menu

32 views

夢破れた「もんじゅ」の廃炉が決まる?

この記事の所要時間: 656

「もんじゅ」をご存知ですか。かつて夢の原子炉と呼ばれたものです。
とはいえ巨額の資金を投じたのにトラブル続きで、実績がありません。
業を煮やして2015年11月、原子力規制委員会が文部科学省に
もんじゅの運営主体を変更しろ!最後通牒とも言える勧告をしました。
1年近く経過した2016年9月21日、原子力関係閣僚会議が開かれ、
もんじゅを廃炉するか否か、年内に決めることを、決めたようです。

スポンサーリンク

もんじゅとは

(1)名前の由来

三人寄れば文殊の知恵!命名の由来はそんなとこにあるとか?
もんじゅは、福井県敦賀市にある日本原子力研究開発機構が
運営管理している高速増殖炉の名称です。
とはいえ全くの的外れではなく、若狭湾に面する天橋立、有名ですね、
その南側に天橋山智恩寺があり、そこの本尊が文殊菩薩だとか。
新型転換炉の名前は「ふげん」であり、これも菩薩の名前ですね。
共に知恵を持った存在として崇められていますが、
知恵にあやかりたいと考えたのでしょう。しかし名前負け?
人間の驕りがあったのか?今では仏様にも見捨てられた状態です。
後述するようにトラブルが三度では済まないからです。

(2)目的

もんじゅを作った目的は何でしょうか。
後述する核燃料サイクル事業を推進するためです。
資源に乏しい日本が将来的なエネルギー源を考えた場合、
二酸化炭素を出さないエコな発電施設を整備するためです。
昭和40年代のオイルショックを経験した日本が待望した技術です。
当時は、原発の方が火力発電より安価になる!
福島の原発事故が起きるまで、誰もが信じていましたね。
とはいえトータルで比べたら、どっちが安いのか?
もんじゅが完成した頃から、反対運動をしていましたが、
真面目にやっていると、世間からバカにされたものです。
しかしバカにしていた人たちは、今どんな心境ですか。

(3)これまでの歴史

もんじゅの歴史を簡単に振り返ってみましょう。

1967年 運営主体である動力炉・核燃料開発事業団(動燃)が設立。
1970年 建設地として福井県敦賀市が決まり事実上計画がスタート。
1985年 本体の建設工事が始まる。
1991年 建物と施設が完成し、同年5月に試運転が開始。
1995年 8月に発電が開始されましたが、12月にナトリウム漏れ事故!
1998年 動燃を解体し、核燃料サイクル開発機構(核燃)が発足。
2005年 核燃と日本原子力研究所が統合し日本原子力研究開発機構が発足。
2010年 14年半ぶりに運転再開しますが、三か月後に落下事故!
2012年 多くの機器類での点検漏れが発覚!
2013年 業を煮やした原子力規制委員会が、運転準備の凍結を命じる!
2015年 多数の機器類で重要度分類に誤りが発覚!

さすがの仏様も、そっぽを向いてしまいますね。

核燃料サイクルの仕組み

昭和の時代に多くの人が夢を見た、核燃料サイクルの仕組みとは。
真偽のほどは定かではありませんが、石油や石炭などの天然資源は、
採掘量に限界があり、将来的な枯渇が指摘されています。
(参考:石油は本当に、いつか枯渇するのでしょうか
もちろん原子力発電の原料はウランプルトニウムです。
それらも使えばなくなります。しかし核燃料サイクルでは、
使ったウランやプルトニウムに特別な処理をして再利用します。
つまり自然界にあるウランの99%は、核分裂しないタイプです。
これをウラン238とよびます。
しかしそれに中性子を1つ加えてあげると、238+1=239
プルトニウム239と呼ばれる燃料が生まれるのです。
簡単な操作ではありませんが、これを繰り返すことで、
永遠に資源を作り続けることができる!永久機関の出来上がりです

スポンサーリンク

(科学的な補足)

※核燃料の仕組みを科学的に補足します。面倒な人は飛ばしてください。
原子力発電の燃料はウランです。ウランには234、235、238などがあります。
この数字は、原子核にある陽子の数と中性子の数を合計したものです。
基本的に陽子の数が原子番号と呼ばれ、元素の特徴を決めます。
例えばウランは陽子数=原子番号が92です。
すなわち残りの数は、中性子の数になります。
ウランのうち分裂しやすく核燃料として使えるのは235だけです。
なお分裂しやすいかどうかは、陽子の数と中性子の数、そのバランスです。
つまり陽子はプラスの電荷を持つので、プラスが多くなると反発しあいます。
そこに適量の中性子が混ざることにより緩和しているのです。
このウラン235は、自然界でウラン全体の0.7%しか存在しません。
そのために燃料として使うために濃縮します、それが濃縮ウランです。
それでも全体の5%程度にしかならず、残りはウラン238です。
このウラン238を燃焼後に取り出し、
高速増殖炉において中性子をぶつけると、次の2段階の反応を経て、
原子番号92のウラン→同93のネプツニウム→同94のプルトニウム
新しい燃料が生み出されるという仕組みです。
さらにプルトニウムを燃料として使うと、
そこから出てきた中性子がウラン238にぶつかる!
上記の反応が半永久的に繰り返されます。
※原子の仕組みについては、下記のページを参照してください。
夏休みに克服しよう!イオンとは何か?中学校理科の難題です

