menu

365 views

女子校は必要なのか?私立校で共学化が進んでいる3つの理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 640

男子にとって女子校はミステリアスな存在です。とはいえ女子だけが集まると本性が現れる?夢を壊したくないなら、男子が見るべき世界ではないとも言われます。そんな女子校に異変が起きている?つまり共学に変わる学校が増えているようです。

そもそも平成の世において「女子教育」は必要なのでしょうか。そうした点が今問われているようです。女子校にもメリットがある一方で共学化が進んでいる理由について、本音で考えてみましょう。

女子校とは

女子校とは、その名の通り、女子しか入れない学校です。とはいえ男性教員もいます。花園のようなイメージですが、実際の先生に尋ねてみると、いろいろな意味で大変みたいです。

1.女子校のイメージはお嬢様学校

多くの人が抱く女子校のイメージは、いわゆるお嬢様学校かもしれません。現在でもそうした学校は少なくありません。伝統校ほど女子教育のためにがんばっています。とはいえ入学に必要な学力は千差万別です。

幼稚園や小学校を備える学校法人もありますが、下から来る生徒と高校から入る生徒とでは、暗黙の序列があるとか?それがよいかどうかは別ですが、品位や伝統を保つためには大切なのでしょう。

なお学費は一般的な私立校と変わらなくても、プライベートのお付き合いでお金がかかります。そういう意味では、単なる憧れだけでお嬢様学校へ入らない方が無難です。「生きる世界が違う!」実感します。

2.地方の公立高でも女子校はある

女子校は私立のイメージですが、地方に行けば公立の女子校が少なからず存在します。元は女子教育、特に農村の女性を対象にしていた学校などもあります。ある意味でそれが伝統化します。

農村には男尊女卑の傾向がありそうです。とはいえそれはうわべだけ?実質的に家を支えているのは奥さんです。今の農村から女性がいなくなれば?日本の農業はすぐに崩壊するでしょう。嫁の来ない農家が、それを象徴しています。農村女子のパワーは偉大なのです。

3.女子校に近い都立高もある

東京の都立高校には明確な女子校や男子校はありません。とはいえ女子校に近い学校もあります。例えば商業高校です。最近では男子も商業科へ進むようになっていますが、おおよその男女比は1:2程度です。

また学科で見ると、家庭科は女子が大半を占めます。逆に工業高校は男子が主体です。この傾向は変わらないのでしょうか。なおかつて農業高校は男子中心でしたが、こちらも女子の入学者が増えています。力仕事や汚れをイヤだと避けない女子も多いのでしょう。

4.女子大はあるけど男子大はない

中学や高校には男子校があります。とはいえ女子大学はあるけど男子大学はないですね。なぜでしょうか。歴史的なくわしい事情に照らして考えれば、「女子に高等教育は必要ない!」その中で「女子にも教育を!」そうして生まれたのが女子大です。男子を優先する必要はなかったのです。

しかし同じような傾向が女子大にもあります。共学化の波は避けられないのでしょう。中高は女子校だけど大学は共学化!そうした学校法人もあります。そもそも大学は多すぎるのだから、潔く統廃合などを進めるべきなのでしょう。

女子校の共学化が進む理由

時代の流れなのかもしれませんが、女子校で共学化が進む理由は何でしょうか。

1.生徒確保のため

切実な問題として、生徒確保のため!少子化の傾向は変わりません。よほどの特徴がある学校ではない限り、生徒数の減少は避けられない事実です。言い換えると、男子にも門戸を開けば、マーケットは2倍です。背に腹は代えられないでしょう。

ただし共学にしたら生徒が集まるのか?簡単ではありません。もともと女子教育に共感していた保護者からは嫌われるかもしれません。かといって興味本位で男子が入って来られても困ります。逆に警戒する男子も多いでしょう。

スポンサーリンク

そういう意味では校名を変える戦略があります。そうすることによってイメージダウンを避けられるのでしょう。卒業生に対する言い訳にもなります。教育機関ではあっても私立なら経営を第一に考える必要があるからです。

2.男女平等教育が進む

女子教育?もちろん時代錯誤であり意味がないのでしょう。良妻賢母?男尊女卑をあおってしまいます。保護者の中にも共学校出身者が増えています。思春期は共学で過ごすべし!その方が自然かもしれません。世の中には男と女がいるのですから。

言い換えると、男女平等・性別を意識しない教育方針が求められているのでしょう。最近は小学校でも男女混合の出席順になっているとか。かつては男子が先でしたが、その理由は何か?また男の子も「さん」付けで呼ぶとか。性的マイノリティの問題もありますね。

極端になってもいけませんが、平等意識を植え付けることは大切なのかもしれません。小さい間に教えておけば、大人になって変な違和感を覚えることもないのでしょう。時代は確実に変わっています。

