menu

69 views

新出生前診断を受けた人が3年で3万人を超えました

この記事の所要時間: 334

我が子に期待することは何でしょうか?
末は博士か大臣か?今どき大臣になりたい子はいるのでしょうか。
とはいえやっぱり健康が一番ですよね。
では障害を持って生まれてくる可能性があったなら、
その子は産みたくないですか。
そうした検査を受けた人が3年で3万人を超えたそうです。

スポンサーリンク

新出生前診断とは

これまでも出生前診断はありましたが、
2013年4月、日本医学会が臨床研究として始めた染色体検査
これを新出生前診断と呼んでいます。
主にダウン症先天性心臓疾患の有無を検査します。
検査法は難しくなく、妊婦さんの血液を採取するだけです。
簡易なので誰でも試してみたいですね。
もちろん最終的な診断は、羊水検査が必要です。
実際に異常がなかった偽陽性も1割程度いました。
当初は全国でも15施設しか検査ができませんでした。
しかし2016年7月現在、71施設に増えています。

検査を実施した人が3万人を超えました

初年度の2013年は、8千人弱が受診しました。
翌年の2014年は、1万人を超えました。
そして昨年2015年は、1万3千人!累計3万人超です。
もちろん施設が増えたこと、情報が普及したことも、
検査を受ける人が増加した要因でしょう。
とはいえそれだけ心配する人が多いのでしょうか。
初産年齢が上がっていることも要因のひとつでしょう。
少ない子供を大切に育てたいのが現代の世相です。
誰にも止められない風潮はありそうです。

受診する条件はあるのか

検査が始まった当初は、いくつかの条件がありました。
例えば次のような点です。

 1.35歳以上の高齢出産であること
 2.妊婦本人もしくは配偶者に染色体異常があること
 3.過去に染色体異常児を出産した経験があること
 4.妊娠10~18週の間であること

しかし現在は4を除いて有名無実化しているようです。
なお保険外診療なので、費用が約20万円程度かかります。
地方の人であれば検査できる施設までの交通費があります。
それでも受けてみたいかどうかです。

スポンサーリンク

検査の精度は9割以上です

受診者が増える理由として精度の向上もあるでしょう。
ほぼ9割近い確率で異常を発見できます。
逆にこれで陰性となれば、99.9%は問題ないようです。
理屈抜きで、安心して出産したい思いはあるはずです。
とはいえ偽陽性であっても結果次第では、不安があります。
そのストレスから流産する可能性もあるでしょう。
妊婦さんは非常にデリケートです。
たかが血液検査ですが、それほど簡単ではなさそうです。

9割は中絶を希望しました

ちょっと気になる数字があります。
つまり新出生前診断で異常と判定され
羊水検査でも陽性だったのは、417人いました。
そのうち9割以上、394人が人工中絶を選択したそうです。

もちろん日本では人工中絶が認められています。
障害児を育てていくには経済的な負担もあります。
当事者が決めることなので、外野に発言権はありません。
とはいえ9割という数字は、驚きなのか当然なのか。
しかし見方を変えれば、産む決意をした人もいます。
どちらが正解でもないはずです。

優性思想は消えないのか

2016年7月26日に神奈川県相模原市で起きた
障害者施設における事件を鑑みると、
誰もが優生思想を秘めている気がしてなりません。
もちろん誰にでも生きる権利があります。
では生まれてくる権利もあるのでしょうか。
胎児は人間なのか?古くて新しい議論です。
保育所不足の問題も深刻ですが、
障害者や高齢者をどうするのか?
社会的に考えていかなければならないようです。

安易な普及こそが心配です

先天的な遺伝子の異常は、現状の医学でも治せません。
もちろん科学が発展すれば、誰もが正常になれるのでしょう。
とはいえ正常とは何か?見かけだけの問題なのでしょうか。
障害者を異常と考える、避けようとする思想はどうなのか。

新出生前診断で気を付けたいことは、
安易に普及してしまうことです。
誰でも簡単に受けられることは大切ですが、
だからと言っていい加減な方向に流れてはほしくないですね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

まだ間に合う!夏休みの自由研究はシャボン玉で決まり

IoTでAV機器は生き返るのか?有効な使い道を考えよう

関連記事

  1. 受動喫煙で年間1.5万人が死亡している?データを読み解く

    2016年5月30日、厚生労働省の研究班が発表しました。年間15,000人が受動喫煙を原因として…

  2. 除菌や殺菌の違いは何か?過度な抗菌思想は身体を弱くします

    巷には除菌や抗菌グッズが当たり前のように売られています。すべての菌を排除しないと気が済まないよう…

  3. 好きな人に愛されている?不安にならない方がいい理由

    好きでどうしようもなくても、不安にならない方がいい理由

    私は好きな人に愛されているのだろうか?恋をすると毎日とってもHAPPYです。 今までは…

  4. 自分が大好きでもいい理由。自信がある事とナルシストは別物であること

    自分が大好きでもいい理由。自信がある事とナルシストは別物であるこ…

    「自分のことが大好き!」という人は、世の中にどれ程いるでしょうか?「自分が大好き!」と聞けば…

  5. 扁桃周囲膿瘍検査と診断方法とは

    風邪を引いた時など、内科を受診すると喉を見せることになりますが、これは主に扁桃の腫れを確認しています…

  6. 脳梗塞で意識不明にまで発展したらどうなる?

    テレビのニュースなどでも「意識不明の重体です」などの表現が使われますが、意識不明とはどのような状況な…

  7. 恋人して?人として?男女間に【友達としての好き】は存在するのか?

    恋人して?人として?男女間に【友達としての好き】は存在するのか?…

    友達として好き?恋人として好き?男と女の「友達」としての、関係は成り立つのか?成り立たないのか?…

  8. 予防医療は医療費削減に貢献しない?考えられる5つの理由

    2017年1月4日から1月13日まで日本経済新聞において「予防医療で医療費を減らせるか」と題する連載…

最近の記事

  1. いつまで続く!?何を言っても嫌がる子ども【イヤイヤ期】への簡単対処法

amazon

PAGE TOP