menu

205 views

2016秋の京都ライトアップ情報その8 秀吉や小町の愛した紅葉スポット

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 626

秋の京都ライトアップ情報、前回の2016秋の京都ライトアップ情報その7 京都駅周辺の見所と巡り方で書いたように、いわゆる、洛南と呼ばれる地域には、ライトアップ紅葉の楽しめるスポットが殆どありません。

しかし、洛南からは外れますが、京都市内東南部には秋の夜を存分に楽しめるライトアップ紅葉がいくつかあります。今回は、それらをご紹介致します。

秀吉や小町が愛したライトアップ紅葉スポット

豊臣秀吉が築城した伏見城(ふしみじょう)に近く、小野小町で知られる小野家ゆかりの地が広がる京都市内の東南部。そこには、秀吉や小町が愛したであろう紅葉の名所が満載!そして、ライトアップ紅葉を楽しめるのは下記の2ヶ所です。

ウェブ上ではなんでも、山科の毘沙門堂(びしゃもんどう)という紅葉の名所がライトアップを行うという噂があるようですが、今のところ、そのような予定はありませんのでご注意を・・・!!

醍醐寺(だいごじ)

醍醐の花見(だいごのはなみ)」でおなじみ、太閤殿下が堪能した桜の名所は紅葉の名所でもあった!

見ごろ 11月中旬~11月下旬
見どころ 夜間照明に照らし出される伽藍と読経、そこは、五感を澄ませ、僧侶とともに入り込む本物の祈りの世界!

銀杏やもみじ、楓が見事なまでのコラボレーションで作り上げた仁王門からの紅葉のトンネルは圧巻です。

シンボルの五重塔や林泉「弁天堂」のライトアップは、世界遺産ならではの美しさを持ち、それが庭園内の池に映し出される光景は、夜にしか楽しむ事が出来ません。

夜間公開期間 11月18日(金)~12月4日(日)
夜間公開時間 午後6時~午後8時50分(予約制)
拝観料 1,000円(20名以上で団体割引あり)
問い合わせ 075-571-0002
住所 京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス 京阪バス・醍醐コミュニティバス4号系統「醍醐寺」下車徒歩0分/地下鉄「醍醐駅」下車徒歩約10分
URL 世界遺産京都醍醐寺秋期夜間拝観

随心院(ずいしんいん)

平安の歌人、小野小町邸で楽しむ絶品のライトアップ紅葉はいかが!?

見ごろ 11月中旬~11月下旬
見どころ 小野小町邸跡ならではの気品溢れるライトアップ紅葉!

自慢の庭園は、決して広くはないものの、見る場所と角度によって、様々な紅葉絵巻を楽しめます。特に、能舞台から大杉苔越しに見る紅葉、そして、徳川秀忠(とくがわひでただ)夫人の寄進である書院や庫裏からのライトアップ紅葉は見逃せません。

また、境内地自体が文化財保護法による史跡に指定され、院内には本尊如意輪観世音菩薩像をはじめ、阿弥陀如来像や快慶作の金剛さった像など、多数の文化財が安置されています。

さらに、付近一体が小野氏の一族が栄えた地という事で、小町文塚や化粧の井戸、小町の艷書(えんしょ)を貼ったという地蔵菩薩など、小野小町ゆかりの遺跡もあり、見応えは十分でしょう。

夜間公開期間 11月19日(土)~12月4日(日)
夜間公開時間 午後6時~午後8時
拝観料 高校生以上600円・中学生400円(小学生以下は無料)
問い合わせ 075-571-0025
住所 京都市山科区小野御霊町35
アクセス 京阪バス・醍醐コミュニティバス4号系統「随心院」下車徒歩0分/地下鉄「小野駅」下車徒歩約7分
URL 真言宗大本山隨心院|小野小町ゆかりの古寺

スポンサーリンク

このエリアの巡り方のポイント

方や伏見区、方や山科区。随分離れているように思われるかも知れませんが、実は目と鼻の先!醍醐寺と随心院の間は、徒歩でも十分行き来出来ます。

お勧めは随心院が先、醍醐寺が後

しかも、先に随心院を訪ね、後に醍醐寺というコースなら、無理にバスを使う必要がありません。逆ルートでも似たようなものではありますが、拝観時間を考えても、こちらの方がお勧めです。

尚、醍醐寺は予約制ですが、個人の場合、当日でも受付けてもらえます。受付時間も午後5時から午後8時までと、随心院から巡っても楽勝で間に合うのです。

また、11月19日(土)と11月26日(土)午後7時からは、随心院金堂にてミニコンサーが開かれます。なので、これをご覧になる場合は尚更の事、随心院が先、醍醐寺が後が良いのです。正直、この場合は少々時間的には窮屈です。それでも、随心院を午後6時から拝観出来れば、十分間に合います。

太閤殿下を見習って、ちょっと贅沢な紅葉観賞

ただし、混み合うまでにじっくりと醍醐寺のライトアップ紅葉を楽しみたいと思われる方は、早めに入場可能な特別事前予約拝観券を購入される事をお勧めします。こちらは、お一人様1,300円と少々割高ですが、記念品付です。決して高価ではありません。

また、これに甘酒かぜんざいが付いた、別の拝観券も1,400円で販売されています。いずれも、前日の午後10時まで上記ホームページで予約し、当日支払いです。尚、特別事前予約拝観券をご使用になる場合は、醍醐寺が先、随心院が後のルートになります。あしからず!!

