menu

105 views

価値観とルックスどっちが重要?男と女の結婚観はこうだった!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 629

女性は、いくつになっても美を追求します。

  • 美人じゃないから、彼氏がなかなかできない。
  • このままじゃ結婚できないかも・・・。
  • ルックスが良くないから、誰からもプロポーズされないんじゃ?

こんな気持ちになり、将来が心配になったりもしますね。

(関連:男の一目惚れは容姿だけで決まる?綺麗な見た目だけで好きになる?

一方、男性も同じく、結婚願望があっても、ルックスが悪いから結婚できないかも…と、心配している場合もありますね。

今回は、男女の結婚観で、重要視するものは何なのかを考えてみました。

ルックスが良いことは結婚の条件?

人が出逢う時、ルックスから入るのは間違いはありません。

人は『見た目が美しいものは綺麗』という勝手な先入観を持っています。

美人・イケメンでルックスが良い 】= 【性格が良い】と思ってしまうのは、誰もが同じでしょう。

ですが、本当に異性にモテるのは、ルックスが良い人だけではありません。

(参考:「可愛い顔」が選ぶ基準?男がタイプじゃなくても好きになる心理

男女問わず、付き合うのなら『ルックスが良くないと絶対に無理!』と思っている人は、結構いるのではないでしょうか。

しかし、付き合うのと結婚は、全くの別物です。

別れることを前提として結婚する人はいません。確実にいないとは言えませんが、その後の一生涯を共にする相手を、ただのルックスだけで選ぶ人は、一般的にはいないでしょう。

結婚するために重要な価値観

男女が結婚相手を選ぶ基準は、【相性】【フィーリング】が最も重要な要素です。

相性が悪い相手と一緒にいても落ち着きませんし、そんな人と死ぬまで一緒にいることはできません。

相性が良く・フィーリングが合う、という条件に、【価値観】の相違は大きく関わると言えますね。

なぜなら、価値観が違うと喧嘩の原因になりますし、そもそも一緒にいて居心地が良いわけがないからです。

離婚の原因に、価値観の違いが上げられることが多いのも事実です。

(関連:自分とは違う彼氏の【お金の価値観】許容範囲?それとも許せない?

マイナビウーマンの調査「ルックス・経済力・価値観・権力・性格」のうち、女性が結婚相手に求める優先順位では、様々な回答が見られます。

私の個人的見解ではありますが、【結婚するために重要なのは、ルックスよりも価値観だ。】と思います。なぜなら、価値観が違い過ぎるカップルは長続きしないと思われるからです。

皆さんはどう考えるでしょうか?

結婚相手に重要視するのは何?

恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」が『男女それぞれが結婚相手に重要しするポイント』をアンケートしたところ、以下のような結果になりました。

■ 男性が結婚相手に重要視するポイント ■

  1. 性格・人柄
  2. 価値観
  3. 容姿・外見

■ 女性が結婚相手に重要視するポイント ■

  1. 性格・人柄
  2. 価値観
  3. 収入

出典:prtimes.jp

このアンケートは、男性2,688人・女性2,797人と、多くの方の回答していて、大変信憑性があります。

男女とも2位に価値観がランクインしています。やはり、価値観が結婚相手を選択するために、大変重要な要素となっているのがわかりますね。

美人やイケメンでも3日で飽きる

いくら美人やイケメンでルックスが良くても、人は必ず見慣れてしまいます。

どんなに美しい人も、年齢と共に老化し、永遠に若く綺麗なままでいることはできません。

もちろん、美しいものはいつまでたっても美しい、と言われればそうかも知れません。しかし、『美人は3日で飽きる。』という言葉はあながち間違いではないと思われますね。

心理学者エドワード・ソーンダイクが唱えた『ハロー効果』という現象があります。
物事の一面だけで判断することで、他の特徴についての評価が歪められる人の心理を説いたものです。

スポンサーリンク

出典:wikipedia

そして、同じ心理学で【ゲイン・ロス効果】という現象もあります。

出典:著者・二瓶達  第一印象に縛られるな!

ルックスが良いと、先入観で『全てが完璧だ!』と、必要以上に良く思われ、その後、些細な欠点を見せただけでも、【ロス効果】によって幻滅されてしまう可能性が高くなるのです。

