menu

485 views

男性から嫌われる言動とは?誰からも好かれる大人の女になるために・・・

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 635

異性から嫌われたくない

誰でも、人から嫌われるよりも好かれたいと思います。異性には特別視して欲しい、と思うのも当然のこと。

現代では「旦那なんていらない。未婚のまま子どもを生みたい。」と考える、自立した女性が多くなりつつあります。ですが、やはり多くの女性が素敵な人とお付き合いして、結婚・出産・そして幸せな家庭を築きたいと考えているでしょう。

極端な場合は、異性にこそ好かれなければ意味がないと、お考えの方もいらっしゃると思います。

では、男性が嫌う話し方や行動は、いったいどういったものなのでしょうか。

男性から嫌われる女

男性から嫌われる話し方や行動には、個人の好みにより大きく差はあります。しかし、一般的に嫌われる女の言動には、ある共通点があります。

一言で言えば、男性から嫌われるのは【女を忘れた言動】です。

ただし、誤解しないでいただきたいのは、決して『【ボーイッシュな女性】が嫌われる。』という意味ではありません。

見た目はボーイッシュでアクティブな言動をする方でも、嫌われるどころか、大変好かれる女性も存在します。

男性から嫌われる女の言動について、具体的な例を挙げてみましょう。

ガサツな言動をする女

  • いつでもどこでも大声で話す・笑う。
  • デスクや身の回りが、いつも散らかっている。
  • 常に落ち着きがなく、せわしない。
  • 歩き方を始め、物音を立てて騒がしく、周囲に配慮をしない。

こういったガサツな言動は、男性から嫌われるだけでなく、同性からも嫌われてしまいます。

【女を忘れた言動】という前に、人として周囲に対する気配りのできない・マナーを守れない人間ですね。

電車内でメイクしたり、男女関わらず座り方に配慮できない人は、いわゆるガサツな人間の類に入ります。(関連:足を広げて座ると迷惑行為?炎上した女性差別の発端とは?

品のない話し方をする女

品のない話し方は、ガサツな言動のうちに入ります。最も注意すべきなのは、現代の中高生が使うような言葉遣いを、三十を過ぎても平気ですることです。

  • マジうける~!
  • そいでさ。あの子がディスられてて~。
  • 打ち合わせで、ちょーイモったんだけど。

こんな言葉遣いをしていると、まず引かれてしまうのが落ちです。

良識のある男性は、そんな女を彼女にしたいとは思いません。相手との関係性にもよりますが、二十歳を過ぎたら大人の女性としての自覚が必要です。

ただし、例外があります。常日頃上品な言動をしている女性が、悪い言葉をポロッとこぼした場合です。意外な一面を見た相手は「可愛い。」と感じる場合もあるでしょう。また、それで笑いを取れる可能性もあります。なので、全てが嫌われてしまうというわけではありません。

大人としての考え方や自覚をしっかりと持っているなら、ガサツだと思われない場合もあるのです。

人の悪口やイヤミを言う女

何故か、誰かの悪口を言って喜ぶ人が多い、悲しい世の中。

噂話や陰口・悪口に花を咲かせて盛り上がる女子会なるものは、男性が大変嫌っているものの一つです。

人の悪口を誰彼構わず、言いふらすような女の言動。実は表情にまでその内面が映し出されているってお気づきでしょうか。

たとえどんなに美人であっても性悪な顔をしている方は、全て内面からの表れです。

外見の美しさだけに、誤魔化されるような男性を捕まえようと思っているのなら、全く問題ありません。ですが、人間的に素晴らしい男性に嫌われたくないのなら、根本的な性根を改善する必要があります。

食べ方が汚い女

  • 口の中に食べ物を入れたまま話す。
  • ボロボロこぼしながら食べる。
  • お皿の上の食べ残しが汚い。

食べ方が汚い女は、確実に男性から嫌われます。

「大口を開けて食べる姿は女らしくない。」と思う方もいるかも知れません。しかし、女性が美味しそうにほお張る姿は、男性から嫌われるどころか、逆に喜んでくれます。

スポンサーリンク

何故、大食いタレントのギャル曽根さんに人気が出たかわかるでしょうか?

個人的主観ではありますが、食べ方が大変綺麗な女性だから、も要因の一つになっているでしょう。

男性に媚びる言動をとる女

賢い男性は直感的に【女】である事を売りにしている女に気がつきます。

  • 異性の前だからといって、態度を変える。
  • 好かれようという一心で可愛い子ぶる。
  • わざとらしい上目遣いを使い、甘えた口調で何かしてもらおうとする。

「女だから特別よ。」と考えているのは、全て言動に表れています。まさに、見え見えなのです。

媚びる女は、嫌われてしまう確立がかなり高いと考えて、間違いないでしょう。

店から出る際トイレに行く女

男性と一緒に食事へ行き、お会計となると、そそくさとトイレへ行く女性がいます。男に奢ってもらうのが当たり前という考えを持っている女の行動は、どんな男性でも気がつきます。

