menu

80 views

三菱自動車がまたしても…もうどうにもならないのか!?

この記事の所要時間: 29

まだまだ記憶に新しい三菱自動車の燃費不正問題。まだまだほとぼりが冷めやらぬ16日、新たな問題が生じました。
不正問題を受け、燃費データの再測定を指示されていたのですが、その再測定でも不正を行ったとのこと。
これではまさに暖簾に腕押し。もはや三菱自動車は一体何を求めているのかさえ分からない状況となってきました。

スポンサーリンク

なぜ不正が起きるのか

「またか」「何をしているんだ」といった感情論を抜きに、一体なぜこのような事態が起こってしまったのか。
分かりやすく言えば、カンニング(不正)がバレてもう一度テスト、と言われた再試験で更にカンニングを行ったようなものです。
絶句という表現でさえ生ぬるい問題ですが、どうして何度もこのような問題が起きたのかといえば、客観的に考えられるのは二つです。

不正をしろ、という上からの圧力に逆らえない

まずは単純に上からの圧力
本部なり上層部から「何とかしろ」との指示が来たら現場の人間は上の指示に従うしかありません。悪いことだと分かっていたとしても、法律よりも上層部の意向の方が強い会社だったのでしょう。そのため、不正をしたくなくても、上層部の指示なので結局は従わなければならないのです。

スポンサーリンク

もはや、何が全うな検査なのか正しいルールがわからない

もう一つまことしやかに囁かれているのが、不正が当たり前となっていたので、どのような調査がまっとうなものなのか忘れていたという説。
確かに不正を繰り返していた三菱自動車は、もはや何がルールなのかが良く分かっていない状況だったのも十分に考えられるでしょう。
不正そのものが当たり前になっていたため、それが社内では「当たり前」であって、いきなり「それは不正だからしっかりとやり直せ」と言われても、そもそも正しい方法が分からないか、あるいは正しい方法を行うための環境がない可能性さえあるのです。

前代未聞の再測定での不正

文字通り前代未聞ですが、三菱自動車が如何に問題のある自動車会社だったのかが更に浮彫になりました。
一応日産の子会社になることが決定し、新しい一歩を踏み出しつつありますが日産側としても「まさかここまで…」という気持ちも出てきているかもしれません。
三菱グループは日本を代表する巨大企業です。その奢りもあるのでしょう。役人などいくらでも誤魔化せるとの気持ちもあったのかもしれませんが、もはやそのような威光が通用する時代ではなくなっているのです。

今回の件を受け、ここまで三菱自動車が腐敗していたのかと改めて気付かされた人も多いかもしれませんね…。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

台風教室8時間目 台風の勢力を知ろう!

台風教室9時間目 台風の一生と命名方法を知ろう!

関連記事

  1. auの本命?5月31日に発表会があるようです

    5月10日、夏の新機種としてauはXperiaとGalaxyを発表。後を追うかのようにDoCoMoと…

  2. 2016秋の京都ライトアップ情報その7 京都駅周辺の見所と巡り方…

    秋の京都ライトアップ情報、洛東→洛西→洛北と来れば、取り敢えず残りは洛南だけです。た…

  3. 2016秋の京都ライトアップ情報その12 ドライブデートにお勧め…

    秋の京都市内は、どこもかしこも渋滞だらけ!ですが、やっぱりカップルとしては車で来たいところでしょう。…

  4. 【ネタバレあり】ミュージカル刀剣乱舞 阿津賀志山異聞 第二回

    今回は本公演であるミュージカル刀剣乱舞のストーリーについて紹介したいと思います。第一回はこちらから。…

  5. 2016秋の京都ライトアップ情報その4 嵯峨・嵐山地区の見所と巡…

    京都の紅葉スポットとして、洛東こと東山地区と同じくらい人気が高いのが、洛西こと西山地区です。という事…

  6. アラバマリグで海釣り

    釣りにおいて針を多くすればヒットする確率は高まりますが、逆に複数の針が勝手に水に流されて絡まったり根…

  7. 「レヴェナント 蘇りし者」~知られざる撮影秘話~

    日本公開日が4月22日に迫る「レヴェナント 蘇りし者」。この映画で主演のレオナルド・ディカプ…

  8. 初詣にお勧め!都七福神物語その1 七福神とは?

    いつの時代も、日本で信仰されている神様の中で、おめでたさではトップクラスを誇る七福神!良い初夢を見る…

最近の記事

  1. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP