menu

77 views

『肥満遺伝子』を知ろう!(第3回) 日本人が持つ3つの遺伝子

この記事の所要時間: 831

先祖代々の贈り物『肥満遺伝子』を知ろう!企画の最終回となる今回は、いよいよ肥満遺伝子との上手な付き合い方についてです。

スポンサーリンク

日本人が持つ肥満遺伝子は主に3つ!

肥満遺伝子には、『肥満遺伝子』を知ろう!(第2回)これが肥満遺伝子の正体という事で明らかになった通り、様々な種類があります。ただし、多くの日本人は、元々は肥満防止遺伝子だったものが我が身を守るために変異した3つの肥満促進遺伝子のうちのどれか1つを持っているものと考えていいでしょう。そこで、その3つの遺伝子の特徴を知る事で、上手に付き合え、肥満を抑えたり、ダイエットを成功させる事が出来るのです。

私の肥満遺伝子を知るには?

では、自分がどの肥満遺伝子を持っているのか?これが解からないと話が始まりません。
ですが、幸いにも今は、多くの民間企業が遺伝子検査を実施しています。検査方法は、口腔内を綿棒でこすり、それを送るだけ。その後、結果を返送してくれるサービスで、様々な業者から販売されています。
実際のところ、こうした遺伝子検査は、当たるも八卦・当たらぬも八卦と言ったところで、特に癌発症のリスク検査は信憑性に欠ける部分が否めません。しかし、肥満遺伝子の種類を知るくらいなら十分使えるでしょう。
ただ、取り敢えず今、大まかな目安が付けばいいという方なら、下記で調べる事も出来ます。
肥満遺伝子診断~倹約遺伝子チェックによる太りやすい食べ物の調べ方~

日本人が持つ3つの肥満遺伝子とその特徴

それでは早速、日本人が持っている事の多い3つの肥満遺伝子と、その特徴を見て行きましょう。

『ベータ3アドレナリン受容体遺伝子(通称:β3AR)』の特徴

大和男児を中心に、日本人の約34%が変異した状態で持っているものと思われる人気の肥満遺伝子!
極端におなかポッコリではなくても、ウエストのくびれが分かりにくい人や内臓脂肪率の高い隠れ肥満の人の多くが所持している遺伝子です。その体形の見た目から、別名「リンゴ型遺伝子」と呼ばれています。
最大の特徴は、糖質分解が大の苦手で、正常な人に比べると、基礎代謝が200キロカロリーほど少なく、内臓脂肪をどんどん蓄積して行くタイプ!!その一方で、脂肪分解は得意としているため、皮下脂肪はそれほど蓄積されません。

『ベータ2アドレナリン受容体遺伝子(通称:β2AR)』の特徴

男女を問わず、日本人の約16%が変異した状態で持っているものと思われる肥満遺伝子!
痩せの大食いと言われるような、脂肪もなければ筋肉もない骨と皮だけの人なら、ほぼ間違いなく所持しているものと見られる遺伝子と言われています。また、その体形の見た目から、別名「バナナ型遺伝子」と呼ばれています。
最大の特徴は、糖質分解も脂肪分解も非常に得意である事。正常な人に比べると、基礎代謝が200キロカロリーほども多く、日常生活の中で一定量の運動量を保ってさえいれば、皮下脂肪も内臓脂肪も蓄積されません。その代わりに、筋肉も付きにくいため、活動量が減ると一気に太り始め、100キロを超える巨漢になる事も珍しくないのです。

『脱共役タンパク質遺伝子(通称:UCP1)』の特徴

大和撫子を中心に、日本人の約25%が変異した状態で持っているものと思われる肥満遺伝子!下腹部やお尻に太ももに脂肪が付く、いわゆる下半身デブと言われる人たちの多くが所持している遺伝子です。その見た目から、別名「洋梨型遺伝子」と呼ばれています。
最大の特徴は、脂肪分解が大の苦手で、正常な人に比べると、基礎代謝が100キロカロリーほど少なく、皮下脂肪をどんどん蓄積して行くタイプ!!その一方で、糖質分解は得意としているため、内臓脂肪はそれほど蓄積されません。

日本人が持つ3つの肥満遺伝子に相応しい食生活は?

