menu

51 views

台風教室11時間目 台風に大雨は付きものである事を知ろう!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 54

台風はあくまでも、暖気のみで形成された熱帯低気圧のうち、10分間の最大風速が17.2m/sを超えるものです。そのため、風力が弱まれば熱帯低気圧に、寒気が入り込めば温帯低気圧に変わります。いずれにせよ、台風という2文字が消えた事により、ついつい安心してしまいがちですが、油断は禁物。その一瞬の気の緩みが、大きな被害をもたらす事も十二分に考えられるのです。

台風と雨の関係

台風というのは、正しく風が主役の気象現象です。しかし、必ずと言っていいほど雨も付随します。中には、風はさほどでもないのに、大雨をもたらす雨台風と呼ばれる台風まであるくらいです。

地雨と驟雨

そもそも雨を降らせる雨雲は、大きく分けて2種類あります。それが、層状雲(そうじょううん)と対流雲(たいりゅううん)です。梅雨や秋雨のように、地味に鬱陶しく長々と雨を降らせるのが層状雲です。一方、夕立やゲリラ雷雨のように、派手に瞬間的に雨を降らせるのが対流雲です。専門的には、前者のような一定の強さで持続的に降る雨を地雨(じあめ)、後者のような一定の時間内に大量に降る雨を驟雨(しゅうう)と呼びます。そして、積乱雲は驟雨を齎す対流雲の代表格です。
ちなみに、地雨は、雨量強度が一様で地域的にも降り方に偏りの少ない雨、というのが気象庁の定義!それに対し、驟雨は急に雨足が強まったり弱まったりします。また、突然降って突然上がるなど、雨の分布を見ても変化に飛んでいて、散発的であるのが最大の特徴です。そこで、特に短時間でやむような一過性のものは、「俄雨(にわかあめ)」と呼んでいます。そして、その積乱雲の連続発生による驟雨の連発が台風なのです。

台風に雨は付きもの!

となると、台風は、短時間に局地的な大雨が降って当たり前なのです。
実際、台風の画像を見ると、中心部には隙間もないほど積乱雲が詰め込まれていて、外側にまではみ出しているではありませんか!!このはみ出したところで渦を巻いている雲集団を降雨帯(こううたい)と呼びます。降雨帯は時に長さが600kmにも及ぶ事があります。断続的な激しい雨を降らせる上、竜巻まで発生させる事があるのですから侮れません。
さらに、勿論台風の目の周りは、壁のように覆う発達した積乱雲によって、猛烈な暴風雨!加えて、その目の壁のすぐ側を濃密な積乱雲が埋め尽くしていて、激しい雨が降り続いている!!これがオーソドックスな台風のパターンです。

「雨台風」とは?

また、近くに台風教室10時間目 台風と前線と温帯低気圧の関係を知ろう!で出て来た停滞前線があったら大変です。台風から流れる暖かい空気が前線をあおり、益々南軍と北軍のガチンコの戦いを活発にします。そのため、台風から離れたところでも、大雨が降る事は珍しくありません。
そこで、台風教室8時間目 台風の勢力を知ろう!で出て来た、ごく弱い台風や弱い台風になると、風は大した事なくても、雨だけは大量に降るという事があります。あるいは、ごく小さい台風や小さい台風であっても、広い範囲で断続的な雨が降る事も十分有り得るのです。
このような、風は大した事がないが豪雨をもたらす、許容範囲を超える降雨量によって大きな被害が出る、という台風を人は雨台風と呼びます。

スポンサーリンク

熱帯低気圧になっても温帯低気圧になっても油断禁物

積乱雲がなければ熱帯低気圧は作られません。なので、熱帯低気圧がなければ台風は出来ません。それを考えると、台風に雨は付きもので、その原型である熱帯低気圧も同様です。台風14号のように、単に風速のみが衰えたために格下げされてしまった熱帯低気圧は、今後、大雨に十二分に気を付ける必要性大でしょう。

温帯低気圧こそ危険

ならば、寒気が入り込んで温帯低気圧になった場合には安心なのか?いいえ、決してそんな事はありません。むしろ、こちらの方が、大きな災害を引き起こす可能性大なのです。
何しろ、台風が温帯低気圧に変化したという事は、そこに停滞前線があったからこその事!そして、それは先述の通り、台風から流れて来る熱風にあおられ、目一杯活発に活動しています。それは、長時間に渡って雨が降り続いていたことを意味します。ならば、そのエリアには、すでに増水している川や地盤の緩んでいる山が至るところに存在するでしょう。そこに、台風崩れの集団がさらに多くの雨を降らせるのです。これは非常に危険ですよね。
このシルバーウィーク、山や河川敷でキャンプやバーベキューを予定されておられる方は多いかと思いますが、くれぐれも無理と無茶をしないように、気象情報と現地の人の指示を重視して下さいね。

台風教室の記事

以前の記事

  • 台風教室2時間目 高気圧と低気圧の3つの鍵を知ろう!
  • 台風教室3時間目 台風のベースである熱帯低気圧を知ろう!
  • 台風教室4時間目 台風の渦の秘密を知ろう!
  • 台風教室5時間目 台風のポイントである風速を知ろう!
  • 台風教室6時間目 ビューフォート風力階級を知ろう!
  • 台風教室7時間目 日本の風の強さを知ろう!
  • 台風教室8時間目 台風の勢力を知ろう!
  • 台風教室9時間目 台風の一生と命名方法を知ろう!
  • 台風教室10時間目 台風と前線と温帯低気圧の関係を知ろう!
  • 続きの記事

    スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.
    yamamoto
    yamamoto
    著者取材ブログ当サイト記事
    おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

    台風教室10時間目 台風と前線と温帯低気圧の関係を知ろう!

    お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?(PART1)

    関連記事

    1. 電力自由化でも垣間見る地方と首都圏の差

      電力自由化から一か月が過ぎました。様々な媒体でアンケート等が行われています。例えば「クリエイティブジ…

    2. 北陸新幹線の誘致で熾烈な争いが展開されているのをご存知ですか?

      以前の富山や金沢は観光資源の多いエリアでしたがアクセスが良くありませんでした。特に富山は陸の孤島と揶…

    3. 欅坂46がここまで大きな注目を集めている理由にせまる

      かねてから話題になっていた欅坂46。「乃木坂46の妹」という公式設定でメンバー募集が始まり、4月6日…

    4. 神ってる!新語流行語大賞発表!…そもそも選考基準何なのか?

      いよいよ2016年も残すところあと一か月を切りました。様々な所から年末ムードが感じられるようになった…

    5. 常に子どもに「なぜ?」の疑問を持たせると良い理由

      常に子どもに「なぜ?」の疑問を持たせると良い理由

      私は昔から、通常では疑問に思わないことまで、考えてしまう事があります。友人に訪ねても、常に「…

    6. 「なんとなくしんどい」と思ったらチェックする3点

      私たちが思っている以上に、心は心単体では存在していません。心は、身体と脳とで作られているといって…

    7. 通勤ラッシュ時の女性専用車両にある意外な利点とは

      通勤ラッシュ時の女性専用車両は当たり前になりました。混雑する時間帯であれば、アナウンスもあるので…

    8. 台風教室3時間目 台風のベースである熱帯低気圧を知ろう!

      昨日から今日に掛けては、テレビのニュースを付ければ、必ずトップで報道されるのが台風12号の状況!…

    最近の記事

    amazon

    PAGE TOP