menu

1,022 views

「ももち」こと嗣永桃子が芸能界を引退する理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 213

11月5日、カントリーガールズに所属する人気アイドル、「ももち」こと嗣永桃子が、来年6月30日にてグループだけではなく、ハロー!プロジェクトを卒業する、と都内で行ったグループ結成2周年記念のコンサートにて発表。

更に驚きなのは、グループからの卒業だけではなく、芸能界からも引退するとのこと。

アイドルの引退

アイドルがグループからだけではなく、芸能界そのものも引退するといえば、最近乃木坂46の橋本奈々未がも同様の発表がありました。

グループとしての知名度であれば乃木坂46の方が上かもしれませんが、個人でのネームバリューとなれば橋本奈々未よりも嗣永桃子の方が上でしょう。

バラエティー番組でも活躍していただけに、今後も芸能界でやっていけるのではないかとの声もあります。ですが、大学在籍時に小学校と幼稚園教諭の一種免許も取得しており、芸能界を引退後は幼児教育の分野で仕事をしたいとのこと。

新しい道への一歩に応援したいと考える人もいれば、一体なぜ芸能界まで辞めるのかと疑問に思っている人もいるでしょう。

生き残りはとても厳しい…

芸能界はとても眩しい世界です。他の世界とは比べものにならない程多くのお金が動くショービジネスの世界で有名になれば信じられない額を稼げる世界ですが、その一方ではとても厳しい世界です。

スポンサーリンク

芸能界での活躍を夢見てバイト生活を送っている人など珍しくもありません。芸能界を目指している人は大勢いますので、嗣永桃子としても知名度はあるものの、冷静に自分を分析した時、この先芸能界に居ても先細りになるのが分かる…それなら自分の新しい道をと考えるのも不思議ではありません。

芸能界という「世界」に対して…

嗣永桃子は今年オーディションを受けてから15年とのこと。つまりは芸歴15年とそれなりのベテランになります。おそらく酸いも甘いもたくさん見てきたのでしょう。個人の努力ではどうにもならないとも分かったのでしょう。

インターネットのおかげで、芸能界がタレント個人の実力よりも事務所の力がとても大きいものだと明るみになってきています。

ですが、まさに当事者として長年芸能界にいた彼女はそんな事実に、既に気付いていたのでしょう。そのため、細々とタレントを続けても、先細るだけの可能性があるので、それなら思い切って別の道に…と考えたのかもしれません。

ファンにとっては悲しい話ではありますが、彼女自身が決めた道です。引退まであと半年はあります。今のうちに悔いないよう応援していきましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

2017年の気になるおせち事情 おせちは買う!予算は1万円台!!

自宅の防犯対策は大丈夫?防犯カメラがおすすめです。設置すべき3つの理由と注意点

関連記事

  1. 知っておきたい「お金」と「心」の意外な関係

    みなさんは、「お金」についてどのようなイメージを持っているでしょうか。私は、現代社会においては「…

  2. 2016東京ディズニーランドのクリスマス情報!クリスマス・ファン…

    東京ディズニーランドでは2016年もクリスマスファンタジーを開催します。11月8日から12月25日ま…

  3. 台風教室4時間目 台風の渦の秘密を知ろう!

    今年は台風が来ない来ないと言われていましたが、とんでもない!お盆明けから今日までの2週間ほどの間に、…

  4. キラキラ(DQN)ネームの基準は何か?親がもっとも考えるべきこと

    キラキラ(DQN)ネームの基準は何か?子どもの名づけで考えるべき…

    大切な命が芽生え・子どもを授かった時に、まず思い浮かべるのは『男?女?』そして次に『どんな名前にしよ…

  5. 子どもを褒めるしつけ・叱るしつけ【肯定と否定】に潜む罠

    子どもを褒めるしつけ・叱るしつけ【肯定と否定】に潜む罠

    子どもを育てるにあたって、誰もが望んでいるのは褒めて伸ばす育児でしょう。常に笑顔で毎日を過ご…

  6. 神戸でバウムクーヘンの3つの疑問を解明しよう!

    日本では、めでたい洋菓子として、長寿のお祝いや結婚式の引き出物にも頻繁に登場するバウムクーヘン! 素…

  7. 挑め、“どないして食べるんや~!!”の豪快スイーツ!

    すごい物を見た!それは恐らく、日本一豪快だと思われるパフェ?いや、ケーキ??とにかく、間違いなく…

  8. 虐待したくないのにしてしまう

    【虐待したくないのにしてしまう】切実に悩むママへ

    子どもへの虐待が、社会問題になっている現代。なぜこのような世の中になってしまったのか?なぜ愛…

最近の記事

amazon

PAGE TOP