menu

81 views

医療に正解はあるのか?ネット検索の是非と医療界や人体の不思議

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 816

閉鎖に追い込まれるネットサイトがあります。そこでは医療系など不確かな情報を掲載していたようです。もちろん医学的な問題は、一歩間違うと命に直結します。いい加減なことをアップしてはいけないのでしょう。

とはいえ医療に正解はあるのでしょうか。日々新しい知見が登場しています。そもそもテレビでコメントしているタレント的な「医者」は正論を述べているのでしょうか。そうした検証をせずネットだけを叩くのは一方的すぎるような気がします。医療界や人体には多くの不思議があるからです。

ネットで調べることの是非

こんなことを書いていて自己矛盾するような気もしますが、ネットで医学的な問題を調べることの是非はどうなのでしょうか。患者さんが中途半端な知識を持つと、医者側にとって治療が難しくなることもあるようです。

もちろん最新の医療を受けたい!藁にもすがる思いでネット検索するケースもあるでしょう。とはいえ見つけた治療法を受けられる医療施設が限られる、患者の条件が決まっているとしたら。逆に絶望感を抱くかもしれません。

基本的に医療機関は直接的な宣伝ができません。そのためネットを介した医療情報の提供が間接的な広告になります。しかしその情報はフェアなのか。誘導されていないのか?公的に規制をするよりも、利用側が判断力を養うべきです。

医療界の不思議

医療界には、一般的には知られてはいませんが、多くの不思議があります。こちらの解明は、大手マスコミなどは触れてもくれないようです。そういった問題を調べたくてネット検索することもあるでしょう。では、どういった話題が医療界の不思議なのでしょうか。

1.専門家でも二分する議論がある

医療系のテレビ番組も増えています。半ばタレント化した医者も登場し、もっともらしい説を展開しています。とはいえ一緒に出ている医者同士でも、議論が分かれるケースが少なくないようです。

例えばがんの治療に際して、積極的に手術などを受け入れるべきなのか?治療を受けてはいけないと強く主張する医師もいます。がん検診自体も意味がない?また歯磨きをすべきか否か?これまでの「常識」をひっくり返す説もあります。
参考「虫歯や歯周病のお悩みを解決!おすすめしたい新しい歯の磨き方

専門家同士であっても見解が異なるのであれば、素人の私たちはどれを選べばよいのでしょうか。受診した医療機関で当たり外れがあるのであれば、災難としか言いようがありません。ネットを頼りたくなるのも否めない現実です。

2.タブーがある

医療業界にはタブーがあります。昨今話題になった事例として、医療用大麻の問題です。どの番組を見ても、もちろんスキャンダルとして放映しているので当たり前なのでしょうが、医療用大麻を否定する意見しかありません。

この根底には、医療用大麻の研究すらできない!変な慣習があるようです。憲法論議と同じです。触らぬ神に祟りなし!しかしどんな悪い物であっても、研究できる環境は残すべきですが、すると親分に嫌われる?地方病院に飛ばされる?
参考「医療用大麻とは何か?日本の主要メディアにはできない議論です

一方で生殖医療にもタブーがあります。子供が欲しい家庭であれば、どんな方法でも試したいでしょう。とはいえ生命倫理の問題があります。それが理由で学会から疎外される産婦人科医がいるとか。成功率の低い治療に高額を支払っている実態をどうすべきなのか。少なくとも患者ファーストではありません。
参考「体外受精児が5万人!しかし胚培養士さん次第でもある

3.終末期医療の議論ができない

赤ちゃんの対局として終末期医療の問題もあります。もちろん健康で長寿を誰もが望みます。とはいえ高齢者になると薬漬けの状態も少なくありません。それでかろうじて命をつないでいる?本当に幸せなことなのでしょうか。
参考「薬を何錠まで飲んでも大丈夫なのか?多剤併用に気を付けよう

一方で寝たきりにした方が介護しやすい?そんな事例もあります。さらに高額な医薬品を開発する!元を取り戻したい気持ちもわかりますが、それが正しい医療体制なのでしょうか。

死生観という文化的な背景もありますが、日本では安楽死を含めた終末期医療の議論ができません。故に患者さん自身、そして家族にとって、悲劇になることが少なくありません。我が身になって初めて、その現実に直面します。

4.医療系の事故や事件が絶えない

もちろん医者を含めた医療従事者も人間です。完璧を求めてはいけないのでしょう。しかし医療系の事故や事件が絶えません。最近でも、千葉大学、資格を持たない医師による中絶手術、点滴袋に穴が開く事件はどうなったか?

スポンサーリンク

一方で一般人には、医療事故やミスが隠されているようにも思えます。その辺の自浄作用は働かないのでしょうか。医者を信じるしかないのに、素直に信じられない現実があります。「白い巨塔」や「ドクターX」は、ドラマだけの世界であってほしいものです。

人体の不思議

医療情報が錯綜する理由として、人体の不思議があります。つまり科学的に証明できないことが多々あるからです。STAP細胞だって、まったく嘘とは言い切れないかもしれませんよ。

1.プラセボ効果は確実にある

医療業界にはプラセボ効果が知られています。薬の治験時などに現れる現象ですが、本物の薬を飲んでいないのに治ってしまうことです。その解釈は、良い治療を受けている!そうした思い込みや安心感から心理的な作用が働くようです。

また酷い車酔いの子供に酔い止め薬と称して飴玉を舐めさせたら、まったく酔わなかったとか?一種の自己暗示かもしれませんが、実際にそういう事例は多々あります。この事実を誰が否定できるのでしょうか。

