menu

50 views

がんの原因の6割は遺伝子のコピーミスだった

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 655

日本人の2人に1人はがんにかかる!
衝撃的な数字もありますが、その原因は何か?
タバコやお酒をイメージする人も多いでしょう。
とはいえ遺伝子のコピーミスこそ最たる要因だった!
こちらも驚くような報告がありました。

にわかには信じがたい話です。
言い換えれば、今までの予防策は何だったのか?
暴飲暴食を続けても問題ないのか?
もちろん規則正しい生活をすれば、コピーミスが防げるかもしれません。
しかし具体的にはどういうことなのでしょうか。

6割はコピーミスが原因

2017年3月24日の日本経済新聞夕刊に驚きの記事が掲載されていました。
タイトルは「がん6割、遺伝子の複製ミス」アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究チームが著名な科学誌サイエンスで発表したそうです。

ちなみにジョンズ・ホプキンス大学は、日本人にとって耳慣れない名前かもしれません。
しかし医学分野においては有名です。
出身者もしくは教授などから11名のノーベル医学・生理学賞受賞者を輩出しています。
だからこそ信じてもよさそうなデータです。

記事によると、がんの原因は、

  • 環境要因
  • 遺伝要因
  • 遺伝子の複製ミス

この3つに分けられます。
そのうちがんの原因となる遺伝子の複製ミスが全体の66%を占めたとか。
一方で環境要因が29%、遺伝要因は5%だったようです。

同研究チームは分析のまとめとして、

がんは予防だけではなく早期発見が大切だ!

指摘しています。
もちろん

  • 禁酒禁煙
  • 適度な運動
  • 栄養バランスを考える
  • ストレスをためない

そうした生活習慣に注意することも当然ですが大切です。
誤解してはいけません。

なぜコピーミスをするのか

とはいえなぜ遺伝子のコピーミスが起きるのでしょうか。

そこにこそ大きな要因が隠れているようです。

1.人体は奇跡です

人体の仕組みは複雑かつ精巧です。
ある意味では奇跡的な働きをしています。
そもそも億単位で放出された精子の中から1匹だけが卵と受精する!
これほど超偶然的なことはないのです。
それだけでも神の御業?
言い換えると不妊が多い理由も理解できます。

また一人当たり約60兆個の細胞があると言われています。

それがすべて同時ではありませんが、個々の細胞が適宜遺伝情報のコピーをし、細胞分裂をしています。

それが狂わない方が不思議だと思いませんか。

こうして文章を書いている際にも、誤字脱字、変換ミスが起きてしまいます。
ちなみに売られている本のほとんどには、少なからず誤字脱字があります。
意識して読んでみると面白いものです。
学校の教科書なども例外ではありません。

2.1秒間に数十万塩基対がコピーされます

コピーが行われる単位は塩基と呼ばれます。

塩基には

  • アデニン(A)
  • チミン(T)
  • グアニン(G)
  • シトシン(C)

の4種類あります。
そしてAとT、GとCが必ず対になります。
なお遺伝の詳細については下記を参照してください。
参考「遺伝子とは何か?運命なのか、変えることはできるのか

塩基は、1つの細胞当たり60億対あります。
それを適宜複製していきます。

そのスピードは、1秒間に数十万対!

約8時間で完了する計算です。
それほどの速さならば、多少のミスは仕方ないのでしょう。

もちろん1秒間で行われる!
人間のレベルで考えると素早く感じますが、細かい単位で捉えれば、それほど速いとは言えないのでしょう。
例えば地球の歴史というスケールなら、人間の一生は、一瞬にも満たない期間になるからです。

3.すべてが深刻なエラーではない

大切な遺伝子にミスがあれば大問題ですが、塩基対の半分ほどは無意味な配列
将来的に研究が進めばわかりませんが、現状において遺伝情報とは考えられていません。
だからこそ逆に、そう簡単には、ミスが原因のがんにかからないのです。

スポンサーリンク
つまりコピーミスは頻繁に起きていますが、すべてが深刻なエラーではありません。

会社のコピー機でもミスプリの山ができます。
とはいえ経営に打撃を与えるほどでしょうか?
そういう話です。

ちなみにコピーミスが起きる確率は、10億分の1だと考えられています。

すなわち細胞分裂1回当たり10個弱のミスがある!
人間の一生と捉えれば微々たるものでしょう。
後述するように、これが数千世代積み重なれば?
別種への進化になるのでしょう。

4.ミスを防ぐシステムもあるが

ミスが起きるのは仕方のないことです。
ならばその対策はないのでしょうか。
もちろんあります。
自然はそれほど愚かではないのです。
今まで生き残ってきた理由は、相応の仕組みが備わっていたからです。

例えばコピーが正しく実行されているか、それを細胞内では逐一チェックしています。
そしてミスを見つけ次第、コピーのやり直しが行われます。
また塩基対のつながりが切れた場合も、常に修復されるシステムがあります。

とはいえ毎日億単位でコピーが行われます。
すべてをチェックすることは、事実上不可能です。
無意味な部分でのミスならば問題ないのでしょうが、大切な部分で見過ごしがあれば、それががんを含めた病気に発展することがまれではありません。

5.ミスが得をすることもある

コピーミスとは言いますが、逆にがん遺伝子の部分でコピーミスがあればどうなるか?

