menu

97 views

子供の自殺に注意!夏休みの今から予防に努めましょう

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 338

夏休み真っ盛りですが、楽しい思い出は作れていますか。
とはいえ楽しいと、新学期とのギャップが激しくなります。
終盤へ近付くに従い、憂鬱になってきませんか。
宿題も溜まっている?子供のストレスも溜まります。
9月1日は自殺が多いとか?
今のうちから、子供の様子をチェックしておきましょう。

休み明けは自殺が多い

内閣府の統計によれば、
18歳以下の自殺者数は、9月1日が突出しています。
次いで4月の始業式前後が多くなっています。
さすがに夏休みや冬休み中は、極端に数が減ります。
人にもよるでしょうが、新学期になれば友達に会える!
それを待ち遠しく感じるか、鬱陶しく思うか。
自殺は突発的な行動ではありますが、
必ず原因があり、前兆が少なからず見えるはずです。
今のうちから日々子供の言動を観察し予防に努めましょう。

自殺を防ぐにはどうするか

大人でも月曜日の朝などは憂鬱ですね。
同じようなことが子供でも起きています。
自殺を防ぐには、予防早めの対策が不可欠です。

1.勉強を強要しない

宿題や夏期講習などもありますが、勉強を強要してはいけません。
夏休みは何のためにあるのか?様々な経験をするためでもあります。
そこで人生を決める何かに出会うかもしれません。
そういう話を子供がしたら、それを否定してもいけません。
なるべくそれの実現に向けた、前向きな話をしましょう。
8月末に絶望感を与えてはいけません。
場合によっては、宿題を親が手伝うこともありでしょう。
生きるための勉強が、死を招いては意味がありません。

2.新学期の話題をしない

新学期を憂鬱に考えている子供は、その話題に触れられたくないですね。
宿題も含めて、新学期の準備を急がせないことです。
場合によってはまったく触れなくてもよいでしょう。
ストレスが急に強まって突発的な行動に出てしまう子もいます。
子供が行きたくないと言えば、無理に行かせる必要はないでしょう。
これは塾の夏期講習でも同じことです。嫌がる理由があるはずです。
夏休みを無駄に過ごすのも、子供の特権です。
あの時あんなことを言わなければ!後悔先に立たず。

スポンサーリンク

3.早起きの習慣をつけておく

自殺の兆候として、朝起きなくなるケースも多いですね。
学校に行きたくない?気持ちが身体を凍り付かせます。
日頃から早起きの習慣をつけておくと、
その変化がすぐにわかります。

夏休みだからといって朝寝坊の癖がついていると、
単なる怠けとの違いがわかりにくくなります。
朝日を浴びて体操をするだけでも、気分は変わります。
夏休みのラジオ体操には、意外な効能があったようです。

4.引きこもりにも注意しよう

自殺までは至らなくても、引きこもりにもなりやすいですね。
朝寝坊から夜更かしに至り、そのまま昼夜逆転します。
一番の対策は、自室にこもらせないことです。
何があっても食事の際は家族一緒になる!
お風呂は親が起きている時間帯に済ませる!
1日1回は散歩など、5分以上の外出をする。

運動不足は体調を狂わせる原因でもあります。
そうした小さな積み重ねが、最悪の事態を防ぎます。
毎朝1度でも顔を合わせれば、怪しい兆候に気づけます。

5.言葉の変化に注意しよう

男女を問いませんが、言葉が投げやりになります。
逆に口数が減る子もいます。返事をしない!
無気力?覇気がなくなり、食欲もない?
ため息やぼーっとしている時間が増えます。

親が仕事をしていると、そうした兆候に出会えません。
子供は何か相談したいかもしれません。
親の気を引こうとしていませんか?
親子間に「忙しい」そんな言い訳は通用しません。
夏休みは子供と向き合うよい機会です。
夏期講習などの名目で追い出してはいけません。

親も注意しましょう

夏休みになると、母親も憂鬱になるようです。
お昼ご飯を作ったりしなければなりません。
ゴロゴロされると家事ができない?
自分の時間もなくなりますね。だからでしょうか?
高額な受講料を払っても子供を塾へ行かせる!
親もストレスを溜めてはいけません。注意しましょう。
子供に当たると、子供は行き場を失ってしまいます。
家は、誰にとっても憩いの場であるべきです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

祝!イチロー3000本安打達成!

臭いで病気がわかる?特有の香りはあるみたいです

関連記事

  1. 害虫駆除はやりがいがあり絶対なくならない仕事です

    夏になると活発に動き出すのが害虫たちです。夜に窓を開けると、大変な事態に陥ることもあります。…

  2. 高校で人生が決まる!その5つの理由と失敗しない高校の選び方

    受験シーズンですが、受験する理由は何でしょうか。大半の人は一流大学を目指し、一流企業に就職することを…

  3. 教育基本法が禁じている政治教育とは何か

    政治家と金、利得や権利、古くて新しい話ですが、これが絶えることはありません。大人だけの問題に止まれば…

  4. 不動産投資と年収のまとめ

    年収300万円の場合昨今は、「年収300万円時代」だといわれています。つまり、年収300…

  5. 学校の部活が教育の上でも必要な3つの理由

    お正月になるとテレビではお笑い番組が多くなります。一方でスポーツ番組も充実します。特にお正月…

  6. 子供の理解度を知りたいなら、ノートをチェックしよう

    我が子が授業についていけているのか?心配ですね。とはいえ話を聞いているだけでは、わかりません。…

  7. 国民がもっと金融に興味を持つべき3つの理由

    経済評論家であり、作家でもある三橋貴明氏の3月28日のブログにて、「国民のリテラシーはそこまで高くな…

  8. 東大生も尊敬する!今話題の東京芸大が凄い3つの点

    関連書籍が出たりテレビ番組でも注目されている、今話題の大学はどこか?東京芸術大学です。…

最近の記事

  1. 子どもに何でも一生懸命して欲しい!最も有効なことは【やる気】と【記憶】
  2. もっと頑張らせたい!誰の判断?【努力していないように見える子ども】
  3. 子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事
  4. 新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑うまで

amazon

PAGE TOP