menu

41 views

【人と比較すると子どもは伸びない】伸ばすしつけ・萎縮させるしつけの違い

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 645

親は、自分の子どもに対して大きな期待を持っています。

  • 自身の子どもには、常に一番であって欲しいと感じるのは当然。
  • 優れた能力を持って欲しいと思うのも当たり前。

でもそんな時、言ってはいけない言葉を使ってはいませんか?

『子どもがまだ小さいから大丈夫。』だと、思っていてはいけません。

同じことを言い続けていると、意識していなくてもその言葉が口癖になってしまうものです。

比較するのは親のエゴ

どちらかと言えば、母親に多いでしょうか。

ママ同士の見栄もあり、我が子を一番にさせたいがために、つい人と比べてしまうことはありませんか?

  • 幼稚園の発表会で、〇〇ちゃんは主役なのに、何故あなたはそんな役なの?
  • 〇〇くんはかけっこですごく速いのだから、もっと頑張ってね。
  • なんで、みんなと同じように上手にお絵描きできないの?

よその子と比較して、もっと優れるようになって欲しいと思うのは、ただの親のエゴです。

さらに、逆の方向から考えてみて下さい。

  • 「〇〇ちゃんのお家は、凄い大きいのになんで家はこんなに小さいの?」
  • 「ママはあんまり可愛くない。〇〇くんのお母さんみたいに可愛くなって。」

こう言われれば、どう感じるでしょうか?

子どもの言うことですので、可愛さにクスッと笑ってしまいそうですので、あまりピンとこないでしょうか。

でしたら、ご主人からよその綺麗な奥様と比較されればどうでしょう?大変、傷つくことがわかるでしょう。

子どもは、大人とは比べ物にならないくらい繊細で、その何倍も傷つき、親子間に溝を空けることに成り兼ねません。

人との比較は子どもを萎縮させる

【比較することが子どもの競争心を掻き立てる事になる】と思ってしまいがちですが、全くの逆効果です。

小さな子どもは比較されても『勝ってやろう!』とは思いません。大人のように、『優位に立つ。』という意味さえわからないのです。

誰かと比較して子どもを評価すると、伸ばすどころか逆に心を萎縮させてしまうのです。

しかし、子どもは小さいながらも、人と比較されることに対し、違和感を感じている場合があります。

そして成長すると共に、その違和感がどんどん膨らみ、卑屈な精神を植え付けてしまい兼ねません。

常に誰かと比較していると、子どもは『自分の良い部分は認めてくれていないんだ。』と感じてしまいます。

『自分はダメなんだ。』=『親に愛されていない。』と自己否定させてしまうのです。

比較すると個性を失わせる

他の子どもの優れた面を見て、その子以上に優れて欲しいという感情は誰でも持っています。

ですが、少し考えてみて下さい。

その他の子どもと同じ優れた面を持った、同じ人格になって欲しいと思っているでしょうか?

そんな事は思っていないでしょう。だって、誰でも「我が子が一番!」と思っているはずです。

我が子は我が子でいい面を沢山持っています。

  • 大雑把だけど、誰より元気なワンパクである。
  • 消極的だけど、繊細な部分があり心優しい。
  • 運動は得意だけど、お絵描きが苦手。
  • 人見知りするけど、お話するととっても上手。

その子にはその子だけの良い部分が必ずあるはずです。

何もよその子と比較して、全く同じようになって欲しいと考えているわけではありませんね。

子どもは、親から自分の個性が認められないことで、好きなことから興味を失わせてしまい、その子なりの個性までもを失わせてしまう可能性があります。

幼少期はどういった人格にするのかを決める最も大事な成長の過程です。

そんな大切な時期に、むやみに人と比較するような事を言えば、卑屈な精神を植え付けてしまう元になるので、誰かと比べるのではなく、その子の個性を伸ばすようにしてあげていただきたいと思います。

誰かと比べるのではなく努力を褒める

できない事を誰かと比較して頑張らせようとするのではなく、褒めて努力する精神を育むようにしましょう。

スポンサーリンク

もし、かけっこで一等賞を取れなくても、「残念だったね。でも走り方がとってもカッコ良かったよ!一番になれるかと思ったくらい!次は絶対なれるよ。きっと。」と褒めてあげるのです。

