menu

153 views

下手すると『気持ち悪い』とまで思われる!?女を意識しすぎるしぐさやセリフ

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 757

男性に好かれたい一心で、つい無意識に【女を意識させる行動】をとるのが女性です。

でも、むやみやたらに【女】をアピールすると、実は相手に『気持ち悪い』と思わせてしまいます。

その結果、男性どころか、同性からも好かれない可能性が高くなります。

では、気持ち悪いと思わせてしまうしぐさやセリフとは、いったいどういった言動なのでしょうか?

ネチネチと話す女は気持ち悪い

女性は、好きな相手だけに限らず、異性相手や電話で話すときに、自然と声が高くなります。ですが、それは無意識のことなので、変えることは、まず不可能です。

自然になら問題ありませんが、好かれたい一心で、むりやり媚びるような声で、ネチネチとした話し方をすればどうでしょうか。これは、男性に敬遠されてしまう原因になります。

いわゆる、ぶりっこと言われるものですね。

ぶりっこの度が過ぎると相手に『気持ち悪い』と思わせてしまいます。

性を連想させるような身なりは気持ち悪い

「男性は、常にエッチな事を考えているから、女性が好きなんでしょう。」と考えてしまいがちです。しかし、性を連想させる露骨な身なりやしぐさが、全て好かれるとは限りません。

そういった言動は、言い方が悪いですが、頭の悪い下劣な男にとっては、大変喜ばしいことでしょう。

でも、まともな感覚を持っている男性から見て、性を連想させる軽々しい身なりやしぐさをする女性は、ただの下品な女です。

そんな言動をする女性には色気を感じるどころか、気持ち悪いと思うだけなのです。

現代では、肌を露出するファッションが多いです。女らしさを強調する服装も多くなっていますね。

それはそれで、とても素敵なことではあります。しかし、やはりものには限度があります。

まともな感覚の男性は、限度を超した身なりの下品な女性を、自分の彼女にしたいとは思いません。

女子中学生の気持ち悪い態度

電車に、中学生と思われる複数の男女が乗り込んできました。

その中で、女の子は1人。その子は首周りの大きく開いたトレーナーを着用していました。それは明らかにオフショルダーのデザインではありませんでした。

電車がガラ空きの状態であるにも関わらず、彼女は仲間の男子が座った座席横のドア前にしゃがみ込みました。その前には、別の男の子が立っていました。

そして彼女は、肩を大きくはだけて前のめりになった状態で、座った男の子と話し出しました。

肌は大きく露出され、前のめりになっているせいで、胸の谷間も確実に見えていました。前に立った男の子の位置からは、胸元だけではなくお腹辺りまで見えているのは確実だったでしょう。

一方、彼女はそんなことはお構いなし。首を傾げ、長い髪を露出している肩の反対側に寄せ集めながら、上目遣いで会話していたのです。

中高生の男の子が、こんな身なりやしぐさを見れば、大変喜ぶのは事実です。電車の男の子も、彼女の言動を気持ち悪いと思わず、きっと喜んでいたことでしょう。

ですが社会人ともなれば、そのしぐさが何を意味しているのかは一目瞭然。まさに、女を意識した気持ち悪い行動ですね。

女の子らしさを微塵も感じない行動に、彼女の行く末を心配してしまう光景でした。

必要以上に髪を触るのは気持ち悪い

『髪は女の命』という言葉があるように、サラサラヘアは女性を引き立てる魅力の一つですね。

男性でもロン毛にしている人もいますが、それとは違います。女性のサラサラな髪は大変柔らかい印象を与え、魅力的です。

そんな女性の柔らかさは、男性を最も惹きつける要素となります。(関連:男性に好かれる女らしい動作の基本【女が最も知りたかったこと】

ですが、髪を必要以上に触るしぐさは、上述と同様に、性を連想させる行動でもあります。

または、不潔で気持ち悪いという印象を持たれてしまうのです。

「ほら。どう?私の髪綺麗でしょう?」と、意識して女を売り込んでいる姿は、見え見えでわざとらしい行動です。
そして、何より髪は決して清潔なものとは言えません。

女性が髪で自分の魅力をアピールするのは、意識的にはできません。

いい匂いをさせようと香水を振りまいても、髪から自然に漂うシャンプーの香りの方が良いというのも、そのためです。(関連:男性が好きな匂い・嫌いな臭いって?さりげなく香っていい女になろう!

女子力を売りにしたお節介な女は気持ち悪い

気の利く女を意識しすぎて、その気配りが逆にお節介になる場合がありますね。(関連:要注意!好きな人への気配りそれで大丈夫?逆効果になる行動

  • 野菜を食べて!と無理矢理苦手なものを食べさせる。
  • 彼女でもないのに、健康に悪いからタバコはダメ!と取り上げる。
  • しなくていいと言っているのに、勝手に人の部屋を掃除し始める。

心当たりはないでしょうか?

