menu

87 views

三菱自動車がまたしても…もうどうにもならないのか!?

この記事の所要時間: 29

まだまだ記憶に新しい三菱自動車の燃費不正問題。まだまだほとぼりが冷めやらぬ16日、新たな問題が生じました。
不正問題を受け、燃費データの再測定を指示されていたのですが、その再測定でも不正を行ったとのこと。
これではまさに暖簾に腕押し。もはや三菱自動車は一体何を求めているのかさえ分からない状況となってきました。

スポンサーリンク

なぜ不正が起きるのか

「またか」「何をしているんだ」といった感情論を抜きに、一体なぜこのような事態が起こってしまったのか。
分かりやすく言えば、カンニング(不正)がバレてもう一度テスト、と言われた再試験で更にカンニングを行ったようなものです。
絶句という表現でさえ生ぬるい問題ですが、どうして何度もこのような問題が起きたのかといえば、客観的に考えられるのは二つです。

不正をしろ、という上からの圧力に逆らえない

まずは単純に上からの圧力
本部なり上層部から「何とかしろ」との指示が来たら現場の人間は上の指示に従うしかありません。悪いことだと分かっていたとしても、法律よりも上層部の意向の方が強い会社だったのでしょう。そのため、不正をしたくなくても、上層部の指示なので結局は従わなければならないのです。

スポンサーリンク

もはや、何が全うな検査なのか正しいルールがわからない

もう一つまことしやかに囁かれているのが、不正が当たり前となっていたので、どのような調査がまっとうなものなのか忘れていたという説。
確かに不正を繰り返していた三菱自動車は、もはや何がルールなのかが良く分かっていない状況だったのも十分に考えられるでしょう。
不正そのものが当たり前になっていたため、それが社内では「当たり前」であって、いきなり「それは不正だからしっかりとやり直せ」と言われても、そもそも正しい方法が分からないか、あるいは正しい方法を行うための環境がない可能性さえあるのです。

前代未聞の再測定での不正

文字通り前代未聞ですが、三菱自動車が如何に問題のある自動車会社だったのかが更に浮彫になりました。
一応日産の子会社になることが決定し、新しい一歩を踏み出しつつありますが日産側としても「まさかここまで…」という気持ちも出てきているかもしれません。
三菱グループは日本を代表する巨大企業です。その奢りもあるのでしょう。役人などいくらでも誤魔化せるとの気持ちもあったのかもしれませんが、もはやそのような威光が通用する時代ではなくなっているのです。

今回の件を受け、ここまで三菱自動車が腐敗していたのかと改めて気付かされた人も多いかもしれませんね…。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

台風教室8時間目 台風の勢力を知ろう!

台風教室9時間目 台風の一生と命名方法を知ろう!

関連記事

  1. 初詣にお勧め!都七福神物語その2 京都の七福神たち!

    初詣にお勧め!都七福神物語1 七福神とは?に続く七福神のお話。第2回は、7人の神様のプロフィールと、…

  2. 三菱自動車が日産の傘下に…今後どうなる?

    5月12日の一部報道によると、燃費不正問題に揺れている三菱自動車は日産の傘下に入るとの事。この展開は…

  3. 8月16日は京都五山送り火です(最終回) 妙法の秘密

    『京都五山送り火』のご紹介、最終回は、前回の8月16日は京都五山送り火です(第2回)各送り火の紹介で…

  4. 【夜桜編】2017年はこれで決まり!ラクラク花見を実現する、京都…

    以前、2017年はこれで決まり!ラクラク花見を実現する、京都定期観光バス教えます!!で、お弁当持参で…

  5. 【ネタバレあり】ミュージカル刀剣乱舞 真剣乱舞祭!【第三回】

    いつもと違うペアで歌う新選組+蜂須賀虎徹三日月宗近が出した舞の試練では、ソロパートとデュエットパ…

  6. 特別仕様車…ってなんか意味あるの?その意味を5つの角度から検証す…

    5月10日、トヨタのカローラフィルダー、スバルのXVから、そして翌5月11日には日産のノートから特別…

  7. iPhone7の噂が徐々に出てきましたが・・・

    秋に発売されるだろうと言われているiPhone7ですが、そろそろ「カウントダウン」に入ったのかもしれ…

  8. 私だけが知っている日産リーフ

    100%電気でだけで走る車最近、街中を運転していると、よく電気自動車を見かける様になったと思いま…

最近の記事

  1. 子どもを追い詰めてはいけない理由。逃げ場を与える怒り方の必要性

amazon

PAGE TOP