menu

48 views

【親の背中を見て育つこども】言葉で教えずとも自然にしつける大切なこと

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 637

子どもは【親の背中を見て育つ】と言います。

言葉できちんと伝えるしつけも重要ですが、子どもは何も教えずとも親を見て、多くのことを学んでいきます。

親がお手本になるような正しい行いをしていれば、それが自然に身に付きます。

また逆に間違ったことをしていても、それが間違っていることだと判断できずに真似をしてしまうようになります。

親が実際に身をもって行うしつけには、どのようなものがあるでしょうか。

親の背中を見て育つ子ども

昔、苦労の甲斐あって、3歳を過ぎた頃私の息子は毎日行く公園で友達を作りました。(参考:【ママだけ大好き!】親と子どもの共依存?一緒に成長していこう!

当時、私は24歳。息子が友達になったその母親も私と同じくらいの年代で、笑顔が素敵な方でかなりの好印象の女性でした。

ある日その親子と、私の家で遊ぶ約束をしました。

『もっと話してみたいな。』と感じていたので、私はその日がとても楽しみでもありました。

彼女は以前こう語っていました。

「私は、よその子どもでも注意しなければならない事はちゃんと叱るのよ。だって子どもって自分の子でなくたって、凄く可愛いし大事じゃない?しつけは大切よね。」

『子どもがとっても好きな上、きっちりしている人なのだろうな。』と思っていました。

私も大変子ども好きでしたし、友人の子どもが遊びにきても、悪さをすると叱ることもあったので、気が合うかも知れないと感じたのです。

親のできない事は子もできない

しかし、その約束の日、親子が私の家に入ってきた時点で多くの驚くことがありました。

  • 「お邪魔します。」と言わない。
  • 靴を揃えない。
  • お茶とお菓子を出しても「ありがとう。」も「いただきます。」も言わない。
  • お菓子を食べながら、歩き回る。

