menu

59 views

台風教室8時間目 台風の勢力を知ろう!

この記事の所要時間: 621

いよいよ明日からシルバーウィークが始まります。とは言え、今年は暦の並びも天候も、今一つパッとしない様子! 特にまたまたやって来る台風のお陰で、行楽の予定どころか、日常生活まで脅かされそうです。

スポンサーリンク

台風16号は強い台風でも、大きくはない?

ところで、しきりと「強い台風」と言われる今回の台風16号ですが、不思議な事に「大きい」、「大型の」とは全く言われません。強い台風イコール大きい台風、というイメージをお持ちの方には、少々物足りないのではないでしょうか?さらに、「大型で強い台風」というのはよく耳にするものの、「小型で強い台風」とか、「中型で弱い台風」というのも聞きませんよねぇ…?
でも、これにはちゃんと理由があるんです。という事で、今日は台風の勢力の表し方をお勉強しましょう。

台風の勢力はこうして決まる

天気予報を見ても分かるように、台風に関する情報は、常に中心位置・最大風速・中心気圧、暴風域半径・強風域半径などを見当した上で発信されます。そのため、発信元には必ず、こうしたデータを収集した「台風諸元(たいふうしょげん」が存在している訳です。
とは言え、やっぱり台風と呼ばれるだけに、その強度は風の強さで決まる、と言って過言ではないでしょう。

台風の強さは風速で決まる!

そこで、この風速による台風の階級は、世界共通の基準として、WMOこと世界気象機関が明確に定めています。そして、それは、中心付近の10分間の最大風速で決まります。

  • 風速17.2m/s未満・・・熱帯低気圧(Tropical Depression)
  • 風速17.2m/s以上24.5m/s未満・・・弱い台風(Tropical Storm)
  • 風速24.6m/s以上32.6m/s未満・・・並の強さの台風(Severe Tropical Storm)
  • 風速32.7m/s以上43.7m/s未満・・・強い台風(Typhoon)
  • 風速43.7m/s以上54.0m/s未満・・・非常に強い台風(Typhoon)
  • 風速54.0m/s以上105m/s未満・・・猛烈な強さの台風(Typhoon)

台風の大きさは強風域で決まる!

一方、台風の大きさは、10分間の平均風速が15m/s以上の地域が中心部から半径何キロ程度広がっているか、で決まります。つまり、強風域の広い台風イコール、大きな台風という訳です。

  • 半径200km未満・・・超小型(ごく小さい台風)
  • 半径200km以上300km未満・・・小型(小さい台風)
  • 半径300km以上500km未満・・・中型(並の大きさの台風)
  • 半径500km以上800km未満・・・大型(大きな台風)
  • 半径800km以上・・・超大型(非常に大きい台風)

日本の台風の勢力

こうして見ると、間違いなく、弱い台風や並の強さの台風もあれば、小さい台風や中型の台風というのはあります。まあ当たり前と言えば当たり前でしょう。
そこで、大型の弱い台風や小型の強い台風というのがあっても、決して不思議ではありません。実際、昔はよく、「中型で並の強さの台風」などという表現を耳にしたものです。

弱い台風や並の台風がなくなった!

ところが、上記のようなレベルの組み合わせでは、ごく小さい弱い台風、というのもやって来る訳です。
それでも、風速17.2m/sの世界は、台風教室7時間目 日本の風の強さを知ろう!で学んだ通り、決して嘗めてはいけない世界です。
しかし、ごく小さい台風と言われても、聞いている側にはその危険性が伝わりませんでした。結果、危機感が薄まり、レジャー中の水難事故や避難の遅れなどが相次ぎました。結果、数多くの人が死傷する事態を回避するのは困難だったのです。
そこで、20世紀末に台風の強さが誤解されないように表現が見直されました。つまり、2000年6月1日以降、「弱い」「小さい」「小型」「中型」「並」という表現は使わない、と改められたのです。
加えて、さらに分かりやすくするために、風速17.2m/s以上33m/s未満の範囲は全部まとめてズバリ、台風!と呼ぶことになりました。
そして、それを基準に、

スポンサーリンク
  • 風速17.2m/s以上33m/s未満・・・台風
  • 風速33m/s以上44m/s未満・・・「強い台風
  • 風速44m/s以上54m/s未満・・・非常に強い台風
  • 風速54m/s以上・・・猛烈な台風

という4段階に区分されました。

小さい台風や並の大きさの台風もなくなった!

また、大きさについても、強風域が半径500km未満の場合には、あえて明確にしないのが賢明と判断!!

  • 半径500km以上800km未満・・・大型(大きな台風)
  • 半径800km以上・・・超大型(非常に大きい台風)

の2段階のみと定めました。

今時の台風の勢力

以上が、「小型で強い台風」や「中型で弱い台風」、あるいは、「大型で並の強さの台風」という表現を耳にしなくなった理由です。
ならば、強風域の半径が500kmに達していない場合にはどうするのでしょうか。何の事ない、大きさを明確にせず、強さだけを伝えます。さらに、強風域が500km未満で且つ、風速33m/s未満の場合には、台風の一言で表されてしまうのです。
例えば、今回の台風16号は、中心付近の最大風速が40m/sであるため、強い台風である事は間違いないものの、強風域の半径は最大でも330kmしかありません。そこで、「強い台風」と言っている訳です。
ちなみに、暴風域とは、風速25m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性のある範囲で、円形で囲われた地域全てが該当します。とは言え、例えその枠からは外れていても、台風の渦の中に入っていれば油断禁物!
加えて、半径330kmと言っても、直径にすれば、その2倍になります。名古屋あたりに中心があれば、本州の広い範囲が強風域という事になります。
それを考えると、やはりシルバーウィークのレジャーは、十二分に気を付けなければいけないと言えるでしょう。

台風教室の記事

以前の記事

続きの記事

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

秋の夜長は読書をしよう!おすすめは7冊のSF小説です

三菱自動車がまたしても…もうどうにもならないのか!?

関連記事

  1. ビール好きの人たちへ、5つの朗報があります

    夏日を上回る毎日が続いています。そろそろビールが美味しい季節ですね。もちろんビール好きの人に…

  2. 神戸でバウムクーヘンの3つの疑問を解明しよう!

    日本では、めでたい洋菓子として、長寿のお祝いや結婚式の引き出物にも頻繁に登場するバウムクーヘン! 素…

  3. 結婚4周年の記念日は花婚式!愛する妻を喜ばせるには?

    世のご主人方にお聞きします!結婚記念日を何年目くらいまで覚えていましたか?いきなり痛いところ…

  4. 2016東京ディズニーランドシーのクリスマス情報!クリスマス・ウ…

    東京ディズニーシーでは2016年11月8日から12月25日まで、クリスマス・ウィッシュと題し、園内で…

  5. ギネス認定の世界一長い茶団子誕生!

    この度、茶所として名高い京都府宇治市に、ギネス認定の世界一長い茶団子が登場しました。なんと、その全長…

  6. 不倫のまとめ

    不倫とはドラマなどでも馴染みの深い「不倫」。意外と身近に感じている人も多く、相談の多いキーワ…

  7. なぜSMAPがここまで偉大な存在になったのか

    1月13日、SMAPの解散が一斉に報道されました。スポーツ新聞によってのスクープかと思いきや、週刊誌…

  8. 2017年の気になるおせち 老舗百貨店の3万円以上おせち おすす…

    これまでの記事から、・老舗百貨店のおせちだから特別高価という訳ではない・百貨店ならではの様々…

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP