menu

83 views

NHKの放送受信料が変わるかもしれない?裁判結果が興味深い理由

この記事の所要時間: 23

8月26日さいたま地裁でひっそりと行われた裁判の結果が話題を集めています。
NHK受信料をめぐる裁判は全国でも多数行われているのですが、この日行われた裁判の論点は要約すれば「ワンセグ対応スマートフォンだけを所有している人は受信料を支払う義務があるのか」というものです。
近年、「テレビ離れ」という言葉もあるように、テレビ番組全体の視聴率が下落傾向にあります。番組がつまらない…というよりも、そもそもテレビを持っていない世帯が増えているのです。テレビよりもインターネット。このような世代にとっては、テレビを持つ理由がないのです。
ですが、NHK側はテレビを持っていなくともワンセグ対応のスマートフォンがあればNHKを見られるので受信料を支払えと、各地で半ば強引な支払い催促を繰り返してきました。
しかし、それに対してさいたま地裁が出した判決は「スマートフォンだけなら支払う必要なし」というものでした。地裁での判決とはいえ、この判決は今後に大きな影響をもたらす理由があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

裁判というシステム

裁判というのはいろいろなものを「白黒つけよう」とする場ですが、裁判結果というのはその都度の感情論ではなく、いわゆる「判例主義」と呼ばれる、訴状に似た案件が過去にないかを探して当てはめるものです。
つまり、一度このような判決が出たという事は、今後「テレビは持っていない。でもワンセグ対応のスマートフォンは持っているからとNHKに受信料を支払えと催促されている」人が、いわば「訴えれば勝てる」とアナウンスされたようなものかもしれません。

NHKにも方針がある

このままではNHKの受信料が下がるのは明白です。ましてやテレビを持っていない世帯が増えている以上、今のビジネスモデルでは限界があるのです。
そのため、NHKとしても受信に関するルールを変えてくる事が予想されます。他のビジネスであればお金を取れなくなったら他の方法を模索するしかありませんが、NHKは「それならルールを変えよう」となるのです。
いわば「半国営」のような状況だからこそですが、今後どのように転ぶのかによっては、この判決が「あの裁判のおかげでこんな状況に…」と言われる可能性もあるでしょう。

もちろんまだまだ地裁での判決です。今後NHKが控訴し高裁で争われると思われますが、その結果も含めてNHKが今後どのような手を打ってくるのかは注視しなければならないでしょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

タトゥーは悪いことなのか?入浴を禁止する理由は5つ

英企業が日本で開始する、スポーツ動画配信サービスDAZN(ダ・ゾーン)とは?

関連記事

  1. 2017年用の手帳を選ぼう!おすすめはこれだ!

    2016年も3/4が終わりました。もうすぐお正月です。そんな時期だからこそでしょうか、書店や…

  2. 裁判員制度への参加を辞退したくなる5つの理由とは

    裁判員に選ばれても辞退する人が65%もいる?2016年5月21日の日本経済新聞夕刊、社会面に、…

  3. 自動運転車にも保険適用?交通事故の示談交渉が解決しやすくなるか

    人工知能AIの進化は目覚ましいものがあります。新聞には連日のように関連記事が掲載されています。そこで…

  4. 引越しのコツまとめ

    部屋探しのコツ手っ取り早いお部屋探しは、不動産屋さんに足を運んで、実際に部屋を見てみることです。…

  5. 潔癖症は病気なのでしょうか?5つのチェックポイント

    若い人に潔癖症が増えているみたいです。異性との関係が上手くつかめない?潔癖症が原因かも。他人…

  6. 冷やし中華の謎(第3弾)涼拌麺と冷やし中華は同じなのか?

    今日は、1.近畿では5割以上の人が「冷麺」と呼ぶ冷やし中華の謎!(第1弾)2.冷やし中華の謎…

  7. 台風教室19時間目 台風情報の出されるタイミングを知ろう!

    中心の気圧950hPa、中心付近の最大風速55mという台風18号は、間違いなく猛烈な台風です。でも、…

  8. 出会いがないと嘆く人が「本当に」するべき事

    「出会いがない」と嘆いている人、とても多いのではないでしょうか。5月28日、「Excite」でもその…

最近の記事

  1. 好きなのに価値観が違いすぎる?別れた後で後悔しないために
  2. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
PAGE TOP