理論的には、本来遺伝に由来するがんが発症しないことになります。

言い換えると、がん遺伝子が多数発見されていますが、
あるからといって悲観することもないのです。
上述のように遺伝要因は5%です。

またコピーミスがあるから進化が起きる!

ほとんどのコピーミスは、生命体にとって致命的です。
とはいえ首が長くなるように遺伝的変異が起きた?
キリンにとって有効に働いたのでしょう。

人間に関しても、今の常識から考えると「おかしな人」もいますが、時代が変われば生存力が高まり、さらに時代を変える人になるのかもしれません。
それは全くの偶然です。
神の見えざる手です。

環境要因も侮れない

コピーミスが原因だとしても環境要因を侮ってはいけません。
ヘビースモーカーの多くは肺がんになりませんが、それでも節制することには意味がありそうです。
不摂生な生活を続ければからだの調子が悪くなり、コピーミスを誘発する確率が高まるでしょう。

そもそもミスを発見するシステムに支障を来せば、間違った部分が拡大していくでしょう。

そういう意味では、健康を維持することが、コピーミスを予防する方法になりそうです。

また、がんの原因に異生物の存在もあります。
例えば肝臓がんの根本原因は肝炎ウイルスです。
さらに子宮頸がんも、ヒトパピローマウイルスの感染から発症します。
一方で胃がんはピロリ菌の有無で決まるようです。

すべては確率の話です

いつ、どこで、どんなコピーミスが起きるのか?それはまったく偶然です。
すべては確率の話です。
一生の間に何千回とミスが起きても、たまたま関係ないところだったなら、がんにはなりません。

一方でたった一度であっても、致命的な部分でコピーミスが起きれば、そこからがんが誘発される!
場合によっては即死に値するようなエラーにつながる可能性も否めません。

明日事故に遭うかもしれない?
それも紙一重です。
どのレベルにおいても、私たちは微妙なバランスの上で生きている!
神様がいつサイコロを振るのかわかりません。
それを自覚しておくことが大切なようです。

定期検査を受けましょう

長生きしていれば、がんにかかるのは避けられません。
しかし少しでも健康で暮らしたいならば、定期的にがん検診を受けましょう。
検査は意味なし?
そんな説もありますが、早く見つければ何らかの対処法があります。

もちろん自分にとってどちらが望ましいのか?
最終的な判断は、当人にゆだねられます。
見つかってからジタバタしないように、心の準備もしておきましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

子どもがまだ小さいからどうせ忘れるだろう!?約束はいい加減でいい?子どもがまだ小さいからどうせ忘れるだろう!?約束はいい加減でいい?

京都を支える水物語(第2話)琵琶湖疎水の見所、インクラインとは?

関連記事

  1. 妊娠の心構えのまとめ

    本当の妊娠超初期本当の妊娠超初期というのは、妊娠の超初期症状が出ない方も少なくありません。…

  2. 住むならここ!日本一ストレスの少ない都道府県はどこ?

    今や、地震・雷・火事・ストレスと言われるくらい、日本人にとって脅威なのがストレスなのだそうです。…

  3. 自分が大好きでもいい理由。自信がある事とナルシストは別物であること

    自分が大好きでもいい理由。自信がある事とナルシストは別物であるこ…

    「自分のことが大好き!」という人は、世の中にどれ程いるでしょうか?「自分が大好き!」と聞けば…

  4. 下痢の症状まとめ

    下痢が続く下痢はなかなかつらいですね。電車等に乗っている時などはどうしようもないので、水なし…

  5. そばから外国人観光客を守るのは、そば屋さん?!そばアレルギータト…

    昨年2015年、訪日外客数が過去最高の1,973万人越え!45年ぶりに出国日本人数を上回った!と日本…

  6. 筋肉の重さは脂肪の2倍or3倍or1倍?

    筋肉は脂肪よりも重い! そのために、体を引き締めても、思ったほど体重が減らないという事は、以前あれか…

  7. 梅雨時に注意したいレジオネラ菌の感染源と症状

    梅雨時はカビが生えたり食中毒が心配です。とはいえもうひとつ、レジオネラ菌についても要注意です。…

  8. 意外と簡単!体脂肪計の選び方

    今日は、体脂肪の測定法あれこれと体脂肪計の原理、体重との危険な関係を持つ体脂肪率って?に続く、体脂肪…

最近の記事

  1. ママのイライラ【赤ちゃん返り】をする子どもの心理とその原因
  2. 上の子の赤ちゃんへのやきもちはどうやって回避する?
  3. 子どもに愛情を伝える一番の方法『わかりやすく心(こころ)を教えるためには』

amazon

PAGE TOP