menu

187 views

合格者はやっている?中学入試の必勝10箇条

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 719

首都圏の中学受験まで後70日を切りました。準備はできているでしょうか。覚えることでいっぱいになっているかもしれませんが、ラストスパートに入る前に、中学入試の必勝法を知っておきましょう。

全体の傾向として今のうちから慣れておきましょう。本番で急にやろうとしても難しいからです。大局見つつ、細部を詰めていく!取りこぼしをせず、最後まで諦めない!これが受験に勝つ極意です。

中学入試必勝10箇条

受験には必勝法があります。進学塾へ通っていれば、細かいテクニックの指導があるでしょう。そういう意味でも、塾は有用なのです。とはいえ特に中学受験で心がけたい必勝法を伝授しましょう。

1.過去問を見てペース配分を決める

中国の古典でもある「孫子」に謳われていますが、受験戦争においても敵を知ることが最大の攻撃であり防御法です。中学受験であれば過去問をチェックしましょう。本屋へ行けば便利な問題集が売られています。

  • 大問がいくつくらいあるのか
  • どんな問題が出やすいのか
  • 教科当たりの解答時間は何分なのか

立ち読みでも結構です。上述の傾向を調べて、志望校における出題構成を知っておきましょう。それによってペース配分を決めましょう。

細かい計算や考える時間も必要でしょうが、大問1つあたり5~10分が目安です。そうなるように、問題は作られているはずです。理科と社会で合わせて40分などの学校もあります。どちらが得意かもによっても変わります。

2.難しい問題は後回しにする

難しい問題に戸惑っていると時間が無くなります。中には第1問目で一番難しい問題を出してくる学校もあります。それに悪戦苦闘していると?気づいたら終了のチャイムが鳴ってしまいます。これも過去問でチェックしておくべきです。出題傾向はそんなに変わらないからです。

ちょっと考えて難しいと思ったら、次の問題へ進みましょう。簡単な問題から解いていくことが大切です。同様に過去問で点数配分を調べておくのも有用です。簡単だけど配点が高い!そうした学校も少なくありません。

数年分の問題を解いてみれば、どの程度かレベルがわかります。できなかった問題は、模範解答を見ながら繰り返しましょう。そして苦手部分のおさらいを別途問題集などで補いましょう。

3.バラ問題はボーナス!確実に抑える

上記につながりますが、最初の大問で、バラ問題を出題する学校もあります。バラバラの分野から、4択や5択問題が出されます。ここに後述する時事ネタが入ることもあります。とはいえこれはボーナス問題です。絶対に解答しましょう。

簡単だからと言って後回しにしてはいけません。最後に時間が足りなくなってしまうケースも少なくないからです。確実に獲れる点は確実に処理する。勝負の鉄則です。油断したらアウトですよ。

もちろん苦手分野ならパスしたいですね。しかし択一式問題なら、とりあえずどれか記号を解答用紙に記入しておきましょう。最悪時の保険になります。

4.算数と理科はパターンを探せ

算数や理科の計算問題は、解き方にパターンがあります。それを探しましょう。例えば鶴亀算、ニュートン算、図形の等積変形などです。受験塾であればテキストがあります。市販の問題集でもパターン別にまとめてあります。繰り返し解いてパターンを覚えましょう。

こうした勉強は、後々大学受験などでも使えます。慣れておくべきです。慣れれば身体が自然に反応してくれます。逆にパターンがわからないと、面倒な計算に終始しがちです。裏を読んでしまいがちで、悪循環です。

理科の計算問題もパターンがあります。特に物理系化学系です。電流の求め方、てことバネの組み合わせ、水溶液の濃度など。地学系であれば地震もあります。公式のように覚えておくと慌てなくて済むでしょう。

5.経過点で稼ぐ方法もある

学校によっては途中式を書かせることがあります。これは最終的な答えが間違っていても、考え方が正しければ経過点を加算する方針だからです。難しい複雑な問題ほど計算ミスが出やすいからです。

途中式を書け!そういう指示があれば必ず何かを書きましょう。式を書かずに答えだけ書くと、カンニングした?思われてしまうリスクも否めません。指示されたことは確実に対応する。これも中学入試では必須の事項です。

スポンサーリンク

もちろん解答用紙に落書きをしてはいけませんが、計算内容を裏に書いておく?専門的な先生が採点していれば、こちらも考慮してくれる可能性があります。

6.見直し時間を確保する

ケアレスミスをなくすために、必ず最後の5分は見直しの時間にしましょう。特に多いのが、解答欄をずらしてしまうことです。答えは合っているのに残念なケースです。もちろん受験番号や名前を忘れたらアウトです。

漢字の間違い、思い込みで計算していませんか。小学生には難しいですが、もう一度頭を真っ白にして解き直す感じで見直していきましょう。記号問題は、採点者が読めるよう丁寧に書きましょう。採点ミスも少なくありません。

