menu

60 views

アメリカ新大統領決定!その裏で日経平均が急落した理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 28

日本時間11月9日、何かと話題を振りまいていたアメリカ大統領選挙の結果が出ました。
下馬評を覆し、トランプ新大統領となりましたが最後まで大接戦。近年では例を見ない接戦の大統領選なりました。

事前予測ではクリントン氏が優勢と伝えられていました。しかし、実はこれはマスコミのプロパガンダとも言われていました。この辺りのマスコミの腐敗に辟易していた層がトランプ支持に回ったとも言われています。

一方ではトランプ優勢と伝わった日本時間の13時から14時にかけて、日経平均は一気に急降下。一時前日比でマイナス1,000円となった程。一体なぜ、アメリカ大統領選挙と日本の株式市場が連動しているのでしょうか?

先行き不透明だからないからこそ、株を売る

トランプ氏が大統領になるとなった時、大統領として未知数であり、更にはそれまで様々な暴言を吐いていただけに、日米関係がどうなるのか分からなくなる危惧があります。

例えば、トランプ新大統領はTPPに反対しています。TPPは日本にとっては是が非でも批准したいものですが、アメリカとすれば損をするようなものとの認識があるのでしょう。また、安全保障の分野にまで影響を及ぼしかねない発言を繰り返していたトランプ氏が大統領になれば、日本経済がどうなるのか分かりません。

スポンサーリンク

今後の先行きが不透明だからこそ、株式としてではなく、現金にしておきたいとの思いから売り注文が先行し、9日の日経平均株価が一時1,000円安を記録してしまったのでしょう。

それにしても、大統領選の影響で政府日銀が緊急会議を行うなど、まさに前代未聞ですよね。

今後日米関係はどうなる?

今後の日米関係に関してはまさに「未知数」です。これまでのアメリカ大統領は基本的に日本に対して敬意を払ってくれていました。経済大国であり、同盟国なので当然と言えば当然です。

しかし、近年は中国の経済成長が目覚ましいですし、トランプ新大統領はロシアとも仲良しです。実際、トランプ新大統領の登場に中国とロシアは歓迎姿勢。つまり、今後日本がアメリカから軽視される可能性があるのです。

上記を考えると、日本経済が先行き不透明になるのでは…と不安視されるのも当然。このままガンガン株価が落ちるくらいなら、今のうちに売っておいた方が…という投資家が多かったのでしょう。

選挙だけでここまで他国の経済を揺るがすトランプ新大統領。一体今後、日米関係だけではなく世界がどうなっていくのか。それは今後を見守るしかありません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

【大学入試改革】文科省が国語記述式テスト案を提示!受験生の対策は5つ!!

人気の温泉でも注意!硫黄泉が持つ3つの効能とリスク

関連記事

  1. 消費者金融と自己破産まとめ

    自己破産を考える消費者金融と取引があり、自己破産を考えている人は、一度冷静に計算をしてみることが…

  2. 酪農とはどんな仕事か?誤解されている5つのこと

    酪農とは、どんな仕事でしょうか。簡単に言えば牛乳を搾る仕事です。広大な牧場を漠然とイメージし…

  3. 競馬ファンは知るべし!装蹄師という仕事があることを

    競馬ファンにはうれしい季節ですね。新緑がまぶしい芝生の上をサラブレッドが駆け回る!経済効果も…

  4. パナマ文書は何が問題なのか。そしてこれからの影響はどうなるのか

    4月5日、まさに世界が揺れました。パナマの法律事務所から流出したとされる金融取引に関するデータですが…

  5. 工場での製造方法まとめ

    製造業がわかる製造業に携わる企業や会社にとって製造方法というのはとても大事な部分です。製…

  6. 英語の中一ギャップを埋める5つのポイント

    日本人は英語に対するコンプレックスがあります。それを克服するためでしょうか、小学校から英語の授業が始…

  7. 化学製品の製造方法まとめ

    化学製品がわかる今の世の中、様々な化学製品に溢れています。それはビジネスの部分ではもちろんですが…

  8. ガラスの製造方法まとめ

    ガラスがわかるガラスには様々な種類があるけれど、もっとも一般的な板ガラスの原料は、珪砂やソーダ灰…

最近の記事

amazon

PAGE TOP