませんよ。

夫が不倫をする理由第7位『妻が妊娠中で自分本位になっている』

出ました~!!今、最も注目の理由です。
タレントの小倉優子さんの夫が不倫、それも、目下妻のゆうこりんが妊娠6ヶ月であるのにも関わらず、若い女性と情事を楽しんでいたという事で脚光を浴びていますが、これは弁護や弁解のしようがないというものでしょう。
ところが、夫は意外にも、妻が妊娠中こそ不倫や浮気を楽しむチャンスと思うのか、国会議員までもが実践したのですから困ったものです。
しかし、「不倫は文化である」と提唱した俳優の石田純一さんですらも、「妻が妊娠中の不倫だけは良くない」と言っていて、これだけは絶対に正当なる理由としては認められそうにありませんね。

夫が不倫をする理由第8位『妻の方が立派だから』

妻は夫が外部の人たちに高評価を得る事は嬉しいようですが、夫はそれほどでもないようです。特に、自分よりも社会的地位が上がると、悔しいやら、情けないやらで、平凡な専業主婦というような他人の奥様に強く魅力を感じると言います。
また、家庭をしっかり守っていてくれる良妻賢母であったらあったで、何となく引け目窮屈さを感じ、やっぱり少々ルーズな独身女性と遊びたくなるものだというのですから、これまた困ったものです。
不倫に費やす時間や労力があるのなら、「もっと頑張れよ~!!」と言いたくなりますね。

夫が不倫をする理由第9位『手頃な相手にたまたま巡り会ってしまったから』

仕事が順調で家庭円満、妻子の事もしっかり愛してはいても、そこは男と女、出会ってしまったが最後、たちまち恋に落ちるという事は、ある意味、自然の原理なのかも知れません。
しかし、不倫というリスクの高い恋愛を楽しむ上では、やはり目と目が合った瞬間に恋が始まるという事は少なく、それなりに相手を吟味し、スタートさせる男性が圧倒的多数!!
つまり、しかたなく成り行きでというのは、一度きりの浮気に止めるに限るという事なのかも知れません。
因みに、口の堅そうな女性や、自分も何かしらの後ろめたさを背負っている女性というのが有力候補なのだとか・・・!!

夫が不倫をする理由第10位『相手に強引に迫られたから』

これは恐らく、相手の女性に聞けば、同じように答える理由でしょう。
一度きりの浮気や逆援助交際でもない限り、少なくとも、夫が同意して不倫をしていた事は間違いない訳で、どちらからモーションを掛けたかなんていうのは問題ではありません。
男として、最もみっともない言い訳です。

いかがでしたか?

夫が不倫をするのには、一応彼らなりの理由があって、妻が反省し、改善する事で解決しそうな点も認めざるを得ません。
しかし、段々少数派になるに連れて、100パーセント「あんたが悪い☆α==(・・#)パーンチ」という答えが並んで行きますね。
ならば、妻は何故、不倫をするのでしょうか?
その理由ベスト10は次回ご紹介する事にしましょう。お楽しみに・・・!!

続きはこちら→やっぱりあんたが悪い!!『妻が不倫をする理由ベスト10』

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
おしゃべり大好き! お節介大好き!! の典型的関西人おばちゃんです。言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

u-2301ナイジェリアに敗北…サッカー五輪代表の5-4での敗戦が意味するもの

eez自衛隊は国民を守れるのか?EEZに着弾を許した要因は何か

関連記事

  1. underpass

    豪雨が降るとコワい道路はどこ?アンダーパスの話

    異常気象の影響なのでしょうか。集中豪雨が増えています。不名誉な名称として、ゲリラ豪雨などとも呼ば…

  2. pprk

    ピーマンが嫌いな子にも大丈夫!パプリカは栄養に優れています

    子供が嫌いな野菜には、不思議と栄養があります。代表格は、ピーマンやニンジンでしょうか。親とし…

  3. pixta_18609698_M.jpg

    自分を知れば悩みは減る!エニアグラムで自分を知ろう

    ダイエットに失敗したことのある人は結構多いのではないでしょうか。別に今回は美容の話ではないので、…

  4. bike1128

    自転車事故発生!解決手段は保険か弁護士かADRか 違反と事故の傾…

    子供や高齢者がよたよた自転車に乗っている光景を見かけます。また自転車の前後に子供を乗せたお母さん、そ…

  5. ohagi03

    お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?(PART3) 所変わればなん…

    お彼岸と言えば、おはぎを食べる、もしくは、ぼた餅を食べる習慣のある人がいますが、どちらが正当派なのか…

  6. hudu

    SMAP報道が止まらない…そこに隠されている思惑とは?

    8月14日深夜にSMAPが解散すると報道されました。その後、事務所から正式に年内解散が発表され、更に…

  7. rabi

    尿かぶれの悩みを解決する効果的な5つの方法

    デリケートゾーンの話は、なかなか他人にはできません。ましてや介護を受けている身であれば、贅沢は言…

  8. 120980b

    1997年に流行したものは?

    1997年(平成9年)に流行したものは?たまごっち発売は前年で、当初はそこまで売れていなかっ…

最近の記事

  1. vogue_word
  2. global_warming
  3. story_of_tono
  4. hatumode02
PAGE TOP