もちろん、母も子もです。

さすがに彼女は大人ですから、食べ歩きこそしませんでしたが、注意もしない状態。自宅での様子が目に浮かぶようでした。

よその子にしつけをする以前に、自分自身もできていない・子どもにも教えていないように思えました。

そして、子ども同士仲良く遊んでいたかと思うと、その子どもが突然棚の上に置いてあった写真立てを、投げて壊してしまったのです。

彼女は、自分の子どもをきつく怒りました。「なんで投げたの!?壊れたじゃない!」

子どもは、もちろん下を向いて大変反省している様子でした。当然ですね。叱られているのですから。

そして、彼女が次に発した言葉に、私は驚愕しました。「そんな事したら、おばちゃんに怒られるでしょ!おばちゃんに謝りなさい!」と言ったのです。

おばちゃんとは、もちろん私の事です。

人のせいにしたしつけでした。(参考:【絶対NG!】言う事を聞かない子どもに言ってはいけない言葉とその理由

その子どもは、どれだけ叱っても「ごめんなさい。」とは言わず、最後には大泣きしてしまいました。

「どこで買ったの?買って返すわね。ほんとこの子ったら嫌になっちゃう!」そしてついでのように最後に一言「ごめんねぇ。」と言いました。

買って返すという問題ではありませんね。謝罪の気持ちを持つことが、最も必要な事です。

子どもは親のことをよく見ています。母ができていないことを、いくら「しなさい。」と言ったとしても、全くしつけにはなりません。

彼女はよその家を訪ねても、挨拶もできない・靴も脱ぎっぱなし・感謝も謝ることもできない母親でした。

その子どもは母親の行動を見ていることで、いくらしつけたって理解することができていなかったのです。

子どもは、黙っていてもきちんと親のことを見て、お手本にしています。

母親の行動を見て覚えた息子

私は息子が小学校3年くらいの頃、ある日同じマンションのお隣の方に「息子さん偉いわね~。びっくりしちゃった。」と、褒められたことがありました。

スポンサーリンク

エレベーターの中で偶然一緒になった、宅配便の業者の人に「こんにちは。」と挨拶をしていたということでした。

これには、私も驚きました。

知っている人に会った時挨拶をすることは、幼少期に教えていましたが、知らない人にまで「挨拶をしなさい。」と言った事は一度もなかったからです。

息子に、「何故、知らない人に挨拶をしたの?」と尋ねると、「え?だって外じゃないから。マンションの中で会ったら挨拶するのが普通じゃないの?」と答えました。

わざわざ口にしてしつけせずとも、息子は母である私がしている事を見て覚えたのです。

親の背中を見て学ぶ

そして、息子が高学年になり遊びから帰宅したある日「目が見えない人って本当に可哀想だよね。僕だったら絶対耐えれないわ。」と声をかけてきました。

「そうね。でもどうしたの?」と聞くと、「目の不自由な人がいたんだけどさ。迷って道を尋ねてきたから、その場所まで案内してきた。」と言いました。

もしかすると、何かのタイミングで教えたことがあったのかも知れません。ですが、そこまでのことをしなさいと教えようと思った事はありませんでした。

ですが、困っている人に手助けしてあげるということを、私のしている事【親の背中】を見て学んでいたのです。

余談ですが、何が起きてしまうかわからない物騒な世の中です。

私は、子どもが小さい頃は、挨拶や知らない人と関わることを、どう教えればいいのか迷っている部分もありました。

私はそんな場合「もし公園で、知らない人に挨拶されたら、たとえ綺麗なお姉さんでも挨拶をし返して、それ以上は一言も話してはダメ。」と言い聞かせていましたが、親としてはとても悩むことですね。

親と子どもは共に成長するもの

【親の背中を見て育つこども】言葉で教えずとも自然にしつける方法

子どもが親の背中を見るのは、挨拶だけに限らず様々なことがあります。

  • ゴミをポイ捨てする。
  • 人の悪口をむやみやたらに言う。
  • 他者に横暴な態度を取る。
  • 公共の場でふさわしくない態度をとる。

親がこういったことを平気でしていると、子どもも親の背中を見て、それに習う可能性が高くなります。

子どもにしつけをすることは、親が見本とならなければなりません。

子どもと一緒に成長するということにもなりますね。

もちろん親がきっちりしているからと言って、子どもが完璧に育つかと言えばそうではありませんし、親とは全く違うことを行う場合もあるでしょう。

実際に私はかなり几帳面であるにも関わらず、私の息子はとっても整理整頓が苦手で、部屋は散乱状態です。

息子の片づけに関しては、残念がら失敗に終わりました。(参考:ダメな大人にしないために。子どもへの甘やかしはただの自己愛という真実

あげく、ある程度成長した時「ママの綺麗好きは異常すぎる。」と言われたこともありました。

しかし、私の母が綺麗好きで常に部屋が片付いていたことが要因ですが、私がそこまで言われる程綺麗好きになったのは、結婚してからのことだったので、まだ望みはあるかなと考えています。

ちなみに、下の娘の片づけに関しては大成功でした。(参考:子どもに片づけるやる気を与える方法!努力を教えてもわからない?

そして、親の背中を見て育つ最も簡単な例が【笑顔】です。

「楽しかったら笑いなさい。」などと教えることはありませんね。笑顔は、子どもが日々の生活の中で自然に身につけていくものです。

このように、子どもは常に親を見ています。

素晴らしい人間に成長して欲しいと願うのなら、子どもと一緒に成長するつもりで、自分自身も素晴らしい人間になれるような努力をしましょう。

(関連:子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
JUN
JUN
23歳と18歳の子を持つ母であり、日々何かに気づきを得る毎日を過ごすメンタルアドバイザーJUNです。 子育て・恋愛をはじめ、様々な視点から人の心理の根本を追求していきます。

NASAが発表!土星の衛星エンケラドスに地球外生命体か

叩いて怒ると子どもに及ぼす悪影響【体罰はアリか!?】叩いて怒ると子どもに及ぼす悪影響【体罰はアリか!?】

関連記事

  1. 貝の夢

    夢占いの中で貝の夢は、秘密や豊かさ、防御などを象徴しています。貝が開くのを見る夢は、潜在能力を発揮出…

  2. なんと、ブラジルNo.1の人気ファーストフードは手巻き寿司!!

    いよいよ来週末にはリオ五輪が開幕!暑さも熱さもピークに達する事間違いないでしょう。ところで、そん…

  3. 3歳以降の子どもを褒めすぎるのはダメ人間の元!?間違った褒め方とは?

    3歳以降の子どもを褒め過ぎるのはダメ人間の元!?間違った褒め方と…

    自分の大切な子どもには、いつでも笑顔でいて欲しいものです。生まれてすぐの新生児の時の生理的微…

  4. いまさら聞けない?巷で流行るフィンテックとは何か

    ビジネスパーソンなら知っておきたい用語があります。例えば巷で流行っているのがフィンテックです。…

  5. お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?(PART1)

    明日9月19日は、平成28年秋の彼岸の入りです。お彼岸と言えば、やっぱおはぎでしょう!と思い…

  6. 夏の水辺で水難事故を防ぐ5つの心がけ

    暑い夏、海や川、プールで遊びたいですね。とはいえ毎年のように水辺で事故が起きています。自分は…

  7. ローンの返済まとめ

    延滞しそう!そんな時どうすればいい?延滞したらどうなる!?キャッシングを利用していると、時々「あ…

  8. 短気を治したくないですか?5つの心得を試そう

    ついつい怒ってしまうことがありますね。あとあと後悔します。またやってしまったと。いらいらする…

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP