menu

1,417 views

2017年も、あえてガラケーを使い続ける9つの理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 713

電車内を観察していると、多くの人はスマホを見ています。
スマホの普及率は相当なものです。
ガラケーを抜いたようです。
とはいえその程度なのでしょう。
実際にガラケーを使っている人も少なくありません。
何故でしょうか。

そういう私もガラケー派です。
実際のところ、スマホを触ったこともありません。
ある意味で化石的な人間かもしれません。
別にスマホを忌避しているわけではありませんが、ガラケーをあえて使い続けている理由があるようです。
そこにビジネスチャンスありかも。

ガラケー人口は意外に多い

内閣府が発表する消費動向調査によれば、2015年度にスマホの利用者がガラケーを上回ったとか。
携帯電話の普及率は95%!
しかし使っていない人が5%もいるとは驚きです。
またスマホの普及率は67%!
3人に2人が使っている計算です。
逆に3人に1人は使っていない!

もちろん複数台の所有者もいるでしょう。
ガラケーとスマホを使い分けるパターンもあります。
一方で使用頻度はわかりませんが、ガラケー所有者は未だ半数程度います。
シニア世代へのスマホ普及率も上がっていますが、スマホが伸び悩んでいる?
そんな報告もあります。

学生など初めて携帯電話を買う人なら、今更ガラケーはないのでしょう。
そういう意味では将来的にスマホだらけになるはずです。
かつてのピッチやポケベルのように、ガラケーも死語やレガシーになるのでしょうか。

ガラケーを使い続ける理由とは

人それぞれ趣味や趣向は異なりますが、この時代になってもガラケーを使い続ける理由は何でしょうか。
こじつけもありますが、合理的な理由もあります。

1.ウイルスフリー

スマホ利用者が気づいているか知りませんが、スマホはパソコンと同じです。
ウイルスに侵入されます。

これはアプリをダウンロードできる!
つまりOSの変更を許す仕組みになっているからです。

皆さんは怖くないのでしょうか。

 

また使い方次第では便利なのでしょうが、GPS機能が付いています。
必然的に自分の居場所がばれています。
さらに遠隔操作されるリスクもあります。
もちろん言い出したらきりはありませんが、スマホは様々な危険に晒されています。

その点ガラケーはウイルスフリーです。
そもそも添付ファイルも読めません。
知らぬが仏でスマホを使うこともできるのでしょうが、知ってしまうと恐ろしくなりますね。
そんな小さな安心感がガラケーの魅力でもあります。

2.充電間隔が長い

最新機種ならだいぶ改善されたのでしょうが、スマホは直ぐに電池切れします。
1日に何回も充電する!そんな知人を見ています。
もちろん使い方次第でしょう。
無用なアプリを走らせている?
それを知らない人も多いようです。

とはいえガラケーなら充電しなくても、使い方にもよりますが、数日はもちます。
1週間充電しないことも珍しくありません。
長電話しても安心です。
機能を絞って使えば、充電間隔が長くなります。

3.壊れにくい

スマホのガラスにヒビを入れている人が結構いますね。
落としたら簡単に割れてしまうのでしょう。
当然です。
とはいえガラケーは簡単には壊れません。
そうした頑丈さも、ガラケーの魅力です。

また折り畳み式のガラケーは、普段、画面やキーボードを中にしています。
それもあって壊れにくいのでしょう。
ただし開いた状態で踏まれたら?
ボキっと折れて、終わりなのは同じですが。

なおスマホには中途半端な防水機能があります。
それが油断を誘います。
もちろん水没させたら終わりです。
サムスンで起きた電池の発火事故も、中途半端な防水機能が原因だったとの説があります。
精密機器は注意して使いましょう。

4.持ち運びが便利

スマホも小さいですが、ガラケーは小さいので持ち運びが便利です。
ちょっとの差ですが、ズボンのポケットが膨らむこともありません。
もちろん小さいが故に落としてしまう!
トイレや洗面所に落とすニアミスもありますが、手に馴染みやすいのも事実です。

スポンサーリンク

5.電話しやすい

今残っているガラケーは、ほとんどが折り畳み式ですね。
言い換えると縦長式です。
これが意外に電話する場合は重宝します。
つまり両手でメモをするために肩で押さえる!
長さがフィットします。

電話をしている!
そんな実感もあります。
もちろんこれも慣れなのでしょうが、スマホは口の辺りに「もの(マイク)」が来ないですね。
ちょっと心配です。
ついつい大声になりそうです。

とはいえ今はイヤホンしながらスマホを手にもって電話できます。
はた目にはひとり言をつぶやいているようで異様に見えますが、いずれ皆そうなるのでしょうか。
電車に乗るのが怖くなります。

6.誤操作しにくい

年をとってくると、手に脂分がなくなります。
レジ袋を使う際も、ついつい指を舐めてしまいます。
同様に銀行のタッチパネルなども反応しません。
スマホも指の表面に流れている静電気を感知します。
それが使えない!
こぼす知人もいます。