3.性の低年齢化

男子校に通っていたからおくてだった!そういう人もいるでしょう。とはいえ共学に通っていてもおくてはおくてです。これは性格的な問題です。言い換えると、男子校や女子校にいても、する人はします。これは避けられないことです。

そういう意味では性の低年齢化も関係しているでしょう。どんなに校則で強制しても、物理的に分けても意味がない!女子校に通っていれば安全か?逆に危機管理能力が育ちません。ならば小さいうちから男女一緒の方が自然なのでしょう。

出会いという意味でも重要です。クラスメートから付き合いが始まり結婚に至るケースが少なくありません。ならば共学化が草食系男子や晩婚化、ひいては少子化の解消に一役買ってくれるのかもしれません。

女子校のメリット

もちろん女子校にはメリットもあります。そちらも考えておくことは大切です。特徴を伸ばして生き残っていく学校もあるべきです。

1.賢母を育てる

時代に逆行するとしても、賢母を育てることは大切です。家事や育児のできる男性が重宝されますが、それでも母親という地位は揺るぎません。出産や授乳できるのが女性に限定されている現状であれば、やはり賢いお母さんは必要です。

もちろん「偏った女性像を作る!」「親だからといった押し付けは虐待を生む!」そういった議論もあるでしょう。とはいえ、男子校でも似た教育をすれば済むことです。女子校だけを責めてはいけないのでしょう。女子校出身者でも男性社会で活躍する人が少なくないからです。

2.自立心が育まれる

女子校には女子しかいません。そのため、力仕事も含めて全部女子でしなければなりません。そういう意味では、良妻賢母と逆行?ではなく自立した女性が育つようです。「男性に頼ってはいけない!」女子校出身者は精神的に強いとも言われます。

もちろん男子に頼る!女子のテクニックでもあります。とはいえ世の中に出て、それがいつまで通用するのか。離婚も増えています。子供を守るという意味でも、自立心のある女性が求められる社会です。女子校だからできることもあるでしょう。

3.落ち着いて勉強できる

SNSがあるし街に出れば男子がいます。とはいえ教室は女子だけです。落ち着いて勉強できるのも事実です。実際に東京などでは、偏差値の高い女子校が少なくありません。東大合格実績のある学校は、女子校にも多くあります。

また男女とも募集しますが、クラスは男女別!そんな学校もあります。これは男子と女子では教え方、言い換えると、理解の仕方が微妙に違うからです。同じやり方だと伸びない女子もいます。特に理数系教科で顕著です。そういう意味では理にかなった方法と言えそうです。

伝統校の女子校は残っている

男子校も同じですが、伝統校、特色のある学校は女子校として生き残っています。もちろん現状を過信してはいけないのでしょうが、中途半端な学校は共学化しても生徒が集まらず、廃校になる運命にあります。ぶれない教育方針こそが求められています。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

取扱いに注意!忖度とは何か?問題点を整理します

京都を支える水物語(第4話)疎水の流れが作った東山の邸宅街

関連記事

  1. 果樹農家が果実消費を増やすためにしている3つのこと

    日本は明確な四季のある美しい国です。また季節に応じた果物があり、生活に彩を添えてくれます。も…

  2. 意見募集中!学習指導要領の改訂案を見る7つのポイント

    2017年2月14日、文部科学省は2020年から導入される学習指導要領の改訂案を作成し公表しました。…

  3. 塾は要らない!家庭学習におすすめ厳選教材

    私は学習塾の経営もしていますが、基本的には家庭学習ができるのならば家庭学習の方が良いと思っています。…

  4. ダイバーズローンってなに?

    ダイバーズローンというローンをご存知でしょうか。ダイバーズローンとは、スキューバダイビング費用の…

  5. 【速報】本命!?都知事選に遂に小池百合子前防衛相が出馬表明!

    舛添要一前東京都知事の醜聞からの辞任により、次期東京都知事への注目がとても高まっています。様々な候補…

  6. 選挙に向けた学校の主権者教育はどこまでできたのか

    2016年の夏は、違った意味でホットです。温暖化やオリンピックではありませんよ。参議院選挙と…

  7. 求めよ、さらば与えられん!あなたの夢を叶えるには、積極的学習のス…

    タイトルの「求めよ、さらば与えられん!」は聖書の言葉です。日本にある逆のことわざは、棚からぼたも…

  8. 本当に感動して良いのか?高校野球が抱える5つの問題点

    2016年も無事に夏の全国高校野球選手権大会が終了しました。オリンピックと並走していたにも関わら…

最近の記事

  1. ママ友は必要?ママ友なんていらない?どっちが正しい?
  2. ママ友のランチ会に誘われたらどうする?仲良くなるための注意点

amazon

PAGE TOP