menu

38 views

台風教室14時間目 降水量の鍵を握る、一定時間内を知ろう!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 548

前回、台風教室13時間目 台風情報には欠かせない「雨量」を知ろう!という事で、「雨量」とは、降水量の一種である事、降水量は一定時間内に天から地表に降る雨や雪、霙・霰・雹の量である、という事を学びました。そして、この降水量は、アメダスを構成する鹿威しの仕掛けを使った雨量計で、0.5mm単位で計測されるんでしたね。

降水量の一定時間内とは?

ならば、天気予報に出て来る降水量の一定時間内とは、いつからいつまでなの?
という事になりますが、これぞ正しく任意の時間帯だと言うよりないでしょう。あくまでも、観測時間までの一定時間内に降った雨や雪や雹などの量です。

日降水量と時間降水量

ただし、時間降水量日降水量など、基本的な時間枠は、各観測機関において存在しています。例えば、気象庁の場合だと、午前0時00分から午後12時00分までの24時間に降った雨の量が日降水量です。けれど、民間の気象予報会社では、午前9時00分から翌日の午前9時00分までの24時間に降った雨を日降水量とするところも少なくありません。テレビの天気予報で、「昨日の午前9時から今日の午前9時までに降った雨の量は100mm」とか、「今日の午前9時から明日の午前9時までに降ると予想される雨の量は100mm」などという表現をされるのは、そのためです。
一方、時間降水量というのは、1時間に降った雨の量の事!こちらは官民問わず、午前0時から午前1時までのように、毎時00分を起点にした正時1時間降水量を使用するのが一般的です。例えばアメダスの場合、午前1時の降水量は、午前0時00分から午前1時00分までの1時間に降った雨や雪の量という事になります。

日降水量と24時間降水量

さらに、もっと細かく区切った10分間降水量もあります。こちらは言うまでもなく、ある時刻から10分間に降った雨の量です。そして、毎時00分・10分・20分・30分・40分・50分のいずれかを起点にした降水量を正時10分間降水量と言います。
という事で、時間降水量や10分間降水量を見れば、最大日降水量や最大時間降水量を求める事が出来ます。

24時間降水量とは?

ところが、夕刻から翌日の昼に掛けて激しい雨が降った場合、気象庁の日降水量発表だと、日付が変わった時点でそれまでの降水量は前日のものになるので、当日分には反映されません。
例えば、9月19日の午前0時から午後4時までは雨が全く降らなかったのに、その後毎時20mmの雨が9月20日の正午まで降り続いたとします。そして、その後に再び降水0となった場合、9月19日の日降水量は、午後4時から深夜0時までに観測された8時間分という事で、20×8=160mmとなる訳です。
一方、9月20日の日降水量は、午前0時から正午までの12時間に降り続いた分という事になりますから、20×12=240mmです。
しかし、現実には、20時間でトータル400mmの雨が降っている訳で、これは東京で1ヶ月に降る平均的な雨量に相当します。つまり、1ヶ月掛けてぼちぼち降るはずの雨が、一気にドバーっと降った訳ですから、河川の氾濫や土砂災害は十二分に危惧されるでしょう。そこで、こうした真実味に欠ける情報発信を防ぐべく、必要に応じて都度、任意で時間枠指定の出来る24時間降水量が用意されているのです。
これを使用すると、先のような場合、9月19日の午後4時から9月20日の午後4時までの24時間降水量が設定出来ます。そして、その降水量は20×20時間=400mmと発表出来る訳です。

時間降水量と1時間降水量

また、時間降水量についても同様に、任意の1時間降水量が完備されています。

スポンサーリンク

1時間降水量とは?

例えば、午前9時から10時までの10分間降水量が、
「0mm→0mm→0mm→5mm→5mm→10mm」で、
午前10時から11時までの10分間降水量が、
「15mm→10mm→5mm→0mm→0mm→0mm」
と変化したとします。
従来の時間降水量では、9時から10時に降った雨は20mmです。以前台風教室12時間目 雨の強さのレベルを知ろう!で学んだように、ザーザー降る雨というレベルですから、誰も警戒しません。また、10時から11時までの雨量も30mmなので、土砂降りの雨ではありますが、やはり警戒や避難には及ばないでしょう。
けれど、10時30分から11時30分までの1時間枠となると、50mmの雨が降っている訳で、これはもはやゴーゴーと降る雨!多数の建物浸水や河川の氾濫、そして、土砂災害が危惧されます。間違いなく、避難勧告が出される事でしょう。
そこで、この枠を任意の1時間降水量として設定し、発表する事にしているのです。

最も重要なのは1時間降水量

このように、降水量の一定時間内というのは、正しくケースバイケースで変化します。
そのため、同じ日でも、日降水量より24時間降水量の方が数字が大きいという事はしばしば!さらに、最大1時間降水量が日降水量を上回る事もよくあります。
特に、台風やゲリラ雷雨の襲撃を受ける事が増えた日本では、まずは1時間降水量、次に24時間降水量が非常に重要だと言えるでしょう。実際、気象庁では、注意報や警報を出すに当たって一番の目安にしているのは、最大1時間降水量です。勿論、自治体が出す避難指示についても同様!
という事で、次回は、そうした警報や注意報、さらに、避難指示について学習しましょう。

台風教室の記事

以前の記事

続きの記事

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

台風教室13時間目 台風情報には欠かせない、雨量を知ろう!

地下水とは何か?溜まる仕組み、利用法、問題点を知ろう

関連記事

  1. 少子化の原因は男にあった?不妊とEDとの意外な関係

    子供が欲しいけど妊娠できない!若いカップルでも少なくないようです。もちろん当人にとっては…

  2. 男女のトラブルまとめ

    優良な結婚相談所の見つけ方結婚相談所のトラブルと言って、多くの方が上げられるのが、高いお…

  3. 新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑うまで

    新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑う…

    生まれたばかりの新生児に「可愛いね~。」と話しかけると笑ったり、眠りながら微笑んだりします。…

  4. 空室率が増えている背景にあるのは…?

    5月31日の日本経済新聞の報道によると、首都圏のアパート空室率が悪化しているとの事。不動産調査会社・…

  5. 梅干しの苦手克服法はこれ!

    日本人である以上、是非とも食べていただきたい物の一つに梅干しがあります。栄養満点で、疲労回復や様…

  6. デフレの原因は生産性の低さ?理由は3つあるようです

    日本人は勤勉!世界第三位の経済大国!これらが勘違いや思い込みだったら、どうしますか。日本のサービス産…

  7. 明日大切なプレゼンなのに喉が痛い!5つの即効的な解決法とは

    明日大切なプレゼンなのに喉が痛くなってきた!困りましたね。どうすればよいのでしょうか。仕事を…

  8. 通勤ラッシュ時の女性専用車両にある意外な利点とは

    通勤ラッシュ時の女性専用車両は当たり前になりました。混雑する時間帯であれば、アナウンスもあるので…

最近の記事

  1. 子どもに何でも一生懸命して欲しい!最も有効なことは【やる気】と【記憶】
  2. もっと頑張らせたい!誰の判断?【努力していないように見える子ども】
  3. 子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事

amazon

PAGE TOP