menu

41 views

台風教室16時間目 注意報・警報の出される時と場所を知ろう!

この記事の所要時間: 630

またまた近付いて来た強い台風!これまで散々痛めつけられた日本列島には、もはや、いつ、大雨や暴風で大規模災害が起っても不思議ではない場所が多数点在している事でしょう。

スポンサーリンク

そこで、そうした被害から身を守るためには、注意報や警報により敏感になる必要があります。今日は注意報や警報が、いつ・どこで・誰によって発令されるのかをお勉強しましょう。

注意報や警報は、いつ出される?

まずは、注意報や警報がいつ出されるのかというのが、一つの重要なポイントになります。言うまでもなく、事後報告では何の役にも立ちません。

注意報や警報の出されるタイミング

そこで気象庁では、風や雨が強まると言った現象が予想される場合、直ちに注意報や警報を出すタイミングを計ります。

とは言え、むやみやたらに発すれば、混乱を招く上、オオカミ少年にもなりかねません。そのため、注意報や警報レベルに達する事が予測される時間帯が極力明確になったところで発表されています。

という事で、注意報は、早ければ予測時間の6時間程前に出されますが、警報は、ぎりぎりに出される事もあります。なお、概ね3時間程度前までには注意報もしくは警報を出したいというのが気象庁の努力目標です。

リードタイムを知っていますか?

注意報が出ているのに、一向に雨も降らない、風も吹かない事がある理由は、先のような事情があったからです。でも、気象庁は危険を察知しているという事を把握しておく事が大事でしょう。

その事が実証されるのがリードタイムです。リードタイムとは、予め注意報として警告を促し、後に警報に切り替える警戒猶予時間の事!主に、夜間に用いられます。

実際、深夜~明け方の大雨や暴風で避難が遅れ、命を落とす人は後を絶ちません。そこで、早朝までに警報に切り替わる可能性があるレベルの天候には、夜半までに注意報を出だします。そして、切り替わる可能性をを明示する事にしているのです。

もちろん、危険な状況にある事が自治体などに伝わって、住民らの避難行動を取るまでに要する時間を考慮した上での運用です。しかし、私たち一人一人がリードタイムの存在を知っておく事も防災における重要なポイントになるでしょう。

突然の豪雨は予想困難

それでも、昨今多発するゲリラ豪雨のように、突然襲ってくる短時間集中型の大雨は、どうしても早期予報が難しくなります。無理に早期予報を試みれば、それこそ誤報を連発しかねないでしょう。

そこで、気象庁はそうした短時間の強い雨に関する大雨警報・注意報及び洪水警報・注意報を早くても約3時間前、出来れば約2時間前までには出したいとしています。しかし、結果的に直前や、事後に発令する事もやむを得ないという訳です。勿論、リードタイムが取れない可能性も低くありません。

そのため、天気予報が当てにならない、役に立たないと言う方もいます。ですが、これは地震と同じです。やはり、私たち自身が常に警戒心を持つ事もまた、我が身を守る術として大切なのではないでしょうか?

注意報や警報は、誰がどこに出す?

前回の台風教室15時間目 注意報・警報・特別警報の違いを知ろう!で学んだように、注意報や警報は気象庁が出すものと定められています。

ただし、実際には、予め定められた担当区域の気象台が出した注意報や警報を、気象庁が発するものとして発表しています。この担当区域は、通常の天気予報の担当区域一時細分区域とは若干異なる専用の区域で二次細分区域と呼ばれています。

天気予報の一次細分区域

一次細分は、気象特性災害特性地理的特性を考慮して区分しています。普段の天気予報は、テレビやラジオでも各都道府県をいくつかに分けて発表されていますが、この区分が一次細分区域です。

例えば、北海道の場合は、宗谷地方や石狩・空知・後志地方、渡島・檜山地方など、7つの地域に区分されています。そして、札幌は石狩・空知・後志地方に、函館は渡島・檜山地方に入ります。