逆にスマホはちょっとした反応で誤作動します。
我が家のパソコンも、マウス用のパネルにちょっと触れただけで誤作動します。
これには困っています。
もちろん機械の癖を知れば気にならないのでしょうが、緊張すべき場所で失敗したら?
試験監督していた先生がアダルト動画を見ていた!
事件がありました。

その点ガラケーでは誤操作することがありません。
ただししっかりとボタンを押さないと、メールなどが正しく入力できないこともあります。
一長一短ではありますが、画面が変になって慌てることは、ガラケーではありません。

7.LINEを断わる理由になる

スマホを使う知人を見て、面倒そうに思うのはLINEなどのSNSです。
付き合いもあるのでしょうが、煩わしそうです。
既読なのに返信しない?
学校ではいじめにも発展するようです。
しかしガラケーならできません!
断る理由になります。

それもあってスマホにしないのかもしれません。
もちろんLINEは便利なのでしょう。
SNSはビジネス上の宣伝にも使えます。
とはいえコスパ?メリットが上回ると思えば、やる価値はあるのでしょうが、現状ではマイナスの方が多いと考えています。

無駄な付き合いに疲れている人は、ガラケーに戻すことをオススメします。

意外にストレスがなくなりますよ。
人付き合いも断捨離しましょう。
そういうきっかけになります。

8.機種変更するのが面倒

ドコモショップには、年に1回行くか行かないかの程度です。
契約方法云々もそうですが、機種変更するのも面倒ですね。
普通の買い物のように、スムーズにはいきません。
事務作業も多いです。
そこまでして今スマホに変えるべきなのか?

携帯電話に限りませんが、釣った魚に餌を与えない!
何の変更もせずに長く使い続ける人ほど損をするようです。
頻繁に機種やキャリアを変えた方が割引になる?
おかしなシステムですが、それでイライラするよりは、ましかもしれません。

9.そもそも必要性を感じない

スマホで何をするのか?仕事であればパソコンやタブレットの方が便利です。
慣れの問題なのでしょうが、携帯で文章を打つのは苦手です。
ゆったりとしたキーボードを使いたいですね。

そもそもスマホの必要性を感じていないのでしょう。
移動時の連絡だけなら、ガラケーの電話やメール機能で十分です。
地図機能を使えるのは便利かもしれませんが、それも年に何回あるでしょうか?
紙の地図を見る方が好きなのも、スマホに変えない理由かもしれません。

将来的にはスマホなのでしょうが

今のガラケーが壊れたらどうなるのか?
新たにガラケーを買うことはできるのでしょうか。
スマホも安くなっています。
思い切って変えてみるのも一法でしょう。
とはいえスマホを使いだしたら、逆にはまってしまう!
それが怖いというのが本音なのかもしれません。

携帯電話を使っていなかった時代も、周りから言われました。
使ってみたら便利だよ!
しかし今もあまり有効活用していません。
結局性格的に、携帯電話という物自体と相性が悪いのかもしれません。
そうしたアナログ人間も、世の中には少なくないはずです。
スマホを付き合いで使うのは、止めましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

5歳~7歳の嘘のしつけは優しく教えてもわかる?常に優しくしなければいけない?5歳~7歳の嘘のしつけは優しく教えてもわかる?常に優しくしなければいけない?

海があるのに水不足?淡水化が難しい3つの理由

関連記事

  1. 2016秋の京都ライトアップ情報その10 合格祈願ができる紅葉ス…

    今や京都には20ヶ所以上もの恋愛成就の神社仏閣が存在しています。そして、それ以上に、多くのパワースポ…

  2. デジタル放送は2秒遅れる?テレビが遅れる諸現象について

    テレビの報道番組など国際中継のシーンで、変な時間差があります。もう慣れたとは思いますが、デジタル…

  3. 熊本への旅行はある程度落ち着いてからになるでしょう

    4月14日の夜から頻繁に起きている熊本県の大地震にて、熊本県はもちろんですが九州への旅行を企画してい…

  4. 遂に発表されましたが、iOS10を「客観的に」考えてみる

    6月14日、appleの年次開発者会議、「Worldwide Developers Conferen…

  5. NHKがネット視聴者向けの受信料を検討中?NHKのおごりとあせり…

    NHKは、スマホを対象にした受信料の徴収方法について検討しているようです。2017年6月27日、…

  6. 20日放送の真田丸で講和と抗戦で揉めた本当の理由は?

    最終回まで残すところあと僅かとなったNHK大河ドラマ「真田丸」。終盤に突入し、twitterなどSN…

  7. 【ネタバレあり】遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 不思議な舞台の話

    11月30日、私の地元である岩手のお話、遠野物語。ストーリーのご当地である岩手県で公演されるというこ…

  8. 移動は簡単?ヨーロッパ入国ビザ事情

    中東の移民問題で揺れているヨーロッパ。特に、中東系の移民が多いドイツでは、メルケル首相が「移…

最近の記事

  1. ママ友は必要?ママ友なんていらない?どっちが正しい?
  2. ママ友のランチ会に誘われたらどうする?仲良くなるための注意点

amazon

PAGE TOP