menu

46 views

【ネタバレあり】遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 不思議な舞台の話 第二回

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 343

遠野物語・奇ッ怪 其ノ参、開演

開演時間になると、舞台袖からイノウエ(山内圭哉)が出てきて流暢な関西弁でしゃべり始めました。『これはこう台本に書いてあるんです』なんて笑わせながら、『スマホの電源大丈夫ですか?』という言葉を投げかけられ、ようやくこの時間が前説なんだと気づきました。

観客とのやりとりもあり、楽し気な笑い声がしていた所で舞台上に婦人警官の姿。そこから、イノウエは関西弁ではなく標準語でしゃべり始めたのです。

あらすじでもご紹介していたように、この世界では標準であることが法律で定められており、地方で喋られる方言も禁止されています。そのため、この舞台が始まった所でイノウエの喋る言葉が標準語となりました。

ヤナギダ(仲村トオル)の登場シーンは取調室で、さすがの存在感だなと想いながら警官やイノウエとのやり取りを観ていました。
ヤナギダが自費出版した本は許可されているものではなく、内容も迷信・オカルトと言わざるを得ないもの。なにより、方言がそのまま記述されているものです。しかし、ヤナギダから言わせると『きちんと標準語も書いてあるから問題ないでしょう。』という言い分でした。

出版された本の根拠は何かと問われたヤナギダは、自信満々に『「ササキ」という青年が語った言葉を、何一つ変えることなく綴ったものである。だから、事実なのだ。』と言い切りました。

この回想には、ヤナギダに話を語った青年も出てきます。ササキ(瀬戸康史)は、小説家志望であり、小説にしたいと思っているのは自らが語る物語です。『ちょっと聞いてみてください。』と慣れない標準語で懸命に伝えようとするも、たどたどしい話は聞き取りづらい。
ヤナギダは、喋りにくそうにしているササキに対して方言で話すように促します

東北の方言に引き込まれる、語り部の魅力

いきなりはじまった東北訛りの話は、東北出身である筆者も細かい所まで聞き取れないほどの訛りでした。このクオリティの訛りには会場にいた観客も驚いてしまい、ヤナギダのセリフである『方言舐めてた。』という言葉に、観客一同笑って納得していました。そして、ここから会場が一気に物語に引き込まれたのを感じました。

スポンサーリンク

彼の話す物語は、人から聞いた話であって、わざと怖い話をしているわけでも、驚かせようとしているわけでもない。だから、落ちは?!という所で終わる話もあったりします。

回想シーンも現実シーンも同じ舞台セットで行われるので、今は回想か?現実か?と場面の切り替えが早いと同時に上手にやっているな、と思っていました。

その中でも、ササキが演じる部分、語る部分というのは本当によくできていて、話だけなのに情景が浮かんでくるような、語られた物語の恐ろしさが伝わってくるような臨場感あふれるものでした。

語り部は「見える人」であり、語り継ぐ人。

ササキは祖母から物語を聞き、眼を合わせるんじゃなく、上から視るようにしないといつか連れていかれるぞ!と散々言われていました。

ササキも祖母も見える人ですが、ササキは祖母とは違い、語っている最中その主人公の想いに引きずられ、疲労することが多々あったようです。実際に、ヤナギダに語っていた時もそうでした。

過去と現在が折り重なる不思議な空間

イノウエは、自身の妻が夕飯を作っている最中に行方不明となりました。警察には、神隠しにでもあったと思って諦めるしかないと言われ、神隠しなんてあってたまるか!とそんな思いが、今の仕事をする動機に繋がっていました。

そんな胸中をヤナギダに話している最中にササキが現れた時、回想と現実が混ざり合ったかのような印象を受けました。

『今のは誰だ』

というイノウエの言葉で、現実であることがわかります。ヤナギダの、「ササキくんですよ。今は病院に入院しているんです」の言葉で、語り部として話をする上で帰ってこれなくなったことがすぐにわかりました。そして、今亡くなったのであろうことも。だからこそ、この語り部の本に意味があり、託したいのだと。

この舞台は、最後までとても不思議で、笑いもあるのにどこか悲しい話だと感じました。そして、ササキを演じた瀬戸さんがとてもいいお芝居をしていて、2.5次元ミュージカルからとても成長していることが感じられる舞台でした。

前の記事はこちら→【ネタバレあり】遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 不思議な舞台の話

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
なごみ
なごみ
猫と舞台とミュージカルが好きなアラサー女子。岩手にいる為なかなか関東遠征はできませんが、イケメンと猫に癒される日々で、大好きな舞台やミュージカルの紹介、ネタバレという名の感想を書いていきたいと思います。現実を忘れさせてくれる世界に、興味を持ってもらえたら幸いです。

世紀の大発明!ノーベルの遺産、ダイナマイトとは何か

日本人の読解力が弱いと言われる3つの理由

関連記事

  1. 早春の京都で体験する嵯峨釈迦堂の涅槃会(その2)清凉寺の涅槃図と…

    節分が終われば、次に待つのは、涅槃会(ねはんえ)です。涅槃会が何物か、よく分からない方はこち…

  2. 【ネタバレあり】ミュージカル刀剣乱舞 阿津賀志山異聞 第二回

    今回は本公演であるミュージカル刀剣乱舞のストーリーについて紹介したいと思います。第一回はこちらから。…

  3. 親子で楽しむ春の京都0円旅、琵琶湖疎水記念館で学ぶ疏水の歴史と十…

    京都で歴史・文化に触れる旅行を…と考えた時、子ども連れで楽しむとすれば。神社仏閣や名園は、子…

  4. 2016秋の京都ライトアップ情報その8 秀吉や小町の愛した紅葉ス…

    秋の京都ライトアップ情報、前回の2016秋の京都ライトアップ情報その7 京都駅周辺の見所と巡り方で書…

  5. 【速報】SKE48柴田阿弥がニコニコ生放送にて卒業発表!!

    6月24日、ニコニコ生放送の番組冒頭にてSKE48の柴田阿弥が卒業を発表しました。近年AKBグループ…

  6. 【関西発】プレミアムフライデーに楽しむ旅行プラン5つ(後編)

    【関西発】プレミアムフライデーに楽しむ旅行プラン5つ後編は、さらにダイナミックに、400キロ以上の距…

  7. なぜ空手には寝技がないのか

    ■空手に寝技がない理由は何か空手は、基本的に寝技がありません。なぜでしょうか。様々な理由が考えられて…

  8. iPhone7の噂が徐々に出てきましたが・・・

    秋に発売されるだろうと言われているiPhone7ですが、そろそろ「カウントダウン」に入ったのかもしれ…

最近の記事

amazon

PAGE TOP