menu

280 views

また!?iPhone7が品薄になっている理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 212

9月17日、iPhone7が発売されました。待ち焦がれていた人も多いのではないでしょうか。
3月はSEという、いわば改良版でした。ですが、今回は新しいiPhoneです。防水や電子マネーといった日本人にとってはありがたい機能も多数付帯されています。
発売前は「あまり売れないのではないか」という声もありましたが、蓋を開けてみれば人気が高まっています。
一方では電子マネーを搭載したことによって、背面に総務省指定の印字が入りました。ネット上では「ダサい」「デザインが台無し」といった意見が出ました。この件は、9月20日には高市総務相が改善を考えている、と発言するまでの騒動となりました。
さて、iPhone7の品薄状態が続いています。店舗では、予約していない人は入手が一か月ほど先になる所もあるそうです。
一体なぜここまでiPhone7の人気が高まっているのでしょうか。

単純に「新型」だから

スマートフォンは現代社会にとってマストアイテムです。どのようなモデルであれ新型であればそれなりに売れるものです。
まだまだ発売から数日です。むしろ、このタイミングで売れていないようであれば、iPhone人気に陰りが見えていると言わざるを得ません。
また、発売後数日であれば、XperiaやGalaxyであっても予約なしでの入手は難しいでしょうし、同じ事と言えます。

スポンサーリンク

防水や電子マネーなど日本に寄せたから

iPhoneを発売しているappleは言うまでもなくアメリカの企業です。そのため、これまではいわばappleに合わせろというスタンスでした。
ですが、iPhoneは売上が減少傾向にあります。日本では未だ人気を博していますが、世界的にみるとAndroidにシェアを奪われつつあります。
また、単純に普及期が終わり、以前と比べてどうしても出荷台数は落ちてしまいます。しかし、だからといって売り上げ減少をただ見ているだけでは売上は回復しません。
そこで、iPhone7には世界的にもiPhoneシェア大国である、日本ユーザーから切望されていた防水電子マネーを搭載。Androidでは既に当たり前のこれらの機能が、iPhoneに搭載されたことで、それを心待ちにしていた人にとっては、まさに「ようやく登場したiPhone」でしょう。

登場前の段階ではそこまでスペックに変化がない点や、次のモデルこそiPhoneが大きな攻めに出る、といった憶測があり、あまり売れないのではないかといった声もありました。しかし、蓋を開けてみれば、やはりiPhoneの人気は健在、と言わざるを得ません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

体外受精児が5万人!しかし胚培養士さん次第でもある

国がサイバー防衛専門家の育成を本格的に進めるようです

関連記事

  1. ナイジェリアに敗北…サッカー五輪代表の5-4での敗戦が意味するも…

    日本時間の8月5日午前。リオデジャネイロ五輪のサッカーのグループ予選が開催されました。リオデジャ…

  2. NHKで紹介されました!公共放送なのに宣伝してよいのか

    NHKは公共放送?国営放送!事実上の民間企業ではないのか。公正中立な報道をしているのか?…

  3. 【ネタバレあり】眠れぬ夜のホンキートンクブルース 大千秋楽 第一…

    シリーズ物ですが、今回初めて観劇しました。山田邦子さんや、アナと雪の女王でハンス王子を演じた津田英佑…

  4. デジタルチューニングは本当に便利なのか?信用してよいのか

    新しいラジカセ(死語?)を買おうとすると、ラジオのチューニング部分がデジタル化されています。…

  5. 2016秋の京都ライトアップ情報その8 秀吉や小町の愛した紅葉ス…

    秋の京都ライトアップ情報、前回の2016秋の京都ライトアップ情報その7 京都駅周辺の見所と巡り方で書…

  6. 阪急交通社の夢組で先行予約

    阪急交通社の夢組?まさしく夢を与えてくれそうなネーミングです。しかし宝塚に夢組がある?…

  7. 【関西発】プレミアムフライデーに楽しむ旅行プラン5つ(前編)

    前回は、2度目のプレミアムフライデーとなる3月31日の夜の小旅行に最適な、京都観光(夜桜・夜景)をご…

  8. 2016秋の京都ライトアップ情報その1 夜の紅葉スポットを上手に…

    秋と言えば紅葉!紅葉と言えば京都!京都の秋の紅葉と言えばライトアップ(夜間拝観)!!という事で、…

最近の記事

  1. SOSサイン!?「ママ嫌い!」という子どもの本当の想いと最善の対処法

amazon

PAGE TOP