それでは次に、上記の特徴を踏まえ、それぞれの肥満遺伝子と上手に付き合うための食生活を考えて行きましょう。

『β3AR遺伝子』と上手に付き合う食生活

こちらは糖質分解が苦手ですから、ケーキや大福など、甘い物は大敵です。この他に、ご飯やパン、麺類といった炭水化物も糖の塊なので食べる量に注意しましょう。つまり、いくら甘い物が苦手、間食はしない主義、コーヒーは無糖派だと言っていても、主食の炭水化物が大好きでは痩せられません
勿論、ビールや日本酒のような糖度の高いアルコール飲料も危険です。恐らく、中高年男性の多くは、こうした危険因子に気付かぬまま肥満になられたのではないかと予測出来ます。
ですが、特に働き盛りの男性が極端に糖質制限をするとエネルギー不足になります。すると、脂肪細胞から「レプチン」と呼ばれるホルモンが分泌され、脳は必要以上に飽食を指示します。つまり、自分では抑えきれないほどの食欲が湧き、それでも無理に我慢しようとすると、精神的な支障が出て来る事にもなりかねないのです。
そこで、コーヒーは無糖、間食はしないといった事を継続しつつ、主食はしっかりと取り、且つ、糖質分解を促すような食生活が重要になります。早い話、野菜や穀物類をたっぷり食べ、ビタミンやタンパク質を常時摂取する事により、糖質分解を円滑に進められるように心掛けましょうという事です。
一方、脂肪分解は比較的得意ですので、肉や魚を意識して制限する必要はありません。むしろ、主食を軽めにし、肉や魚からビタミンやタンパク質とともにスタミナも得るのは利口な作戦と言えるでしょう。

スポンサーリンク

『β2AR遺伝子』と上手に付き合う食生活

こちらは、糖質も脂肪も上手に分解出来ます。特に極端な食事制限は無用と言えそうです。しかし、自分は何をどれだけ食べても太らない体質と思い込み、常に暴飲暴食を習慣付けてしまう事が最も怖いのです。
確かに、現状の活動においてはバランスが取れているのかも知れませんが、少しでも活動量が減ると、たちまち栄養過多となり、それを脂肪として蓄積してしまいます。しかも、元々筋肉が付きにくい体質である事を考えると、その脂肪を筋肉に変える事は非常に困難で、短期間で驚くほど巨漢になってしまう人が後を絶たないのです。
そこで、普段からなるべく脂肪分解を心掛け、タンパク質をしっかりと摂取される事をお勧めします。特に、この遺伝子の仕業によって太ってしまった場合には、とにかく食事の量を少しずつ減らし、ビタミンとタンパク質で脂肪分解を試みるほかないでしょう。

『UCP1遺伝子』と上手に付き合う食生活

こちらは脂肪分解が苦手な訳ですから、とにかく油の摂取を控えるのが絶対条件です。牛肉なら赤身、鶏肉ならささみや胸肉などを選びます。つまり、極力油分の少ない部位を煮物や焼き物など、多量の油を使わない調理方法で摂取するように心掛ける事が大事です。さらに、脂肪分解には欠かせないタンパク質を抱負に取る事も重要です。それには、生野菜よりむしろ、大豆加工品や青魚を中心とした食卓が望ましいと言えます。
特にサバ・イワシ・アジといった青魚には、EPADHAが豊富です。これらの成分は、UCP1遺伝子を持つ人の肥満防止やダイエットにはなくてはならない強い味方!!何故なら、通称「痩せるホルモン」とも呼ばれる、脂肪の代謝効率を上げる「GLP-1」腸内ホルモンの分泌を促すのこそがEPAだからなのです。加えて、DHAは脂肪細胞を減少させる作用を持っているのです。そして、どちらも体内合成不可能なので、食事によって取り込むしかありません。
そこで、出来る限りEPAとDHAをともに豊富に含む青魚を食べるようにするのが利口な作戦、と言えます。幸いにも、糖質分解は比較的得意なこの体質の方の場合、ご飯に鯖の味噌煮と言った煮魚定食は最高のダイエット食という事になるでしょう。

日本人が持つ3つの肥満遺伝子に相応しい運動は?

