menu

351 views

2017年の気になるおせち事情 おせちは買う!予算は1万円台!!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 53

ハロウィンが終わり、10代・20代を中心とした独身貴族たちが次に気になるイベントはと言えばクリスマス!!ですが、主婦族は違います。次に気になるのは、おせち商戦

来年の事を言うと鬼に笑われるなどと言われます。しかしこのご時世、そんな事は気にしていられません。おせちは作るものではなく、買うものという観念がすっかり定着した現代社会。最高に美味しいおせちを少しでもお得に入手するためには、今が勝負とも言えるのです。

という事で、2017年の幕開けを彩るおせち料理。

予算は?
購入方法は?
どこのどんなおせちが人気なの?

気になる事は沢山あるはず!!そこで、その謎を解明すべく頑張ってみたいと思います。

おせちは買うものか買わないものか?

おせち料理は元々、お正月くらいは主婦や奉公人たちも楽が出来るようにと考えられたものでした。

とは言え、市販のおせちを購入するというのは、ちょっと楽しすぎなんじゃないの?という気もしないでもありません。

しかし、どうやら「これでいいのだ!」というのが今時のスタイルのようです。

おせちは買うもの!

ここに今年の8月、100年以上の歴史を誇る老舗女性誌「婦人画報」を発行する「ハースト婦人画報社」と、カタログ通販の「リンベル」が共同運営する通販サイト「婦人画報のおかいもの」が実施した2017年おせち料理に関するアンケートの結果があります。

これによると、

おせちを購入する事を決めている・・・57%
おせちを購入するつもりはない・まだ分からない・・・42%
その他・・・1%

という事で、過半数以上の人が、おせちを購入すると答えています。

おせちを買う人

しかも、この調査は、まだ暑い盛りの8月に行われています。この時は買わないつもり、未定であっても、今は購入する事を決めている、すでに予約済みという人も増えている事でしょう。それを想定すると、おせちを購入すると決めている人は6割を超えているかもしれません。

ただし、おせちを買うと言ってもみんながみんな、必ずしも重箱入りのそれを食卓に載せるだけ、という立派なものを購入する訳ではありません。

煮染めを中心に、作れるものは自分で作り、手作りが難しいものだけ買うという人も多いのです。

むしろ、全て手作りと言い張ったところで、かまぼこや伊達巻きのように、自宅で作る事の出来ないものもあります。なので、必要なものは購入すると答える方が正直だろうと言えます。

おせちを買わない人

加えてもう一つ、注目したいのが、おせちを買わない理由です。当然、手作りするから買わないのだろうと思いがちなのですが・・・。

実は昨今、年末年始は家にいるのが一番高く付くなどとも言われ、思い切って海外でお正月をという一般家庭もすっかり増えました。そう、今やハワイで年越しは、芸能人の特権ではないのです。

また、流石に海を渡るのはちょっと…というお宅でも、温泉やリゾート地・テーマパークなどで過ごすお正月は珍しくありません。つまり、家にいないからおせち料理は無用だから買わないという人も多いという訳です。

スポンサーリンク

さらに、元々帰省するからおせちは要らなかった人、あるいは、実家や親戚から分けてもらうという人もいます。即ち、おせちを買わない人が全員手作りする訳ではないのです。

色々説明しましたが、家で年を越すのであれば、おせちを購入するのが主流であると言えるでしょう。

おせちの予算と購入場所は?

となると、今度は気になるのが予算です。これが定まらなければ、おせち探しは始まりません。ならば、よそのお宅は一体、いくら程度のおせち料理を購入されるのでしょうか?

おせちの予算は?

先のアンケート結果によると、

1万円以上2万円未満・・・36.3%
2万円以上3万円未満・・・29.2%
3万円以上5万円未満・・・16.5%

3万円以上と答えた人が全体の2割を占めているというコメントが添えられていますから、どうやら1万円未満という回答は、残る15%以下にとどまったものと見られます。

おせちの購入場所は?

という事で、勿論、家族構成や人数によっても違って来るかとは思われます。ですが、おせち料理に充てる予算の平均は1万円台が妥当だと考えて良さそうです。確かに、これくらいなら、自分で作るのと大差がなく、お得になるのかも知れません。

特に、今や定番中の定番となったインターネット通販では、家に居ながらにして、全国各地の料亭やホテル、老舗デパートなどが送り出す自慢のおせちを購入する事が出来ます。自宅まで配達してくれて、送料無料も当たり前!となれば、これはもはや利用しない手はないでしょう。

事実、先のアンケート調査でも、68%の人が通販を利用すると答えていて、百貨店での購入を上回っています。それどころか、今や百貨店ホテルも、店頭と同じくらいかそれ以上に、通信販売に力を入れていて、ネットでしか買えないおせちも少なくないのです。

ならば、どこのどんなおせちが人気なのか?気になるところですよねぇ!?という事で、次回以降、老舗百貨店の人気お取り寄せおせちを調査したいと思います。お楽しみに・・・!!

<参考>→おせちの予算「3万円以上」が2割 | マイナビニュース

関連記事

続きの記事

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

我が子は大丈夫?デジタル教科書になると学校の授業はなくなるかも

「ももち」こと嗣永桃子が芸能界を引退する理由

関連記事

  1. 梅雨入り宣言を受け、気をつける事を5つほど挙げてみる

    6月5日、気象庁は梅雨入りを発表しました。例年よりも3日程早い今年の梅雨入り宣言。梅雨入りすると雨が…

  2. 自分に自信のない人のためのおすすめ習慣

    キラキラ輝いている人って、自分自身に自信を持っている人が多いですよね。自分がすごいとか偉いとか正…

  3. おせち料理の不思議(前編) 何ともビックリな1300年の歩み!

    以前、2017年の気になるおせち事情 おせちは買う!予算は1万円台!!という記事でご紹介したように、…

  4. 住むならここ!震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

    同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい!先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は…

  5. お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?(PART1)

    明日9月19日は、平成28年秋の彼岸の入りです。お彼岸と言えば、やっぱおはぎでしょう!と思い…

  6. 2016年の気になるクリスマス事情 ケーキは買う!予算は3,00…

    以前、2017年の気になるおせち事情という事で調べた結果、おせち料理は買うのが基本で、予算は1万円台…

  7. EQ(心の知能指数)を上げて悩みを減らそう!

    みなさんは、「EQ」を知っていますか?「IQ」なら知っているという方がいるかもしれませんね。…

  8. 5月5日に食べる柏餅の7つの不思議を解明しよう!(前編)

    間もなく5月5日という事で、そろそろ和菓子屋さんの店頭には、端午の節句に向けた柏餅が並ぶようになりま…

最近の記事

amazon

PAGE TOP