なお健康食品や化粧品の多くは、プラセボ効果が大きく影響しているような気がします。将来的には薬がなくても精神療法で様々な病気が治るのかもしれません。風邪を気合で治す!これも本当は正しかったと言える日が来るでしょう。
参考「あなたのストレスを解消する!今話題のマインドフルネスがおすすめです

2.自分にとってよければ、それが正論

健康によい!そう思い続けている健康法が誰にもあるでしょう。女優さんなどの美容法を医師や専門家が否定するテレビ番組もありますが、本人がそれで健康や美容を維持しているのであれば、それが正論なのかもしれません。

医師が言えるのは、あくまでも一般論、もしくは自分の経験談です。すべての人に当てはまるわけではありません。実際に薬の効果に関しても、遺伝的な違いが明確になっています。一方的に否定するのは、たとえ医師であっても正しくないでしょう。

3.民間療法は間違っていたのか

昔から伝わる民間療法は間違っていたのでしょうか。例えば蜂に刺されたらおしっこをかけろ!現代の科学で考えると全くナンセンス?ネットで検索しても否定論が多いですね。

なお理屈としては、蜂の毒素の中にギ酸があり、これとおしっこに「含まれる」アンモニアが中和するという説があります。とはいえ蜂毒はギ酸だけではありません。またおしっこにはアンモニアが含まれているわけではなく、尿素が空気中で分解されてアンモニアとなるにすぎません。

しかし昔から行わていた?現代まで言い伝えられてきたからには何らかの効果があったはずです。薬のない時代であれば、それも正論だったのかもしれません。もちろんプラセボ効果という側面も否めません。

そうした民間療法の多くは現代医学で解明できていません。逆に現在の承認済み医薬品であっても、すべての作用が解明されているわけでもありません。変な西洋医学信仰は、逆に弊害を生むかもしれません。

4.東洋医学は正しいのか

西洋医学の逆?でもないのでしょうが、ツボや鍼灸、漢方薬などの東洋医学があります。昨今では医学部の正式な講義としても採用され始めています。とはいえこちらはどこまで正しいのでしょうか。

足の裏を押し痛みを感じる場所によって内臓などの疾患がわかる?本当のような話に思えます。一種の占いかもしれません。そもそも身体に不調を抱えていない人はマッサージを受けないからです。どこかに思い当たる節があるのでしょう。

もちろん鍼灸やツボマッサージなどで症状が改善することもあります。それで治るのであれば、問題ないのでしょう。医療は結果が全てです。正論ばかり吐いて何もしない医者と、何かわからないけど治してくれる医者、あなたはどちらを選びますか。

5.奇跡は奇跡なのか

ノーベル賞を受賞したiPS細胞だって、未だに正しいのかわかりません。将来的に何らかの副作用が生まれる可能性もあります。つまり人間のような「高等」生物で再生することなど、一昔前であれば信じられなかったからです。

世界的に見れば、奇跡とも思われるような事例が少なくありません。死んだ人が生き返ったり、脳の多くを事故で失っても健康に暮らしている人がいます。奇跡は、本当に奇跡なのでしょうか。人間には未知の能力がたくさんありそうです。

一説には、カブトムシが空を飛べるのは?飛べることを疑っていないからとか。変な宗教ではありませんが、自分を信じることが大切なのかもしれません。それも免疫力アップにつながるという報告があります。

医療サイトは信用できるのか

国民医療費の削減を考えれば、安易に医療施設を受診してはいけないのでしょう。忘れられた言葉にセルフメディケーションがあります。つまり市販薬などを使って自分で治せ!もしくは予防に努めることです。そのためのネット検索は悪なのか。

そもそも医療系のサイト、医療施設や医学博士などが開設しているサイト自体も信用して良いのでしょうか。最後は個々人が学んでいくしかないのでしょう。そのためのネットサイトです。例えば水素水に関しても、小学校の理科で習っているはずですよ。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

AIを駆使する存在?情報解析スペシャリスト、データサイエンティストになろう

京都初詣情報その3 合格祈願と学業成就の神社と寺!受験・試験に受かる

関連記事

  1. 肺気腫が原因で起こる様々な後遺症

    どんな病気にも原因はあるはずですが、中には原因の明確ではない病気もあります。とはいえ肺気腫は、タ…

  2. 【わかりやすい】イスラム教ってどんな宗教?

    過激派テロ組織「イスラム国」のニュースが日常的に流れていますが、このイスラム国、国という名前がついて…

  3. 女は綺麗なもの?【化粧室のマナー】女性トイレの実態を暴露!

    女は綺麗なもの?【化粧室のマナー】女性トイレの実態を暴露!

    身なりの綺麗な女女性が常に意識している【美】。 太ると醜くなってしまうから、綺麗である…

  4. 遠隔医療で得られる5つのメリットと解決すべき5つの課題

    情報通信技術の進歩によって医療も大きく変わります。今後期待されているのは遠隔医療です。医師が…

  5. 肺気腫と栄養失調が併発する理由とは

    人間は簡単に死ぬことはできませんし、実際に死ぬ際、苦しみながら息絶えていくパターンが少なくありません…

  6. 肺気腫と温泉プール療法

    近年における急速な医学の進歩は目覚しいものがありますが、それでも治せない病気は未だにたくさんあり、中…

  7. エアコンの掃除はしましたか?過敏性肺炎に気をつけましょう

    5月に入って暖かい日が続いています。地域によっては30度を超える真夏日を迎えました。エアコン…

  8. 末梢神経障害の解消方法

    末梢神経の障害には様々な種類がありますが、糖尿病などの生活習慣病を予防することが基本的な末梢神経障害…

最近の記事

amazon

PAGE TOP