子どもは、親が最も大好きな存在です。親が笑顔で褒めてくれると、もっと喜んでもらいたい・もっと褒めてもらいたいと、やる気が上昇するのです。

よその子はちゃんとした絵を描いているのに、自分の子どもは顔の形さえちゃんと描けないと思うのではなく、その子の感性を認め褒めてあげます。

「色がとっても綺麗ね。」「お洋服とってもおしゃれだね。」と褒められることで、子どもは絵を描くのが好きになり、不得意なことが得意になるかも知れません。

兄弟間での比較

親が誰かと比較するのは、兄弟・姉妹間でもよくあることです。『上の子はできたのに、なぜ下の子はこんなにできないのだろう。』

そういった比較は親子に溝を空けてしまうだけではなく、仲の良い兄弟にも溝を空けてしまいます。

自分の方が劣っていると感じることで、比較された兄弟を嫌いになってしまうのです。

『兄はこう。』『弟はこう。』というレッテルが貼られてしまい、コンプレックスを一生抱えることにも成り兼ねません。

私には姉がいますが、6歳も離れていることで年上の姉に憧れていました。両親が私たちを比較したことはたったの一度もありません。

しかし、私の中では『社交的で誰からも好かれる綺麗な姉』『内向的で人とうまく話せず、冴えないブスの私』と、自分の中で比較し、コンプレックスを長い間抱えていました。

そのコンプレックスから解放されたのは、私が26歳くらいの頃でした。

もし、親が姉と私を比較するような言葉を発していれば、今でも引きずってしまっているかも知れません。

兄弟・姉妹間で比較する事も、絶対に避けましょう。

全く違う個性

【人と比較すると子どもは伸びない】伸ばすしつけ・萎縮させるしつけの違い

私には長男・長女の二人の子どもがいます。

母である私の年齢や育て方の違いにより、性格が両極端と言えるほど正反対です。

兄は、目立ちたがりで活発・クラスでは誰もが集まってきて、皆を引っ張る中心人物のような存在でした。
それに反して基本的には甘えたな性格で、相談を受けることもしばしば。自分の弱さが、他人に悟られてしまう事を恐れ・誰よりも優れたいと思うタイプです。

一方妹は、誰からも好かれる兄を羨んでいるものの、目立つことを好まない・どちらかと言えば消極的な女の子。でも、忍耐力は人一倍。消極的でありながらも決断すると貫き、何でも自分の中で解決しようと努力をする性格で・人との差なんてどうだっていいというタイプです。

根本的な性別の違いもありますが、同じ親に育てられてよくもここまで性格が違うものだなと、本当に不思議に思います。1人目と2人目という違いも大きくあるでしょう。

成長した時点で誰かと比較してけなすのではなく「〇〇くんに負けないよう頑張れ!」と声援を送ると、同じ言葉でも、きっと受け止め方が違うと想像されます。

負けん気の強い兄の場合は、一見前向きになりそうに感じますが、実は内心では大変傷つくでしょう。

でも妹の方は「人なんて関係ない。」というタイプのため、傷つき腹が立つかと思いきや、逆に何とも思わないと私は読んでいます。

ケースバイケースではありますが、親が子どもの考えていることは、100%把握できるものではありません。

全く別の人間の考えていること・傷つく言葉は、本人にしかわかり得ないのです。

(参考:【悩みの無い人】とっても羨ましい!でもそんな人本当にいるの?

比較して声援を送っても、決して子どもが伸びることはありません。良い部分・個性をどんどん伸ばすように導いてあげましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
JUN
JUN
23歳と18歳の子を持つ母であり、日々何かに気づきを得る毎日を過ごすメンタルアドバイザーJUNです。 子育て・恋愛をはじめ、様々な視点から人の心理の根本を追求していきます。

死ぬ権利?蘇生を望まない選択が認められます

希望の光を照らす春の星たち(前編)4.16「熊本地震によせて」

関連記事

  1. 武道と武士道の違い

    武道は相手を尊び、そして自分自身の精神を高める。そんなものです。そんな武道に似たような言葉として武士…

  2. 定番料理の作り方コツのまとめ

    卵焼きお寿司屋さんや居酒屋さんで出てくるような、ふわふわの玉子焼きが家でも作りたいなぁ、とは思い…

  3. 子どもに片づけるやる気を与える方法!努力を教えてもわからない?

    子どもに片づけるやる気を与える方法!努力を教えてもわからない?

    「頑張って、お片付けしなさい。」 「お野菜は残さず、頑張って食べようね。」 「も…

  4. 住まいのトラブルまとめ

    見えないところでトラブル防止を今では、東京のスカイツリーや大阪のハルカス以上に日本一有名…

  5. 不倫を治すまとめ

    離婚に至る経過不倫がそのまま離婚に至るという事もあるのではないでしょうか。不倫というのは浮気…

  6. したい!できない!早起きの秘訣は5つあります

    早起きをする秘訣は何かあるでしょうか。目覚まし時計をかけるだけでは、根本的な解決になりません。…

  7. 自分を知れば悩みは減る!エニアグラムで自分を知ろう

    ダイエットに失敗したことのある人は結構多いのではないでしょうか。別に今回は美容の話ではないので、…

  8. 台風教室12時間目 雨の強さのレベルを知ろう!

    敬老の日の3連休に九州・沖縄地方を襲った非常に強い台風16号の様子、ご覧になりましたか?やっぱり風の…

最近の記事

  1. ママ友のランチ会に誘われたらどうする?仲良くなるための注意点
  2. ママ友と疎遠になる理由って何?対処法はある?

amazon

PAGE TOP