どこでつまづいたのか

計画は完璧だったはずですが、どこでつまづいたのでしょうか。
もちろん新しい技術に事故や失敗はつきものです。
危険な物質を扱っていますが、それを責めてはいけないでしょう。
とはいえ最初のナトリウム漏れがあった際、現場はどうしたか?
真面目な職員もいたでしょうが、撮影していたビデオを隠ぺいした!
一度そういうことをすると、もう信頼感がなくなります。
何とか現場の努力で約14年後に再開しましたが、また?
大切に操作すべきなのに、燃料交換用装置を落下させる事故!
慎重の上にも慎重を期するべき時に、失敗してしまう?
さらに調べていくと、上述のようにずさんな管理が露呈します。
福島原発の事故があった後なので、もんじゅに対する目は厳しいです。

日本の組織は本当に信頼できるのか

ノーベル賞を連続して受賞するなど、日本の技術は誇れるものです。
そもそも原発も、技術としては素晴らしいものです。
とはいえそれを扱う人間、というか組織は本当に信頼できるのか。
よく言われるのは、日本の電車は1分も遅れない!素晴らしい組織プレーです。
一方で豊洲市場問題で明らかなように、集団になると責任の押し付け合い?
隠ぺい体質は、日本の至るところにあるでしょう。
民間企業でも同じことです。不祥事を隠そうとします。
高学歴で頭のよさそうな大人たちが集まって、
嘘をついてはいけない、いつかは必ずばれる!
小学生でも理解できるようなことをなぜするのでしょうか?
家に帰ればお父さんかもしれませんが、子供にそんなことを教えられますか?
組織の在り方を考え直す時なのかもしれません。

人間が核を扱ってはいけないのか

科学技術を発展させることは大切なことです。
個々人が好奇心や向学心を失ってはいけないでしょう。
とはいえ扱える技術とまだ早すぎる技術というのがありそうです。
原子力、核の技術を人間が扱ってもよいのか?
少なくとも、核燃料のゴミを処理する技術がありません
核兵器によって病気や怪我をした人を治す技術もありません
アフターケアが整わない間に扱ってよかったのか?
遠藤周作著の「沈黙」ではありませんが、
仏様は直接答えてはくれません。人間が空気を読むべきなのでしょう。

本当に廃炉すべきなのか

百歩譲って、もんじゅを本当に廃炉してよいのでしょうか。
もちろん1兆円を超える予算が追加されたので、今更止められない?
一方で科学技術に失敗はつきものです。ここで諦めてよいのか?
とはいえ大切なことは、安全第一という点です。
まずしっかりした組織を築くこと、透明化すること。
そうして初めて、仏様も助けてくれるはずです。
天は自ら助くる者を助く!科学とは、本来そういうものです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

test_apple2016年学力テストの結果公表!主体的な学びは成功したか

ha20台風教室20時間目 台風の動きと速さの秘密を知ろう!

関連記事

  1. nh

    日本が発見した113番元素の命名はニホニウムで決まりそうです

    2016年の正月にトップニュースとなってから約半年、ようやく113番元素の名称が決まりそうです。…

  2. brckmawari.jpg

    エルゴ球とは何でしょうか?

    『エルゴ球』って?「一般相対性理論」によると、ブラックホールは、大きな重力によって、光さえも…

  3. 7a7204c8b16529c323a70057bf1aad23

    石油は本当に、いつか枯渇するのでしょうか

    1980年には、30年後に石油が枯渇する!真剣な議論があり、子供ながらに心配した記憶があります。…

  4. pixta_15242050_M.jpg

    ついにCIAがデータを公開!宇宙人は存在するのか

    2016年1月26日アメリカ中央情報局いわゆるCIAが未確認飛行物体すなわちUFOに関する資料の…

  5. pixta_19941511_M.jpg

    DNAや遺伝子をどこまで信じるべきなのでしょうか

    先日、我が家のポストにチラシが入っていました。「遺伝子検査、身近になりました。今なら40%OFF…

  6. pixta_6780695

    知っておきましょう!水に関する5つの噂について

    自宅に水を備蓄していますか。東日本大震災から5年を経過して、災害に対する意識が薄れてしまって…

  7. 014206.jpg

    水中の生物と地震にまつわる5つの関係は迷信なのでしょうか

    2016年4月14日以降、熊本を中心とした九州地方で大きな地震が続いています。いつ収束するか…

  8. pixta_17812751_M.jpg

    偏見を取り除こう!日本が独自に戦闘機を開発すべき理由とは

    日本は現在、戦闘機に関する様々な技術を独自に研究および開発しています。もちろん賛否両論あるで…

最近の記事

  1. izonsyou
  2. ff15
  3. security1205
  4. bird1205
  5. vogue_word
PAGE TOP