menu

274 views

神奈川新聞花火大会休止がどの地域にとっても決して他人事ではない理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 31

8月24日、神奈川新聞社は毎年開催していた神奈川新聞花火大会を休止すると発表しました。
神奈川新聞花火大会といえば横浜市民だけではなく、近隣の人間にとっても大きなイベントでした。その日だけは横浜に浴衣姿の女の子の姿が増え、いつもとはまた違った活気があるのですが、なぜ休止になったのでしょうか。その理由を探ると、決して横浜だけに限らない、問題が浮かび上がってきました。

予算でも日程でもなく、警備上の問題

実はこの花火大会、観覧者が年々増加していました。近隣の道路に観覧者があふれ、座り込んで花火を見る者も多く現れました。そのため、緊急を要する事案が発生した際に警察や救急が迅速に対応できず、近隣住民の安全を確保することが難しくなっている、と神奈川県警等、関係各所から指摘されていました。
今年は、昨年9月から県警や施設管理者と協議し、安心・安全を第一に対策を施しました。結果、大きな事故は無く終了することはできたのですが、それでも、一部のモラルに欠けた観覧者による道路の座り込みや、立入禁止エリアへの侵入が確認され、安全管理上の問題は解決されることはありませんでした。さらに、今後もみなとみらい地区の開発が進むことも鑑み、今回花火大会を休止する決定がなされたのです。

スポンサーリンク

決して「他人事」ではない理由

この決定に対し、残念と思う人も多いかもしれませんし「横浜市民がかわいそうだな」と思う人もいるかもしれません。ですが、この問題は他のイベントの主催者、参加者、両方にとって決して他人事ではありません。
なぜなら、この休止発表には、参加者側の、自分さえ良ければよい自分の行動で他人が迷惑を被ろうとも関係ない、と考えるモラルの低下、もしくは、そんなことすら考えられず、自分の立場からのみ物事を見て、他の誰かのことに思い至らない、認識の甘さが根底にあるように思えます。
そんな考えの人が花火大会のような、不特定多数の集まる場所にたくさん現れたらどうなるでしょうか。人の邪魔をしても平気、係員の指示には従わない、そんな自分勝手な人たちなので、どれだけ主催者が関係各所と協議し綿密に計画を練っても、秩序は乱れてしまいます。そんな状況に、不測の事態が起これば、参加者や近隣住民の安心・安全が守れません。また、このような状況が続けば主催者側も安心・安全なイベント運営に責任が持てなくなります。
ではこの状況は、神奈川新聞花火大会に限ったことでしょうか。皆さん、いや違う、と思ったはずです。多かれ少なかれ、モラルの低い観覧者は他のイベントにも現れる、と考えられますし、そのような状況が続けば主催者側はイベント休止を決定せざるを得ないだろう、と考えられるからです。つまり、これが決して他人事ではない理由なのです。
昨今、我が国はモラルの低下が叫ばれていますが、今回の発表を知れば、「そこまで低いのか」と流石に実感せざるを得ないのではないでしょうか。
他のイベントでも、本当は休止にしたいけどやっぱり楽しんでいる人も多いし…でもマナーが…と悩んでいるところがあるかもしれません。今回の花火大会休止決定が、そのような主催者側にとって、自身のイベント休止決定の背中を押す可能性があるのです。

ルールからモラルやマナーが生まれるのではなく、モラルやマナーからルールが生まれるものです。今回は季節限定イベントの無期限休止ですが、今後も更にモラルやマナーの低下が叫ばれるようであれば、もっと大きなイベントが休止になる可能性もあります。
今後も楽しいイベントが継続されるかどうかは参加者それぞれの心がけに委ねられている、と言えるでしょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

大学の科学者は軍事研究をすべきか否か

台風教室1時間目 ヘクトパスカルと気圧を知ろう!

関連記事

  1. 【第1話】バレンタインデーとホワイトデーの由来・バレンタインデー…

    今年は2年ぶりに平日となった、2月14日のバレンタインデー!やはり義理チョコを買い求める人が…

  2. 若い女性も注目です。足の臭いを消す5つの方法とは

    足が臭いのは、おじさんの専売特許ではありません。昨今は奥さんからの指摘もあり、かなり改善されてい…

  3. 【愛と束縛の違い】親の立場・子ども立場・自分の気持ちとうまく向き合う方法

    【愛と束縛の違い】親として・子どもとして、自分の気持ちとうまく向…

    人は生まれ持った要素だけではなく、育った環境によって人格が大きく変化します。また『三つ子の魂…

  4. 3歳以降の子どもを褒めすぎるのはダメ人間の元!?間違った褒め方とは?

    3歳以降の子どもを褒め過ぎるのはダメ人間の元!?間違った褒め方と…

    自分の大切な子どもには、いつでも笑顔でいて欲しいものです。生まれてすぐの新生児の時の生理的微…

  5. 今年こそ冷え性を治そう!秘策は5つあります

    冬は寒いものです。例えば布団を何枚かけても手足が冷たくて眠れない!そんな人も少なくないようで…

  6. チーズの本場とは

    チーズの本場ってどこ?チーズの本場といえば、ヨーロッパ。どこ、と言われると実はとっても難しい…

  7. これからの季節、わき汗をどうするか?効果的な5つの対策

    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

  8. 結婚5周年の記念日は木婚式!愛する妻を喜ばせるには?

    愛妻家のための結婚記念日特集も、ついに5周年になります。昔なら、まだまだひよっこ扱いされていたのかも…

最近の記事

  1. 子どもに何でも一生懸命して欲しい!最も有効なことは【やる気】と【記憶】
  2. もっと頑張らせたい!誰の判断?【努力していないように見える子ども】
  3. 子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事
  4. 新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑うまで

amazon

PAGE TOP