スポンサーリンク

また、兵庫県や和歌山県のように、方や日本海側、方や瀬戸内海、方や太平洋側、方や山間部というような県では、県内の中に異なる気候が存在しています。なので、北部と南部、東部と西部と呼んで区分しています。

このほか、千葉県は、北東部・北西部・南部の3分割になっていますし、東京都には、伊豆諸島という離島専用の区分が設けられていたりもしますね。

一方で、大阪府や香川県のように、コンパクトで、且つ、極端に気候風土の変わないな府県では、全域を一括して予報しています。

しかし、大阪や香川県のように、府県全域を対象にした地域だと特に、自然災害の発生に伴う被害状況が大きく異なって来ます。

天気予報の二次細分区域

一方で注意報・警報は二次細分区域で発令されます。

例えば、香川県のように複数の離島がある場合、当然、重点的に波に警戒を強めなければならない地域が多くあります。しかしその一方で、山間部ではその必要性は皆無ですが、土砂災害等への警戒がに必要です。

そこで、より適切な対策が取れるようにと区分されたのが二次細分区域で、基本的に市町村単位で分けられています。

天気予報の市町村等をまとめた地域

とは言え、市町村単位に区切ったところで、昨今の市町村合併により、山一つ超えても我が町というところが増えました。また、方や沿岸部で方や山間部という市町も珍しくなくなりました。

そこで、そうした明らかに広大なエリアや、異なる気候風土を持つ地域を持つ自治体はあえて分割し、分割して発表を行う市町村として明示しています。

その一方で、隣が危なければうちも同等に危ない!という地域も多々あります。海岸線や山脈沿いに並ぶ市町村などでは、特にその傾向が強いでしょう。そうなると、下手に個別に注意報や警報を出すと、漏れるところが出る可能性があります。

そこで、災害特性や都道府県の防災関係機関等の管轄範囲などを考慮してまとめた、その名もズバリ、市町村等をまとめた地域を用意しているのです。そして、これら特殊な細分を使って注意報や警報を出す事は度々あるのです。

※自分の住む場所、あるいは、学校や職場の細分区域の確認はこちら→気象庁 | 気象警報・注意報や天気予報の発表区域

台風教室の記事

以前の記事

続きの記事

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

台風教室15時間目 注意報・警報・特別警報の違いを知ろう!

台風教室17時間目 警報・注意報が発令される基準を知ろう!

関連記事

  1. FMWとUWFが対抗戦?え?プロレスって今どうなってるの?

    4月12日、FMWは都内で会見を行い、27日に行われる後楽園ホールにてFMW連合軍とUWF連合軍の全…

  2. くしゃみを出したい?止めたい!具体的な3つの方法

    スギ花粉も一段落したでしょうか。とはいえ油断できません。ヒノキや雑草類もあります。鼻水や涙も…

  3. 夏に気を付けたい!足のむくみと脱水症状の関係

    気象庁の発表によれば2016年は猛暑の予定です。脱水症状には気を付けたいですね。それと併せて…

  4. 『そうめん』を研究しよう(第1回) そうめんってどんな麺?

    自由研究のテーマに素麺はいかが?お父さんたちのお盆休みは終わりましたが、子供たちの夏休みはまだま…

  5. 金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

    ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国…

  6. 出会いをモノにするために、初めにしておくべき事って?

    5月27日、冠二郎さんの結婚が報道されていますが、驚いたのはそのお相手。なんと31歳下との事。近年歳…

  7. 若い男性でも要注意!冬に増える尿漏れの原因5つ

    いい年をした大人がお漏らしをする?とはいえ今の時代は珍しくありません。ただ恥ずかしいので誰も…

  8. 3月・4月に脚光を浴びる2つの健康茶、甘茶と甜茶の違いは?

    4月8日の花祭りで振る舞われる「甘茶(あまちゃ)」と、花粉症に効果を発揮するという事で、3月に入ると…

最近の記事

PAGE TOP