menu

95 views

尖閣諸島に緊張が高まっている中で中国が犯した最大のミスとは?

この記事の所要時間: 25

連日、尖閣諸島沖中国の公船がやってきています。また、あまり報道されていませんが公船だけではなく民間漁船も多数やってきており、民間漁船の数は200から300になるとも言われています。
中国側の言い分としては「尖閣はうちの領土だから、その水域で何をしようが自由だろう」というものです。
一方日本としていは「こちらの領土に入ってくるな」になりますが、日本の立場としては「領土問題はない」と主張しています。もちろんこれは領土問題ではあるのですが、行政レベルで領土問題があると主張すると、中国政府に付け入る隙を与えてしまう事になるので控えているのでしょう。
一方、連日大挙で押し寄せていた中国船なのですが、11日、ちょっとしたトピックがありました。そしてその時の対応で中国は「大きなミス」をしてしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギリシャ貨物船と中国漁船の衝突

それは、ギリシャの貨物船と中国漁船が衝突してしまった、という事故が起こり、中国人乗組員が海に投げ出された、ことがきっかけです。そもそも、衝突そのものは政治的なものではありませんでした。単なる海上での事故です。ですが、中国が自国の主権を主張するエリアで起こったこの事故で、海へ投げ出された中国人を実際に助けたのは、日本の海上保安庁だったのです。
どれだけ抗議を行っても暖簾に腕押し、岸田外務大臣が駐日大使を呼び寄せても開き直り。
その根底にあるのは「尖閣は自分たちのもの」という思いがあったからのはずですが、本気でそのように思っているのであれば「自分の領海」での自己は自国で解決しなければならなかったはずなのです。
ですが、実際に助けたのは日本の海上保安庁。もちろんタイミング等の問題もありますが、結局は「日本の海だから日本が助けた」と世界にアピールする形になってしまったのです。
もしもですが、中国公船が助けていれば中国側としても「自分たちの海なのだから当たり前」と言えたでしょう。

なぜここまで活発なのか

そもそもなぜ最近ここまで中国船が大挙して尖閣諸島沖を訪れているのか。自分たちのものだというアピールはもちろんですが、稲田朋美氏が防衛大臣になった事も無関係ではないでしょう。
「保守派」と言われている稲田朋美氏の入閣は中国や韓国で大々的に報じられており、15日の靖国参拝は控えるようにと中国側から打診されたとの声まであるほどだからです。
ただ単に「自分たちのものだ」というアピールではなく、政治的な思惑も入り混じっているのでしょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

年収300万でも家買うオンナになれる女性向け住宅ローン5選

8月16日は京都五山送り火です!(第1回)

関連記事

  1. 羊羹を保存のために冷凍する

    どんな食品でも冷凍すれば? 原則として半永久的に保存できます。つまり冷凍することによって食中毒の原因…

  2. 婚活の種類と服装のまとめ

    婚活居酒屋婚活居酒屋って?いまや婚活は、どこででもできる時代。あちこちで"婚活"と銘打っ…

  3. もう飛んでますよ!花粉症を侮ると怖い3つの災難

    まだ1月下旬。もう1月下旬?どう思うか。2016年の幕開けは暖冬でした。しかしこの週…

  4. 借金大国なのに日本国債が安全資産として買われる5つの理由

    9月26日から臨時国会が始まる予定であり予算の話も出てきますが、2017年度は100兆円超が計画…

  5. 街中のトラブルまとめ

    電車内での暴力対処法はこれ電車男が一世風靡してから早10年!今では、すっかり忘れられ…

  6. お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?(PART2) 季節変わればな…

    前回、お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?という事で、おはぎとぼた餅の違いについて調査しました。その結…

  7. ローンの返済まとめ

    延滞しそう!そんな時どうすればいい?延滞したらどうなる!?キャッシングを利用していると、時々「あ…

  8. 色彩心理アイボリー編

    アイボリーという色は名前は耳にするものの、では具体的にそれがどのような色なのか説明しろと言われると中…

最近の記事

  1. いつまで続く!?何を言っても嫌がる子ども【イヤイヤ期】への簡単対処法

amazon

PAGE TOP