さらに、醍醐寺境内にある茶店で、京野菜をふんだんに使った精進料理「醐山料理」や点心が食べられる特別拝観券もあります。太閤殿下をみならって、ちょっと贅沢な紅葉狩りが出来る、とっておきのチケットです。

尚、購入された場合には、やはり先に随心院をご覧になっておかないと見そびれる可能性大です。しかしながら、頑張って歩いた自分へのご褒美として、美味しい料理に舌鼓を打つの良いのではないでしょうか?

早め入場!特別前売拝観券(記念品付) 1,300円
甘酒 or ぜんざい付特別前売拝観券(記念品付) 1,400円
雨月茶屋での醐山料理付特別前売拝観券(記念品付) 4,500円
寿庵での点心付特別前売り拝観券(記念品付) 2,400円
URL 醍醐寺 特別事前予約拝観券のご案内

京都ライトアップ情報の記事一覧

以前の記事

2016秋の京都ライトアップ情報その1 夜の紅葉スポットを上手に巡るコツを伝授
2016秋の京都ライトアップ情報その2 東山祇園周辺の見所と巡り方
2016秋の京都ライトアップ情報その3 岡崎周辺の見所と巡り方
2016秋の京都ライトアップ情報その4 嵯峨・嵐山地区の見所と巡り方
2016秋の京都ライトアップ情報その5 高雄の見所と巡り方
2016秋の京都ライトアップ情報その6 洛北の見所と巡り方
2016秋の京都ライトアップ情報その7 京都駅周辺の見所と巡り方

続きの記事

2016秋の京都ライトアップ情報その9 とっておきの料理と紅葉を味わえるスポット
2016秋の京都ライトアップ情報その10 合格祈願ができる紅葉スポット
2016秋の京都ライトアップ情報その11 恋愛成就がお願いできる紅葉スポット
2016秋の京都ライトアップ情報その12 ドライブデートにお勧めの紅葉スポット
2016秋の京都ライトアップ情報その13 京都北部の紅葉スポット(亀岡・京丹後)
2016秋の京都ライトアップ情報その14 京都南部編の紅葉スポット(精華町・笠置町)
2016秋の京都ライトアップ情報その15 楽チン定期観光バスで巡るライトアップ紅葉
2016秋の京都ライトアップ情報その16 紅葉の名所、補足情報・貴船神社&しょうざんリゾート

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

農薬も規制緩和の対象?食の安全は守られるのでしょうか

受動喫煙の規制を強化!今度は罰則も伴うようです

関連記事

  1. パナソニックが自動車メーカーになる日は来るのか

    パナソニックは日本が世界に誇る家電メーカーです。とはいえ最近は家電に限定されません。もっと広く電化製…

  2. 移動は簡単?ヨーロッパ入国ビザ事情

    中東の移民問題で揺れているヨーロッパ。特に、中東系の移民が多いドイツでは、メルケル首相が「移…

  3. 三菱の燃費不正問題で191億円補償…高い?安い?

    25日、三菱自動車は燃費不正問題に関して4月下旬に公表した2016年3月期の連結決算を修正し、191…

  4. 2016秋の京都ライトアップ情報その11 恋愛成就がお願いできる…

    前回の2016秋の京都ライトアップ情報その10 合格祈願ができる紅葉スポットに引き続き、恋愛成就を祈…

  5. 日産の救世主になるかもしれない「e-POWER」って?

    11月24日、日産はマイナーチェンジしたノートが、発売後およそ3週間で20,348台受注…

  6. 私だけが知っている日産リーフ

    100%電気でだけで走る車最近、街中を運転していると、よく電気自動車を見かける様になったと思いま…

  7. 2016秋の京都ライトアップ情報その15 楽チン定期観光バスで巡…

    定期観光バスで行く、京都の紅葉ライトアップ京都で楽しむライトアップ紅葉スポット、過去14回に渡っ…

  8. SMAP解散…それでもラジオ番組から「SMAP」を消さない木村拓…

    2016年も終わりを迎えようとしています。2016年は、いわばSMAPの解散騒動に始まり、解散をもっ…

最近の記事

amazon

PAGE TOP