スポンサーリンク

思いやりのつもりで、自分の考えを相手に押し付ける。これは、思いやりでも気配りでもありません。ただの自己満足です。

「どう?女子力高いでしょう?」という自己満足が過ぎる行動。これは、相手に気持ち悪いと感じさせるだけ。もちろん、自分を好きになってもらうことなどできません。

男性からすれば、『母親にでもなったつもりかよ?』と、ただ鬱陶しいだけの行動です。

自分が一番綺麗だと思っている女は気持ち悪い

男女関わらず、持って生まれた容姿に大きな差があることは、致し方ないことですね。

女性の見た目の美しさは、第一印象で好感を与えます。そのため、美しい方が得をするのは間違いありません。

でも、自分の容姿が人より勝っているからといって、常に【自分が一番綺麗!】と人を見下すような女性は、誰かに心から好きになってはもらえません。

好感を与えるどころか、気持ち悪いと思われてしまいます。

容姿が美しいことで、誰よりも優れていると思うのは、ただの慢心にしか過ぎません。

(関連:自分が大好きでもいい理由。自信がある事とナルシストは別物であること

自分を卑下し過ぎる女は気持ち悪い

長所を褒めても、「全然そんな事ないよ。私なんか・・・。」と言う人がいますね。

特に、女性にありがちなセリフです。『そんなに美人なのに、思いもしない謙遜言っちゃって!』と感じる場面も少なくないでしょう。

でも、褒められたことを否定する場合、真に劣等感を持っているのか・褒めてもらいたくてわざと自分の事を悪く言っているのか、その本心は大抵見抜かれています。

  • 私って鼻が低いからブスで・・・凄く悩んでいるのよね。
  • 最近お腹が出てきちゃって、あなたはほんとスタイルがいいから羨ましい。

美人でスタイルがいい人から発せられる、自分を卑下した言葉。あなたより容姿が悪い私がいる前で言うべきセリフじゃないだろう!?そう感じたことはありませんか?

『ねぇ。私のこともっと褒めて!』
まるで、そう聞こえるのは私だけではないはずです。

そういったセリフは、ただの気持ち悪いイヤミでしかありません。

ですが、本当に自分の容姿に自身のない人は、『神様は不公平だ。』と嘆くでしょう。

コンプレックスを話すとどうなるか。以下のような例もあります。

自分のコンプレックスを相談して・・・

ある女性は、自分の顔の全てがコンプレックスでした。

ある男性と知り合い、友人として付き合いをするようになった頃、自分の顔の悩みについての話をしました。

「私、頬骨が高すぎるし鼻が低い上、目が小さい。自分の顔がブスすぎて本当に大嫌い。女はやっぱり猫目がいいよね。私も猫目の美人になりたいな。」

実は彼女は、昔から自身の小さな目がコンプレックスでした。なので、目尻から跳ね上げるようにきつくアイラインを引き、何とか自身の理想に近づけるように頑張っていました。

ですが、男性はメイクのことなんてそこまで深くは知りません。彼は何の疑いもなく『彼女は猫目である。』と思っていたのです。

数年後、二人は結婚を前提に付き合い始め、気の置けない関係になった頃、男性が言いました。

「俺、初めて逢った時から好きだなって思ってた。だけど、お前が昔『猫目が憧れ』って言った時、自分の目を褒めてもらいたいから、わざと自分を卑下したんだと思って、実は気持ち悪いって思ったんだ。でも、その後すぐにそうじゃなかったって気がついた。やっぱり俺の目に狂いはなかったよな。」

彼女のコンプレックスの告白は、彼に自分を売り込むためのセリフだと思われ、誤解されていました。ですが、彼女に媚を売る意図が無かったことが解かった時、それが彼女の本質を理解してもらえるきかっけになったのです。

気持ち悪い程女を意識した言動はいずれ暴かれる

下手すると『気持ち悪い』とまで思われる!?女を意識しすぎるしぐさやセリフ

上述したように、誤解されても、いずれ本性は露わになってしまうものです。

  • 女である事を気持ち悪い程意識する。
  • 女を売り込みすぎる、見え見えな行動やセリフを発する。

実は、男性であっても同様です。

男女差を意識し、女性・男性らしさを大きくアピールする身なりや発言は、相手に不快感を与え、本当に好かれることはないのです。

【誰しも同じ人間である】という事を当たり前に考え、普通に接することが、最も重要です。

併せてご覧下さい。ドン引きされる女の外見。こんな女は好きになれない真実とは?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
JUN
JUN
23歳と18歳の子を持つ母であり、日々何かに気づきを得る毎日を過ごすメンタルアドバイザーJUNです。 子育て・恋愛をはじめ、様々な視点から人の心理の根本を追求していきます。

2017年の中学受験が一段落しました、今年もSの優位は変わらずです

臨床研究・他人のiPS細胞を使った加齢黄斑変性治療の患者を募集開始!

関連記事

  1. 肺気腫が原因で起こる様々な後遺症

    どんな病気にも原因はあるはずですが、中には原因の明確ではない病気もあります。とはいえ肺気腫は、タ…

  2. 味覚の違いはどう埋める?味付けが不味いと言われて悩む方の解決策

    味覚の違いはどう埋める?味付けが不味いと言われて悩む方の解決策

    育った家庭によって、好みの味付けには大きな違いが出ます。恋人同士や結婚したばかりの夫婦で、味…

  3. 圧迫萎縮の原因

    圧迫萎縮と呼ばれる症状が出る原因は、主に物理的な圧迫です。本来ないはずのものが現れて邪魔をする、…

  4. 冷やし中華の謎(第2弾)元祖冷やし中華の誕生!

    6月に入り、いよいよ梅雨到来と言ったところなのでしょう、何となくじめじめ、気分の優れない空模様が目立…

  5. 糖尿病の人必見!タケダが開発止めるってよ

    日本人には国民病がたくさんあります。そのひとつが糖尿病です。糖尿病は贅沢病でもあります。…

  6. 結膜炎を放置するとどうなる

    結膜炎を放置するとどうなるか結膜炎を放置するとどうなるか?素朴な疑問です。では風邪を…

  7. 脳リンパ腫とは何か?「がん」と「癌」の違いも解説します

    2017年1月21日、俳優の松方弘樹さんが死去されました。約1年前に入院したとのニュースはありました…

  8. 悪性中皮腫に効果的な食べ物

    悪性中皮腫は進行性のがんであり、建材のひとつであるアスベスト(石綿)による曝露が問題視されています。…

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP