menu

20 views

京都を支える水物語(第4話)疎水の流れが作った東山の邸宅街

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 720

京都を支える水物語(第1話)で計画された琵琶湖疎水は1893年(明治23年)春、正に山越え谷越えで完工しました。

京都市民の夢が繋がった日

この琵琶湖疎水の開通は、京都市民の夢が繋がったと言っても過言ではないでしょう。

実際、竣工式の前夜には、市民が自宅前に日の丸を上げるわ、提灯を掲げるわ!!

式典会場となる夷川(えびすがわ)船溜り付近の南岸には祇園祭の山鉾が登場。

さらに、8月16日は京都五山送り火です!でご紹介した大文字山「如意ヶ嶽(にょいがたけ)」の送り火まで点火される始末!

正しくお祭り騒ぎで、盆と正月が一緒に来たような喜びようだと、当時の新聞は掲載したそうです。

それもそのはず、上記の記事でご紹介した通り、この計画には、多くの市民が投資しているのです。

自分たちの汗が流れていると思えば、その感動がいかに大きかったかは察しの付くところです。

京都に水を、別荘を!

こうして賑やかに前夜祭が開かれた翌日の4月9日、明治天皇ご夫妻を招いた竣工式が開催されました。

そしてこの時、一人の権力者が、この疎水を流れる水に大きな関心を示し、後に新たな用途と日本文化を確立したのです。

南禅寺界隈に別荘を建てよう!

その人物とは何を隠そう、当時の日本の総理大臣、山県有朋(やまがたありとも)氏でした。

実はこの琵琶湖疎水の提案は、彼が内務大臣の頃に立てられ、自身が着工の認可を出したのです。

しかも、彼は昔、京都で長州藩の情報収集活動に当たっていた事もあって、計画当初から人一倍の興味を持っていた事は間違いありません。

しかし、実際にでき上がった疎水と、その周辺の環境を見た彼は、新たな用途を思いつきます。

それが、この豊かな水を引き込んだ美しい庭園を持つ別荘を建てる事でした。

そう言えば、疎水の通る南禅寺(なんぜんじ)界隈は豪邸や別荘の宝庫!!

京都市民の方は勿論、一度でも訪れられた事のある観光客の方なら、そうおっしゃる事でしょう。

実は、ここに市内有数の邸宅街を設ける事を考えたのは、当時の権力者たちだったのです。

近代日本建築と近代日本庭園の宝庫に

しかし、京都南禅寺界隈の邸宅は、単に大きいとかゴージャスというだけではありません。

洋風建築も多く、日本の近代建築文化と近代庭園文化の宝庫なのです。

そして、その引き金を引いたのが、琵琶湖疎水竣工式にも参列していた山形第3代内閣総理大臣。

東京の高級ホテルとして有名な「椿山荘(ちんざんそう)」は、元山県総理の自宅で、この事からも分かるように、彼は大の邸宅&庭園好きでした。

そこで、早速とばかりに3,000坪を超える広大な土地を購入し、日本の近代庭園第1号と言っても過言ではない池泉廻遊式(ちせんかいゆうしき)庭園を持つ別荘を建築しました。

水が流れ、池に鯉が泳いでいたり、小さな橋が架かっている美しい庭は、典型的日本庭園だと思われがちです。

ところが、大きな水源を持たない京都市内で、庭に多量の水を引き込む事など許されませんでした。

そのため、古都に作られた神社仏閣等の名園の多くが、白い砂を水に見立てた枯山水式(かれさんすいしき)庭園なのです。

けれど、琵琶湖疎水の完成は、生活用水や工業用水の他、こうした趣味嗜好のための贅沢な水の使い方も実現しました。

無鄰庵の完成!

ただし、当時はまだ、琵琶湖疎水の水を直接個人宅に供給する事は認められていませんでした。

何しろ、みんなが税金を払って作った水路です。

独り占めは大問題!

そこで山県氏は、京都市に多額の寄付をし、防火用水として引き込む事を許可させたと言われています。

そうして山県元総理が作ったのが、2016秋の京都ライトアップ情報その3 岡崎周辺の見所と巡り方でご紹介した「無鄰庵(むりんあん)」です。

木造平屋造りの純和風母屋と煉瓦造り2階建ての洋風離れ、それに茶室の3棟以外、その大半を庭園にし、東山をバックに水の流れを堪能できる作りになっています。

その後、この無鄰庵に習い、京都の東山に本物の水流を持ち込んだ庭を持つ別荘や邸宅を建築する事!

それが当時の権力者たちの一つのステータスとなりました。

スポンサーリンク

揺れ動く琵琶湖疎水の水流が作った邸宅街

とは言え、この無鄰庵をはじめ、多くの名園の建ち並ぶ南禅寺はお寺の名前であると同時に、地名にもなっています。

つまり、この周辺一帯は、かつては南禅寺という古刹の所有地だったのです。

そこが何故、今のような邸宅街になったのか?その理由は、疎水計画が持ち上がる以前の明治初期に隠されていました。

一気に大土地持ちになった京都

明治維新により、長年続いて来た日本の独裁政治は幕を下ろします。

それに伴い、廃藩置県が廃止となりました。

それと同時に、それまで寺社に優先的に領地を与えて来た領主権力も消滅し、神社やお寺が無駄に所有する土地の法的根拠がなくなってしまったのです。

そこで、それらの土地を整備すべく、1871年(明治4年)と1875年(明治8年)の2度に渡り、上知令(じょうちれい)という寺社領没収命令が発令!

特に京都には由緒ある神社仏閣が多かったため、根こそぎ広大な土地が返還され、京都府は一気に大金持ちならぬ、大土地持ちになります。

中でも、江戸時代初期の1605年に、徳川家康(とくがわいえやす)の側近として活躍していた僧侶、以心崇伝(いしんすうでん)が入った南禅寺は、巨大な権力と土地を持っていました。

何しろ崇伝は、日本中の臨済宗のお寺を統括する「僧録(そうろく)」という役職を与えられていたのです。

周辺に緩衝林を設け、その内側に多数の塔頭を建て、さらに田畑も所有していたのですが、それらの大半が京都府のものとなったのです。

京都産業革命の行方

上知礼で寺社から没収された土地は、基本的には民間に払い下げられたり、公共事業用地として活用されました。

南禅寺のお陰で、京都を支える水物語(第2話)でご紹介したインクラインが作られ、京都を支える水物語(第3話)のように、琵琶湖疎水の開通に至ったと言って過言ではないでしょう。

ただ、今でも京都市内ではトップクラスの広さを誇る南禅寺ですが、江戸時代には、鹿ヶ谷(ししがたに)から若王子(にゃくおうじ)まで、その殆どが寺所有の敷地だったと言います。

疎水やインクラインを作ったところで、まだ恐ろしいほどの土地が余っています。

これをどうするか?

その対策の一環が、先の第1話でちょこっと出て来た工業団地計画です。

京都府は元々、疎水の水をフルに活用すべく、水車を設置し、その動力を元手に産業革命をと考えていました。そこで、この何全治周辺の地に工場を誘致する段取りをしていたのです。

ところが、疎水工事に先立ち、先進国のアメリカを視察しに出かけた主任技師の田辺朔郎(たなべさくろう)氏らは、もはや水車は古い!これからは電力の時代であるという事を察知します。

また、立地的にも水車は適さない事を示唆し、水車ではなく、発電所を設置する方向で話が進んで行ってしまったのです。

泡と消えた水王の夢

こうして日本発の水力発電所計画は実現される運びとなりました。

しかし、電気は電線さえあれば、遠方にも流せますから、何も発電所の周辺に工場を建てたり、移転したりする必要がない訳です。

そこで、工業団地にと思っていた広大な敷地は、たちまち用途を見失ってしまいます。

やはり最も困ったのは、京都府から水車動力利用の権利を買い取った近江商人:塚本与三次(つかもとよさじ)氏でしょう。

彼は工学で水利権を手に入れた見返りとして、企業から多額の利用料を徴収し、水王になれる予定だったのです。

その目論見が正しく泡となって消えてしまいました。

そんな時に無鄰庵の話を持ち込んで来たのが山県元総理。

これを機に、塚本氏は不動産業に転じ、この一体を高級住宅向け分譲地として売り出す構想を立てました。

そして、彼らの動きに後押しされるように、京都市はこの地域を風致地区に指定し、宅地誘導にも積極的に協力していたと言います。

このように、今の東山の邸宅街は、琵琶湖疎水の流れと共に確立されて行った訳です。

ならば、水車の座を奪い取った発電所の方はどうなって行ったのでしょうか?

その結果は次回、京都を支える水物語(第5話)蹴上発電所の水力発電と京都の発展で見てみる事にしましょう。

上記の第3話で出て来た新たな陸上交通も登場します。

お楽しみに・・・!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

女子校は必要なのか?私立校で共学化が進んでいる3つの理由

京都を支える水物語(第5話)蹴上発電所の水力発電と京都の発展

関連記事

  1. 東芝はテレビ生産からも撤退する?日本の家電はどうなるのか

    2016年3月15日、またもや家電業界に衝撃のニュースが流れました。つまり東芝が白物家電部門を中…

  2. 【ネタバレあり】ミュージカル黒執事 NOAH’S A…

    重厚なストーリーとコミカルなギャグが入り混じる、黒執事の舞台今回のサーカス編の概要を簡単に説明し…

  3. そもそもなぜ燃費競争が起きているのか?5つの理由に迫る

    6月1日、スズキの社長が一連の燃費問題で謝罪会見を開きました。実際には「逆偽装」とも言うべき、本当は…

  4. 2016秋の京都ライトアップ情報その15 楽チン定期観光バスで巡…

    定期観光バスで行く、京都の紅葉ライトアップ京都で楽しむライトアップ紅葉スポット、過去14回に渡っ…

  5. 今話題のAIが進化するとスポーツや芸術、娯楽は変わる

    人工知能AIの進化には賛否両論あるでしょう。もちろん科学技術が発展すれば、私たちの生活は便利になりま…

  6. 三菱の燃費不正問題で191億円補償…高い?安い?

    25日、三菱自動車は燃費不正問題に関して4月下旬に公表した2016年3月期の連結決算を修正し、191…

  7. 【インド鉄道】ニューデリー駅の3つのポイント

    インドといえば、タージマハル、ガンジス川、カレーなど、独特の文化は、日本人旅行者の多くを引きつけてい…

  8. 2016年はVR元年?テレビは衰退していくのか

    テレビを脅かす娯楽の強敵は多数あります。たとえばパソコン、スマホ、ゲーム機などです。しかし2…

最近の記事

  1. ママのイライラ【赤ちゃん返り】をする子どもの心理とその原因
  2. 上の子の赤ちゃんへのやきもちはどうやって回避する?
  3. 子どもに愛情を伝える一番の方法『わかりやすく心(こころ)を教えるためには』

amazon

PAGE TOP