いつでも5分余裕をもって行う、そういう癖がついていると、慌てなくて済むものです。日々の生活における時間管理にもつながります。中学受験は総合力が勝負です。

7.計算問題は必ず検算をする

ケアレスミスの問題と同じです。人間は必ず計算ミスをする!特に字が汚い人は、自分で自分の数字を見誤ります。ありがちなのが0と6です。書き方によっては1と7も危険ですね。計算問題は必ず2回以上検算をしましょう。

また約分の間違いもあります。掛け算九九は意外に重宝します。この意味がわかりますか?なお25の倍数、少数と分数の関係、倍数や約数などの理解如何で計算問題のスピードが変わります。日頃から計算に慣れておきましょう。

8.裏を考えすぎない

昨今の中学入試には珍問奇問は減っています。基本的な解き方に徹しましょう。裏を考えすぎないことです。原則として小学校で習う基礎知識を使います。それを組み合わせているだけです。まずは問題を絞って考えましょう。

そういう意味では変に知識がありすぎる子は、裏を読んでしまいます。化合物の割合や月の半径など、細かいことを知りすぎていると、それに引きずられて誤答するケースが少なくありません。高レベルの学校を狙っている時こそ注意です。

趣味の話は別として、不必要な数字を覚える必要はありません。計算で使う数字は、問題文の中、もしくは別途表やグラフとして必ず記載されています。例え間違っていても、数字はそれを使いましょう。

9.時事問題の情報を集めよう

理科や社会では時事問題も登場します。ニュースを一通りおさらいしましょう。例えば2016年の理科系ニュースは、第一にノーベル医学・生理学賞です。詳しい内容は知らなくてもよいですが、大隅良典さん、オートファジーだけは覚えておきましょう。

また国際宇宙ステーションISSに滞在していたのは大西卓哉さんです。宇宙関連なら11月14日はスーパームーンでした。月の位置関係や満ち欠けは頻出問題です。火星も5月31日に大接近しました。スーパーマーズです。

一方で4月14日に起きた熊本地震も要チェックです。10月21日には鳥取でも大きな地震が起きています。113番目の元素がニホニウムになりそう?ちなみに2017年1月1日午前9時前に1秒、うるう秒が入ります。

10.慌てないこと

最後はメンタル勝負です。慌てないことです。周りの子が鉛筆をカリカリ鳴らして書いています。それで焦ってしまうことが多いようです。そういう意味では、公開模試などを受けて、試験の雰囲気に慣れておきましょう。

また体調の変化にも気を付けましょう。受験は真冬です。暖房が効かず寒い?逆に熱風が直接当たる席かもしれません。調整しやすい服装をしましょう。深呼吸を繰り返すと落ち着いてきますよ。

健康には今から注意しましょう

どんなに頑張って勉強しても、当日欠席してしまえば受かりません。すなわち健康には今から注意しましょう。インフルエンザの予防接種を受ける、風邪やノロには気を付けましょう。

地域によっては花粉が飛び始めるかもしれません。アレルギー対策なども重要です。お弁当を食べ過ぎて眠くなる?逆に緊張で食べないと、お腹が空いて力が出ない?なるべく普段通りの生活を心がけましょう。カツを食べても勝てませんよ。

チャイムが鳴り終わるまで諦めない

  • 時間が余ったら検算と見直し!
  • わからなくても空欄はご法度!
  • 必ず何か書く!
  • 最後の最後まで、チャイムがなって試験監督の先生が、鉛筆を置きなさい!そう言うまで絶対に諦めない!

そうした姿勢も、合格へのポイントになります。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

虫歯や歯周病のお悩みを解決!おすすめしたい新しい歯の磨き方

京都の初詣情報 その1 男なら渋くお寺で恋愛成就

関連記事

  1. 害虫駆除はやりがいがあり絶対なくならない仕事です

    夏になると活発に動き出すのが害虫たちです。夜に窓を開けると、大変な事態に陥ることもあります。…

  2. 10都府県しか子供の貧困調査をしていない5つの理由

    2016年4月から6月にかけて首都大学東京が、各都道府県に対して子供の貧困調査への取り組みを調べ…

  3. ストーカーされた対処のまとめ

    つきまといとは?「つきまとい」とは、書いたとおりつきまとうことです。特に多いケースでいえ…

  4. 歴史の学び方と歴史を学ぶ理由とは?

    歴史は本来面白いものです。時代劇は高齢者の娯楽ではありません。とはいえ歴史をつまらなくしているも…

  5. ダイバーズローンってなに?

    ダイバーズローンというローンをご存知でしょうか。ダイバーズローンとは、スキューバダイビング費用の…

  6. 今だから問う!中学受験が持つ3つのメリット

    首都圏における中学入試が2016年1月20日事実上スタートしました。これから約2週間で勝敗が…

  7. 日本の米作農家はプロではない?言われる理由は3つある

    日本人は農耕民族です。よく言われます。そしてほとんどが米を栽培していました。田園風景を懐かし…

  8. 子供の自殺に注意!夏休みの今から予防に努めましょう

    夏休み真っ盛りですが、楽しい思い出は作れていますか。とはいえ楽しいと、新学期とのギャップが激しく…

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP