menu

70 views

台風教室5時間目 台風のポイントである風速を知ろう!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 64

一難去ってまた一難。台風10号による被災者の捜索活動も終わらないうちに、台風12号が九州に上陸!そして、それが去ったかと思うと、今度は台風13号発生というのですから、大変です。

日本にスーパー台風がやって来るらしい!!

事実、今後日本を襲撃する大型台風の数は益々増えるとの事!昨日9月6日の中日新聞には、それを裏付ける実験結果がアメリカの研究チームによって出された事が報じられています。
なんでも、1977年から2013年までの37年間にフィリピン東方で発生し、北方向に進んだ台風を調べたところ、75%が日本を含む東アジアに上陸!さらに、そのピーク時の風速は、15%も増している、と言うではありませんか!!つまり、台風が強豪化しているという事なのです。
実際、今世紀後半には、中心気圧866hPa、最大瞬間風速80メートルのスーパー台風が日本にも上陸するようになる、という予想が2009年に気象庁と名古屋大学らの研究によって発表されています。確かに、地球温暖化により間違いなく海面温度は上がっている訳ですから、今後大型の台風がバンバン作られても、決して不思議ではないでしょう。

<参考>
台風凶暴化、風速15%増 13年までの37年間で:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)
asahi.com(朝日新聞社):今世紀後半に風速80mの「スーパー台風」来襲予測 – 環境

風の速さ

天気予報を見ていると必ず出て来る風速!特に台風情報においては、その数値も大きく、最も重要視される部分です。

風速とは?

風速とは読んで字のごとく、風の速さです。風とは以前台風教室2時間目 高気圧と低気圧の3つの鍵を知ろう!で勉強したように、空気の集団の動きです。そして、1秒間にどのくらいのスピードで風が動いているかを示したのが、気象情報で出て来る風速!正確には、「m/sメートル毎秒)」という単位で表します。
ただし、一般的には単に「m(メートル)」と表記したり表現したりされる事もあります。なので、風速1m/sもしくは1mとなっていれば、1秒間に1メートルずつ周囲の空気が動いている事になるのです。
ですから、本来風速は至るところで四六時中変化しています。その為、事実上、明確には察知出来ないと言っても過言ではないでしょう。そこで、日本の気象庁では、全国各地に点在する地方気象台・測候所・特別地域気象観測所・アメダス観測所に設置した風速計で、日々0.25秒ごとの風速を測定しています。そして、10分ごとに平均値を求め、その時間のそのエリアの風速としているのです。
この風速計には大きく分けて2種類あります。風車式超音波式です。高台や山の上でくるくる回っている風車を見かければ、その可能性大!基本的に、そこは地上約10メートルの地点になります。
ただし、超高層ビルの建ち並ぶ都心部では、高さ10メートルなんていうのはビルの低層階ですから、風通しが悪く、良好な風速を計測する事が出来ません。そのため、遥か彼方の見上げるような場所に超音波式のものが設置されている事が多いのです。

平均風速と最大風速

ちなみに、午前9時の風速として発表されるのは、午前8時50分からの10分間の平均風速です。単に風速と言えば、自動的に平均風速の事です。ですから、あえてこの10分単位の数値を風速とし、そこから一定枠内の平均風速や最大風速を求める訳です。
例えば、午前8時50分から9時50分までの風速が、
「1m/s→2m/s→3m/s→3m/s→2m/s→1m/s」
と変化したとします。この場合、午前9時から10時までの平均風速は2m/s、最大風速は3m/sとなります。
なお、一般的に風速は、小数点第2位を四捨五入し、0.1m/s単位で示される事が多いです。しかし、気象庁アメダスにおいては、小数第1位を四捨五入して切りのいい数値で表示してあります。

スポンサーリンク

瞬間風速と最大瞬間風速

けれど、風というのは、急に強く吹いたかと思うとピタリと止まったり、安定する事はありません。そこで、こうした風の強弱を風の息と呼びます。また、一定時間内に出る風速の最大値と最小値の差を風の息の大きさと呼びます。そして、この風の息こそが、先の0.25秒ごとの観測値で瞬間風速!さらに、一定時間内の最も高い値が、その時間帯の最大瞬間風速です。

最大瞬間風速の求め方

ただし、最大瞬間風速は、0.25秒ごとの数値だけを見れば一目で分かるというものではありません。なんと、3秒間に該当する0.25秒間隔の測定値12個分の平均を求め、それをその3秒間の最大瞬間風速としなければならないのです。ですから、例えば、とある3秒間の0.25秒ごとの測定値が、
「1m/s→2m/s→3m/s→4m/s→5m/s→6m/s→6m/s→5m/s→4m/s→3m/s→2m/s→1m/s」
だったとすると、文句なしに最大瞬間風速は6m/sとなるかと思いきや、実際には、この合計の測定値42m/sの平均という事で、3.5m/sと、大幅に小さくなってしまうのです。

風速と瞬間風速

とは言え、上記と全く同じ3秒間の風の動きが10分間繰り返されたと仮定した時、風速として出て来る数値は約1.7m/sと、実に穏やかなものです。けれど、実際には、その3倍以上の6m/sという風が頻繁に吹いている事になります。そのため、現実的には、風速として出される風の2倍から3倍程度の強い風が吹く事は決して珍しくないのです。
そこで、風速20m/sと予想された時には、40m/sから60m/sの強風が瞬間的に吹く事も十二分に有り得る、という事を知っておく事は必須!
という事で、これを踏まえ、次は、風の強さと怖さを具体的にお勉強する事にしましょう。

台風教室の記事

以前の記事

続きの記事

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

FDAが抗菌石鹸の販売を禁止?理由は3つ!日本への影響は?

1日1000食売れた伝説の391円オムライスが帰って来た!阪神百貨店、阪神バルまつり

関連記事

  1. 取扱いに注意!忖度とは何か?問題点を整理します

    2017年流行語大賞の本命とも言えそうな言葉、それは「忖度(そんたく)」でしょう。だれが言い出したの…

  2. 2016東京ディズニーランドシーのクリスマス情報!クリスマス・ウ…

    東京ディズニーシーでは2016年11月8日から12月25日まで、クリスマス・ウィッシュと題し、園内で…

  3. 朝食を食べるべきか否か?それぞれ3つの理由があります

    巷には様々な健康法が氾濫しています。それぞれを医者の立場から解説しているので厄介です。医療不…

  4. デフレの原因は生産性の低さ?理由は3つあるようです

    日本人は勤勉!世界第三位の経済大国!これらが勘違いや思い込みだったら、どうしますか。日本のサービス産…

  5. 2017年の気になるおせち 老舗百貨店の1万円代おせち おすすめ…

    老舗百貨店の気になる1万円代おせち、まだまだあります。特に三越伊勢丹グループには、それぞれが誇る絶品…

  6. 同居問題のまとめ

    同居のメリット同居するのではなかったと後悔の声も多い、義父母との同居。けれど、実はメリッ…

  7. 台風教室4時間目 台風の渦の秘密を知ろう!

    今年は台風が来ない来ないと言われていましたが、とんでもない!お盆明けから今日までの2週間ほどの間に、…

  8. 夏に気を付けたい!足のむくみと脱水症状の関係

    気象庁の発表によれば2016年は猛暑の予定です。脱水症状には気を付けたいですね。それと併せて…

最近の記事

amazon

PAGE TOP