ちなみに【ゲイン効果】はその逆で、マイナスがプラスになる心理を表しています。

ルックスの良いイケメンのロス効果

ある男性は、ルックスの良い、かなりのイケメンでした。

『優しい。』と評判の彼は、会社でもキャーキャーと女性が集まるモテ過ぎな男でした。そんな彼に憧れていた女性が、とうとう彼と付き合う事になりました。

ある日、彼女の幼い甥っ子が肺炎で緊急入院。お見舞いに行くため、女性はデートの約束をキャンセルしました。「ごめんね。どうしても心配だから・・・。」と。

すると、彼が言ったのです。「肺炎くらいで何だよ。ちゃんと母親がついてるんだろ?別に行かなくてもいいじゃないか。」と。

彼女は、彼が発した言葉に唖然としました。

『彼がそんなに冷たい心だったなんて・・・。』彼女は大変ショックを受け、一気に熱が冷めました。

ルックスが良く『優しい。』という、勝手な先入観を持っていたために【ロス効果】が表れたのです。

自分の身近な親戚が心配、という彼女の価値観と、彼の価値観は全く違ったものだったのですね。

いくらルックスが良くても、このような価値観の違いがあれば、付き合いが長続きすることはありません。

見た目がキツい女性の【ゲイン効果】

Aさんは、自身がキツい見た目であることはわかっていて、それが少々悩みの種でもありました。

黒髪にするともっとキツく見える、と言われたことがあったので、茶髪にしていました。

彼女の子どもが小学生の頃、「うちでBくんと遊ぶ約束をしてきた。」と帰ってきたので、Bくんの自宅へ電話をかけました。

「いつでもいらして下さいね。」と伝えたところ、Bくんの母親は「では、○時に。」と約束し、子どもを連れてきたのです。

それから数か月後。彼女とBくんの母親は仲良くなり、個人的に付き合うことが増えました。その頃、Bくんの母親にこう言われたのです。

「初めて見た時、茶髪だしジャージ着ているし、あなたはヤンキーだと思って、凄く怖かったのよね。こんな家に子どもを預けて大丈夫かなって心配してしまった。でも、今はAちゃんの家に遊びに行かせるのが、どこの家よりも何より安心なの。」

実は、彼女の価値観は、『自分よりも子ども』。子どもをとても大切にする性格だったことが、Bくんの母親が持っていた先入観を変えたのです。

こうして、見た目とのギャップに【ゲイン効果】の現象が表れたのです。

他人から大変信頼されたAさんに、少し自信が出たのは言うまでもありません。

男と女の結婚観は価値観が重要

価値観とルックスどっちが重要?男と女の結婚観はこうだった!

上述した例を見ても、ルックスよりも価値観の相違は大きな壁となります。

それが、恋人でも友達でも変わりはありませんね。

結婚となれば、誰もが、居心地の良い・暖かく素晴らしい家庭を作りたい、と願うでしょう。

ルックスが好みでも価値観が違う相手と生活をしていけば、必ず何らかの問題が発生してしまいます。

よって、男女共に結婚観では、ルックスよりも、性格などの内面・自分と似通った価値観が最も重要視される、と言えるのではないでしょうか?

(併せてご覧下さい。自分とは違う彼氏の【お金の価値観】許容範囲?それとも許せない?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
JUN
JUN
23歳と18歳の子を持つ母であり、日々何かに気づきを得る毎日を過ごすメンタルアドバイザーJUNです。 子育て・恋愛をはじめ、様々な視点から人の心理の根本を追求していきます。

味覚の違いはどう埋める?味付けが不味いと言われて悩む方の解決策味覚の違いはどう埋める?味付けが不味いと言われて悩む方の解決策

NASAが太陽系外惑星を発見!地球外生命体の探し方

関連記事

  1. 政府が美容医療の誇大広告を禁止する!裏側を解説します

    2017年3月10日の日本経済新聞夕刊に「美容医療の誇大表現禁止」との記事が掲載されました。政府が医…

  2. 気圧が下がると頭痛になる?医学的な根拠があるようです

    昔から、雨が降ると古傷が痛む!逆もありです。膝が痛いから、明日は雨だ!最近だと、低気圧になる…

  3. アトピー性皮膚炎に溶連菌感染症が併発すると…?

    アトピー性皮膚炎は、難治性のアレルギー疾患です。大人になると状態は和らぎますが、それでも子供にと…

  4. 春でも油断できませんよ。風呂場に潜む7つの危険

    1日の疲れやストレスを癒すには、お風呂に入るのが一番です。血行促進やリラックス効果があります。…

  5. 好きと嫌いは【固定観念】もあるという事実。思い込みの怖さ

    好きと嫌いは【固定観念】もあるという事実。思い込みの怖さ

    好きと嫌い全く正反対の感情である「好き」と「嫌い」自分の意志に反して、瞬間的に裏と表がひ…

  6. 家族が死ぬ時を想像して泣く

    まったく健康のはずだけど、家族が死ぬ時のことを想像して泣く?情緒不安定になることが多々あります。…

  7. 乳児用液体ミルクの製造販売が始まる?育児の悩みは解決するか

    厚生労働省は、乳児用液体ミルクの国内製造および流通に対してゴーサインを出すようです。粉ミルクの調整に…

  8. 2016年のダイエット目標はBMI指数で決まる!

    念頭に当たり、今年の目標や豊富を述べる際、“今年こそダイエット!”、“今年こそ痩せたい!!”、あるい…

最近の記事

  1. ママのイライラ【赤ちゃん返り】をする子どもの心理とその原因
  2. 上の子の赤ちゃんへのやきもちはどうやって回避する?
  3. 子どもに愛情を伝える一番の方法『わかりやすく心(こころ)を教えるためには』

amazon

PAGE TOP