合コンでもよくある、男性に次が有るのか無いのかを考えさせるポイントの場面です。なので、誰もがそれを認識し、気をつけているとは思います。ですが、とりあえず財布を出して「私は奢ってもらおうなんて考えてませんよー」というポーズをとっているだけなら?隠しているつもりでも、そんなあなたの卑しい言動は、全て顔や雰囲気に現れていると考えるべきです。

「容姿は綺麗なのに、残念だな。」と、思われているでしょう。

キツい香水をつけている女

柔軟剤によるスメルハラスメントが、大きな社会問題になっている昨今。

プライベートならまだしも、仕事にまでとんでもないほど臭う香水をつけている女性も存在します。

本人は、【匂う】のつもりでしょうが【臭う】という事にも気がついていません。

人の嗅覚は、いつも同じニオイを嗅いでいるとどんどん麻痺します。

いつも同じ香水をつけていると、香りが物足りなくて感じてしまい、つける量が増えていくのです。

異性同性例外なく、香水のつけ過ぎは嫌われてしまいます。気をつけるべきです。
(関連:男性が好きな匂い・嫌いな臭いって?さりげなく香っていい女になろう!

女性らしさを忘れている女は嫌われる

男性から嫌われる言動とは?誰からも好かれる大人の女になるために・・・

以上からまとめると、男性から嫌われる女とは【女性らしさ】を、理解していない言動をする女のことです。

【女性らしさ】とは

  • 優雅で淑やかな、立ち居振る舞い。
  • 慎ましくも、凛とした強い心を持つ。
  • 出しゃばらず、控えめでありながらも芯が通った心。
  • 男女の差を考えず、自立した概念を持つ。

日本独特な考え方ではありますが、このようなものではないでしょうか。

最近は、女だから特別扱いしてもらおうと思っているくせに、都合のいい時だけ「男のくせに。」と、男性を見下したり、男女差を主張する女性が増加しているのではないか、と考えます。

香水をふりまき・身なりだけを着飾っても、それ相応の相手にしか好かれません。それどころか、人として素晴らしい人間からは嫌われてしまうという、最悪な結果しかもたらさないのです。

(関連:いくら好きでもドン引きされる女の行動。こんな事してませんか?

また、今まで女性向けとしてお話してきましたが、これは男性の場合も同じです。

ガサツな言動をする人は男性であっても異性・同性問わず嫌われます。人の陰口・悪口をいう男性だってそうでしょう。また、都合の良い時だけ【男らしさ】を主張する女々しい男は、レディファーストをしようが、どれだけイケメンだろうが、たくましい肉体を持っていようが、嫌われてしまうのです。

男女関わらず、言動だけではなく、根本的な【男らしさ】や【女らしさ】について、深く考えるべきだと言えます。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
JUN
JUN
23歳と18歳の子を持つ母であり、日々何かに気づきを得る毎日を過ごすメンタルアドバイザーJUNです。 子育て・恋愛をはじめ、様々な視点から人の心理の根本を追求していきます。

情報端末の進化で受験会場が変わる?カンニング技術の変遷

男性が好きな匂い・嫌いな臭いって?さりげなく香っていい女になろう!男性が好きな匂い・嫌いな臭いって?さりげなく香っていい女になろう!

関連記事

  1. 味覚の違いはどう埋める?味付けが不味いと言われて悩む方の解決策

    味覚の違いはどう埋める?味付けが不味いと言われて悩む方の解決策

    育った家庭によって、好みの味付けには大きな違いが出ます。恋人同士や結婚したばかりの夫婦で、味…

  2. 妊娠初期の腰痛は稽留流産のサインかも!?

    妊娠初期の腰痛は稽留流産の可能性があります。稽留流産というのは、妊娠したものの、母胎の中で早期に赤ち…

  3. 薬価を下げる話が見送り?増税延期の余波が医療に向かう

    2017年4月に消費税を上げない!首相が新しい判断をしました。庶民にとっては、とりあえず安心です…

  4. 中心性漿液性脈絡網膜症とは

    中心性漿液性脈絡網膜症概要中心性漿液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃく もうまくしょう…

  5. 脳リンパ腫とは何か?「がん」と「癌」の違いも解説します

    2017年1月21日、俳優の松方弘樹さんが死去されました。約1年前に入院したとのニュースはありました…

  6. 結膜炎は安静にするしかない

    ■結膜炎が発症したらどうするか病気になったらどうするか?もちろん医療機関を受診して、正しい診断と治療…

  7. 【何でも八分目】怒りに任せた本音が取り返しのつかない喧嘩になる危険性

    【何でも八分目】怒りに任せた本音が取り返しのつかない喧嘩になる危…

    『喧嘩をするほど仲がいい』ということわざがあるように、気心の知れた相手には本音を言うこともできます。…

  8. 価値観よりも大切なことってある?ハッとして思わず逆転した経験

    価値観よりも大切なことってある?ハッとして思わず逆転した経験

    自分の中の価値観は、そんな簡単に変わるものではありません。ですが、何気ない経験や、ふとした出…

最近の記事

  1. ママのイライラ【赤ちゃん返り】をする子どもの心理とその原因
  2. 上の子の赤ちゃんへのやきもちはどうやって回避する?
  3. 子どもに愛情を伝える一番の方法『わかりやすく心(こころ)を教えるためには』

amazon

PAGE TOP