それでは最後に、それぞれの遺伝子に相応しい、肥満防止法やダイエット効果の高まる運動を見て行きましょう。

『β3AR遺伝子』の持ち主に相応しい運動

この肥満遺伝子を持つ方は、ジョギングやウォーキング、水泳など、有酸素運動をメインに、とにかくエネルギー消費を第一とするべきでしょう。
その上で筋トレを加えると、内面から引き締まった健康的な肉体改造が出来るものと思われます。なお、酷使して身体を引き締める筋肉トレーニングには不向きです。何故なら、燃焼する皮下脂肪が元々少ないので、それが筋肉に変わってムキムキになれる可能性は低そうだからです。しかも、外側ばかりにこだわり、内臓脂肪は放置状態となると、益々状況を悪化させるので要注意!!
もちろん、筋トレも取り入れるに越した事はありませんが、その場合は、短時間に何度も体を動かす低負荷高回数運動でインナーマッスルを鍛え、内臓脂肪を燃焼させる事がポイントです。

『β2AR遺伝子』の持ち主に相応しい運動

この肥満遺伝子を持つ方は、見るからに骨と皮だけという方が多く、元々筋肉が付きにくい体質です。軽い筋トレを朝から晩までやっていたところで、筋肉質には中々なれません。むしろ、特定の時間内に、決められた回数分の高負荷を掛ける運動をコンスタントに継続するのが効果的です。
例えば、腹筋運動なら、上体を倒すのに10秒、起こすのには15秒程度掛け、10回の腹筋で最低でも15分以上掛かるように心掛けます。ただし、インターバルを十分取ると効果が半減してしまいますので、慣れるまでは30秒を目安とし、徐々にその感覚を15秒にまで縮められるように目標を定められるといいでしょう。

『UCP1遺伝子』の持ち主に相応しい運動

この肥満遺伝子を持つ方は、ウォーキングや水泳と言ったゆったりとした有酸素運動では皮下脂肪は燃焼出来ません。やはり余分な脂肪を筋肉に変えるべく、高負荷低回数の筋トレで筋肉量を増やしましょう。それで、自然と脂肪が減るのです。
例えば、腹筋運動をするのなら、先のβ2ARの持ち主の方のように、ゆっくりじっくりと行うのが良いでしょう。しかし、それ以上に大切なのは、下半身全体の筋肉筋を鍛えて余分な脂肪燃焼を可能とする、スクワットです!

前の記事はこちら
先祖代々の神の贈り物『肥満遺伝子』を知ろう!(第1回)
『肥満遺伝子』を知ろう!(第2回) これが肥満遺伝子の正体

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
おしゃべり大好き! お節介大好き!! の典型的関西人おばちゃんです。言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

dna2『肥満遺伝子』を知ろう!(第2回) これが肥満遺伝子の正体

myマヨネーズは夏の食欲増進剤として最適です

関連記事

  1. 31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86

    フィラリア予防は飼主の義務

    犬を飼っていると、案外多くの病気に罹るものです。中でも予防に努めたいのはフィラリアです。獣医…

  2. 278762

    高血圧とヤクルト

    特定保険用食品(トクホ)をご存知ですか。 特定保健用食品と言うと、「なんだっけ?」という方も…

  3. epi

    脱毛を始めたいなら秋がスタートするよい季節です

    男性でも脱毛する時代になりました。女性ならばどうやって脱毛するかが悩みの種でしょう。巷ではワ…

  4. atp

    アトピー性皮膚炎に溶連菌感染症が併発すると…?

    アトピー性皮膚炎は、難治性のアレルギー疾患です。大人になると状態は和らぎますが、それでも子供にと…

  5. imasia_11023367_M

    肌と目元のまとめ

    リキッドファンデーションの使い方リキッドファンデーションに注目しているという人も多いのではないで…

  6. pixta_16955010_M.jpg

    タバコの葉を使ったインフルエンザワクチンの新しい作り方

    タバコの葉からインフルエンザワクチンを作る!2016年2月23日の日本経済新聞で報道されました。…

  7. 7f4c90687052050fbdbdef39a3fa2152_s

    インドに息づくカースト制

    ここ数年で、インドの殺人事件や、レイプ事件が日本でも大きく報道されるようになりました。しかし…

  8. 165743

    肺気腫の間質性肺炎

    肺気腫は肺胞と呼ばれる肺の末端組織がタバコの煙などの有害物質が原因となって炎症を起こす病気です。肺気…

最近の記事

  1. izonsyou
  2. ff15
  3. security1205
  4. bird1205
  5. vogue_word
PAGE TOP